田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
久しぶりの出荷
at 2019-08-13 19:07
零れ種から
at 2019-08-03 11:21
ジャガイモの収穫
at 2019-07-05 16:45
人参の間引き
at 2019-07-04 13:25
2019夏野菜の畑
at 2019-06-30 05:28
2019玉葱
at 2019-06-14 18:38
去年の野菜の茎で、ノブヒェン..
at 2019-06-09 03:06
畑も春です。。
at 2019-04-17 05:51
美味しそうなノブヒェン、焼け..
at 2019-04-12 05:13
桜咲く
at 2019-04-05 20:36
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
> t-harunoさ..
by veronica-t at 09:05
> tomokeさん ..
by veronica-t at 08:49
本当にそうですよね。 ..
by t-haruno at 14:27
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:47
> tomokeさん ..
by veronica-t at 09:14
こんにちは。 午前..
by tomoke at 13:26
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
<   2019年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Top▲
2019夏野菜の畑
今年の初め、本業でお伺いした先のお婆さんに「畑にとって一番の肥やしは、作る人の足跡」と、教わった。
野菜も、必要な程に手をかけてまわる作り手の足跡が、どんな肥料よりも勝るという。
その言葉は、心にすーっと染み込んできた。

今年、畑を一つにした事と、畑に立ち土に触れ風を感じると気持ち良く元気が出てくるからと、時間を作っては この畑に通う。

畑を六つに区分けして、それぞれの畝を作り、今年やっと何を育てるのかを決めた。
今年育ててみながら、来年にも繋げれたらと
焦らずゆっくりと。。


ここで、忘れっぽい自分のために。。

ズッキーニ、茄子、薩摩芋、ブロッコリー、キャベツ、ネギ、ハーブ
b0169869_05324408.jpeg


人参、ジャガイモ、べんり菜、秋ジャガ用の畝に 零れ種のトマト
b0169869_05344668.jpeg


えんどう豆、トマト、パプリカ
b0169869_05333759.jpeg


小玉スイカ、大豆
b0169869_05360385.jpeg


ミニトマト、大玉トマト、ニラ、ネギ、バジル

b0169869_05370472.jpeg


ゴーヤ、つるありインゲン、赤唐辛子、モロヘイヤ、葉物、ネギなえ床、薩摩芋

b0169869_05375802.jpeg

- 肥料 -
足跡。。
草堆肥
米糠
今年は、息子が牧場から堆肥を運んでくれたので、まだまだ痩せている畝に必要な程入れている。







Top▲ by veronica-t | 2019-06-30 05:28 | 畑の備忘録 | Comments(4)
2019玉葱
b0169869_01420508.jpeg

今年の玉葱は、母が思うように栽培。。

雨が少なく、なかなか大玉にならない…
べと病がつくかなぁ…
収穫する頃に雨…

母なりに気になっていた今年の玉葱は
収穫前に一気に育ち、ここ近年で一番大きい。

雨の合間の晴れ間に、母と二人での収穫。。
今年は感謝しながらも、思う存分食べれそう。





Top▲ by veronica-t | 2019-06-14 18:38 | 風の谷から | Comments(4)
去年の野菜の茎で、ノブヒェンを焼く
b0169869_07264927.jpeg

畑のど真ん中に陣取っている、去年の野菜たちの茎。
トマトにバジル、茄子にピーマン、太いものから細いものまで、一年近くかけてパリパリに乾燥している。
その他の蔓ものの野菜はというと、自然と土に還るようにと育った畝に刻んで置いている。

先日、そのパリパリに乾燥した茎を持ち帰った。

b0169869_07272449.jpeg

持ち帰った野菜の茎を使い、ノブヒェンを焼く。

b0169869_07414172.jpeg

乾燥した細い茎は燃えるのが早い。
灰も、燃えるのが早いほど直ぐに溜まるので、パン生地を入れ替えする前に取り除く。

火力はかなりのもので、ノブヒェンを焼くには丁度良い。

b0169869_07422335.jpeg

いつものように、ゆっくり焔を見る時間はないけれど、野菜の茎を有効活用できるのは、何だかとても嬉しい。。




Top▲ by veronica-t | 2019-06-09 03:06 | パンを焼く焔を見つめながら | Comments(4)
| ページトップ |