田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
畑での目印は、草。
at 2019-03-02 20:53
畑の初仕事
at 2019-03-01 21:59
焔のある暮らしへ-離れの改造
at 2019-02-07 16:25
ベロニカ
at 2019-02-05 11:12
今の暮らしに合わせて、畑の数..
at 2019-01-30 05:31
ノブヒェン
at 2018-11-16 17:13
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>2019-03-17 ..
by veronica-t at 03:38
>2019-03-17 ..
by veronica-t at 03:29
> tomokeさん ..
by veronica-t at 03:20
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:51
>t-harunoさん ..
by veronica-t at 11:53
私が想像していたより、は..
by t-haruno at 15:41
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
畑での目印は、草。
「お隣りの畑に入ったらいけんよー!」

畑に遊びに来たチビっ子たち、嬉しくって走り回っている。
何処だったら走っていいかと聞くので、草が生えているところだけと言うと、迷わず我が家の畑だけ走り回る。

b0169869_16292577.jpeg


チビっ子たちは走り回り、泥だらけになって穴を掘ったり泥遊びをしている。

ひと遊びすると、オモチャの如雨露で野菜のみずやりのお手伝い。
これも、チビっ子たちにとっては遊びの延長なのか、飽きもせずに喜んで、次は何処に?と聞いてくる。
茶色の刈草の中に、緑色の苗が植わってるから、それにと言うと、苗を探しながら水をかけてまわる。

b0169869_16294738.jpeg

この畑での目印は、草かぁ。。と

今日は、人にも野菜にも、良い一日だった。




Top▲ # by veronica-t | 2019-03-02 20:53 | 畑に立ち思うこと | Comments(6)
畑の初仕事
久しぶりに風もなく穏やかな日に、放ったらかしの畑に鍬を入れる。

ジャガイモの畝を、知人に作って貰ったスコップ鍬で、ガッ!ガッ!と掘り起こす。

b0169869_22041903.jpeg


大まかに草を取り、有機菜園から持ち帰った落ち葉堆肥を入れる。
熟成した落ち葉堆肥…なんて贅沢なんだろう。。

b0169869_22061604.jpeg


今年の春蒔きジャガイモは、男爵とアンデスレッド。
籠に入った種芋を、自分で欲しい物を欲しいだけ買える苗物屋を教えて貰って、母と違う種類のジャガイモを それぞれの畑に植えた。

b0169869_22174692.jpeg


土を被せて、茶畑の畑から持ってきた刈り草を敷く。

b0169869_22195999.jpeg


同じように、人参の種を撒いたり、えんどう豆、そら豆、ブロッコリーの苗を植えていく。

b0169869_22253824.jpeg


今年も、こうして草を刈り、野菜を育てながら、必要な畝を育てていく。
ゆっくりと、ゆっくりと。。









Top▲ # by veronica-t | 2019-03-01 21:59 | 野良仕事 | Comments(0)
焔のある暮らしへ-離れの改造
いつかは、焚き火小屋の環境を暮らしの中へと考えていた。
その一歩を踏み出せたのは、道路拡張に伴う焚き火小屋と畑の立ち退きが現実になったから…

そして、2017年6月から、家の離れで焔のある暮らしをと片付けを始めた。

b0169869_22454581.jpeg

もともと養蚕する為に作られた離れは、大工の父を中心に祖父や親戚が集まり、山から資材を調達し建てた、土壁の二階建ての建物。
その後、養蚕を辞めて、祖父母も他界、父が六十代初めに半身麻痺の障害者になり仕事も出来なくなってからは、それぞれの道具や荷物の置き場になっていた。

b0169869_22463530.jpeg

そんな巨大な物置小屋と化した離れは、その後も家の改造や蔵の解体等で、荷物は減るより増えるばかり。
必要な物と処分する物が交じった片付けは、なかなか思うように進まない。

でも、動かないと先が見えず考えられないのと、今、これを片付けとけば、子どもらにゴミを残して逝ったとか文句を言われることもなく、少しでも長く気持ち良く楽しみながら老後を暮らしたいとか、なるべく自分にとって良いように考えていく。

b0169869_16404933.jpeg

その片付けも、去年一年は中断していたので、先日からやっと再開した。


………
メールやコメント、ありがとうございます。
元気いただきました。。






Top▲ # by veronica-t | 2019-02-07 16:25 | 焔のある暮らし | Comments(6)
ベロニカ
b0169869_09175036.jpeg

今年もベロニカの花が咲いた

いつもと変わらない季節が、こうして巡ってくることに感謝して。。




Top▲ # by veronica-t | 2019-02-05 11:12 | 心象のスケッチ | Comments(4)
今の暮らしに合わせて、畑の数を減らす
焚き火小屋の畑を道路拡張に伴う立ち退きで手離し、茶畑のある畑と有機菜園の畑も次に作られる人がいて、私自身も世話をする時間が無くなってきたことや体力的なこと考えて、これを機に二つともお返しすることになった。

茶畑のある畑
長年耕作放棄地だった畑の横には牧草が広がり、生えていた雑草も牧草やイネ科の草で、ぎっしりと根を張り所々木になりかけていた。
数年間、草刈りをしては刈り草を積み、二年前から大豆を栽培すると、生えてくる草も次第に変わってきてハコベなど柔らかで横に広がる草が増えて、土は少しずつ柔らかくなっていた。
b0169869_10301012.jpg
最後の草刈りは
感謝の気持ちを込めて
ありがとう。。
b0169869_08180054.jpg


こちらは有機菜園の畑。
前の菜園から、この畑に移ってまだ二年。
畑の縁に植えたハーブ類が根を張り始め、土も草にも少しずつ変化が現れていた。
人・土・草と、とても学ぶ事が多い畑だった。
b0169869_20451349.jpg

こちらも春から作業をされるので、その前に片付けた。
片付けの終わりに、分かる範囲でハーブの根を掘り持ち帰る。
b0169869_20480316.jpg

そして、大切な落ち葉堆肥と資材の運び出し
b0169869_15260069.jpg

落ち葉堆肥は、ニュージーランド箱に移して、大切に使わせてもらう。
b0169869_20502293.jpg


ひとつだけ続けていく畑。
去年は夏頃から色々な事が重なって、先日やっと夏野菜を片付けた。
何にもない畑…
b0169869_15251404.jpg

去年の夏までは緑溢れる畑で、子どもらの歓声も聞こえていた。
b0169869_20553686.jpg

育てる楽しみと収穫する楽しみ
お借りしているこの畑を、ゆっくりだけど、もうしばらく育てて行きたいと思う。

b0169869_20564347.jpg


今、放ったらかした畑には、雑草化したルッコラの花が美しく咲いている。
b0169869_20514293.jpg






Top▲ # by veronica-t | 2019-01-30 05:31 | 畑に立ち思うこと | Comments(4)
| ページトップ |