田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:農園 ( 72 ) タグの人気記事
Top▲
農園と月
b0169869_00115558.jpg

季節の変わり目は、ありがたいことに本業の仕事が忙しく、野菜作りは夕方からの作業になります。

秋になると、日が暮れるのが早い…。
農園で小松菜やスナップエンドウの収穫、人参の間引きをしていると、あっという間に辺りは真っ暗…

大きくなった小松菜に合わせて、ネットを ふんわり掛け直して、ふと空を見上げると、薄暗くなった空に綺麗な月が見えました。

今日も一日お疲れ様。。
そして、ありがとう。。






Top▲ by veronica-t | 2015-10-17 18:12 | 農園 | Comments(0)
農園・10月の有機栽培講座
今日は、10月の有機栽培講座の日です。
最初に、先月の講座で種蒔きをした野菜の様子と、今日の作業を説明していただきました。

b0169869_22040020.jpg

先月種蒔きをした野菜で、一番変化があったのは、与える肥料を畝別に、完熟堆肥と普通の堆肥に変えてみた小松菜です。
完熟堆肥の方が、すでに出荷出来るほど成長し、葉も柔らかく、食べてみると甘みがありました。
この違いは驚きです。

また、農園の野菜は全て無農薬で育てていますが、ネット等をしていると害虫の被害もなく、朝夕の冷え込む季節だと野菜の発育に良いことが分かりました。
葉物になると、やはり無農薬だというのは安心して調理し、食卓に出せます。
堆肥とネットがけ、これだけでかなり野菜の育ちに違いがありました。


そして、今日の作業。。
b0169869_22040153.jpg

使う肥料を、畝の半分で分けての実験です。
肥料は、農園の草コンポストで育てた堆肥と完熟堆肥です。
肥料をに分けたところに、小松菜の種を蒔きました。

隣の畝にも、同じように堆肥を分けて、のらぼう菜とサイドにヘアリベッチの種を蒔きました。

こちらは、青梗菜の苗の定植です。
b0169869_22040112.jpg

この畝も、草を活用した野菜作りの実験です。
私にとっても、とても興味ある実験です。

さてさて、これからが楽しみです。
忙しくなるぞ〜!


そして、種取り用の大豆が、今が食べ頃に…
それを見逃さないのが、この講座の良いところ。。
急遽、講座の終わりに、瓦のキッチンストーブでお湯を沸かし食べようということになりました。
b0169869_22040143.jpg


まずは、瓦のキッチンストーブに農園の干し草で火を起こして、ソルゴーや小枝を燃やしていきます。
皆さん、興味津々。。


b0169869_22040132.jpg


枝豆そのものを味わおうということで、塩も入れずに湯がいていきます。
枝豆をお湯に入れると、パァーッと鮮やかな緑色になりました。


b0169869_22040211.jpg


茹で上がった熱々を試食です。
ひとつ食べると次に…
甘くて美味しい枝豆、止まりません。(笑)

収穫して、畑ですぐに食べれる。
それは、この農園に瓦のキッチンストーブがあるから。。
そして、野菜を無農薬で育てたから。。

秋になり収穫の喜びを、畑の中で分かち合えるのは、とても幸せなことだと思いました。
だって、みんな笑顔だから。。

来月は、薩摩芋の収穫です。
講座の終わりには、瓦のキッチンストーブで焼き芋をする予定。。
もっともっと、この笑顔の輪が増えますように。。
この出会いに感謝です。





Top▲ by veronica-t | 2015-10-12 21:20 | 農園 | Comments(0)
農園・小松菜の収穫
種を蒔き、ベタ掛けにして様子をみていた小松菜が、ネットを下から押し上げるほど成長しました。

b0169869_02184102.jpg


ネットを外してみると、虫食いのない綺麗な葉がギッシリ。。

b0169869_02184145.jpg


大きくなってきたので、間引く感じに収穫していくことになりました。

b0169869_02184165.jpg

柔らかい葉の小松菜。。
混み合っているところから、葉を傷めないように収穫するのは、とても緊張します。

直売所では、1袋でも良いから出荷して欲しいと頼まれるほど、今、また葉物は品薄だそうです。
こちらの小松菜は、遊学ファームさんに出荷予定です。。




Top▲ by veronica-t | 2015-10-08 06:07 | 農園 | Comments(0)
農園・10/6
夕方、日が暮れるようになって農園に。。
b0169869_01151594.jpg


青梗菜
b0169869_01151554.jpg



小松菜、ずいぶん大きくなりました。
収穫まで、あと少し。。!
b0169869_01151659.jpg



白菜、虫食いもありますが、それでも大きく育っています。
今日も虫は発見ならず…
b0169869_01151626.jpg



地這い胡瓜、もうそろそろ収穫終了…かな。
暑い夏、よく頑張って稼ぎ頭になってくれました。
ありがとう。。
b0169869_01151645.jpg



プチトマト、昼間の暖かさに赤く色づいてきました。
ひとつ口に頬張ると、とても甘く美味しい。。
数が揃えば再出荷出来るかも。。
b0169869_01151603.jpg



6時を過ぎると、急に暗くなり、冷え込んできました。
急いで作業を済ませて、焚き火小屋の畑の作業をしなくては…
b0169869_01151710.jpg





Top▲ by veronica-t | 2015-10-06 23:57 | 農園 | Comments(0)
農園・ナバナ間引き
農園のナバナが大きくなっていました。
本葉5枚で間引き…
いや…相当育ってます。。


斐伊川側
b0169869_00535416.jpg

間引き後

b0169869_00535598.jpg



中道側
b0169869_00535567.jpg

間引き後

b0169869_00535595.jpg


草と一緒に育つナバナ。。
こちらの方が育ちが良いようです。

間引きと土寄せ完了。。







Top▲ by veronica-t | 2015-10-06 23:46 | 農園 | Comments(0)
農園・10/1
今日は風が強く、農園を囲むソルゴーが大きくなびいています。
b0169869_01472230.jpg


青梗菜
b0169869_01472365.jpg


小松菜
b0169869_01472317.jpg


白菜
b0169869_01472354.jpg

白菜は、ところどころ虫食いの跡…
葉を調べても虫はいないので、土を掘ってみたけれど姿なし…

しばらく観察しなくては…





Top▲ by veronica-t | 2015-10-01 23:55 | 農園 | Comments(0)
農園・9/29
本業の仕事を終えて、久しぶりに農園に行ってみると、今月12日の有機栽培講座のときに種蒔きした青梗菜、ナバナ、小松菜、苗を植えた白菜が、どれも大きく成長していました。



青梗菜
b0169869_01412991.jpg

ここは、この間までトウモロコシが植わっていたところ。
たぶん…、ここの土が、種蒔きした葉物の中で一番過酷なところかも…
それでも少しずつ成長しています。



ナバナ
b0169869_01412923.jpg

ナバナは、この場所とソルゴーの横と二カ所に植わっています。
ソルゴー側は、横に草を積み重ねて土作りをしているところがあったり、ソルゴーがあって少し湿り気があり、草も一緒に生えているような肥えた土だからか、写真の場所よりソルゴー側の方が育ちが速いです。



小松菜
b0169869_01412979.jpg

ベタ掛けが幸いしているのか、保温効果もあり、朝露による水分とで、他の葉物より生き生きとしています。
少しずつ盛り上がってきました。



そして最初に実のついた南瓜
b0169869_01413032.jpg

この南瓜を含めて3個育っています。
大切にしなきゃ。。



人参
b0169869_01413008.jpg

スナップエンドウのわきに種蒔きした人参。
少しずつ芽を出し、葉が成長しています。
夏野菜の地這い胡瓜とスナップエンドウと葉物の間にあり、ついつい踏みそうになってしまい、いつも「あっ!ごめん!」と、謝っているけど…
どんな人参になるのかなぁ。。




農園近くの風景
b0169869_01413113.jpg

秋晴れの青い空、緑の山、収穫を迎えた柿の木、白い花が咲いた蕎麦畑、そして
緑の雑草。。
この色彩が美しくて、ついつい見とれてしまいます。

秋ですね。。




Top▲ by veronica-t | 2015-09-29 23:30 | 農園 | Comments(0)
農園9/19
夏空の農園。

b0169869_00364380.jpg



斐伊川側の南瓜
b0169869_00364307.jpg


蔓を肥料箱に沿って、伸ばそうとしています。
その姿は勇ましい。。



中道側の南瓜
b0169869_00364338.jpg


こちらは、ソルゴーと薩摩芋に挟まれた場所で、少しずつ蔓を伸ばしています。


苗たち
b0169869_00364466.jpg


b0169869_00364474.jpg


水も、たまにしかかけてやれないなか、頑張って育っています。


また、水を運んできた方が良いのかもと思う、夏空の農園です。






Top▲ by veronica-t | 2015-09-19 15:27 | 農園 | Comments(0)
農園9/17
夏野菜から秋野菜に変わった、有機野菜講座の農園。


斐伊川側の南瓜は、ゆっくりと成長しています。
b0169869_01501030.jpg




中道側の南瓜は、今を育とうと頑張って蔓を伸ばしています。
b0169869_01501022.jpg



そんな南瓜たちに、農園の蜂たちは、せっせと受粉をして実をつけてくれています。
b0169869_01501086.jpg




先日、種植えした葉物たち
b0169869_01501128.jpg



b0169869_01501104.jpg


それぞれ、ゆっくりと育っています。



白菜の苗
b0169869_01501269.jpg



そして、まだまだ頑張っている胡瓜
b0169869_01501276.jpg


葉物が出荷出来るまで、何とか頑張ってくれたらと願う。。


そして、天に向かって蔓を伸ばすスナップエンドウ
b0169869_01501206.jpg



農園は、夏の名残りの野菜と、育ち盛りな秋野菜が、それぞれ季節の気候に合わせて育っています。






Top▲ by veronica-t | 2015-09-17 23:04 | 農園 | Comments(0)
農園9/15
9月12日に有機栽培講座があり、農園の作物も元気な夏野菜を残して、秋野菜に変わりました。

斐伊川側
b0169869_00202272.jpg



南瓜
b0169869_00202256.jpg


毎朝、蜂たちがやってきて受粉してくれるお陰で、実がつきました。
b0169869_00202253.jpg



地這い胡瓜
b0169869_00202377.jpg


もうそろそろ旬を終える胡瓜ですが、斐伊川側のものを残して収穫と出荷をしています。
そして、形の良いものを数本、種取り用においています。
おっちょこちょいの私は、良いのがある!と、種取りを忘れて収穫しそうなので、3本の胡瓜にはリボン…いや、ハチマキを締めてます。(笑)


先日種蒔きした葉物
b0169869_00202347.jpg

発芽しています。



中道側
b0169869_00202476.jpg



こちらの南瓜は、葉が黄色くなったりと、少し元気がなかったですが…
b0169869_00202427.jpg

蔓の先のほうは勢いもあり、花もつき始めました。


白菜
b0169869_00202585.jpg



先日、実験グループの皆さんと畑を耕し、秋野菜を植える準備をしました。
この農園は、長いこと休耕地になっていて、数年前にこの畑を借りて耕した頃は、とても今のように作物が育つような土壌では無かったそうです。

去年より今年が、今年の春より今が、少しずつ畑の色は黒く肥えた土に、ゆっくりですが育ってきているそうです。


野菜を育てる。。
そうしながら、ゆっくりと畑を育てているんだなと。。
この農園の作物の移り変わりは、その一頁なのでしょう。


秋の心地良い風が、畑の野菜たちを優しく包んでいきます。
Top▲ by veronica-t | 2015-09-15 13:03 | 農園 | Comments(0)
| ページトップ |