田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:美味しい野菜の食し方 ( 60 ) タグの人気記事
Top▲
6/25「美味しい野菜料理にハーブ香る」
b0169869_21284827.jpg


この季節、野菜たちは雨が降るたびに大きく成長し、忙しくも嬉しい気持ちになります。
ハーブたちも畑に吹く風に乗せて、その爽やかな香りで心を癒してくれています。
今日は、そんな夏野菜とハーブをお洒落に料理していただくことにしました。


b0169869_22493638.jpg


去年の夏から始まったミントの集いは、いつも始まりはスローペースです。
それもそのはず。。
毎回、始めて参加された方も、ずっとご一緒してる方も、焚き火小屋に来て初めて、その日の参加者の顔ぶれや、メニューや使う野菜などをお伝えするので、さて何から始めようか考えながら、そして見つけながら動いて下さるからです。


b0169869_22493798.jpg


それでも、いつしかとても心地良く調理を楽しまれて、良い頃合いに食することが出来ています。
初めて参加された方を、皆さんが自然とサポートして下さったり、私自身もいろいろなことを教えていただいています。



今日のハーブ香る美味しい野菜料理。。

b0169869_22493707.jpg


今年、焚き火小屋の畑とfarm風の谷の一画に、美味しいジェノベーゼソースを作る友人のバジルとニンニクが育っています。
畑作りからハーブ作り、友人から教わることも沢山あり、また作られる このソースが本当に美味しいのです。

今回は、このジェノベーゼソースを手作りパスタに贅沢に使ってみました。
美味しい。。


b0169869_22493751.jpg



かまどのグリルパンでは…

b0169869_08032368.jpg



茄子にはローズマリーとニンニクを、
フィノッキオとジャガイモにはフェンネルを一緒にグリルしてみました。
どちらも塩だけのシンプルな味付けです。

b0169869_22493874.jpg



メークインは、今日初めて参加された方が、包丁を使い丁寧に下拵えをして下さったものを、バジルと玉葱を使ったソースで和えた「メークインのパスタ風サラダ」に。。

b0169869_22493848.jpg



そして、今日のデザートは…

b0169869_22493853.jpg


胡瓜を使った、ミントの香る爽やかなデザートです。
朝、突然に団子を加えてみようと思いつき、急遽地元産の団子の粉を買いに行き、それをこんな可愛らしく丸めて下さり、胡瓜が見た目も素敵な、そして美味しいデザートに変身しました。


それだけで食べても美味しい野菜ですが、こうしたハーブを使うと、とてもお洒落に、そしてシンプルな味付けで美味しい料理が出来上がりました。


今月も、楽しく美味しい時間をありがとうございました。。






Top▲ by veronica-t | 2016-06-25 22:05 | 時を紡ぐworkshop | Comments(0)
寒い日に大根スープをどうぞ。。
b0169869_09065433.jpg

最近、はまっているのが、大根スープ。。
「ベロニカの会」のワークショップでも、皆さんと何度か作ったスープです。


これ何のスープですか?と、聞かれるので、
大根ですと答えると、ほとんどの方が驚かれます。


でも、大根です。。
b0169869_09065403.jpg


大根と、炊いた白ごはんと、大根の旨味を引き立てる塩。。
それに牛乳と豆乳で出来る、とてもシンプルなスープです。


b0169869_09065489.jpg

カリカリに焼いたベーコンをトッピングしたり。。

温野菜を加えると、アレルギーの方にもでも安心して食べれるクリームスープになります。

今日みたいに寒い日に、どうぞ。。
カラダが温まりますよ。。


クックパッドにレシピを載せました。
良かったら、参考にしてください。。
ベロニカの会taekoのキッチン「田園レストラン」





Top▲ by veronica-t | 2016-02-07 08:53 | 野菜 -recipe- | Comments(0)
里芋の親芋〜美味しくいただく⑶
ジャガイモの収穫するとき、隣の畝の里芋の様子が気になり、掘り返してみました。

b0169869_10542284.jpg

この里芋は、地主のご近所さんが植えられたもので、もう手入れも何も出来なくて育ってないと思うから、掘り返して別のものを植えてもらっても構わないと言われたのですが…

草にまみれて、細々と小さな葉を広げている里芋を破棄することが出来ず、またこれも学びと、そのままにしていました。

さっそく掘ってみると…
b0169869_01271569.jpg

こんな感じ…やっぱり小さい…小芋がない…。
ならば、この親芋を美味しく食べようと、今夜は我が家の定番「野菜たっぷりかき揚げ」のメイン野菜にしてみました。
(里芋には親芋も食べれる種類と、小芋だけ食べれるものがあるそうですが、上津のおいもパンに使っていた、以前 我が家で作っていた親芋も、この里芋も、食感は違いますが、どちらも食べれました。)


これが親芋です。
小ぶりです。
b0169869_01271583.jpg


それを揚げやすく食べやすい大きさに切ります。
粘り気は、小芋ほど無いので切りやすいです。

b0169869_01271550.jpg


「野菜たっぷりかき揚げ」は、農家なら晩御飯の買い物しなくても、畑の野菜を美味しくボリュームを持たせて、そして豪華に見える、それは重宝な料理です。
しかも、使う油や粉を考えれば、育ち盛りの子どもたちのお腹を満たしてくれる、我が家では、今も変わらず家計を助けてくれるメニューです。

b0169869_01271648.jpg

今日、我が家にあった野菜は、畑から収穫したばかりの人参、長葱、大根の葉、それに冷蔵庫にあった椎茸と牛蒡です。

それを、パンに使う南部小麦で混ぜ合わせて揚げていきます。

b0169869_01271642.jpg


あとは、熱々をお好みの食べ方で食べるだけ。。

b0169869_10542242.jpg


今夜は藻塩でいただきました。

里芋の親芋が、ホクホクと粘り気もあり、ホッとする優しい味がします。
油との相性も良く、他の野菜の味と食感を引き立ててくれています。
とても美味しいです!!

里芋の親芋が手に入るなら、ぜひ試してみて下さい。。






Top▲ by veronica-t | 2016-02-05 20:53 | 野菜 -recipe- | Comments(0)
10/29「旬の野菜と野草のランチ」
「それでは、今から畑に行って、食べれそうな野草と旬の野菜を採りに出掛けましょう!」

その言葉とともに、皆さん元気良く、今日の「旬の野菜と野草のサラダ」の食材探しです。
これからの「ベロニカの会」のワークショップは、この収穫から全てが始まります。

b0169869_20125079.jpg


農薬や化学肥料を使わない畑では、野菜はもちろん野草だって食材になります。
先日、そんなヒントをいただいて、まずは皆さんと一緒に食材探しです。

畑の中の野菜の傍は、柔らかな野草がたくさん生えています。
その中から、食べれそうな野草の新芽を摘んでいきます。


b0169869_20125176.jpg


「これ、美味しそうだけど食べれるかなぁ?」

皆さんの手には食べれそうな、柔らかな野草がたくさん。。
そして、皆さん楽しそうです。
野草探しは宝探しのような、そんなワクワク感があります。

その中から食べれる野草を籠に入れて、籠はアッという間に山盛りになりました。
さて、次は旬の野菜の収穫です。


b0169869_20125258.jpg


焚き火小屋の畑には、南瓜、スナップエンドウ、プチトマトといった遅植えの野菜や、今が旬の長葱、間引きを迎えた人参など様々な野菜が育っています。
その野菜の育ちをお話ししながら、必要な量を採っていただきました。

b0169869_21011330.jpg


長葱は、美味しそうな太めのものを、皆さんで掘り起こして収穫していただきました。


b0169869_21152786.jpg


そして、収穫した野菜を地下水を汲み上げた水で洗っていただいて、まずはサラダ作りです。
旬の野菜と野草は、食べやすい大きさにカットしたり、ちぎったりして、水を溜めたボウルに次々に入れていきます。
ボウルの中の水は、沢山の野菜や野草から出たエキスでいっぱい。。
これが、今日のスープや煮込み料理の出汁になります。


b0169869_20125365.jpg


今日のメインディシュは、そんなスープを使って、コトコト煮込んだ長葱。。



食していただいている間、時折、焚き火小屋には秋風が通り抜け、優しい陽の光が差し込んできます。

また、次の季節にも、旬の野菜と野草の美味しさと、焚き火小屋の風と光の心地良さを探しにいらしてくださいね。。
そのときを心待ちにしています。






Top▲ by veronica-t | 2015-10-29 23:42 | 時を紡ぐworkshop | Comments(0)
未熟カボチャは美味しい!
b0169869_06582774.jpg

収穫を終えた南瓜を片付けていると、必ず出てくるのが、未熟な南瓜たち。

今までは蔓と一緒に、近くの牛飼いさんのところに持って行ってたけれど…
さてさて、どうしたものか…

南瓜の蔓を好きに伸ばし放題にしていたから、未熟南瓜の数も半端ない。
しかも、大小さまざま。
漬物にするというのは聞いているけれど、なかなか消費する量ではない。

とりあえず、生食。。

美味しい!
コリコリして、少し粘りもあって、何と言っても甘い!
これを捨てたり、あれこれ調理するのは勿体無い。

そこで、さっそく今朝の野菜たっぷりサラダに加えて、あとはスライスしてオリーブオイルで軽く焼いて、塩をパラパラ。。
甘みが増して美味しい。。


b0169869_07065835.jpg



まだまだ沢山出てくる未熟な南瓜。

大小さまざまな未熟南瓜。
いろいろと美味しい食べ方を探してみよう。。

そのぐらい いっぱい。。






Top▲ by veronica-t | 2015-09-06 06:21 | 野菜 -recipe- | Comments(2)
野菜を美味しく食する
b0169869_04082466.jpg


今日のワークショップのテーマは、これでしょうか。。

「野菜を美味しく美しく。。」


15品目の野菜のエキスが、たっぷり入った冷たいスープ
b0169869_04082464.jpg



茄子とカボチャのグリル
b0169869_04082597.jpg



バジルソースとブレーチーズのパスタ
b0169869_04082596.jpg


友人のバジルソースが美味しくて、パスタのソースにしてみました。



シンプルパン
b0169869_04115136.jpg


この日、野菜料理に合うように、粉の分量を変えてみました。
焼きたてです。













Top▲ by veronica-t | 2015-08-29 21:02 | 時を紡ぐworkshop | Comments(0)
瓦のキッチンストーブで。。
焚き火小屋の瓦のキッチンストーブ。
周りの木々や風景の中に静かに佇むその姿に、心地良さと安らぎまでも感じます。
b0169869_12574796.jpg


瓦のキッチンストーブに火を入れて、茄子の蒸し焼き。
b0169869_12574850.jpg


久しぶりにキッチンストーブに火を入れましたが、どこを直す訳でもなく良い感じに使うことが出来ました。
b0169869_23193324.jpg


今の暮らしの中に、かまどの焔を感じさせてくれる瓦のキッチンストーブ。
b0169869_23193413.jpg


ゆっくりとじっくりと焔を見ながら過ごす時間は、心豊かなとても贅沢なひとときでした。
Top▲ by veronica-t | 2015-07-30 23:02 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(0)
ピオーネの酢の物
b0169869_664531.jpg

従姉妹が教えてくれた「ピオーネの酢の物」。

ワインビネガーではなくて、酢というところが手頃で、
作り方も、とっても簡単。。

ピオーネは皮を剥き、
その大きさに合わせた梨と一緒にボールに入れて、
酢に好みで砂糖を加えて混ぜる。

あまり浸かりすぎるより、軽く合わせた方が美味しいので、
食べる前に混ぜ合わせて、冷蔵庫で冷やしておく。


果物なので、はちみつを加えたような まろやかな甘さの
前菜向きな一品。



そして、冷蔵庫で冷やしている間に、またまたピオーネのジャム作り。
今度は、皮を使わないジャム。。
b0169869_671539.jpg

Top▲ by veronica-t | 2013-09-20 06:07 | 野菜 -recipe- | Comments(0)
風呂焚きしながら保存食つくり - トマトピュレ -
風呂焚きしながら・・トマトピュレと、タイトルをつけながら
なぜ1枚めの写真がパン焼きかというと、
私の風呂焚きは、ロケストの火が火種になるからです。

ちょうど仕込んでおいたパン生地も発酵したので、
パンを焼いて、少し早めの風呂焚きです。

b0169869_20275092.jpg


去年の夏までは、屋根の上に置いた天日(太陽熱温水器)で、
夕方になると水はお湯になっていて、風呂を焚かなくても良かったのですが、

年季ものの我が家の天日、何度も修理しながら使ってきたけれど、
去年壊れたときは直そうにも部品がなくて、新しい天日を買う予算もなく、
この夏、薪を焼べて風呂焚きしています。


b0169869_20272090.jpg



パンを焼いて風呂も焚き付けても、それでもまだ陽は高いので
風呂を焚きしながらトマトピュレ作りを始めました。

畑で採れた加工トマト、今年は皮もつけて丸ごと使います。
まず荒くザク切りにしたトマトを鍋に入れてアクを取って水分をとばし
半分の量になるまで煮込みます。

それをミキサーにかけて細かくし、再び火にかけます。
適度に水分がなくなり、とろみがついたら冷まします。

ここまできて・・・
その様子を写真に撮ってないことに気づきました・・。


b0169869_2181025.jpg



今年1回めのトマトピュレ。
トマト丸ごと濃縮されたトマトピュレが3袋できました。

横に映っているのは、今日焼いたパンの残りです。
ほとんど食べています・・美味しい。。

畑では、まだまだ加工トマトが育っています。
風呂焚きしながらのトマトピュレ作りも しばらく続きそうです。
Top▲ by veronica-t | 2013-08-28 20:28 | 焔のある暮らし | Comments(6)
現代農業8月号に載りました。
b0169869_1203473.jpg


以前、ブログでご紹介した バジルの出荷が、
「現代農業」8月号に載りました。

たまたま、このブログでバジルの出荷方法を読んでくださった
現代農業の編集者の方からのお誘いに、正直なところ初めは戸惑いました。

それは、今は本業やらで忙しく、畑に立つことも野菜の出荷も出来ない状況で、
バジルの出荷といっても、くるみ市さんに試験的にさせてもらったもの・・、
そんな私が記事を載せてもらって良いのかなと、しばらく悩みました。

それでも書かせていただいたのは、この記事を読んで
そうか、こんなやり方があったのかって、
やってみようという人がいたら良いなと思ったからです。

この方法は、私なりに資源の再利用、コストダウン、ゴミの問題など、
そして何より、畑に育っているバジルをそのまま食卓へと、
いろいろと考えて見つけたものです。

「段ボールオアシスでバジルが長持ち」の記事を
どうぞ手に取って読んでみてください。

現代農業、とっても読み応えのある本です。。
Top▲ by veronica-t | 2013-07-21 08:06 | 風の谷から | Comments(2)
| ページトップ |