田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:- pain de tae - ( 103 ) タグの人気記事
Top▲
5・30 パンを焼く時間
b0169869_7513944.jpg
この日の『パンを焼く時間』は、参加者おひとりでした。

申し込みをされるとき、「おひとりかもしれませんが、よろしいですか?」と、お聞きしました。
・・土地柄でしょうか、おひとり・・とお伝えすると戸惑われることがあります。でも、今回参加された方は「はい。」と、私の失礼な質問に、すぐにこう返事をしてくださいました。

たくさんの方と、『パンを焼く時間』を過ごすのは、とても楽しいです。でも今回のように、ひとりの方と過ごすこの時間も、とても良いものです。

この日参加されたのは、私と同じお母さん・・
会話の中に、たくさん子を想う気持ちが伝わってきました。


この日、ちょっと後悔したこと。
もっと、ゆっくりと『パンを焼く時間』を過ごしていただけるようにしたら良かったかな・・・・・
Top▲ by veronica-t | 2009-06-01 08:11 | workshop | Comments(0)
5・20 パンを焼く時間
b0169869_850328.jpg
『パンを焼く時間』に参加していただいて、今回で3回目になるお二人です。

参加者のみなさんに焚き火小屋にある大テーブルで食事をしていただくとき、いつもだとサーブにまわる私ですが、この日だけは特別に仲間に入れていただきました。皆さんと食事をしている間、天井から降り注ぐ日の光が、まるでスポットライトのように、時間とともに大テーブルの料理を次から次へと照らしてくれます。

この光のせいなのでしょうか・・いえ、こうして『鉄のパン焼き窯でパンを焼く時間』を、毎月一度いっしょに過ごしているからでしょう・・なんだか、お二人とは以前からお付き合いがあったような、そんな錯覚までしてしまう楽しい和やかな時間でした。

ワークショップ・・・私は、この本当の意味を知らずに使っているかもしれません。
『パンを焼く時間』に、こうして参加者のみなさんと同じ時間を過ごしていると、私にとっても得るものが沢山あります。そして、ここ上津の『倶楽部はうすの焚き火小屋』に訪れてくださる方と、形にしたものだけではでなくて、目には見えない時間も作っています。それぞれの心地良い時間を共に・・・
b0169869_10351993.jpg

Top▲ by veronica-t | 2009-05-20 22:01 | workshop | Comments(2)
古き良き友
b0169869_23512440.jpg

『自然の学校』の代表の友人が、素敵な愛車に乗って尋ねていらっしゃいました。
今回は奥様とご一緒で、ゆっくり片道三日間かけての訪問です。

昨夜は久しぶりの再会にと、『鉄のパン焼き窯』でパンを焼くことにしました。
懐かしい語らいとともに、ゆっくりと心地よく流れる時間でした。
Top▲ by veronica-t | 2009-04-18 00:46 | 焚き火小屋から | Comments(0)
| ページトップ |