田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:farm風の谷 ( 17 ) タグの人気記事
Top▲
夏本番を迎えて
梅雨が明けて、茄子やトマトの他に、蔓ものの野菜も順々に実ってきました。

b0169869_08513994.jpg


竹ドームに這わせたプッティーニは、小さい実なのに なかなか大きくならず、やっとの収穫です。


b0169869_08513919.jpg


隣のゴーヤは、今年は大きな竹ドームで伸び伸びと育ち、気付かないうちに大きくなっていました。
茂った葉がちょっとした木陰を作ってくれて、真夏の作業の休憩に丁度良い。


b0169869_08514028.jpg


地を這わせているのは、南瓜と初めて育てる西瓜。
サイズは家族に合わせて小玉にしてみましたが、小玉は皮が薄くて破れやすいそうで、収穫のタイミングが難しいです。
毛が茶色くなったら収穫と教えてもらっても、どれが毛なのか分からず…殆ど勘です。


b0169869_08514085.jpg


そして茶畑のある畑で育てている大豆も、今年はご近所さんに教わり、芽を摘んで背丈は低く脇芽を増やしていくことにしました。
この後、風通しも考えながら、草を生やして育てていく予定です。


b0169869_08514179.jpg


暑い日差しの中、野菜と草の青々とした畑を見るとホッとします。








Top▲ by veronica-t | 2017-07-24 11:21 | 野菜について | Comments(2)
ゆっくりと時を過ごす畑に
今年から畑を六区間に分けて、生えた草を毟る感じに刈り取り畝に重ねて、精米して出た米糠や ぼかしを軽く振りながら、ゆっくりとじっくりと土作りをしています。
今の時期の畑は賑やかで、長茄子、ローザビアンカ、葉葱、長葱、南瓜は三種類、ゴーヤ、ブロッコリー、ピーマン、パプリカ、すいか、オクラ、トマトなど夏野菜を育てています。

b0169869_23412101.jpg


今年もトマトの畝では、自分なりの実験をして楽しみながら育てています。
トマトの種類は4種類で、春先に忙しく種蒔きが間に合わなかったこともあり、苗で購入したプチトマトが2種類、焚き火小屋の畑で溢れ種から発芽したもの、有機菜園講座のトマトの脇芽と、それぞれニラとバジルと一緒に植えています。
プチトマト2種類は、子どもたちが中を通り抜けたり楽しみながら収穫出来るように、今年も竹でトンネルを作り植えています。

b0169869_00242790.jpg


これとは別の畝では、焚き火小屋の畑で去年種から育てた黄色いプチトマトが数本発芽したので、そのうち3本を移植して、今年も同じようなものが出来るかを試しています。
これが上手くいけば、これからも苗にして育てていきたいと思います。

b0169869_01230413.jpg


また同じ畝に、有機菜園講座の大玉のトマトの脇芽を、一度ポットで根を下ろさせて苗にしたものを植えています。
反対側には、雨が降る前に挿し芽にしたものも植えてみましたが、場所を変えたときの成長の違いも確かめてみたいと思っています。

b0169869_01230599.jpg


また竹の活用として、去年作った竹ドームを移動してきて、今年はプッティーニというミニ南瓜とゴーヤを育てています。

b0169869_01230533.jpg


まだまだ思うような畑にするには時間がかかりますが、ハーブや花や果樹を植えたり、名もなき小屋を作ったり、単に野菜作りだけの場所ではなく、ゆっくりと時を過ごせる環境にしていきたいと考えています。







Top▲ by veronica-t | 2017-07-11 01:15 | farm風の谷 | Comments(0)
草の活用と長葱の植え付け
草の堆肥作り用の畑に生えているのは、チガヤというイネ科の植物。

b0169869_22303860.jpg



チガヤは、春には白くフワフワした花穂をつけていたので、刈り取ったものは畑の隅に集めて積み重ねて置き、今の季節になると葉がスッとして長さもあるので、肥やしではなく稲藁の代わりに使ってみることにしました。


まずは、farm風の谷の地這え胡瓜に。。

b0169869_03240727.jpg



そして、長葱の植え付け後の乾燥予防に。。

b0169869_03240769.jpg


どちらも良い感じです。

草の色々な使い道を考えたら、その作業も苦にならず、草も ただ邪魔なものにならず役立つと思います。
それに、あるものを(自分なりに)上手く活用出来ると何だかとても嬉しくなって、もっと色々なアイデアを考えようという意欲も湧いてきます。

この畑は砂地です。
長葱の畝を作りながら、積み上げた砂がサラサラと流れ、深く掘った畝がアッという間に砂で埋もれていく様子を見ながら、温暖化が進むこれからの環境に、草をどう取り入れていくかを、もっと考えていこうと思います。




Top▲ by veronica-t | 2016-07-10 19:54 | 野菜について | Comments(0)
朝日を浴びて。。向日葵の花
farm風の谷の向日葵が咲き始めました。

b0169869_08274154.jpg



朝日を浴びる向日葵を見て、今日も頑張ろう!と元気をもらいました。

今日の日を、元気に迎えることが出来たことに感謝して。。





Top▲ by veronica-t | 2016-07-09 06:12 | 畑に立ち思うこと | Comments(0)
2016ジャガイモ収穫とfarm風の谷
ご近所さんより1ヶ月遅れで、ジャガイモの葉が枯れてきたので、雨の降る前に収穫しました。

b0169869_03330269.jpg


えっ⁈
どこにジャガイモが…って(笑)
ジャガイモに限らず、私の畑では作物は草の中。。
草が伸びていると、育てている私にしか作物は見えないようです。
しばらく目を凝らしてもらったり、作物が草の成長より勝つ頃には、いろいろなものが植わっているねと気付いてもらえます。


b0169869_03330263.jpg


今年植えたジャガイモは、十勝こがね、ベニアカリ、キタアカリの3種類です。
肥料は、作付け前に完熟堆肥を入れて、追肥は2回、土寄せ3回。

元種の芋を切らないもの、切ったものも灰を付けたものと乾かしたものと、3パターンで植え付けしましたが、結果は そう変わりはなかったです。
切り面を上にしたのは、良かったように思います。
今度は、おばあさんがしているように、小さいものは そのまま、大きいのは半分に切り、すぐに植え付けていこうと思います。

そして収穫しながら、次の作付けの準備もしていきます。


b0169869_12020571.jpg


ジャガイモの畝は、もう少し深く掘り長葱を植え付けていきます。
写真の右端にはオクラが植わっていますが、これは長葱の風除けも兼ねています。

オクラと長葱の畝の間には、ジャガイモの畝に生えていた草を積んでいます。
オクラの収穫が終わる頃には、この草をよけて、豆を植えて蔓はオクラに這わせていこうと考えています。
少しずつ順繰りまわるような作付けが出来たらと思います。

そして草は、作物の成長に合わせて刈り取り、次の野菜の肥やしになるように積み重ねたり、乾燥防止に敷き草に活用しています。
まだまだ、自分に合うやり方を模索していますが、少しずつ畑を見て「この畑は、あのさんの畑だね」と思われるような、自分らしい畑に育てていこうと思います。


- farm風の谷で必要なものメモ -
・ニュージーランド箱
・名もなき小屋
・ゆっくり畑を眺めれて、次なる妄想が出来る竹のベンチ
・ハーブを取り入れた花畑


*追記
なんと…葱と豆類は相性が悪いとか…
全く反対の説もあるとか…
ただいま思案中。。









Top▲ by veronica-t | 2016-07-07 20:22 | 野菜について | Comments(0)
farm風の谷では
b0169869_11343071.jpg


南瓜は発芽率が良いそうで、我が家も蒔いた種の殆どが発芽して、母の畑や ご近所さんに苗をもらってもらい、残りをfarm風の谷に定植しました。


b0169869_11113372.jpg


その南瓜も、みな元気に育ってくれて、成長に合わせて草を取り藁や乾いた刈り草を敷いています。
今年の南瓜は、蔓2〜3本にして育てていく予定です。


こちらも種から育てたオクラ

b0169869_11160753.jpg


定植したオクラの苗は28本、今はジャガイモが植わっている畝に、収穫後は長葱を植えるので風除けも兼ねて育てることにしました。



ニンニクも、大小様々なサイズですが、全部収穫出来ました。

b0169869_09481343.jpg



去年、畑を借りて草刈りをしたとき、茂った草の中に弱々しい里芋の葉を見つけて、土寄せして様子をみたけれど、全然大きくならず、そのまま刈り草を置いておいた里芋が、春になり芽を出しました。

b0169869_11343190.jpg


里芋は連作を嫌うというので、移植することにしました。


b0169869_11343197.jpg


ここは、もともと堆肥置き場だったところで、今は種から育てたカモミールにマリーゴールドを定植したり、向日葵の種を蒔きました。

今は綺麗に整列してますが、いずれもっと自然な感じにしていく予定です。
ここなら残留肥料もあり、用水路から近いので水やりもしやすいので、里芋を花の後ろに移植してみました。

こんな感じも、また面白いかも。。

この畑に色々なものを植えていくと、少しずつ何が必要で、何が必要でないのが見えてきました。




Top▲ by veronica-t | 2016-06-19 17:31 | farm風の谷 | Comments(0)
ジャガイモを植えました。
農園にジャガイモを植えて、その足でfarm風の谷にも植えました。
農園と同じころに植えるのは、本業の合間の野良仕事なので、いつ植えたか、その作業を同じにしておかないと分からなくなるから。
そして、同じ砂地でも、それまでの肥料等で作物の出来具合いが違っているので、そこらへんも楽しみたいと思っています。

b0169869_23211305.jpg


ここに植えたジャガイモは、十勝こがねとベニアカリ、キタアカリの3種類。
植えた場所は、柿の木が植わっていた側で、なかなか草が生えないところです。
それでも少しずつ草が生え出していますが、耕すことなく植えていくことにしました。


b0169869_23211486.jpg

小ぶりなものはそのままに、大きめなものは農園と同じようにカットして、切り口を乾かしたものと灰をつけたものにわけて、やはり切り口を上にして植えてみました。


b0169869_23211506.jpg

使った肥料は、去年の春にニュージーランド箱に集めた草です。
少し泥っぽいですが、これを溝に入れて土を被せて種芋を置いていきました。


b0169869_23211561.jpg


土を被せて印をつけて、作業が終わったのは暗くなったころでした。

溝を掘っていたとき、横の道を歩くご近所さんに「草の中に植えるみたいだねぇ」と、びっくりされたけれど、綺麗に耕された畑で作物が育つのは、まわりの畑で実証済みだから、こんな畑があっても良いかなと。
まだまだ、作っていく先は定まっていないけれど、少しずつやってみようと思います。






Top▲ by veronica-t | 2016-03-21 21:16 | farm風の谷 | Comments(0)
冬採れジャガイモ、出荷しました。
2月の寒波のときも、土の中で傷まず育ってくれたジャガイモ。
b0169869_10475478.jpg


二種類のジャガイモを、いろいろなサイズを一緒にして詰めてみました。


b0169869_10475438.jpg


昨夜、食べ比べをしてみました。
どちらもホクホクで美味しいです。
赤いのが甘味があります。

先ほど、くるみ市さんに出荷しました。
季節外れのジャガイモです。
新鮮なジャガイモを食べ比べてみて下さい。。






Top▲ by veronica-t | 2016-02-11 10:39 | 野菜の出荷 | Comments(0)
里芋の親芋〜美味しくいただく⑶
ジャガイモの収穫するとき、隣の畝の里芋の様子が気になり、掘り返してみました。

b0169869_10542284.jpg

この里芋は、地主のご近所さんが植えられたもので、もう手入れも何も出来なくて育ってないと思うから、掘り返して別のものを植えてもらっても構わないと言われたのですが…

草にまみれて、細々と小さな葉を広げている里芋を破棄することが出来ず、またこれも学びと、そのままにしていました。

さっそく掘ってみると…
b0169869_01271569.jpg

こんな感じ…やっぱり小さい…小芋がない…。
ならば、この親芋を美味しく食べようと、今夜は我が家の定番「野菜たっぷりかき揚げ」のメイン野菜にしてみました。
(里芋には親芋も食べれる種類と、小芋だけ食べれるものがあるそうですが、上津のおいもパンに使っていた、以前 我が家で作っていた親芋も、この里芋も、食感は違いますが、どちらも食べれました。)


これが親芋です。
小ぶりです。
b0169869_01271583.jpg


それを揚げやすく食べやすい大きさに切ります。
粘り気は、小芋ほど無いので切りやすいです。

b0169869_01271550.jpg


「野菜たっぷりかき揚げ」は、農家なら晩御飯の買い物しなくても、畑の野菜を美味しくボリュームを持たせて、そして豪華に見える、それは重宝な料理です。
しかも、使う油や粉を考えれば、育ち盛りの子どもたちのお腹を満たしてくれる、我が家では、今も変わらず家計を助けてくれるメニューです。

b0169869_01271648.jpg

今日、我が家にあった野菜は、畑から収穫したばかりの人参、長葱、大根の葉、それに冷蔵庫にあった椎茸と牛蒡です。

それを、パンに使う南部小麦で混ぜ合わせて揚げていきます。

b0169869_01271642.jpg


あとは、熱々をお好みの食べ方で食べるだけ。。

b0169869_10542242.jpg


今夜は藻塩でいただきました。

里芋の親芋が、ホクホクと粘り気もあり、ホッとする優しい味がします。
油との相性も良く、他の野菜の味と食感を引き立ててくれています。
とても美味しいです!!

里芋の親芋が手に入るなら、ぜひ試してみて下さい。。






Top▲ by veronica-t | 2016-02-05 20:53 | 野菜 -recipe- | Comments(0)
ジャガイモ・季節外れの収穫
もうすぐ10月になろうとする秋の終わりに、farm風の谷に作付けしたジャガイモを、晴れ間が続いた今日、収穫しました。

b0169869_15262103.jpg


赤いジャガイモ
b0169869_15262280.jpg

焚き火小屋の畑のもので、収穫したとき残っていたジャガイモが芽を出していたので、試しに植えてみたものです。



こちらは男爵かなぁ…
b0169869_15262229.jpg

作付けの時期を過ぎていて、もう何処にも種芋が売れてなくて、やっと見つけたのがホームセンターの値下げのカゴの中。
シワシワの芋には、芽だけが水気を含み長く伸びていました。
普通なら見向きもしないほどの種芋でしたが、何故かこのときは、萎びれたジャガイモに惹かれて、作付けしました。


あれから4ヶ月…
もうそろそろ、春植えのジャガイモが市場に出回るころの収穫です。


b0169869_15262215.jpg


採れたジャガイモは、小さく数も僅かですが、美味しそうです。


b0169869_15262309.jpg


farm風の谷、初めての作物の収穫です。

赤と白のジャガイモ。。
泥まみれですが、私にとっては宝石の原石のように輝いています。





- 追記 - 2016.2.5 18:35
farm風の谷で、初めて収穫した初もの。。
草ぼうぼうでも構わないと、それでも使って欲しいと、畑を貸して下さったご近所さんに、この初もののジャガイモを持ってご挨拶に行ってきました。
farm風の谷の畑まで、まだまだ思うように手が行き届かないですが、それでも焦らず、自分らしく、ゆっくりと、少しずつ畑と土と、野菜を育てていきたいと思います。
このジャガイモは、その一歩。。
ここから、ゆっくり歩み出していきます。







Top▲ by veronica-t | 2016-02-05 15:14 | farm風の谷 | Comments(0)
| ページトップ |