田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
焔のある暮らしへ-離れの改造
at 2019-02-07 16:25
ベロニカ
at 2019-02-05 11:12
今の暮らしに合わせて、畑の数..
at 2019-01-30 05:31
ノブヒェン
at 2018-11-16 17:13
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>t-harunoさん ..
by veronica-t at 11:53
私が想像していたより、は..
by t-haruno at 15:41
> 鍵コメさま ようこ..
by veronica-t at 11:03
> eilakuyaga..
by veronica-t at 10:48
> fusk-en25さ..
by veronica-t at 11:13
素敵な離れですね、いいな..
by eilakuyagarden at 20:16
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:つくる ( 29 ) タグの人気記事
Top▲
焔のある暮らしへ-離れの改造
いつかは、焚き火小屋の環境を暮らしの中へと考えていた。
その一歩を踏み出せたのは、道路拡張に伴う焚き火小屋と畑の立ち退きが現実になったから…

そして、2017年6月から、家の離れで焔のある暮らしをと片付けを始めた。

b0169869_22454581.jpeg

もともと養蚕する為に作られた離れは、大工の父を中心に祖父や親戚が集まり、山から資材を調達し建てた、土壁の二階建ての建物。
その後、養蚕を辞めて、祖父母も他界、父が六十代初めに半身麻痺の障害者になり仕事も出来なくなってからは、それぞれの道具や荷物の置き場になっていた。

b0169869_22463530.jpeg

そんな巨大な物置小屋と化した離れは、その後も家の改造や蔵の解体等で、荷物は減るより増えるばかり。
必要な物と処分する物が交じった片付けは、なかなか思うように進まない。

でも、動かないと先が見えず考えられないのと、今、これを片付けとけば、子どもらにゴミを残して逝ったとか文句を言われることもなく、少しでも長く気持ち良く楽しみながら老後を暮らしたいとか、なるべく自分にとって良いように考えていく。

b0169869_16404933.jpeg

その片付けも、去年一年は中断していたので、先日からやっと再開した。


………
メールやコメント、ありがとうございます。
元気いただきました。。






Top▲ by veronica-t | 2019-02-07 16:25 | 焔のある暮らし | Comments(6)
今の暮らしに合わせて、畑の数を減らす
焚き火小屋の畑を道路拡張に伴う立ち退きで手離し、茶畑のある畑と有機菜園の畑も次に作られる人がいて、私自身も世話をする時間が無くなってきたことや体力的なこと考えて、これを機に二つともお返しすることになった。

茶畑のある畑
長年耕作放棄地だった畑の横には牧草が広がり、生えていた雑草も牧草やイネ科の草で、ぎっしりと根を張り所々木になりかけていた。
数年間、草刈りをしては刈り草を積み、二年前から大豆を栽培すると、生えてくる草も次第に変わってきてハコベなど柔らかで横に広がる草が増えて、土は少しずつ柔らかくなっていた。
b0169869_10301012.jpg
最後の草刈りは
感謝の気持ちを込めて
ありがとう。。
b0169869_08180054.jpg


こちらは有機菜園の畑。
前の菜園から、この畑に移ってまだ二年。
畑の縁に植えたハーブ類が根を張り始め、土も草にも少しずつ変化が現れていた。
人・土・草と、とても学ぶ事が多い畑だった。
b0169869_20451349.jpg

こちらも春から作業をされるので、その前に片付けた。
片付けの終わりに、分かる範囲でハーブの根を掘り持ち帰る。
b0169869_20480316.jpg

そして、大切な落ち葉堆肥と資材の運び出し
b0169869_15260069.jpg

落ち葉堆肥は、ニュージーランド箱に移して、大切に使わせてもらう。
b0169869_20502293.jpg


ひとつだけ続けていく畑。
去年は夏頃から色々な事が重なって、先日やっと夏野菜を片付けた。
何にもない畑…
b0169869_15251404.jpg

去年の夏までは緑溢れる畑で、子どもらの歓声も聞こえていた。
b0169869_20553686.jpg

育てる楽しみと収穫する楽しみ
お借りしているこの畑を、ゆっくりだけど、もうしばらく育てて行きたいと思う。

b0169869_20564347.jpg


今、放ったらかした畑には、雑草化したルッコラの花が美しく咲いている。
b0169869_20514293.jpg






Top▲ by veronica-t | 2019-01-30 05:31 | 畑に立ち思うこと | Comments(4)
心地良いキッチンに
春さきからの片付けで、一番時間をかけた場所はキッチン。
食器は、来客用と普段用に使い分けるのをやめて、リサイクルや処分をしながら必要なものだけにした。

b0169869_13354131.jpg


器を入れる食器棚もひとつにして、古い食器棚は背面の板を剥ぎ取り、ガラスのコップ類を入れて、流しと食事をするスペースの仕切りに使う。

b0169869_23342366.jpg


上の棚には落下防止の棒だけをつけて、真ん中の棚は透明のポリカボードを貼り、外からの光を取り入れる。


b0169869_23342311.jpg



そして、キッチンの作業で一番楽しかったのは、シンクがある出窓のタイル貼り。

b0169869_23030991.jpg


陽の光が差し込む この出窓は、竹のスプーンや器を自然乾燥させたり、季節の花を活けたり、ボウルに水を張り葉物野菜を置くスペースにしていて、目地材は水はけを考えながら入れいく。


b0169869_23030987.jpg


細かな作業になると、どうしても指先の感覚に頼りたくなる。
素手で溝を作りながら思い出したのは、焚き火小屋での瓦を埋め込む作業だった。
あのときも楽しくて作業に没頭し、ひとつひとつの瓦がモルタルを入れることで生き生きと表現されていく様子に、時間を忘れるほどだった。
このタイル貼りで、これからの物作りに、何が出来るかを再確認出来た。

それにしても、スッキリとしたキッチンは、とても心地良く居心地も良い。
何だか晴ればれした気分!






Top▲ by veronica-t | 2017-06-22 00:07 | 焔のある暮らし | Comments(4)
資材箱作り・ペンキ塗り
この箱は、先日、畑の堆肥作りに使ってと、畑まで わざわざ持って来て下さったもの。
底を抜いて堆肥作りに使うには、あまりにもしっかりとした木箱なので勿体なくて、このまま畑の資材箱に使うことにしました。


b0169869_20032173.jpg


まずは、木なので防水を兼ねてペンキを塗ることにしました。
最近、ペンキも どんどん進化してるんですね。。
ホームセンターのペンキコーナーで、缶についている説明書や、携帯で名前を検索してどんなものか調べたり、かなり時間をかけながら探しました。



b0169869_20032220.jpg


色も、ずいぶん迷いました。
黄色、グリーン系等、茶系統、赤、青…
頭の中で、出来て畑に置いてみたときをイメージしながら、野菜に無い色で、さり気無く、それでいて目立つオーシャンブルーという色を購入しました。

ペンキは水性です。
夕方近くからの作業でしたが、天気も良く適度な風もあり、空気も乾燥していたので、ペンキの乾きも良く、何度か重ね塗りをして、今日の作業はここまで。。

後は蓋に取っ手を付けて、箱を覆うように、雨水を集める蓋カバーを作る予定です。





Top▲ by veronica-t | 2016-03-28 22:52 | 作る | Comments(0)
竹を使って・お茶室を創る⑶
今日は、竹ドームの組み立てです。

まずは5mの竹を2本、それぞれの先を結束バンドで留めて土台を作ります。
その上に、五角形になるように竹を置き、どれが上になるかを模型を見ながら組んでいきます。
b0169869_21250505.jpg

ここで役立ったのは、Sさん作の模型と、模型を作りながらの閃き。。
竹が重なるところに開けた穴は接点がずれず、女性だけの僅かな人数での竹ドームの組み立てに、とても効果的です。
b0169869_21250615.jpg

竹ドームの組み立てに、時間を作って協力して下さったお二人と一緒に、五角形に組んだ竹の先を力加減を合わせながら持ち上げます。
b0169869_21250541.jpg


足元の土台に開けた穴に合わせて、竹の先を置き仮止めします。
後は、元になる竹に補強用の竹を、籠を編むように潜らせて組んでいきます。

b0169869_21250546.jpg


足元の仮止めには、五寸釘。
これで何度も竹を差し込むことが出来、結束バンドを無駄にすることなく、作業の効率と安全性を高めて、しかも経費も少なく抑えられます。
…さすが頭脳派Sさん…
b0169869_21250655.jpg

女性だけの竹ドーム作り。。
2基の組み立てにかかった時間、おおよそ2時間。


出来上がった竹ドームです。
b0169869_21250649.jpg

竹ドームとは、ごく一般な呼び名はスタードームというそうです。
竹を組んだところが、綺麗な星の形になっています。

こちらは果樹畑に置いた竹ドーム。

b0169869_21250773.jpg


片付けながら、ロケストに小枝を燃やして、Sさん手作りの ぜんざいをいただきました。。

b0169869_21250769.jpg


面取りした竹ドームの中から見る さくらんぼの花の蕾。。

b0169869_21250763.jpg

ここから見える風景と、風と、陽の光と香りと共に
それぞれの亭主の淹れるお点前と時間を
訪れて下さる皆さんの、心地良い記憶の中に加えていただけますように。。




- 焚き火小屋inお茶時 (仮) -

日時:2016・4・16 (土) am10:00

詳しくは、またのちほど




Top▲ by veronica-t | 2016-03-13 21:04 | 焚き火小屋から | Comments(2)
竹を使って・お茶室を創る⑵
竹ドームを作り始めてからは、それぞれの空いた時間が合うと、その日の午後から集まって作業を続けています。

b0169869_19392026.jpg


その作業は、竹割器で割った竹の節を鉈で落としたり、道具を使って切り口を綺麗にしたり。。

b0169869_19392008.jpg


竹の合わさるところがズレないように、ドリルで紐通しの穴を開けたり。。


b0169869_19392057.jpg


少しずつですが、それぞれ出来る作業をやっています。


b0169869_19391956.jpg


気持ち良く作業をさせてくれる家族や環境に感謝して。。

ぼちぼちと。。




Top▲ by veronica-t | 2016-03-09 19:32 | 焚き火小屋から | Comments(0)
竹を使って・お茶室を創る
「お茶事in焚き火小屋」に向けて、竹ドームでお茶室を作ることに。。

竹は、いつもの山ではなく、裏山の手入れをされているところに良い竹があり、そこで伐らせていただくことにしました。

その山は、日当たりの良い民家の裏山ですが、傾斜面なために不慣れな私では危ないと、ご近所さんが竹を伐るところから、我が家の庭先まで一緒に運び出して下さいました。

b0169869_03341213.jpg


竹ドーム用の竹は、太くて真っ直ぐな長さ5m以上あり、重さもかなりの重いです。
それを焚き火小屋の畑まで運び出し、午後からは、お茶事のお仲間と竹割りをしました。

b0169869_20503381.jpg


先日、竹割の道具を試すのに割った竹の長さは3m弱。
今日の竹は5m。


b0169869_20503349.jpg


長さが長い分、また伐って間がないので、先日のときよりかなりの力が必要です。
それでも、みんなで知恵と体力を出し合いながら、そして楽しみながら割っていきます。


b0169869_20503324.jpg


焚き火小屋の横の道は、夕方ということもあり、健康のためにと歩かれるご近所さんも多く、お茶事のことや竹ドーム製作のことをお話ししながら、竹割りにも挑戦していただいて、何とか予定の本数を割ることが出来ました。


b0169869_20503409.jpg



都合があう時間に集まりながら、竹ドーム完成に向けて、力を合わせて行こうと思います。
さて、冒険へ出発です!(笑)






Top▲ by veronica-t | 2016-03-02 16:26 | 焚き火小屋から | Comments(0)
竹で作る・流しの壁
先日、道具の試し割りをした竹を使って、流しの壁を作ってみました。

b0169869_19033738.jpg


節を落として、幅に合わせて少しずつ削り出していきます。

b0169869_19033898.jpg


壁に並べながら、微妙な幅を調節して形を作っていきます。

b0169869_19394526.jpg


今日の壁は、長さ2m34cm+4cm、幅は42.5cm。

b0169869_03261044.jpg



竹が平らに並ぶようにしながら、半分に割った竹で押さえていきます。

b0169869_03261154.jpg



ここにあるもので、自分に出来る作業で、流しの壁が一面だけ出来ました。






Top▲ by veronica-t | 2016-02-28 18:41 | 作る | Comments(0)
焚き火小屋・記憶のなかに⑴
b0169869_03195996.jpg

b0169869_03200090.jpg

b0169869_03200019.jpg

b0169869_03200029.jpg






Top▲ by veronica-t | 2016-02-28 03:15 | 焚き火小屋から
竹割りの道具を使ってみました!
竹を割る道具がきたら、やっぱり試してみたいものです。
そこで、実際に道具を使って、竹を割ってみました。

b0169869_20384158.jpg

割ってみた竹は、デッキ用に伐り出したもので、長さは3m弱。
竹の中心を合わせて、道具を打ち込みます。
あとは、道具を押すようにして!

b0169869_20384182.jpg

竹の節のところはかたく、金槌やトンカチで道具を押し込みます。


b0169869_20384116.jpg

多少、力はいりますが、節でないところはスッと道具が入っていきます。

しかし…、何故か笑ってしまいます。
楽しいです。。


b0169869_20384210.jpg


竹を割っていくと、途中でバラつくかなと思っていましたが、最後まで手元は安定していました。


b0169869_20384228.jpg


思ったよりも綺麗に均一に割れました。


b0169869_20384203.jpg

今までこの工程が大変だったので、あまりのスムーズな作業に、何故か笑いが絶えません。



そして、こんなところにも、女性が集まって作業する良さが。。(笑)

ご家庭で無農薬で育てた柑橘が、今年も沢山実ったからと、夏みかん寒天を作って持って来て下さいました。
寒天の色がとても綺麗だったので、愛らしいシロツメグサの葉をトッピングしてみました。


b0169869_20384360.jpg

女性だから出来ない!…ではなくて、出来るところまででも挑戦してみる。
はなからできないと諦めず、出来るようにするにはと考えてみる。
ひとりでは難しくても、何人か集まれば、知恵と力も生まれてくる。

今日の体験は、これからの自信にも繋がりました。
それに、楽しかった!






Top▲ by veronica-t | 2016-02-23 17:03 | 作る | Comments(2)
| ページトップ |