田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:花 ( 36 ) タグの人気記事
Top▲
木の実を求めて・・
今日は、ベロニカの会のnatuさんと、山に木の実を拾いに出かけました。

実は、ここのところ、と〜っても山に入りたかった。でも手入れをされていない里山に、ひとりで入るのは勇気がいります。誰かいっしょに・・と、ずっと呟いていたのです。


natuさんは、来月の焚き火小屋での手仕事に、里山の木の実とツルを使ったリース作りを企画しています。
b0169869_22244566.jpg
当初、参加者の方と一緒に里山に入り、リースの材料を見つけようと考えていましたが・・
地元の人もあまり入らなくなった里山に、自分の不慣れな案内で、参加者を導くことに不安を感じて、今回は材料を先に見つけてくることにしました。




b0169869_223564.jpg・・やった!!・・
里山に入りたかった私としては、万々歳!!久しぶりに山に入る喜びで、飛び跳ねたい気持ちを抑えて出かけました。

懐かしい風景に、思わず「やっと来たよ。」と、心の中で里山に呼びかけていました。

やはり思ったとおり山道のあちこちに、大きな猪の足跡をたくさん見かけました。それも民家のすぐ脇の道にも、何頭もの新しい足跡が残っています。
natuさんと、大きな声で話をしながら、木の実を求めて奥へと入って行きました。


b0169869_221733.jpg
途中、野苺やアジサイが、ひっそりと咲いていました。
しかし、肝心の木の実が落ちていない・・
やっと小さな木の実を見つけて、
b0169869_22314878.jpg
今日の収穫はこれだけ・・ちょっと残念。


山を降り家に帰り、今日の収穫を母に見せて「木の実がないわ。」というと、
「当たり前だがね。うちの山には、探しとるような実のなる木なんて無いわね。」と、あっさりと言われてしまいました。
「どおりで・・。」natuさんは、木々を見ながら・・無いなあ・・と気づいていたらしい。

子供のころ、小猿のように里山を走り回っていた私は、その道と遊ぶ場所しか見ていなかった。親猿のように木の実も見てれば良かった・・。



b0169869_2243853.jpg
「これから木の実を探して、もっと山に入るか・・」
そうnatuさんが言った。

小枝など焚き付けになるものも・・
畑の肥やしになるものも・・

お互いのワークショップに向けて、
お互いの暮らしに向かって・・

これから、どんどん里山に入り、
どこに何があるのか、
ここら辺には何の木が育っているのか
気づいていこうと思います。
Top▲ by veronica-t | 2009-11-30 22:56 | 里山 | Comments(6)
11月の「田園での昼食会」
b0169869_822290.jpg今月の担当は、Mさん。
この食事会と、地元の子供対象の事業のとき参加しています。
花好きの彼女がいると、綺麗に花を活けてくれて、焚き火小屋はとても華やかになります。

natuさんと私にとって、Mさんとの昼食会は、とても楽しみ。いろいろなことに気づきます。
ときには、自分たちの思い込みを含めて反省することもあります。そして、その気付くタイミングと、気付いたことが、なぜかいつも二人一緒なのです。そのときのMさんの反応は「??私、何かした?!」と、不思議そうにしています。
そうなると、みんな手をとめてしばらく話に夢中になります・・そして、このときいろいろなアイデアが生まれるのです。貴重な井戸端会議です!


ベロニカの会は、子育て世代。メンバーによって、暮らす環境も違います。
私とnatuさんは、子供らに手がかからなくなり、どちらかというと自分の思うように動けます。でも、Mさんのように子供が小さかったり、思うように動けないメンバーもいます。

今の自分を大切に・・無理をしない。
出れるときに参加して、したいこと出来ることを精一杯してみる。
家族との関わりを大切に・・。
こんな想いを持ちつつ、会と関わっています。


今回、Mさんは、とっておきのメニューを考えていました。

それは・・
b0169869_8355271.jpg
天日干したお米の、かまどご飯。
彼女の嫁いだ先は、今でも米を「はで」に干しています。そのお米を『かまど』で炊いていただきました。

とっても甘く、美味しい・・
なんとも贅沢な食事会です。


美味しいご飯に合わせた料理は
b0169869_8475323.jpg
・豚しゃぶ肉とレタスの味噌マヨサラダ(味噌マヨは、みりん(沸騰させる)・味噌・マヨネーズ・砂糖を合わせる)
・キャベツとあさりのスープ(ダシは、あさりから出るものだけ。唐辛子を丸ごと入れる。)
・デザート餃子


Mさんの料理のおもしろさは、デザートのアイデア。とてもユニークで美味しいです。
b0169869_991153.jpg
*柚子ぎょうざ
 (材料)  餃子の皮(大)・バナナ・柚子のジャム(今回のはMさん自作)
柚子がたくさん出来て、甘く煮詰めたものを作られるかた・・お試しください。子供さんのおやつにもなります!




そして、この美味しいご飯の最高のおかずは・・
b0169869_915119.jpg
Mさんのご主人お手製の「唐辛子醤油につけた水菜の漬物」でした。
Top▲ by veronica-t | 2009-11-20 09:22 | workshop | Comments(2)
遠くからの贈り物
お昼をまわったころ、谷道を真っ赤な車がやって来た。
b0169869_2205969.jpg
ず〜っと待っていた、遠くからの贈り物。
b0169869_22273872.jpg
荷物を受け取った母が、不思議そうに宛名を見つめている。

「私宛なんだけど・・?」
「meLL flowersさんという、北海道の花屋さんだよ。」
「花屋さん?北海道の?!」
「おばあさんの誕生日のプレゼントにと、meLL flowersさんに頼んで贈ってもらったの・・。」

これだけ言うのも、とても照れる。なぜかお互い照れながら、ダンボール箱から花束を取り出した。
b0169869_22501657.jpg
箱の中には、母に似合った、とても素敵な花束が入っていた。
b0169869_22343670.jpg
そして、花束と同じようなデッサンに、ひとつずつ花の名前が書かれていた。
母は、その名前と花を、ひとつひとつ確かめるように見つめていた。


meLL flowers様・・
北海道の花屋さん・・というより、花のアーティスト。
meLL flowers様のブログを拝見して、その素晴らしさと、そこから伝わる花とお客様への想いを感じた。
そうだ、ずっと想い続けていた母の誕生日に贈る花束をお願いしよう・・。

母は、花の大好きなひとです。
ずっと、家族のことだけを想い、ひたむきに生きてきた人です。
「田園に豊かに暮らす」
この暮らしにしてからも、母は何も言わず、ただ信じて黙って助けてくれる・・
私の親で、先生でもあり、先輩でもあり、師匠でもあり・・、どんなに頑張っても越えられない存在です。

母が、いつも懐かしそうに話してくれる花への想い・・
昔、出荷する野菜を市場に持って行くと、そこには沢山の花も出荷されていたそうです。
花好きの母は、その花を見るのが唯一の楽しみで、辛さも忘れることができたそうです。
たくさんの綺麗な花・・そんな花束を母にプレゼントできたら・・
b0169869_2318546.jpg

そんな想いを察していただき、素敵な花束を贈っていただきました。

母宛の荷物なんてないものですから、本当に驚き喜ぶ母を見て・・
長年、想い続けていた母へのプレゼントができたこと、
mell flowers様に出会えたきっかけのブログに、とても感謝しています。
             ・・焚き火小屋の管理人さま、meLL flowers様のブログを教えてくださってありがとう・・


mell flowers様 とても素敵な一日を、ありがとうございました。

遠く遥々とやってきた花束へ・・「ようこそ、我が家へ。」
Top▲ by veronica-t | 2009-11-05 23:57 | | Comments(11)
一輪の花に・・
ここに訪れてくださった方へと、一輪の花をそっと蒼いワインボトルにさしてお迎えする。
今日は蒼いボトルに花は3本・・
b0169869_2154472.jpg

お客様をお迎えする準備が一通りできると、畑に花を摘みに行く。

今日のお客様を想いながら・・

赤いダリアは、お嬢様。
その花に、そっと寄り添う紫式部の白い花は、ご両親をイメージして・・。

その花をよく見れば、白いたくさんの粒が・・
ご両親にも親があり、その親にも親がいる。たくさんの人と関わり互いに支えながら暮らしていく・・。

一輪の赤い花は、今日とても輝いていた。




晴れの日に・・
b0169869_23105229.jpg
娘を想う母の気持ちのこもった髪飾り・・その想いは、娘の可愛さをひき出してくれる。

b0169869_23112223.jpg
共に、母の着物に袖をとおす・・想いは受け継がれていく。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもと違う倶楽部はうすに戸惑いながら、小さな姫はちょこんと部屋をのぞかれた。お母さんに誘われて、手には炊きたての新米のおにぎりを持って畳の上に座り、しばしランチタイム・・。・・お腹が空く時間帯なので、小さめのおむすびを持って来てくださいと、お母さんにお話すると、では新米のおむすびを・・と、美味しそうなおむすびを数個用意されていた・・。作戦、大成功!
今日お母さんが着られる着物は、遠く遥々お母さんのご両親が車で届けられたもの。これもまた母(お祖母さま)から娘へ・・。その大切なお着物を、姫のそばでおしゃべりをしながら仕度をさせていただく。そして、可愛らしい姫のお着物の隣に、お母さんのお着物を置く。

お腹がいっぱいになり、いつもと違う空気に慣れられたころ、お母さんと隣り合わせで椅子に座り、順番を待ってもらう。テーブルの上には、見慣れない化粧道具や美容道具の横に、姫の見慣れたお母さんお手製の髪飾りを、そっと置く。
「お母さんに一つ飾りを貸してあげようか?」「いいよ!」「じゃあ、これを貸してね。」
・・見向きもしないという髪飾りに、もうひとつお母さんのを作って、最初につけてみましょう・・。そうすればつけられるかも・・美容師の作戦、大成功!すんなりと、髪飾りは姫の頭の上にのかった。

そしてお母さんが、お祖母さまのお着物に袖を通すころ、姫は自分の着物に興味を示す。・・きっと、ひとりだと着ないかもしれないので、私も着ようと思います・・。母の作戦、大成功!すんなり、お着物に袖を通された。

姿見に映る姿に、少し戸惑い照れながらも、お母さんと同じ姿に嬉しそう。
「お父さん、見て〜!」の元気な声に、部屋に入ってきた知人の顔は、着物を着てくれたことの安堵の様子と、その可愛らしさに頬が緩む。知人にとって、娘とは・・家族とは、かけがえのない存在なのがよくわかる。


知人のご家族の大切な日に関わらせていただいたこと・・
多くの仲間に支えてもらったことに、感謝しながら外に出ると、さっきまで降っていた雨があがっていた。
雨上がりの澄んだ空気と、車に乗り込む知人家族の丁寧な挨拶に、とても爽やかな心地良さを感じた。
Top▲ by veronica-t | 2009-10-10 23:14 | 本業は訪問美容師 | Comments(8)
美味しさと、美しさと・・・
b0169869_952328.jpg
おばあさんは、とても花が好きな人です。
でも、花の種や苗を買って育てることはしない人です。

「・・なかなか花まで育てれんけん・・」
野菜の苗の注文チラシに載っている、華やかな花の写真を見ながら、いつもこう言います。
十数年、祖母祖父そして父と長年介護をしながら、ひとり賢明に野良仕事をしている母です。

花が好きなのに・・・と、小さな薔薇の花の鉢を、母の日に贈ったこともありました。
でもこの田舎を拠点として仕事を始めてから、野良仕事をしている母の姿を見ることが多くなり、私は大きな誤解をしていることに気づきました。

母の育てている野菜は、可愛らしい苗の頃から、その苗が勢いづいていき、やがて可憐な花を咲かせ、畑は一面花畑になります。どの野菜の花も、けっして高価な花に負けてはいません。とても美しく華やかです。
そして美味しい野菜になって、私たちの食を豊かに華やかにしてくれます。


まだまだ、母の後ろ姿を見ながら学ぶことは多いです。
Top▲ by veronica-t | 2009-06-13 10:38 | 野良仕事 | Comments(2)
veronica
b0169869_227720.jpg会の通称名の『ベロニカの会』のベロニカについて、よく「何ですか?」と聞かれます。
ベロニカとは、ある草花の学名です。

春先のまだ肌寒く感じる日の道端や畑に、愛らしい小さな瑠璃色の草花を見かけたことはありませんか・・?
春の訪れを、いち早く知らせてくれるオオイヌフグリという名の草花です。
きっと名前は知らなくても、見かけたことのある方は多いと思います。
ベロニカは、このイヌフグリの学名です。

私たちの『ベロニカの会』も、この春の訪れを知らせてくれるイヌフグリのように、この環境の今までを大切にしながらも新しい風も伝えていけたら・・・という思いがこめられています。
Top▲ by veronica-t | 2009-04-09 22:13 | ベロニカの会 | Comments(2)
| ページトップ |