田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:鉄のパン焼き窯 ( 45 ) タグの人気記事
Top▲
予熱ではなく、余熱です。
鉄のパン焼き窯に薪を焼べてパンを焼いていると、
予め窯を温める予熱はそんなに必要ではなく、
薪が燃えて燠になったころのぬくもりが、とても重宝する。

ぬくもりは、同じ「よねつ」でも
余った熱と書いた「余熱」。



窯の上下に小割りした薪を焼べて、
パンが、ふっくら窯伸びして、焼き色が付き始めたら、
窯の上にだけ熾火をおく。

そして、焼き上がりのころ
窯の上の焔を、それぞれに分ける。



b0169869_8514662.jpg


燃えさかる薪は、焔を消して、
今夜の風呂焚きに・・





b0169869_8244197.jpg


赤々とした燠は、消壷に入れて、
この冬の掘り炬燵用に・・





b0169869_14551232.jpg


そして残りの燠は、
パンにこんがり焼き色をつけるための余熱に・・






余熱と上手く付き合えるようになってから、
パン焼きの薪の量が1/3も減った。
そして、それぞれが、すぐに燃料に使えて重宝する。

余熱を使ったパン、こんがり美味しいです。
b0169869_14552571.jpg

Top▲ by veronica-t | 2011-10-10 09:09 | 焔のある暮らし | Comments(8)
ぬくもりと感じるとき
b0169869_975424.jpg
ついこの間までは
窯に薪を焼べていると、ほんと暑くて
焔の近くから離れたいと思うほど暑くて・・

それが、この頃とても心地良く感じる

パンを焼きながら、焔のあたたかさに
うたた寝していると

谷を通り抜ける冷たい秋風が頬にあたり
「ほら、パンが焦げるよ」と、起こされる




b0169869_981346.jpg
今朝のパン

ふっくらと膨らんで、こんがりと焦げ目がついて
美味しそうに焼けた

ついこの間まで、生地の発酵は自然まかせ
夜に捏ねて、ボールに板で蓋をして置いとくと
翌朝には、ふっくらと膨らんでいた

でも、パン生地は、寒くなると なかなか発酵しない
それはそれで仕方がないけれど
仕事や家事をする時間と重なると困るんだよねぇ

だから、
夜に捏ねたパン生地は
薪を焼べて沸かしたお風呂の蓋の上、
ほんのり残ったお湯のぬくもりで
翌朝まで、じっくり発酵させる


それぞれのぬくもりを感じながら
今朝も美味しいパンが焼けた

さ〜て、仕事に行ってこよう!
Top▲ by veronica-t | 2011-10-01 08:13 | 焔のある暮らし | Comments(10)
やっとの「シンプルパン」
b0169869_11224919.jpg

やっと・・

やっと、これっていうパンが焼けた


焚き火小屋から「鉄のパン焼き窯」を持ち帰って
何度も何度もパンを焼いた

でも、焚き火小屋で焼いたようなパンが
どうしても焼けない

b0169869_121370.jpg
何度も何度も焼いて
やっと、これっていうパンが焼けた

味も香りも
サイズもデザインも
これでいい

うん、美味しい!



焚き火小屋で焼いていたときと違うのは
誰かに伝え知ってもらうための、「見せる」ということをしなくていいこと。

毎日でも何度でも焼けるように
材料は、私のパンに本当に必要なものだけ
ほ〜んと、こんなんで良いのっていうくらい必要なものだけ入れる。

そしてパンを焼く時間が、暮らしのリズムにス〜ッと馴染めればいい。
家事をしながら、いつでもどこからでもパンを焼く焔を見えればいい。

酵母と材料と、発酵の時間と焼くタイミング
あとは、「鉄のパン焼き窯」の良いところを最大限に引き出して
そのまま、焔に任せてじっくりパンを焼くだけ

な〜んだ、ご飯作るのと同じじゃないって思うほど
パンを焼くのは難しくなかった。


でも、この美味しいパンは、たくさんの人との関わりで
やっとできたパン。

ありがとう。。
Top▲ by veronica-t | 2011-09-10 09:02 | 焔のある暮らし | Comments(8)
冬が来るまえに
b0169869_11313889.jpg

昨日仕込んだパン生地を
早朝のバイトに行く前に成形して、二次発酵。

今日は本業の仕事が入っていないから
野良仕事する前にパンを焼く。

鉄のパン焼き窯に火を焼べて
大小さまざまな大きさのシンプルパンを焼く。



そして、冬が来るまえに・・
b0169869_11315293.jpg

今年の冬に備えて、
パン焼きしながら、掘り炬燵に入れる消し炭作り

鉄のパン焼き窯が、ここにあるから
冬を迎えるその前に・・
これがうちの新たな焔のある暮らし。
Top▲ by veronica-t | 2011-08-22 07:30 | 焔のある暮らし | Comments(10)
「玉葱」と「パン」
b0169869_143310.jpg

久しぶりのパン焼き。

昨夜仕込んだパンは、
こんがり飴色に炒めた玉葱を入れたもの。
じっくり一晩かけて発酵させて
今朝、鉄のパン焼き窯に薪を焼べて焼いた。

b0169869_1432872.jpg

「玉葱」と「パン」

いつもの北海道産の全粒粉とキタノカオリを合わせた粉600gに
今回は砂糖は少なめ小さじ一杯と、塩少々。
イーストはパネットマザー粉末で、オリーブオイルちょびっと。

玉葱は、保存用の中玉1個を薄くスライスして
飴色になるまで炒める。
ほのかに玉葱の香りのするパンを焼きたかったので、
玉葱を加えるのは、パン生地を捏ねた最後。


焼きあがったパンは、びっくりするほど甘い。
砂糖はほんのわずかなのに・・と、あまりの甘さに驚いた。

うちの玉葱が甘いって、よく言われるけど
この味になれているから今まで気付かなかったけれど
ほんと、とっても甘い。
いや、すっごく甘い。

「玉葱」と「パン」
今度は砂糖を入れずに焼いてみよう。

「玉葱」と「パン」は、ほのかに玉葱の香りのする
外はパリッと、中はとってもやわらかな美味しいパン。
Top▲ by veronica-t | 2011-07-08 23:43 | 焔のある暮らし | Comments(0)
Victoria Sandwich Cake - 風の谷 -
b0169869_00233.jpg

今日は娘の誕生日。

子どもたちの誕生日のプレゼントは、焚き火で焼くケーキと決めていて、
今年は、イギリスの伝統的なケーキで、ヴィクトリアサンドウィッチ
(ヴィクトリアスポンジ)ケーキを焼いてみた。


b0169869_003658.jpg

鉄のパン焼き窯に薪を焼べて、パンを焼くようにケーキを焼く。


Victoria Sandwich Cake は、イギリスのヴィクトリア女王に由縁のあるケーキで、
パウンド・ケーキと同じ生地を、専用の薄い二枚セットの円形の型に流しいれて
同時に焼き上げて、女王の好きなストロベリー・ジャムを挟み、
粉砂糖でデコレーションするシンプルで素朴な味わいのケーキ。

混ぜ合わせる材料は同じ量で、しかも泡立てもそんなにしっかりしなくてもいいから、
わりとお手軽に作れるケーキ。


それを、今日は我が家流に。。

b0169869_5402100.jpg

同じ分量の材料を、うちのは砂糖ちょっと控えめ。

今までワンホールで焼いていた生地を、だんだん大人になってそれぞれ自分の暮らしの
リズムができてきた子どもたちに、好きなときに食べれるようにと小さなカップで焼いてみた。

少し多めに焼いて、娘がお世話になっている方にもおすそ分け。。


b0169869_5402592.jpg

焼き上がった生地が冷めたら、二つにカットして、
苺ジャムの代わりに、畑で実った苺を生クリームと一緒にサンドした。

粉砂糖をふりかけて、畑で育ったミントを添えて
Victoria Sandwich Cake 風の谷風の出来上がり。。

さて、娘は喜んでくれるだろうか・・?
Top▲ by veronica-t | 2011-05-20 18:15 | 焔のある暮らし | Comments(10)
焔のある暮らし・・パン焼き
b0169869_12113975.jpg

昨夜、仕込んだ全粒粉入りのパン。

わざわざさんに、捏ねないパン生地の作りかたを教わってから、
夜、夕食の片付けをしながら、気楽に楽しみながら出来るようになった。

それまでは、「これでもかーーっ!」って、時計とにらめっこしながら
ひたすら生地を捏ねていたから、恐ろしくって誰も近づかなかったっけ。。

それが今では、次に生地に触れるまで
娘と一緒にお茶したりしながら
今日いちにちの出来事を聞く。

朝、発酵の具合で、パンを焼くのが、
仕事の前だったり終えてからだったり・・。

谷を吹く風を感じながら、鉄のパン焼き窯に火を焚き、
今日はこっちの風かぁ・・
今日は風が強いぞってなふうに
風と相談しながら、薪を焼べる。

焔をみながら、パンを焼く。
風に舞う煙とともに、パンの香ばしい香りがしてくる。

今日も美味しいパンが焼けた。
Top▲ by veronica-t | 2011-05-20 09:09 | 焔のある暮らし | Comments(4)
パンを焼きながら・・・
b0169869_23405247.jpg

注文した小麦が届いたので、パン焼き再開。
今日は、ひと晩かけて一次発酵させたシンプルパンを焼いた。

鉄のパン焼き窯がやって来てから、窯に火を焚きながらいろいろなことを考える。
パン焼き小屋のこと、この窯を入れる暖炉のこと、そしてこれからのこと・・

知識も何にもないから、ただ火を焚いて焔の様子を見る。

焔はどう動くのだろう?
窯を入れる暖炉はどのくらいの大きさが、いちばん熱効率が良いだろう?

少しずつ煉瓦を動かしながら、その構造を考えていく。
今日は窯の上に瓦をかぶせてみた。
b0169869_2341988.jpg


鉄のパン焼き窯の上の焔は、どのくらいあがったら
美味しいパンが焼けるのか・・。

今までもこれからも、頭で考えても分からないからやってみる。

パンを焼きながら・・・。
Top▲ by veronica-t | 2011-05-18 15:41 | 焔のある暮らし | Comments(0)
大切にしたいから
昨日の雨は凄くて、鉄のパン焼き窯も濡れてしまった。

パン焼き窯を錆させないように、今朝早くパンを焼いた。

b0169869_22215496.jpg

焼いたパンは、ライ麦パンとシンプルパン。
濡れた窯を思いっきり熱したいので、違う種類のパンを同時に焼いた。

いつもなら、まわりを気にして小さく焔をおこすけど
今日は思いっきり火を焚いた。

使った薪(廃材)は、古いタンスの引き出しひとつ分。

おもいっきり火を焚いたのが良かったのかなぁ
パンが、こんがりと良い感じに焼けた。



b0169869_22221545.jpg

パンを焼き終わって、窯が熱いうちにオイルを塗った。

いつもより丁寧に・・

パン焼き窯のためにパンを焼くなんて、おかしいかもしれないけど
この鉄のパン焼き窯、大切にしたいから。
Top▲ by veronica-t | 2011-05-12 22:22 | 焔のある暮らし | Comments(10)
夕暮れ時のパン焼き
b0169869_22473360.jpg

今日は、予定をはるかにオーバーして
夕暮れ時のパン焼き。

パンを焼く、この焔が大好き。

ぼぁ〜っとした暗闇に、オレンジ色の焔が浮かび上がる。
これがたまらなく良い感じ。。

今夜は、久しぶりに風呂焚きしながらパンを焼く。
焔を移動させて、ほんと無駄なく効率も良い。

幼いころ、かまどが台所の中心にあった我が家。
その近くには、風呂の焚口もあった。
あれは、祖母や母に使い勝手の良いように作られていたんだな〜って
あれから、何十年たった今、しみじみ思う。


b0169869_2248550.jpg

塩っぽいパン。

今日は、ある方のリクエストに答えて、塩味のしっかりした「塩パン」を焼いた。
んん〜、塩味だーー。
なぜか後をひくんだけど、やはり塩がききすぎたみたい。

昨日のプチシンプルパンが、なかなか美味しかったので
調子に乗ったのがいけなかったのか
今日のパンは、とても人様に差し上げれるものじゃない。
「カリカリベーコンとレタスを乗せて食べたい」という、娘と食べることにした。

生地ののびも、焼き色も、なかなか上手くいかないなぁ。
失敗作が増えるたび、母さんのパンがいっぱい食べれると喜ぶ娘。

美味しいパンの味を覚えさせねば!
Top▲ by veronica-t | 2011-05-09 22:48 | 焔のある暮らし | Comments(4)
| ページトップ |