田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
去年の野菜の茎で、ノブヒェン..
at 2019-06-09 03:06
畑も春です。。
at 2019-04-17 05:51
美味しそうなノブヒェン、焼け..
at 2019-04-12 05:13
桜咲く
at 2019-04-05 20:36
真夜中のノブヒェン
at 2019-03-30 01:16
畑での目印は、草。
at 2019-03-02 20:53
畑の初仕事
at 2019-03-01 21:59
焔のある暮らしへ-離れの改造
at 2019-02-07 16:25
ベロニカ
at 2019-02-05 11:12
今の暮らしに合わせて、畑の数..
at 2019-01-30 05:31
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
> tomokeさん ..
by veronica-t at 11:06
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:00
> 鍵コメさん こんな..
by veronica-t at 07:43
> t-harunoさ..
by veronica-t at 05:02
畑が春の姿になりましたね..
by t-haruno at 15:58
> tomokeさん ..
by veronica-t at 09:22
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:ノブヒェン窯 ( 25 ) タグの人気記事
Top▲
去年の野菜の茎で、ノブヒェンを焼く
b0169869_07264927.jpeg

畑のど真ん中に陣取っている、去年の野菜たちの茎。
トマトにバジル、茄子にピーマン、太いものから細いものまで、一年近くかけてパリパリに乾燥している。
その他の蔓ものの野菜はというと、自然と土に還るようにと育った畝に刻んで置いている。

先日、そのパリパリに乾燥した茎を持ち帰った。

b0169869_07272449.jpeg

持ち帰った野菜の茎を使い、ノブヒェンを焼く。

b0169869_07414172.jpeg

乾燥した細い茎は燃えるのが早い。
灰も、燃えるのが早いほど直ぐに溜まるので、パン生地を入れ替えする前に取り除く。

火力はかなりのもので、ノブヒェンを焼くには丁度良い。

b0169869_07422335.jpeg

いつものように、ゆっくり焔を見る時間はないけれど、野菜の茎を有効活用できるのは、何だかとても嬉しい。。




Top▲ by veronica-t | 2019-06-09 03:06 | パンを焼く焔を見つめながら | Comments(2)
美味しそうなノブヒェン、焼けました。。
b0169869_15163277.jpeg

季節も春になり
ノブヒェンの酵母も、生地の発酵も、
少しずつ落ち着いてきた。

落ち着かないのは、日々の慌しさか…
最後に焼いたノブヒェンは、窯から下ろすのに時間を置いてしまい、こんがりと焼き色がついてしまった。

でも、香りといい、膨らみといい
何とも美味しそうなノブヒェンが焼けました。。





Top▲ by veronica-t | 2019-04-12 05:13 | 焔のある暮らし | Comments(2)
真夜中のノブヒェン

b0169869_12041940.jpeg

ノブヒェンを焼くのは、日中の慌ただしさの中では どうも落ち着かなくて、みんなが寝静まった真夜中になってしまう。


b0169869_12050309.jpeg

かまどとは違うロケストの焚き口から見える僅かな焰。
この僅かな焔を眺めて過ごす、この時間が今は貴重で、とても贅沢な時間。。



Top▲ by veronica-t | 2019-03-30 01:16 | パンを焼く焔を見つめながら | Comments(4)
ノブヒェン
b0169869_12465014.jpg

今年の七月の半ばに、ノブヒェンの粉の配合を教えてもらう

どうしても忘れられない味と風味と食感、そして噛むほどに口から鼻に抜けていくノブヒェン独特の香り…
素朴で、それでいて個性的で、美味しく美しく

クープの入れ方、焼き具合、皮の感じと食感、生地の弾力…
教えてもらった通りに焼いてみる

いつしか季節は、夏から秋に変わろうとしていた頃、
もうノブヒェン擬きじゃなくて、ノブヒェンだよと…

ノブヒェンに使う酵母も、やはり譲り受けたもので、2012年に新たに作り直され、小麦粉を加えながら繋いだもの
今日も、その酵母でノブヒェンを焼く

これからもずっと、この酵母で、教えてもらった小麦粉の配合で、教えてもらった焼き方で、薪を焚べてノブヒェンを焼いていく

たくさんのことを伝えてくれて、ありがとう

本当に…
ありがとう







Top▲ by veronica-t | 2018-11-16 17:13 | パンを焼く焔を見つめながら
お土産は、いつものガトーショコラ
年に二回の娘の帰省は、いつもながらアッという間に過ぎていき、出発の日は、田舎の土産にと焚き火でガトーショコラを焼く。


b0169869_17373424.jpg



薪を焚べながら、きっと一番食べたいのは娘なんだろうなと思うと、何だか可笑しくて嬉しくて有り難くて。。


b0169869_17373451.jpg



なるべく美味しい状態でと出発ギリギリに焼き上げ持たせたら、飛行機が無事に着いたという知らせと一緒に「ケーキまだ温かいよ、ありがとう。」とメールが届いた。

みんな笑顔になってくれたら良いな。。








Top▲ by veronica-t | 2017-07-21 17:13 | パンを焼く焔を見つめながら | Comments(0)
ノブヒェン窯とロケストで、レモンケーキ
b0169869_17393940.jpg


焚き火小屋を訪れてくださる人にと、畑仕事の合間にロケストでケーキを焼きました。

無農薬無肥料で大切に育てられたレモンを、ふんだんに使った生地は二層になっていて、下の生地にはレモン1個分の皮をすってクッキー生地に。
上の層には、レモン1個分の皮を細く千切りにして果汁2個分いれて、しっとりとした生地に。

b0169869_17394024.jpg



ロケストで、ゆっくりじっくり焼いていきます。

しばらくクーリングして、しっとり落ち着いたところで、久しぶりの日の光に照らされたテーブルを囲みながらいただきました。

たまには、こんなお茶の時間も良いものですね。。





Top▲ by veronica-t | 2015-12-01 17:23 | 焔のある暮らし | Comments(0)
今宵、パンを焼く
b0169869_21000340.jpg

朝仕込んだパン生地が、夜になって良い感じに発酵してきた。

今宵は静か
ロケストの焔を眺め、ゆっくりと時の流れを感じながら、パンを焼く。

今日という日に区切りをつけて…







Top▲ by veronica-t | 2015-11-16 20:46 | パンを焼く焔を見つめながら | Comments(0)
気ままなパン焼き
b0169869_00381536.jpg


涼しくなって、パン生地の発酵も穏やかに
ゆっくりと膨らむようになってきた。


b0169869_00381591.jpg


いつもは、気ままなパン生地の発酵に合わせて、

ときには、本業の仕事や、畑の作業や家の用事に合わせながら
発酵を遅らせるように、冷蔵庫の野菜室に入れたりして…

暮らしのリズムに合わせて
美味しいパンを焼いていこう。。

今日も、香ばしく美味しそうな香りがしてきた。
Top▲ by veronica-t | 2015-09-20 12:44 | パンを焼く焔を見つめながら | Comments(0)
薪を小割りにしながら
b0169869_08173330.jpg


風の谷は朝晩と肌寒く、風呂焚きやロケストの焔が心地良い。

ロケストの近くで、風呂の焚き付けの薪を斧で小割りにしながら、パンを焼く。
ほんわりとした温もりが、カラダも心も優しく包んでくれる。


暖かな温もりと、香ばしいパン
朝から贅沢な時間だなぁ。。

さて、焼きたてのパンを食べて、今日も頑張ろう!











Top▲ by veronica-t | 2015-09-14 06:38 | 焔のある暮らし | Comments(0)
瓦のキッチンストーブで。。
焚き火小屋の瓦のキッチンストーブ。
周りの木々や風景の中に静かに佇むその姿に、心地良さと安らぎまでも感じます。
b0169869_12574796.jpg


瓦のキッチンストーブに火を入れて、茄子の蒸し焼き。
b0169869_12574850.jpg


久しぶりにキッチンストーブに火を入れましたが、どこを直す訳でもなく良い感じに使うことが出来ました。
b0169869_23193324.jpg


今の暮らしの中に、かまどの焔を感じさせてくれる瓦のキッチンストーブ。
b0169869_23193413.jpg


ゆっくりとじっくりと焔を見ながら過ごす時間は、心豊かなとても贅沢なひとときでした。
Top▲ by veronica-t | 2015-07-30 23:02 | 焔のある暮らし | Comments(0)
| ページトップ |