田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
>5月6日の鍵コメさん ..
by veronica-t at 22:58
> nageire-fu..
by veronica-t at 22:50
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:草 ( 8 ) タグの人気記事
Top▲
草の活用と長葱の植え付け
草の堆肥作り用の畑に生えているのは、チガヤというイネ科の植物。

b0169869_22303860.jpg



チガヤは、春には白くフワフワした花穂をつけていたので、刈り取ったものは畑の隅に集めて積み重ねて置き、今の季節になると葉がスッとして長さもあるので、肥やしではなく稲藁の代わりに使ってみることにしました。


まずは、farm風の谷の地這え胡瓜に。。

b0169869_03240727.jpg



そして、長葱の植え付け後の乾燥予防に。。

b0169869_03240769.jpg


どちらも良い感じです。

草の色々な使い道を考えたら、その作業も苦にならず、草も ただ邪魔なものにならず役立つと思います。
それに、あるものを(自分なりに)上手く活用出来ると何だかとても嬉しくなって、もっと色々なアイデアを考えようという意欲も湧いてきます。

この畑は砂地です。
長葱の畝を作りながら、積み上げた砂がサラサラと流れ、深く掘った畝がアッという間に砂で埋もれていく様子を見ながら、温暖化が進むこれからの環境に、草をどう取り入れていくかを、もっと考えていこうと思います。




Top▲ by veronica-t | 2016-07-10 19:54 | 野菜について | Comments(0)
ニュージーランド箱ひとまわり
去年、知人に教わって作ったニュージーランド箱。
自分なりの草集めのサイクルが、春夏秋になり、草の移動も一周しました。

去年の春、写真の左側の広いところに草を集め始める。
夏、その草は、右側上に上下をひっくり返しながら移動
秋、右側下に同じようにして移しました。


b0169869_16583771.jpg


それを、夏と秋に集めた草も、同じように順に移していきました。
下の写真は、今日移動したものです。


b0169869_16583789.jpg


写真左側の広いところには、新しく草を入れています。
右側下の場所には、去年の春の草と夏の草が、緑の棒で別けて一緒に入れています。
草のポロポロした感じが、春、夏、秋とそれぞれ違い、春の草は泥を入れすぎたのか、それともそんなものなのか、触っても泥です。砂ではありません。



私が実感したニュージーランド箱の利点
・畳一畳分ぐらいの広さで、これだけの堆肥が順に作れること。
・草を次に移すときに、自然と上下を切り替せること。
・大量の草を活用出来る。
・上手くいけば、肥料を買わずに作物を育てることが出来る。








Top▲ by veronica-t | 2016-04-06 18:54 | 野菜について | Comments(0)
焚き火小屋まわりの花
春になり、焚き火小屋のまわりには、桜やボケなど色とりどりの花が咲いています。
そっと足元に目を向ければ、ここにも愛らしい花がたくさん咲いていました。


b0169869_16534965.jpg

b0169869_16534951.jpg

b0169869_16534996.jpg

b0169869_16535010.jpg

b0169869_16535023.jpg



今年も会えたね。。






Top▲ by veronica-t | 2016-04-06 16:45 | 焚き火小屋から | Comments(0)
この畑にあるものは燃料と肥料と、そして花と…
ここは、焚き火小屋の近くのご近所さんの畑です。
手前の方は、作物を作ることが出来なくなられて、数年間この状態が続いています。
今度、ご縁があり、この区間をお借りすることになりました。

b0169869_20003037.jpg


借りるといっても、作物を育てるのではなくて、堆肥にする草を生やすのに使わせていただくことにしました。
草を生やすといっても、今のこの状態では無理なので、まずは草刈りです。


b0169869_20003072.jpg


最初に、畑の様子を見ながら、伸びてかたくなったところを一本ずつ手で折りまとめていきます。


b0169869_20003172.jpg


この作業…ただの邪魔な草を取り除くと思えば、そりゃ大儀です。
そこで、ここからは気持ちの切り替えです。(笑)
風呂焚きなど、普段の暮らしに焔のある暮らしをしていると、燃料になります。
暮らしに必要な燃料を確保していると思えば、この地味な作業も苦になりません(笑)


b0169869_20003122.jpg


束ねたものは、とりあえずビニールハウスの中で保管。。
あとは、草刈機で刈っていきます。


b0169869_20385747.jpg


このぐらい草が伸びているところは、中に何があるのか様子がわからないので、最初にした草を折りながらした畑の点検は、機械を使う作業にとって大切なことだと思います。
地道にコツコツと。。


b0169869_20385887.jpg


刈った草は、間に米糠を入れながら積んでいきます。
本当は、ここでたっぷり水を加えたいですが、本業の合間の作業で体力気力ともありません…
ですから、ここは米糠を加えるだけで、あとは雨が降ってと自然にお任せします。


b0169869_20385830.jpg


草を刈った後の様子です。
今、生えている草はヨモギが多く、あと蔓ものの花もあり、あちこちに蔓が蔓延っていました。
こうしてみると広いです。
スッキリしました。。


b0169869_20385928.jpg


そして、草の中から、こんな愛らしい花が現れました。
あと、花の後ろにも、これまた愛らしいピンクの野花も咲いていました。
草に埋もれた水仙は、日の光を求めてヒョロッと高く、紐で括らないと自立して立つことが出来ませんでした。
草と一緒に刈ってしまえば、こんな手間は必要ないのでしょうが…

ここを貸してくださったご近所さんが、畑仕事の合間に手を休められた先に、この花が微笑んでくれたらと。。



この畑にあるものは、燃料と肥料と、そして花と。。





Top▲ by veronica-t | 2016-04-03 19:32 | 畑に立ち思うこと | Comments(0)
ナナホシテントウ虫に出会った日に
b0169869_20082130.jpg

畑にも春がやって来ました。
さてさて、何からやったら良かったっけ…?

買った固定種の種の袋の説明書を読んだり、ご近所さんの畑を見たり…
でも、袋の説明書の蒔き時期は、結構大まかで、やっぱり自分の畑や気候と相談しないと、環境によって違うみたい。
忙しそうなご近所さんの畑を見れば、この時期忙しいのは草取りに機械で耕すことだから、草も極力必要ないと思う草以外はそのままにしているし、畑全体を耕すこともしないから、その忙しい作業もない。

きっと、何か大変なことに気付いてないのかもと思うほど、まわりの畑に比べると時間が止まっている私の畑…

イネ科の草を取りながら、畑の様子を見て歩けば、私に代わって忙しそうなナナホシテントウを見つけた。

この季節は、草と虫と、どれと相性が良いのか、それをじっくり観察するための時間なのかも。。


b0169869_20082190.jpg

草の中の野菜たちは、肥料も無いのに ゆっくりと育ってくれてる。
どれが野菜なのか…、どこに何が植わっているのか…
そのうち私にも大まかにしか分からなくなるかも。

大きくなりすぎる草をむしりながら、じっくり観察していこう。






Top▲ by veronica-t | 2016-03-20 16:27 | 野菜について | Comments(0)
竹ドームと雨
雨は午後から本降りになり、少しずつ雨脚も強くなってきました。
今のうちに降って欲しいと思いつつ、気になるのが昨夜の月明かりでの作業…
竹ドームでのお茶席では、ドーム下に敷物を敷く段取りになっているので、土が濡れてないか心配になり、様子を見に行きました。

b0169869_18540405.jpg


こちら側は、何とか大丈夫そうです。
反対側はどうでしょう…?

b0169869_18540425.jpg

こちらはビニールを木に結び、雨水が流れるように傾斜をつけました。
偶然に、中の様子も見えるように出来て、早速 中も覗いて見ました。

b0169869_18540529.jpg

今のところ大丈夫。。

明日、気になるのは桜桃の枝から落ちる雫ですが、いつものように雨が降る前に風が起きるかなと思って、竹ドームを包むようにビニールをしましたが、こんな穏やかな雨だったら、もう少し桜桃にもかけておけば良かったかなとか、後から色々と思ったりして…(苦笑)


それでもこの雨は、竹ドームまわりに畑から移植した草たちを生き生きとさせてくれていました。
この瓦と丸太をぐるりと囲った草たち、これは全部もってきたもの…
何となく馴染んでくれたかな。。

b0169869_18540521.jpg


こちらも移植した草たち。
こっちも落ち着いてきました。

b0169869_18540590.jpg

予報では、雨は明日の午前中には止んできて、午後からは晴れてくるとか。
これが良き雨となりますように。。




Top▲ by veronica-t | 2016-03-18 18:51 | 焚き火小屋から | Comments(0)
ハクサイダニの被害
レタスを一緒に植えなかった白菜の畝に異変が…
b0169869_13493235.jpg


葉が黄色い…


b0169869_13493289.jpg


初めは病気なのかと思い、よくよく近づいてみたら…


b0169869_13493379.jpg


ハダニが…

早速、携帯で検索。。
これはハクサイダニといって、レタスなどにつくダニと違って、とにかく動き回る。

農薬を使わない駆除法を検索し探していると、ハクサイダニは雑草のハコベを好むと書いてあったので、早速実験開始(`_´)ゞ


畑の草は、寒くなりイネ科の草は勢いがなくなりましたが、ハコベなど地を這う草は細かな葉をギッシリ這わせています。

b0169869_13493380.jpg



まずは、白菜の畝に敷いた干し草をどかして…
b0169869_13493483.jpg


この草マルチが良いと思い、ギッシリ敷いていたので草が生えていません…


干し草を退かした後に、ハコベを泥付きで置いていきます。
b0169869_13493422.jpg



他の白菜の畝に、ハクサイダニが行かないようにネットをかけて…
b0169869_13493466.jpg



さてさて、結果はどうだろう。。


農薬を使わないで、ハクサイダニの駆除法をご存知の方がいらしたら、差し支えないところで教えて下さい。。
よろしくお願いします。。








Top▲ by veronica-t | 2015-11-30 13:10 | 野菜について | Comments(0)
草の活用
b0169869_00162190.jpg

- 春から夏 -
作物と一緒に草を生やしていると、草が強い日差しを遮り葉や実は焼けず、土には適度な湿度がありました。

- 秋 -
種蒔きをしたとたん、朝夕は冷え込み、日中は夏を思わせる日もあります。
この寒暖差と夜露から、種や苗を守ってくれるのは、ベタ掛けと乾燥した草のマルチです。
順調に種は発芽し、育っています。


草を生やしながら、また草を刈り乾かしながら、作物を育てる。
草の活用、まだまだいろいろ試してみたいと思います。







Top▲ by veronica-t | 2015-10-03 23:12 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
| ページトップ |