田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:美味しい野菜の食し方 ( 62 ) タグの人気記事
Top▲
バジルの出荷
本日、初出荷のバジル。
b0169869_1453837.jpg

夏のハーブといえば
茄子やトマトといった夏野菜と相性が良く、
香りが良い「バジル」です。

去年、そんなバジルを育てるのを忘れて、
いろんな店をまわって買おうとしたけれど、
畑のバジルを知ってるからか、なかなか良いものがない。

バジルを育てているかたはご存知ですよね。。
バジルって、茎から切るとすぐにしおれるし、
葉も傷みやすく、あたると黒くなる、デリケートなハーブです。

畑で、バジルが大きくなるのを眺めながら、
この状態で出荷したい!!と、ず〜っと考えてきました。

野菜を直売所に委託販売してもらうとき、
鮮度を保てるように工夫したり、見栄え良く、美味しく、
そして、なるべく畑にある姿のまま出荷したいと考えています。

b0169869_1455140.jpg

↑これはどれも、今日の昼ごろ畑で収穫したバジルです。

畑から持ち帰るまでの、わずか数分でしおれてしまったので、
水切りをして葉にも充分水を与えました。

前方のバジルは、普通に水に活けたもの。
後ろのバジルは活けずに、水を含ませたあるものにさして
出荷用のナイロンの袋に入れたもので
収穫してから1時間たつと、葉の勢いが違ってきました。

b0169869_15205965.jpg


茎をつけての出荷は、
畑から、必要なほど葉をとり調理するような、そんなふうにしたかったから。
新鮮な状態で、そのまま長持ちできるように。。

もしかしたら、もっと効率の良い保存&出荷方法があるかもしれません・・
でも、少ない野菜やハーブの出荷だから、コストをかけず良いものを。。
ちっちゃな規模の百姓の拘りです。


まだまだ試作中ですが、本日、バジル初出荷です!!
Top▲ by veronica-t | 2011-07-30 15:29 | 野良仕事 | Comments(16)
さくらんぼのジャム作り
b0169869_3221765.jpg

さくらんぼの旬が終わろうとしている

真っ赤に熟した さくらんぼ・・
例年より早い梅雨の雨にあたって実が裂けた さくらんぼ・・
旬が終わるころになると、出荷できない さくらんぼがボールいっぱいになった。


ボールいっぱいの さくらんぼでジャム作り

一粒ずつ丁寧に種をとり、
大鍋に入れて砂糖をまぶして、しばらく置くと
さくらんぼから甘い汁が出てくる。

檸檬をしぼって加え
粒が分かるように荒く潰しながら
コトコトしばらく温めて
浮かんだアクを丁寧に取り除く。
残りの砂糖を加えて火を通す。



b0169869_3224455.jpg

さくらんぼ

ジャムにすると、その甘い香りが薫る。
Top▲ by veronica-t | 2011-05-30 12:15 | 野良仕事 | Comments(12)
「瓦のキッチンストーブ」で、ピザを焼く
瓦のキッチンストーブで、「ノブヒェン窯」を使って、ピザを焼いてみた。
b0169869_2122177.jpg


b0169869_21294314.jpg- 使う生地 -
 (強力粉) 強力粉・イースト・塩・オリーブオイル
        一次発酵あり
 (薄力粉) 薄力粉・ベーキングパウダー・塩・オリーブオイル
        一次発酵なし
 生地に使う小麦粉を、それぞれ別々にして使ってみた。 
 それぞれの粉の特徴を生かして使えば、どの粉も使える。




- 野菜とチーズたっぷりピザ -
b0169869_21223493.jpg
生地・・強力粉の生地
具材・・玉葱・ピーマン・ウィンナー・チーズ
ソース・・手軽に購入できるケチャップを使用。

瓦のキッチンストーブで最初に焼いた一枚。
中に敷く瓦は、ピザの場合濡らさないほうが上手く出来た。




- ほうれん草とアンチョビのピザ -
b0169869_2123365.jpg
生地・・強力粉の生地
具材・・ほうれん草・アンチョビ
生地をのばしたら、オリーブオイルを塗り、香りづけにニンニクを擦りつけると美味しい。

畑にほうれん草があったので、アンチョビと合わせてシンプルなピザにしてみた。
ほうれん草は、生のままちぎって乗せた。
アンチョビが多かったので、少し塩辛い。
次のピザでは、アンチョビの量を減らして、荒く刻んでのせた。
味つけはしなくても、ちょうど良かった。




- ひじきのピザ -
b0169869_21232340.jpg
生地・・強力粉
具材・・ひじきの煮物・チーズ

ひじきは乾物を使用。
水で戻して、油をひいたフライパンで炒り、砂糖と醤油と味醂で味付け。

女性は、どうしても貧血になりやすいので、ひじきで作ってみた。
煮物なのにチーズに合う。
ひじきの他に、人参など入っても美味しいと思う。



- じゃがいもピザ -
b0169869_21234116.jpg
生地・・薄力粉(薄くのばす)
具材・・じゃがいも・ローズマリー・ニンニク(細かなみじん切り)

生地は薄くのばして、オリーブオイルを塗り、香りづけにニンニクを擦りつけると美味しい。
じゃがいもは薄くスライスして、
オリーブオイル・ニンニク・塩・ローズマリーに漬けておく。

とってもシンプルだけど美味しい。




- バナナピザ -
b0169869_2124137.jpg
生地・・薄力粉(薄くのばす)
具材・・バナナ・はちみつ・チーズ・ハーブ(今回はミント)・黒こしょう(好み)

生地をのばして、オリーブオイルを塗って、バナナを並べておく。
チーズを乗せて、はちみつをかけて、好みで黒こしょうをふりかける。

おやつ感覚のピザ。
バナナを、苺や林檎・さつまいもにしても美味しい。



- 菜の花のピザ -
b0169869_21241891.jpg
生地・強力粉
具材・・菜の花(大根)・アンチョビ

生地をにばして、オリーブオイルをぬり、香りづけにニンニクを擦りつけると美味しい。
菜の花は、生で使用。

菜の花といっても、畑で育ちすぎた大根の花が咲く前に摘んだもの。
これが少し焦げ目がついて香ばしく、とても美味しかった。





瓦のキッチンストーブでは、使った燃料もごくわずかだった。
焼き上がりの時間が、他にくらべてとてもはやい。
瓦を組んだだけのキッチンストーブ、これならどこでも熱々のピザが焼ける。






- 「焚き火小屋の備忘録」より -
原理の理解のために。もしくはサバイバルなロケットストーブの作り方
集会所などの避難施設で使えるように考えたダブルコンロの記事
「ノブヒェン窯」について

- はるのさんの「山の子」のブログより -
瓦のキッチンストーブの作り方
「フライパンのパン焼き窯でピザを焼こう!」
Top▲ by veronica-t | 2011-03-31 00:52 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(8)
干した白菜と豚肉の蒸し焼き
b0169869_14501442.jpg


冬になると食べたくなる料理・・
それは「干した白菜と豚肉の蒸し焼き」

とってもシンプルだけど、美味しい。。


食べるまえに、ほんのちょと一手間かけるだけ
あとは、それぞれの素材と、調理の焔が美味しくしてくれます。



- 干した白菜と豚肉の蒸し焼き -

b0169869_1450395.jpg

白菜を大きいものでしたら1個を12等分、どれにも芯が付くようにカットして干します。

お天道様に丸三日・・
しんなりとして白菜の水分が少なくなると、お肉の旨味を吸い取って美味しくなります。


豚肉も塩こしょう・ハーブ類(タイム、ローズマリー)で下味をつけて、
冷蔵庫で二晩おいて味をしっかりしみ込ませます。

b0169869_14534794.jpg

フライパンに油をひいて、豚肉と白菜を、しっかり焼き色がつくまで焼きます。
焼き色がついたら、蓋をして蒸します。


全体に火が通ったら、豚肉を7mmくらいにスライスしてに、
白菜は芯のところを切り離して盛り付けます。

粒入りマスタードを添えてどうぞ。。



詳しいレシピは、こちら・・「田園レストラン」
Top▲ by veronica-t | 2011-01-12 05:26 | 野菜 -recipe- | Comments(12)
ピーマンを干しながら・・
b0169869_11105262.jpg

天気の良い日に

ピーマンを干す

b0169869_11121022.jpg


干しものに使う大きなザルが壊れたから、ホームセンターに買いに行こうとすると、
「梅干しの時期じゃないけん、売れとらんよ」
と、母が言う。

秋から冬の今の季節が、いろいろな野菜の干しどきと、
話を聞かずに買いに出かけた。

すると、梅干しを干すころには、たくさんあったザルが店頭から姿を消していた。
驚いて聞くと、やはり今は梅干しを干す時期じゃないからと、奥の倉庫から持って来てくれた。

大きなザルについた安い値段は、嬉しかったけど驚いた。


私の価値観って、変なのかな〜。。
Top▲ by veronica-t | 2010-12-05 21:08 | 野良仕事 | Comments(2)
大切な1組のワークショップ - 11/14 -
ここ数日の強い風も久しぶりに和らぎ、
焚き火小屋には穏やかな日差しが優しく照らしています。

今日は、何度かワークショップに参加してくださった方が、
京都から遊びにいらしたお友達を誘ってくださいました。
b0169869_22191343.jpg


空港から直接いらしてくださったお客さま・・
少しの間、この焚き火小屋の炉のまわりや
外の木のベンチに腰かけて、お話をしていただきました。

そして、ご一緒にパン作りをしていただきました。

b0169869_22215741.jpg

家族のために毎朝パンを焼かれているお客さまは、
パンの材料や、鉄のパン焼き窯の仕組みにとても興味を持たれていました。

b0169869_328621.jpg


京都の言葉と、出雲の言葉・・
何となく似ているところもあったり、途中、分からなくて通訳(?)していただいたり、
お互いの暮らしについて、いろいろおしゃべりしました。

もともと子どもさん繋がりのお母さん友達・・、
同じ土地に暮らし、いつしか子どもと離れたお友達のお付き合いになられたそうです。

母から、人ひとりの付き合い・・
何とかちゃんのお母さんから、名前で呼び合うお付き合い。
京都と出雲・・離れて暮らされてても、ずっと仲の良いお友達同士。。


焚き火小屋に降り注ぐ、秋のやわらかな日差しは
まるで、久しぶりの再会を温かく迎えてくれているようでした。

とても心地良く楽しい一日をありがとうございました。
また、お会いできる日を心待ちにしています。。




・・・・・
方言には、そこの暮らしから生まれた言葉や、温かさがこもってて、
言葉のニュアンスも、その土地で微妙に違っています。
私は、以前、出雲弁が恥ずかしいと思っていたこともありました。
県外に就職してUターンして帰ってきたとき、その聞き慣れた言葉に
ホッと緊張がとけて涙したことを思い出します。
そして、故郷があって良かったと感じました。
今、私たちの世代から後、標準語を習い、方言を話さなかったり、
知らないひとが増えてきています。
それもちょっと寂しいな・・と思います。



Top▲ by veronica-t | 2010-11-14 18:39 | workshop | Comments(5)
お裾分けに感謝して。。
先日、我が家に小包が二つ届きました。

・・美味しさのお裾分け・・

ひとつは、先日、滋賀県から焚き火小屋に訪れてくださったまこりんさんからのお裾分け。
どっしりした荷物は、まるで宝箱のよう・・
次から次へと、美味しいお裾分けが出てきます。

いろいろなチーズ類やモンゴルの岩塩と一緒に、美味しそうなお味噌が入っていました。
b0169869_10494037.jpg



そして、もう一つの小包は、
ブログのリンク先の「山と海とつながっていくこころ」のkotoriさんから・・。
届いたのは、これ・・
b0169869_10562984.jpg
すだち。
神の山でとれた すだちがたくさん入っていました。
黄色のすだちで、あちらでは「黄金すだち」と呼ばれているそうです。

鳴門金時も。。
b0169869_1057356.jpg


美味しいお裾分けありがとうございます。。


そして、この「感謝の気持ち」を、もうすぐ誕生日を迎える母に、今度は私からお裾分け。。

ちょうど、我が家の畑で採れた生姜もあるし・・
ちょっと早いけど、美味しいお裾分けで母の好きなものを作りました。
b0169869_11134328.jpg



- 鯖の味噌煮 -

b0169869_11175144.jpg
母の好きな鯖の煮物。
まこりんさんからいただいたお味噌と、初物の生姜で、鯖の味噌煮を作りました。


- 豚汁 -

b0169869_11171865.jpg
寒いときには、具たくさんのこんな優しい味の汁がいちばん。
まこりんさんのお味噌と、kotoriさんからいただいた鳴門金時と、うちの野菜の豚汁。
鳴門金時が、とっても甘くて優しい味でした。


おふたりからの美味しいお裾分けで、いつも助けてくれる母に、ささやかな誕生日プレゼントができました。
まこりんさん、kotoriさんに感謝です。。ありがとう。。


そして、すだちは、kotoriさんからヒントをもらってシロップに・・
お味噌と塩は焚き火小屋に・・
チーズ類は、あちこちにお裾分け・・
美味しいお裾分け便です。

- いただいたお裾分けで気付いたこと -
Top▲ by veronica-t | 2010-11-04 07:24 | | Comments(8)
秋の畑のごちそうスープ
b0169869_2103995.jpg

秋の畑には、冬野菜の苗が少しずつ大きく育ってます。
秋の初めに収穫した薩摩芋に、やはり保存しているじゃが芋に玉葱にニンニク。
冷凍庫にはトマト。
ハーブ畑を覗けば、刈り入れ前のタイムが茂っています。

そんな野菜たちを使った、贅沢なスープです。


- 秋の畑のごちそうスープ -


カットする野菜の大きさは
長さ3cmの間引きの人参に合わせたサイズ・・。

蕪は、皮付きのままで、緑の茎もつけて・・

薩摩芋もじゃが芋も、もちろん皮付きで・・

冷凍したトマトは水にさらすと、あら不思議。。
つるりんっと皮が剥けます・・

ニンニクは細かなみじん切りに・・

タイムは、先っぽの やわらかなところを数本・・




大きな鍋にお湯を沸かしながら、ニンニクと根野菜を入れて、
しばらくして、トマトとタイムも加えます。

コトコト。。コトコト。。ゆっくりじっくり煮込みます

野菜がやわらかくなって、スープに旨味が広がったら
ほんの少しのコショウを、パッパ。。

あとは、塩だけで味をととのえます。




秋の畑の野菜の美味しさがいっぱいの
からだの芯から温まる 優しいスープのできあがり。。


お好きな野菜をたっぷり入れて、
ニンニクとトマトとタイムは忘れずに。。


優しい味の「秋の畑のごちそうスープ」は
心とからだに優しいスープです。
Top▲ by veronica-t | 2010-10-30 02:30 | 野菜 -recipe- | Comments(4)
このご縁に感謝して
ブログを通して知り合った、まこりんさんとヨーコさんとの「大切な1組のワークショップ」。
はるばる滋賀県から訪れてくださいました。
b0169869_13405376.jpg

ブログで「焚き火小屋に行きたい」と、いってくださってから、おすそ分けのチーズが届き、
そして、いよいよお二人に会う日・・。
少しの緊張と、お会いできることの喜びと、本当に尋ねてくださるんだという驚きと、
朝からワクワクドキドキで、おふたりがいらしてくださるのを心待ちにしていました。

初めてお会いしたお二人は、
自分の今までと、これからをちゃんと見つめていらっしゃいました。
そんなお二人から学ぶものはたくさんありました。

それは、ただ会話の中からというものではなくて、
ちょっとした仕草であったり、表情であったり・・
ブログを越えて、こうしてお会いして一緒に過ごすから、
分かち合えたり気付くことができたと思います。


パン生地を捏ねながら、野菜を切りながら、焔をともし料理しながら、
楽しいおしゃべりは尽きません。


b0169869_13401215.jpg
「かまど」と「鉄のパン焼き窯」の
焔で調理する
心豊かな時間。。


素敵なおふたりへのメニューは・・
 ライ麦パン
 シンプルパン
 干した白菜と豚肉の蒸し焼き
 メークインパスタ風サラダ
 秋の畑のごちそうスープ
 レシピは、料理名をクリックしてください

畑の野菜たちが、
それぞれの美味しさを教えてくれ

調理の焔が、
その美味しさを表現してくれます。




食事が終わると、「炉」に薪を焼べて、焔を眺めながら楽しくおしゃべりをしました。
それは、お別れするのが名残惜しいほど、とても楽しく心地良い時間でした。


まこりんさん、ヨーコさん・・
焚き火小屋に訪れてくださって、本当にありがとうございます。
またいつか、お会いできるを楽しみにしています。

このご縁に感謝して。。
Top▲ by veronica-t | 2010-10-28 23:55 | workshop | Comments(0)
シンプルなピザソース
うちのピザソースは、とってもシンプル。


コンボクッカーに、皮を剥いたトマトを入れる。
b0169869_7394922.jpg
それは、まるで宝石のよう・・
色とりどりのトマト。


トマトと一緒に入れるのは、ローリエが2枚だけ
b0169869_740296.jpg
じっくりゆっくり煮込んでいく


これで出来上がり。
b0169869_740162.jpg
あとは、畑から収穫した野菜を好きなだけトッピングして、
美味しいピザのできあがり。
Top▲ by veronica-t | 2010-10-23 04:38 | 野菜 -recipe- | Comments(10)
| ページトップ |