田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:野菜 ( 80 ) タグの人気記事
Top▲
玉葱

しずかに朝が明けていく

b0169869_13471098.jpg


夜露をたっぷり浴びて


b0169869_13201257.jpg


美味しくなれ・・
Top▲ by veronica-t | 2012-05-19 05:47 | 野良仕事 | Comments(4)
春の日差しに
b0169869_1011112.jpg


冬の間の畑は、時が止まったように動かない。

春のあたたかな日差しを浴びて、畑の野菜たちが一斉に目覚める。


あすっこと人参、やっと収穫することができた。
Top▲ by veronica-t | 2012-02-29 02:06 | 野良仕事 | Comments(2)
冬の日の、白菜の天日干し
b0169869_371114.jpg

初めて種から育てた、小さなサイズの白菜。

くるみ市」に出荷しようと、家庭で食べきるちょうどのサイズと育ててきたけど、
母にも呆れられるくらい、仕事にかまかけて放ったらかし状態で
小さな白菜は虫食い状態・・

見た目良くても、もし虫がいたら・・と
市への出荷を諦めて、「欲しい!」と直接言ってくださる方に
買ってもらっています。

それでも畑にはたくさんの白菜が残っていて、
先日みたいな急な寒さには、小さな白菜はいっぺんに凍みてしまいます。

こうなったら自家消費。。

一度にたくさん美味しく食べれるように、久しぶりの晴れ間に干してみました。


b0169869_10343788.jpg

冬の冷たい風の中、日干しすると
水分がなくなって白菜のかさが減り、
そして、ギュッと旨味と栄養が濃縮されます。

こうして干した白菜を塩豚と一緒に蒸し焼きにすると
他に味付けしなくても、とっても美味しくいただけます。

ぜひ、お試しください。。


*レシピは、こちら→ 干した白菜と豚肉の蒸し焼き
Top▲ by veronica-t | 2012-01-28 03:33 | 野良仕事 | Comments(4)
終わりの頃の玉葱
b0169869_843913.jpg

今年収穫した玉葱

お世話になっている「くるみ市」さんから
「玉葱がありましたら、よろしくお願いします」と、メールが届く。

本業とバイト、いろんなことを掛け持ちしてると
どうしても野菜の出荷のタイミングを逃してしまう・・

そんなとき、もらうメールに感謝して
残り少なくなった玉葱を準備する。

紐でくくった10個から、
保存状態の良いものを選んで、3個ずつまとめていく。

どうやってくくろうか・・
しばらく考えて閃いたのが三つ編み。。
髪を編んでいくように、丁寧に乾燥した玉葱の葉を編んでいく。

終わりのころの玉葱の出荷
最後まで、お客さんに美味しく届きますように。。




・・ブログにコメントしてくださったみなさま。。・・
   いつもありがとうございます。
   嬉しいコメントをいただきながら、
   ずっとそのままお返事しなくてすみません。
   これから少しずつお返事をさせてください。。


Top▲ by veronica-t | 2011-12-06 02:28 | 野良仕事 | Comments(10)
赤い大根
b0169869_9444333.jpg


真っ白な大根しか育てたことのない うちの畑で
赤色の大根の種を初めて蒔いた。

赤い大根の名前は「あかね」。
薄くスライスして酢につけると、パッと鮮やかなピンク色に染まる。
辛味もほどほどで、あっさりと美味しい。

今年は試しに少しだけ種を蒔いたから
ほとんど出荷せずに自家消費。

今までに、ちょっとだけ新しいものを取り入れてみるのが
私にはちょうど良いみたい。。




     ・・くるみ市に出荷してます・・


Top▲ by veronica-t | 2011-12-05 02:24 | 野良仕事 | Comments(2)
今朝の畑
b0169869_8494725.jpg
畑一面に広がっていたカボチャの場所は、
もうじき耕されて次の作物が育つ。

このペースに、新米百姓はなかなかついていけない。
母の野良仕事を見て、「早くしなくっちゃっ!」と、
気持ちは焦るが、いつも出遅れている。



そんな新米百姓を応援してくれるのは、
もうダメかなと思っていた夏野菜たちの復活!
b0169869_850287.jpg
しばらく収穫がなかったローザビアンカが
残暑の強く熱い日差しを浴びて、元気に育ち始めた。



b0169869_8501696.jpg
ほとんど葉を落としたパプリカとピーマンも
また葉を茂らせて、次々に小さな実をつけていた。



夏、そして秋から冬・・
畑に立つと、季節の移り変わりを
光や風、香り、そして野菜たちから教えてもらっているようだ。


さ〜て、新米百姓。。
頑張るぞーーっ!!
Top▲ by veronica-t | 2011-09-01 07:20 | 野良仕事 | Comments(4)
ジャガイモ掘り
b0169869_1582618.jpg

梅雨空が久しぶりに晴れたので、
本業を終えて夕方からのバイトの合間に、ジャガイモの収穫を手伝う。

野良仕事をしていると、いつも思うのは
作付けや収穫とか、いろんなことが突然決まる。
このジャガイモの収穫も
明日から雨が降るらしいということで、急遽決まった。
自然と寄り添いながら暮らしていると実感する。

b0169869_8375976.jpg

今年のジャガイモは5種類。

キタアカリ
メークイン
男爵
アンデス赤
セトユタカ


b0169869_1584379.jpg

梅雨の合間の晴れた日は暑い・・
途中のお茶タイムは、うちで採れたミニトマトたち。

このミニトマトは、暑い夏に紫蘇ジュースと同じように欠かせないもの。
幼いころ、やはり祖母が畑でもぎたてのトマトを水分補給にくれた。
あの味がたまらなく美味しくて、あれからトマト好きになった。

少し酸味のきいたトマトを食べて、時間いっぱいジャガイモを掘る。
しかし暑いなぁ。。
Top▲ by veronica-t | 2011-07-08 23:58 | 野良仕事 | Comments(2)
草ボウボウの野菜畑
「あんたのところ、草がいっぱい生えとるよ」
親切なご近所さんが知らせてくれた。

そう私の畑の区間は、草ボウボウ。。
b0169869_3371444.jpg

梅雨に入り雨の日が続くと
野菜たちも喜ぶが、雑草はもっと喜び生い茂る。

以前は、この草ボウボウがいけないことのように思えて
いつも野菜作りを途中で断念してたけど
今年は違うぞ。。草ボウボウでも構わない。

取り合えず、野菜たちのまわりほど草を抜き
あとは自然に任せてみる

すると、嬉しいご褒美もあったりする

雑草の中に・・

b0169869_338839.jpg

赤紫蘇を発見。。

暑い夏、母はこの赤紫蘇で「紫蘇ジュース」を作ってくれる。
これが私の夏を乗り切る必需品。


b0169869_3383545.jpg

ジャガイモ発見。。

前に、この区間に植えていたジャガイモの取り忘れ・・?
畑のあちこちに、こうしたジャガイモが生えていて
それがちょうどジャガイモがない頃に生えるので嬉しい。
ちょっとした宝探しのようで、本当に嬉しい。


b0169869_3385955.jpg

里芋発見。。

こんなところに里芋が・・
私の区間は、抜いた草や、傷んだ野菜を置いていた場所
だから、そこから生き抜いた野菜たちが、こうして芽を出し育っている。

こうしてみると、草ボウボウだけど宝がいっぱい。。
でも・・草ボウボウ・・
Top▲ by veronica-t | 2011-07-05 08:29 | 野良仕事 | Comments(4)
南瓜の葉
いつもは畑の奥のほうで育てている南瓜を
今年は手前の玉葱の場所に植えた

b0169869_2241313.jpg


いつもより広いから
つるを思いっきりのばすのかと思ったけれど
今年の南瓜は、とってもコンパクト

だから葉っぱの様子がよくわかる

b0169869_223535.jpg


規則正しく、綺麗に葉が並んでる


b0169869_2593796.jpg

Top▲ by veronica-t | 2011-06-29 23:57 | 野良仕事 | Comments(2)
玉葱の葉と根の処理 - 我が家流 -
うちの玉葱の収穫風景。

抜いた玉葱を、しばらく天日干しして、
吊るして保存できるように、根と葉を落とし大きさを揃えて紐でくくっていく。
収穫しながら、畑でする作業はここまで。
b0169869_9174210.jpg

ここで、玉葱の根と葉の落し方 - 我が家流 -

b0169869_9184799.jpg

これは長年、畑の中でひとり玉葱の収穫をやってきた母が考えたもの
無駄がなく、効率的に根と葉が綺麗に処理できる。

必要なものは、よく研いだカマと小さな腰掛けというのも
野良仕事がすべて人力という母らしい最小限な道具。


母の足元・・これがその作業の様子。
b0169869_9175929.jpg
カマの刃を上に向けて、足で固定する。
砂地の畑なので、カマは土にはまってしっかり固定される。


b0169869_9181795.jpg
カマを固定したら、
片方の手で玉葱を持ち、もう片方の手で根を持ちカマに押し付けて切る。


b0169869_9183022.jpg
根が綺麗に揃ったら、玉葱の葉をカマに向けて傷んだところも落とす。

根を落として保存するのは、ここらでは母くらい。
母が根を落とすのは、玉葱の成長をとめるためだとか・・
気持ち・・他所様より芽が生えてくるのは遅いと思う。

こうして根と葉の処理をすませた玉葱は、粒の大きさ別に紐でくくる。
くくった玉葱の葉をもう一度、根と同じようにカマで切り揃える。


植えた玉葱を2000個
こうして、ひとつひとつ手に持ち作業する。

気が遠くなる作業だけれど、これで根と葉の処理と
大きさの分別や、痛み具合を見たりと、いっぺんに何役もこなせる。

あとは、風通しの良いところに玉葱を吊るすだけ。
そして、しばらくして紐を締め直せば作業が終わる。
玉葱の収穫が終わり、かけた玉葱を見ると ほっとする。


玉葱の保存の様子(紐の締めなおしの様子)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
玉葱の宅配いたします。。
ご希望の方がいらっしゃいましたら、鍵コメでお知らせください。
Top▲ by veronica-t | 2011-06-21 06:42 | 野良仕事 | Comments(4)
| ページトップ |