田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:野菜 ( 80 ) タグの人気記事
Top▲
1月の玉葱
b0169869_23521535.jpg冬の畑は、草の伸びもゆっくり・・
でも、ふと足元を見れば、玉葱のまわりが緑色になっている。

小さな草が、ぎっしり・・。

これを、うちの師匠が見逃すはずもなく、ここ数日ひとりで、せっせと草取りをしていました。
昨日の午後からは仕事が空き、二人での作業となりました。

細くやわらかな苗を傷つけないように、草を残さないように丁寧に作業を進めます。

b0169869_073050.jpg

この時季の玉葱は、実に躍動感に満ちています。
草を取り、それがより一層伝わってきます。

b0169869_0145930.jpg

ずらっと並んだ3種類の玉葱の苗・・

左手の少し緑がこく見えるのが「早生の玉葱」
みずみずしく、甘味も強く、薄くスライスして生で食べると美味しい。

真ん中の少し小さめなのが、焚き火小屋に綺麗に並ぶ「保存のきく玉葱」。

そして、右端にサラダに適した「紫玉葱」。


今年の苗は2500本、どれも美味しく育ってほしいと願う。
Top▲ by veronica-t | 2010-01-31 00:45 | 野良仕事 | Comments(16)
冬野菜の配達
b0169869_311590.jpg
これは以前、お客様のところに配達した「冬野菜」です。

ワークショップに参加されたお客様から、「野菜をください!」と、ご注文をいただきました。
まとまった量のご注文だったので、お客様のお宅まで配達しました。

おばあさんの野菜のファンが、少しずつ増えるといいな・・。
Top▲ by veronica-t | 2010-01-22 01:15 | 野良仕事 | Comments(8)
「干し大根」が美味しい訳・・
今日もとても良い天気だった。

野良仕事をしながら、おばあさんの干し大根を、お天道様の動きに合わせて移動する。
b0169869_2335434.jpg
b0169869_23351757.jpg
b0169869_23352822.jpg



タイヤがついた扉はお天道様に合わせて移動する。
Top▲ by veronica-t | 2010-01-18 23:54 | 野良仕事 | Comments(4)
野菜がわらう。
b0169869_2133993.jpg野菜がわらう。

この言葉は、 『島根県中山間地域「産直市」の現状と展開 II 〜アグリ・ルーラルビジネスへのステージアップ戦略〜』 (研究者 有田昭一郎)の表紙にあった言葉・・。

ちなみに、この表紙に写っているのは、我が家のおばあさんと畑。

私は、この『野菜がわらう。』の響きが、とても気に入っている。






・・野菜がわらう・・
b0169869_2125258.jpg
今日は、久しぶりに穏やかな天気で、絶好の野良仕事日和だった。
野菜の配達にと、冬野菜の収穫をした。

大根の葉を落とし、ひとつひとつ丁寧に汚れを流す。

昨日のことを思い出しながら・・、野菜を準備する喜びを感じながら・・、
美味しく育ってくれた野菜に感謝しながら・・、大根を洗うのはとても嬉しい。

冬野菜の準備が終わると、今度は、ゆっくりと畑仕事をした。

雪でいたんだ葉を取り除き、草を抜く。
そして畑には、久しぶりに元気なおばあさんの姿も見える。


・・野菜がわらう・・
b0169869_21422695.jpg
この響きと、この時間が、とても気に入っている。
Top▲ by veronica-t | 2010-01-16 22:05 | 野良仕事 | Comments(8)
大根・・自分への反省
今日の野良仕事は、気分がずいぶん落ち込んだ・・
情けなくて、めいっぱい反省した。

いつもの年なら、どんなに寒くても、おばあさんは野良仕事をしている。
でも、去年の暮れから、どうも調子が出ない様子・・
ここは、助手が頑張らなきゃ・・と思いつつ、なかなか野良仕事ができなかった。

久しぶりの畑・・、今までこんな畑の姿を見たことがない。
ブログに書こうか迷った。
でも、自分の反省にと書き残すことにした。

b0169869_23472173.jpg先日の寒さで、葉ものの野菜たちは、葉の先が縮れてる。
そして、それまでの暖かさで、大きくなりすぎた野菜。
今日は、大きくなりすぎた大根を、畑がいたむから全部抜いた。

とても、おばあさんには見せられないな〜・・

でも、助手の判断で全てをすることは出来ず、携帯で説明して判断を仰ぐ・・。



まず、大きくなった大根を、横に切ってみる。
b0169869_2352519.jpg
これは、蓮根かというくらい、中はスカスカ・・


それを全部抜き、軽自動車に積み込んだ。
行き先は、少しはなれた牛舎・・。
そこのおじいさんに、大きくなった大根の話をして、牛に食べさせてもらえないかとお願いした。

「ああ、良いがね。そこら辺に下ろしといたらいいよ。」
大きくなりすぎた大根を、車からおろす。
粗末にしなくて済んだ・・。

牛飼いのおじいさんは、しばらくその手を休めて、話をしてくださった。
そして、落ち込んでいるのを笑いでごまかす私に、ニカッと笑いながら、野良仕事の話をしてくださった。
しばらく話してくださって「いや〜、わざわざ持って来てもらって、すまんかったね。ありがとう助かった。」と、またニカッと笑って見送ってくださった。


今日ブログで、長年借りて耕していた畑を、急に手放さなくてはいけなかった方の話を読んだ。
そして私の知人も、身近に頼る人もいなくても、手探りで畑を耕している。
私はどんなに恵まれた環境で、野良仕事をしているのだろう・・・

お〜い、助手! 先は長いぞ! めげずに頑張れ! 

Top▲ by veronica-t | 2010-01-15 23:43 | 野良仕事 | Comments(4)
冬の畑
b0169869_17183123.jpg前にも声をかけてくれた友達から、今回も「野菜を一緒にどうぞ」と誘っていただきました。
お言葉に甘えて、冬野菜を出荷しました。



大根の葉も食べていただきたくて、クルリっと大根にマフラーを巻いてやり、いつもと違う「よそ行きの大根」です。

こうすれば、少しでも葉の痛みが防げるかな〜。






我が家の冬野菜の、畑での様子は・・


大根・・苗を植える時期を少しずらして、大きくなった大根と、今からが食べ頃の大根、そして丸い形の聖護院大根、ずらっと何列にも並んでいます。
b0169869_324381.jpg


キャベツ・・こうして見るとお花のように可愛らしいです。でもこのキャベツ、とても大きく育ってます。重いです・・食べごたえがあります。美味しいです。
b0169869_3242642.jpg


白菜・・この位置から見ると、頭にねじりハチマキを巻いているみたい。威勢が良い感じで笑っちゃいました。これからの寒さに負けず頑張って美味しくするんだって、意気込みを感じます。
b0169869_3244726.jpg


赤蕪と、蕪。どちらも優雅に踊っているみたい。なんだか可愛らしいです。
b0169869_325989.jpg

このあと、おばあさんが草取りをすると、もっと喜んで踊っているように見えました。
b0169869_3254033.jpg


玉葱・・今の時期の玉葱です。同じように見える苗ですが、3種類植えています。
早生(早採れ)玉葱、とてもみずみずしく、サラダに入れたり、煮るととろけるよう・・とても甘く美味しい玉葱です。紫玉葱、名前の通り紫色した玉葱でサラダに入れると綺麗です。保存のきく玉葱、今、焚き火小屋でお客様がいらっしゃるのを待っています。
b0169869_326118.jpg



この他にも、ブロッコリー、ニンニク、らっきょ、葱など、今の時期の畑は、夏のころの華やかさは無いものの、とても賑やかです。
Top▲ by veronica-t | 2009-11-22 22:28 | 野良仕事 | Comments(2)
野良仕事
久しぶりに、カレンダーに予定が無い日だった。こんな日は、朝から野良仕事!

家の用事もそこそこに、畑へと出掛けた。
自分でも不思議なのは、このワクワクする気分・・。「農業かあ・・歳とってから考えるか・・」と、野良仕事から逃げ腰だった私が、今では久しぶりの畑にワクワクしているなんて・・不思議だ!

b0169869_23595040.jpg偉そうに野良仕事といっても、もっぱら、おばあさんの仕事の助手。今の時季だと、肥やしをやる前に、冬野菜の苗のまわりの草取りをする。

いつもなら片手に鎌を持っているのに、今日のおばあさんは手で草を抜いている。
不思議に思いながらも、真似をして草を抜く・・上手い具合に抜けない・・。
「抜けんわ〜」と聞くと、先生は「上に引っ張れば抜ける。」とだけ答える。
ゆっくり急がず丁寧に、草を上に引っ張る・・なんとか抜けた。

しばらくすると、「そこも抜いとるかね〜。そこはいいがね。苗んとこばっかでいいけん。」一緒に始めたはずなのに、遙か向こうから声がした。よく見ると、おばあさんは苗のまわりの小さな草を抜いていた・・どおりで手だけで抜けるわけだ。
草取りが終わると、おばあさんは鍬で穴を掘りながら草を埋めていった。この手際の良さは、とても真似ができない。穴を掘っては、先の草をその穴に入れ、土をかぶせて足で踏む、そしてまた穴を掘りながら、今踏んだ草の上にその土をかぶせる。これを繰り返す。
b0169869_0573366.jpg

b0169869_1252885.jpg助手の仕事・・このおばあさんの動きを、よく見て覚える。・・これが難しい。


草取りをすると、いろいろなことに気付く。
 今日の気づき
土の様子・・ふんわりとした土の弾力に驚いた。
野菜の様子・・薬をできるだけ使わないので青虫に葉を食べられていた。虫の除去と傷んだ葉をとる。
肥やし・・ここの畑は斐伊川の近くにあるため、水はけの良い砂地。たくさん堆肥をいれていたはずなのに、サラサラの土になっていた。



b0169869_1411251.jpg
草を取り、傷んだ葉をとると、野菜がとたんに主張する・・美味しくなる・・と。

綺麗になった畑をみると、気持ちが良い。

助手がいて喜んでくれる母の顔をみると、とても嬉しい。
Top▲ by veronica-t | 2009-10-01 23:44 | 野良仕事 | Comments(7)
焚き火小屋の玉葱
b0169869_133948.jpg
6月に収穫した、今年の玉葱です。焚き火小屋では、土に触れていた皮がめくれだすと、その皮を綺麗に剥ぐ作業をしています。左下三つは、その作業をしたものです。


b0169869_7295381.jpg
わかりますか・・?玉葱の外側の皮が、乾燥してめくれだしています。


b0169869_739359.jpg
玉葱をひとつずつ手にとり、痛んでいないか確かめながら、丁寧に剥いていきます。


b0169869_7403467.jpg
玉葱をくくっている紐も、葉の乾燥とともに緩んできます。それもこの時期に締めなおしています。


b0169869_759966.jpg
くらべてください。こんなにも違います。



b0169869_84257.jpg

玉葱に輝きがでて、とても綺麗になりました。
ぜひ、焚き火小屋の玉葱を、実際に目で見て触れてください。

あなたが尋ねてくださるのを、この玉葱と一緒にお待ちしています。
Top▲ by veronica-t | 2009-08-13 01:36 | 野良仕事 | Comments(2)
店頭に並ぶ野菜たち・・
b0169869_7384748.jpg
おばあさんは、今の自分に合った野良仕事を大切に・・、そして何より自分に無理無く家族と共に暮らしていくこと・・これを日々大切にしている人です。ですから、おばあさんの野菜が、市場に出回ることはありません。

何年か前に、おばあさんの野菜を美味しいと言ってくださる方が、「おばあさんが産直市に野菜を出荷されるなら、何件か頼んでみてもいいですよ・・。ただ、おばあさんの気持ちを大切に考えてください。」と、誘ってくださいました。
おばあさんの答えは「ありがたい話ですが・・。売る野菜を作ることは本当に大変だから、今の野菜作りで、私は精一杯です。産直市ねえ、ここなら良いけど・・。」あくまでも、自分の暮らすこの土地に、産直市があるなら出荷したいと願っている母です。


そんなおばあさんの野菜も、ここ『倶楽部はうす』に訪れた方で、「欲しい」と言ってくださる方にはお売りしています。もちろん「欲しい」野菜を、ご自分で収穫していただいています。

でも年に数回、「出してみませんか?」とお誘いいただくことがあります。昨日も友人から、自分たちで作ったオリジナルな小物を仲間と販売するので、そこにおばあさんの野菜を一緒にと誘っていただきました。嬉しいことに、去年に続き2回目のお誘いです。
おばあさんの野菜は、ジャガイモだけで4種類以上の品種があります。どれが、どんな料理に合うかとか、直接お話が出来ないので一言メモを付けることにしました。
b0169869_7585660.jpg
慌しくも、賑やかな出荷の準備になりました。そして、いつもと違う、ちょっとよそ行きの格好の野菜たちです。
Top▲ by veronica-t | 2009-06-22 09:08 | 野良仕事 | Comments(3)
09・玉葱の収穫
今年は、玉葱の収穫をするころになって雨の日が続きました。天気の日が続いた昨日、やっと玉葱を全部収穫することができました。ほっと一安心です。
b0169869_7542083.jpg



玉葱の収穫と天気・・?私のように知らない方のために・・・

b0169869_828975.jpg葉が倒れ始めて数日すると、玉葱の収穫が始まります。しっかり根を張った玉葱を抜き、しばらく日にさらします。

今収穫しているのは、家の軒下など日が直接当たらない涼しい場所で、大切に保存しながら一年間美味しくいただく玉葱です。そのため収穫するとき玉葱の表面を、なるべく乾燥させることが大切です。
天気が続いた日に収穫すると、土の上にでているところは乾いています。抜いた玉葱を乾いた畑の土の上に置き、土に埋まっていたところを十分乾かします。

b0169869_832093.jpg


乾いた玉葱の葉を揃え根を切り、5個ずつ紐でまとめていきます。紐の反対にも同じように玉葱をくくります。
この作業は、いつもおばあさんの仕事です。簡単そうに見えても、熟練の技が必要です。・・私は、まだまだです・・・
この紐は、玉葱をかけて保存してしばらくすると玉葱の葉が乾燥してきて緩むので、もう一度締め直します。



焚き火小屋にかけた玉葱は日にちをかけて綺麗なオレンジ色になり、また今年も私たちの目を楽しませてくれ心地良さを感じさせてくれることでしょう。
b0169869_902490.jpg

Top▲ by veronica-t | 2009-06-16 09:32 | 野良仕事 | Comments(2)
| ページトップ |