田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:さくらんぼ ( 12 ) タグの人気記事
Top▲
さくらんぼの収穫・・その前に
b0169869_14581047.jpg

雨上がりに、真っ赤に色づいた さくらんぼ。

今日は、朝から収穫〜!!
・・と、思ったけれど・・



b0169869_14583257.jpg


木のまわりは、草ボウボウ。
これじゃぁ、木の近づけない。

そこで、収穫前に草取り開始!



b0169869_14585125.jpg


取り合えず、木のまわりだけ草取りをした。

木々の間を、風が通り抜けて行く。
とっても気持ち良い。

さ〜て、日が高くなる前に収穫。。


b0169869_1459822.jpg


今年のさくらんぼ。

木が大きくなってからは、以前のように網をしなくなり、
今年も赤く実ったものは、鳥が我がもの顔で食べていった。

でも恵みに感謝。。かごいっぱいの さくらんぼを収穫できた。

小粒だけど、とっても甘いです。
今から、出荷してきます。。
Top▲ by veronica-t | 2012-05-16 15:26 | 野良仕事 | Comments(6)
さくらんぼのジャム作り
b0169869_3221765.jpg

さくらんぼの旬が終わろうとしている

真っ赤に熟した さくらんぼ・・
例年より早い梅雨の雨にあたって実が裂けた さくらんぼ・・
旬が終わるころになると、出荷できない さくらんぼがボールいっぱいになった。


ボールいっぱいの さくらんぼでジャム作り

一粒ずつ丁寧に種をとり、
大鍋に入れて砂糖をまぶして、しばらく置くと
さくらんぼから甘い汁が出てくる。

檸檬をしぼって加え
粒が分かるように荒く潰しながら
コトコトしばらく温めて
浮かんだアクを丁寧に取り除く。
残りの砂糖を加えて火を通す。



b0169869_3224455.jpg

さくらんぼ

ジャムにすると、その甘い香りが薫る。
Top▲ by veronica-t | 2011-05-30 12:15 | 野良仕事 | Comments(12)
2011・さくらんぼの収穫と出荷
b0169869_1765953.jpg

今年も さくらんぼが赤い実をつけてくれた。

うちのさくらんぼは、3mの木が隣り合わせに2本たっている。
その間に脚立を持ってきて、枝をつけて収穫する。
手袋をしてると、枝から綺麗に採れないから
それを外して親指の爪と人差し指で、一粒ずつ丁寧に収穫する。

小さな実は、あっちを見てもこっちを見てもたくさんあって
わずか2本の木でも、その作業に半日かかる。


b0169869_1772021.jpg

家に持ち帰ったさくらんぼの実は
枝がついているか、いたんでないかを調べながら
一粒ずつ綺麗に汚れをとって、大きさ別に分ける。

入れ物の下にキッチンペーパーをひいて、一粒ずつ並べて、
上のほうには、さくらんぼのイメージ通り二つが枝で繋がったのを
ちょこんと乗せる。

その作業、さくらんぼ10パックで4時間・・。

直売所に並ぶのは、収穫したさくらんぼのうちの、ほんのわずかな数だけ。
あとは、美味しいジャムになるのだ!
・・美味しいジャムを作らなきゃ・・。

直売所に並んだ、10パックのさくらんぼ。。
嬉しいことに、ほとんどその日のうちに完売するとか。。

さくらんぼの木よ・・
今年もありがとう。。
Top▲ by veronica-t | 2011-05-26 03:05 | 野良仕事 | Comments(18)
いろいろやってみて・・
b0169869_127955.jpg

今まで、野良仕事をしても三日坊主になってしまう私が、
直売所に野菜を委託販売するようになり
本業の仕事を終えてから、ほとんど毎日のように畑に行くようになった。

欲というのは、こうも人をかえるのかと
自分でも驚くほど・・。

野菜作りにも変化があり、今まで、定植した苗が黄色くなって枯れかけると、
「だめだ」と諦めて投げ出していたけれど、今は母やご近所さんに対処法を聞いて、
復活させることに喜びを感じ、野菜が育ってくれることが本当に嬉しい。

そして育った野菜を、一番良い状態で出荷したいから、
野菜にの袋づめは、朝の家事と仕事の合間にする。

今、出荷している野菜は、早生の玉葱とハーブ類。
野菜を渡す理想は、畑で収穫したばかりの泥がちょっとついたもの。

でも、そんなことはできないので、うちの野菜の美味しさを最大限に出せたらと
玉葱は、今の早生だから美味しく食べられる葉もつけて、ハーブ類はお洒落に。。
そして、次第に早生の玉葱の葉が固くなると、葉をおとして袋に詰める。

泥も綺麗に落として・・と、そればかり考えていて、ハッと気がついた・・!
ちょっと綺麗になりすぎてない・・?
b0169869_1294123.jpg

もし、私が買うほうならば、玉葱の最後の皮は自分で剥きたい・・。

しかもよく見れば、家で使うには、大きなほうが使い勝手が良いけれど、
出荷するには大きすぎる。
スーパーとかで見ていると、よく売れているのは小玉の玉葱。

もう一度、あまり大きすぎない玉葱を収穫して準備する。
葉をおとし、薄皮を残こす。
そして、切り口をよく乾燥させる。
b0169869_1291251.jpg

もともと玉葱をよく食べる自家消費の我が家。
綺麗になった大玉の玉葱は、数週間で食べきるだろう。

やってみらんと分からんけん。。
だから、いろいろやってみる。



- さくらんぼ -

b0169869_0112635.jpg今日から、無農薬の「さくらんぼ」も委託販売をお願いしました。

畑の中で高さ3mの木に実った「さくらんぼ」です。
傷みにくいように枝を付けて
少しでも傷があるものも避けていますので
たくさん収穫しても、出荷できるのはわずかです。
また、トマトと同じで、雨にあたると実が裂けてしまうので
雨降りの日には収穫できません。
いつも出荷することはできませんが、
もしあったら、食べてみてください。

小さな粒で、甘酸っぱく美味しいさくらんぼです。


Top▲ by veronica-t | 2011-05-23 18:36 | 野良仕事 | Comments(14)
今日の日に・・
いつからだろう・・
自分の誕生日を、確定申告の締切りの日とインプットしなおしたのは・・
自分の歳も、いつしかある年齢でとまってる


今日お誕生日のみなさん、
焚き火小屋に咲くお花が微笑んでます・・

b0169869_23561884.jpg

b0169869_23581013.jpg

b0169869_23563853.jpg

b0169869_23571053.jpg

b0169869_2356511.jpg

b0169869_23575356.jpg

b0169869_23582697.jpg

b0169869_23594631.jpg

おめでとうって・・

素敵な年でありますように。。
Top▲ by veronica-t | 2010-03-15 22:50 | | Comments(16)
さくらんぼの木・・二段の根
先日訪れた、果実・木・土を知る彼に
「さくらんぼの木の根元、土を山にしない方がいいですよ。広島のさくらんぼの木を思い出してください・・どうですか?」と、我が家のさくらんぼに木を見て、一番最初にそう問いかけられた。

そう・・加藤農園さんの木に、土はかぶせてなかった。

b0169869_2254410.jpg「これが一番果実の木にしちゃいけないことなんですよ。」と・・・土をかぶせると根が二段になり、上にほうの根が勢いづくので、もともとあった根が腐っていき、いずれは木も弱りダメになるそうです。

あれから忙しくてなかなか土を退かすことができず、今日になってしまった・・。

かぶせた土は、木の根元のところで20cm。
木を傷つけないように根元近くは手でそっと・・、でもちょっと気になるから、まるで、ここほれワン状態・・。
それでも土をかぶせたといっても、ほんの1ヶ月前だから、たいしたことはないと半信半疑でした。


b0169869_22455950.jpg「え〜っ?!本当だ!」掘ってみて驚きました。
彼の言う通り土をかぶせたところに根が生えていて、しかも、もうこんなにしっかりと伸びている。

「いろいろと調べとるけん、誰かに教えてもらってしたのかと思ってた。」と、おばあさんにも驚かれてしまいました。
でも木の生命力って凄い。たった1ヶ月で、こんなに根をはるのだから。

ただ、野良仕事をしているおばあさんには、こうなることは何となく分かっていたのかもしれません。でも私がいろいろと調べている様子を見ていたので何も言えなかったようです。

だとしたら・・・
このおばあさんの驚きは、何にでも恐れず自分の思うことをしてしまう娘(私)にかもしれない・・・。
Top▲ by veronica-t | 2009-07-05 23:12 | 野良仕事 | Comments(12)
果実と木と土を育てる
b0169869_11363389.jpg「知人が東京の帰りに寄るから、朝食をお願いできないかな・・」そう、自然の学校の代表に頼まれました。

この日、東京からの帰りに寄ったのは、果実のことを良く知る人です。果実というよりも・・木のこと・・いや土壌・・、とにかく彼の拘りは本当に凄く、勉強や経験も懸命にしている人です。
そして彼の育てる苺は本当に美味しくて、今まで店頭で苺を買わない私には、彼の苺は衝撃的でした。


今日のパンにと考えたのは、
鉄のパン焼き窯で焼いて一晩おいたライ麦パンと、焼きたてのシンプルパンです。

昨夜のうちに焼いたライ麦パンを大テーブルの上におき、シンプルパンの焼き上がりに合わせての朝食の準備です。
『炉』と『鉄のパン焼き窯』に薪を焼べて、野菜を調理しながら、熱くなったパン焼き窯にシンプルパンを入れて焼きます。

毎回ここを尋ねてくる方にと、私はこうしてパンを焼いています。

きっと人から見ると、毎回同じように見えるこのパン焼きも、実は少しずつ違っています。
その日の天候で加えるお湯の量が違い、その日の料理でパンの種類と大きさ、焼き具合も違います。そして、何よりパンを焼いている火と時間は毎回違います。
同じようで同じでない・・それがこの『鉄のパン焼き窯』での、パンを焼く時間の楽しみです。


「贅沢な食事です。」
そう言って、今日も喜んでいただけました。良かった・・。

お礼にと・・我が家の果実の木と土を見ていただき、いろいろ教わりました。
いや〜・・果実や土作りは難しい〜。
「果実の木は、何十年先を考えながら育てるんです。えっ、難しいですか?だから楽しいんです。」
と、にこやかに果実と木と土を育てる彼は答えてくれました。

だから、美味しいんだよね・・苺。
Top▲ by veronica-t | 2009-06-30 12:46 | 焚き火小屋から | Comments(1)
加藤農園さん〜・美味しいさくらんぼを訪ねて・〜
我が家のさくらんぼの木の管理を、おばあさんから譲り受けて3年目になりました。

b0169869_10113325.jpg譲り受けたころに剪定の仕方が解らず、やっと見つけたHPが『梨 さくらんぼの産直・直売 加藤農園』さんでした。
それから何度もひらいたHP・・・。でも、その詳しく書かれたさくらんぼのHPも、私には活用することができませんでした。


今年の春、どうしてもさくらんぼの木が気になり、いつものように見ていたHPで、加藤農園さんの住所が広島だと初めて気付きました。
早速、視察をさせていただきたいと、先月の中頃にメールしましたが、ちょうどお忙しい時季ということで、それから1ヶ月たった昨日、視察をさせていただきました。


さくらんぼのハウスの中に入った瞬間・・木がとても手入れされていて、私の為に時間をとっていただいたことに申し訳ない気持ちで一杯になりました。
きちんとお話をしてくださる加藤さんと、大きく悠々としたさくらんぼの木に、少しずつ気持ちも和らいできました。お話の途中で、「もう、さくらんぼの収穫も終わりましたが・・」と、一粒のさくらんぼをいただきました。果実が、しっかりしていて甘く、とても驚きました。
ここの環境で、ここまで美味しい実になるまで、そしてこの木になるまで、本当に試行錯誤されながら育てられたことが伝わってきました。そして、視察に訪れた人にと、その木を隠さず見せていただき、解りやすく説明していただき、何より忙しい手をとめて話をしてくださり、本当にありがたいです。

もちろん我が家のさくらんぼは、加藤農園さんのさくらんぼと品種も違うし、環境も違います。ここで教えていただいたことを、我が家なりにしていこうと、帰りの車の中でいろいろ考えが浮かんできました。
夕方、部活で遅く帰って来た長女に、さくらんぼを渡すと・・しばらく眺めて、パクッと口に入れ「美味しい〜!」と、その美味しさと食感に、目をまん丸にしながら驚いていました。
「うちのさくらんぼも、私は好き!」ちょっと、この言葉に頑張る勇気が出てきました。


加藤農園さん、本当にありがとうございました。
そして、54号線から入った線路脇の道・・車で通り過ぎる風景がとても素敵でした。


加藤農園さんのHPは、こちらからもいけます。梨 さくらんぼの産直・直売 加藤農園
Top▲ by veronica-t | 2009-06-19 10:17 | 野良仕事 | Comments(5)
さくらんぼの収穫
おとといの夜、雨が降りそうだったので、慌てて屋根の部分の網にシートをかけました。古いシートで、ところどころ薄くなっていましたが、それでも雨はしのげるだろうと思っていました。

昨日の午前中、なんとか天気はもちましたが、訪問美容の仕事から帰る昼頃には、風がで始めて、雨も降り始めました。畑に行ってみると、古いシートは風で破れて、真ん中にポッカリ穴が空いています。雨が強くなる前にと、昼食を食べずに収穫を始めました。作業を始めてから、次第に雨は強くなっていき、さくらんぼがどんどん雨に濡れていきます。
屋根にかけたシートの補修か、収穫か、作業をしながら考えていると、『自然の学校』の代表が屋根の補修をして下さいました。助かりました・・。

わずか2本の木の収穫でしたが、昼から始めた収穫の作業は夕方になっても終わりません。やっと終えた頃には、もうヘトヘトです・・・。さくらんぼ農家の方は、毎日こうした作業を一日中されているんだと、感心してしまいました。もちろんどの作物を作るのも、そうですが・・。

収穫したさくらんぼは、かごに3杯にもなりました。
b0169869_032085.jpg

Top▲ by veronica-t | 2009-05-13 01:27 | 野良仕事 | Comments(0)
さくらんぼ
b0169869_23322715.jpgここのところお天気続きで、畑のさくらんぼも、急に赤く実り始めました。


網を張って鳥に食べられることもなく安心していましたが、予想よりも早く赤く実ったので、あわただしく収穫をしています。
・・といっても、どこかに出荷しているわけではありません。

実は、来週17日に親子で参加していただくワークショップ『火のぬくもり 家族のぬくもり』を予定しています。
このときに、親子で『ぐるぐるパン』を焼きながら、苺と、さくらんぼを収穫していただきます。
※ぐるぐるパン・・クックパッド「田園レストラン」にレシピを書いてます。

今年も、ぐるぐるパンを焼きながら、美味しいさくらんぼと苺の収穫する・・そんな楽しく美味しい時間を、親子で過ごしていただきたいと思います。
Top▲ by veronica-t | 2009-05-10 00:37 | 野良仕事 | Comments(0)
| ページトップ |