田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:風景 ( 21 ) タグの人気記事
Top▲
夜露に濡れながら
b0169869_11352977.jpg


湿度の高い土地なので、夕暮れ時になると空が霞んでいく。
以前は、夜のうちに何もかもが濡れるほどの夜露が苦手だった。

でも、畑をするようになり、この夜露に救われている。
カラカラに渇ききった野菜や草木が、夜露で水分をもらい、翌朝には元気になっている。
ゆっくりとだけど、野菜をいただける季節がやって来た。


b0169869_11353091.jpg





Top▲ by veronica-t | 2017-07-12 19:07 | 畑に立ち思うこと | Comments(0)
ゆっくりと時を過ごす畑に
今年から畑を六区間に分けて、生えた草を毟る感じに刈り取り畝に重ねて、精米して出た米糠や ぼかしを軽く振りながら、ゆっくりとじっくりと土作りをしています。
今の時期の畑は賑やかで、長茄子、ローザビアンカ、葉葱、長葱、南瓜は三種類、ゴーヤ、ブロッコリー、ピーマン、パプリカ、すいか、オクラ、トマトなど夏野菜を育てています。

b0169869_23412101.jpg


今年もトマトの畝では、自分なりの実験をして楽しみながら育てています。
トマトの種類は4種類で、春先に忙しく種蒔きが間に合わなかったこともあり、苗で購入したプチトマトが2種類、焚き火小屋の畑で溢れ種から発芽したもの、有機菜園講座のトマトの脇芽と、それぞれニラとバジルと一緒に植えています。
プチトマト2種類は、子どもたちが中を通り抜けたり楽しみながら収穫出来るように、今年も竹でトンネルを作り植えています。

b0169869_00242790.jpg


これとは別の畝では、焚き火小屋の畑で去年種から育てた黄色いプチトマトが数本発芽したので、そのうち3本を移植して、今年も同じようなものが出来るかを試しています。
これが上手くいけば、これからも苗にして育てていきたいと思います。

b0169869_01230413.jpg


また同じ畝に、有機菜園講座の大玉のトマトの脇芽を、一度ポットで根を下ろさせて苗にしたものを植えています。
反対側には、雨が降る前に挿し芽にしたものも植えてみましたが、場所を変えたときの成長の違いも確かめてみたいと思っています。

b0169869_01230599.jpg


また竹の活用として、去年作った竹ドームを移動してきて、今年はプッティーニというミニ南瓜とゴーヤを育てています。

b0169869_01230533.jpg


まだまだ思うような畑にするには時間がかかりますが、ハーブや花や果樹を植えたり、名もなき小屋を作ったり、単に野菜作りだけの場所ではなく、ゆっくりと時を過ごせる環境にしていきたいと考えています。







Top▲ by veronica-t | 2017-07-11 01:15 | farm風の谷 | Comments(0)
清らかな風景に玉葱を…
b0169869_10020525.jpg


焚き火小屋の玉葱は美しく、いつか暮らしの中に取り入れたいと思っていた。
家の片付けをしながら決めた場所は、川縁に立つ離れの軒下。

この谷には常に水量がある谷川が流れていて、夏でも涼しく心地良く清らかな風が吹き、玉葱を適度に乾燥させて保存してくれる。

「玉葱を吊しとらいに、あんな掛け方があるんだわねぇ…」
「ほんと綺麗だったけん、お婆さんも見に行ってみたら…」
谷風に乗って、ご近所さんの会話が聞こえてきた。




Top▲ by veronica-t | 2017-07-07 06:50 | 風の谷から | Comments(0)
いなかみち
b0169869_08344816.jpg


ここには何もない…と
私たちの世代は都会に憧れた

時代は変わり、娘たちの世代は
ここが好き
この空気が好き
この風景が好き…と言う

いつか帰っておいでね
この いなかに




Top▲ by veronica-t | 2016-07-23 13:01 | 心象のスケッチ | Comments(2)
四つ葉のクローバー
今朝、娘から送られた四つ葉のクローバーの写真。

b0169869_11530437.jpg



今は北海道に来ているとか…

清々しい青空に、朝摘みした四つ葉のクローバーの写真を撮り元気をくれる。


b0169869_11530446.jpg



ありがとう、母さんは元気だよ。




Top▲ by veronica-t | 2016-07-09 09:10 | | Comments(0)
焚き火小屋・記憶のなかに⑴
b0169869_03195996.jpg

b0169869_03200090.jpg

b0169869_03200019.jpg

b0169869_03200029.jpg






Top▲ by veronica-t | 2016-02-28 03:15 | 焚き火小屋から
時には立ちどまり
b0169869_21221500.jpg

畑に咲く一輪の花
その花に、そっと寄り添うような穂に目を奪われて立ち止まる

その姿をみて
人はみな、誰かを支え、
誰かに支えられていると…

時には立ちどまり
そっと足元に目を向けて
日々の暮らしの幸せを思う

春まだ遠い畑に咲く、一輪のベロニカの花に
まだ見ぬ新たな息吹を感じながら






Top▲ by veronica-t | 2016-02-19 13:54 | 心象のスケッチ | Comments(0)
焚き火小屋の果樹の剪定
今日は、資材置き場の片付けをしながら、果樹の剪定をしました。
b0169869_18372286.jpg

去年は、剪定をしないまま枝が混み合っていて、毛虫が大発生してしまいました。

b0169869_18372218.jpg

今年は、枝を切って風通しを良くして、少しでも被害を少なくしたいものです。


b0169869_00061102.jpg

柚子も収穫しながら、混み合ったところの下に伸びた枝を剪定しました。

切った枝は切り揃えたら、ロケストの燃料に。。
冬の間の大事な作業です。






Top▲ by veronica-t | 2016-02-03 18:28 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
焚き火小屋の畑、雪景色
b0169869_00513085.jpg

畑に雪が積もりだしたのは、風が止んで寒波が少し落ち着いてきたころ。
畑は、降り始めた雪で、あっという間に真っ白に。。


b0169869_00513011.jpg

野菜は、雪が被さり反対に少し元気になるものも。。
種から育てた玉葱は、すっぽり雪の中。
どのくらい残っているのかな…

畑のことは頭で考えていても、どうにもならないことばかりです。
沢山の失敗や偶然の発見をしたり。。

去年の春、この畑で野菜を作っていこうと決めたときに、土作りを教えてくれた友人が、一年間ひと通り野菜作りをしていったら、どんな野菜がこの土や暮らしに合っていて、どんな風に育てていったらいいか、そこから先が見えてきますよと教えてくれた言葉を、雪景色を眺めながら思い出していました。










Top▲ by veronica-t | 2016-01-25 18:47 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
心落ち着く風景に…
b0169869_21253442.jpg


見慣れた風景
肌に心地良く感じる風
聞き慣れた音
砂地の さらさらとした感触
嗅ぎ慣れた空気

いつもと変わらない風景に
いつまでも そこに居たいと思う
それは わがままな願いなのだろうか…







Top▲ by veronica-t | 2015-12-22 16:55 | 心象のスケッチ | Comments(0)
| ページトップ |