田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:畑 ( 143 ) タグの人気記事
Top▲
雨…もう少し降ってくれないかな。。
鍬で畑の土を撫でると…
b0169869_21154882.jpg


乾き切ったサラサラの砂地が出てくる。
さっき歩いてきたところは、長靴の乾いた足跡が続く。


我が家の苗たちは、苗を譲ってくれた友人が教えてくれたように、一度谷に持ち帰り、涼しいところで水をやり、二日ほど落ち着いてから植えたのが良かったのか、どれも元気に育っている。

ありがたい。。
b0169869_21154834.jpg



それでも、雨がもう少し降ってくれないかな。。
Top▲ by veronica-t | 2015-08-12 21:11 | 野良仕事 | Comments(0)
ニュージーランド箱は草の中
b0169869_20405859.jpg
用水路脇に設置したニュージーランド箱。
この夏、良い具合に草に埋もれています。




Top▲ by veronica-t | 2015-08-08 20:39 | 野菜について | Comments(0)
初夏の草刈り
雨が降ると生き物は潤う。
止まっていた時間が動き出したかのように、畑の作物も草も勢いよく育っていく。

b0169869_11292288.jpg


先月 草刈りをしたところは、ニュージーランド箱に入れると良い肥やしになりそうな、柔らかな緑色をした雑草が伸びている。
お隣さんの畑の草刈りをしながら、自己流だけれど、季節ごとの草刈りを実践してみることにした。


木々のまわりの草刈りは、木と木の間の草を残してみる。
b0169869_11292265.jpg


野菜と違って、木は幹より遠くまで根を張っているだろうから、夏の日から根を守るように木の植わっているところは草を刈らずにおく。


柿の木の下と、お隣さんの作物が植わっているところ。
b0169869_11292245.jpg


柿の木の下の草刈りをしていると、高さの低い雑草がびっしり生えていた。
驚いたことに、その草の生えている土は、たくさんの水を含んでいて長靴がはまった。
まるで、大きな柿の木は、低い雑草をたくさん生やすことで自らの水分を維持しているみたい。
ここの草刈りは、背の高いものだけ長めに刈り込む。


先日、草を抜いて一気に弱った葱まわり。
b0169869_11292274.jpg


作物のまわりに雑草が生えていることで、虫や病気から守られていたり、適度に水分が保たれているようで、葱のまわりと南瓜、お隣さんの作物のまわりの草は刈らずに残す。

初夏からの草刈りは、作物や木々の様子をみて、長いものだけ短く刈り、低く草をそのまま残してみることにした。
ここしばらくは、草の成長が早くて刈れば良かったと思うかもしれないけれど、刈ることはいつでも出来るから、そのままにしてみる。
Top▲ by veronica-t | 2015-07-20 23:26 | 野菜について | Comments(0)
トマトを畑で食す
b0169869_16041553.jpg


「ほれ、食べぇか?」

子どものころ、祖母はそう言って、トマトを採って差し出してくれた。
桑畑で遊び、喉がカラカラに乾いていたからか、もらってその場で丸かじりした。

そのトマトの美味しかったこと。。
そのときの記憶が、今の私の野菜作りの原点なのだろう。

今日、初めて実った大玉のトマトを丸かじりした。

牛糞とボカシ肥料を一度ずつ与え、消毒は一切していない。
時々水をやりながらトマトの木に話しかけ、大きくなり始めた実を様子を見ながら撫でる。

それに答えるかのように、丸かじりしたトマトは甘く、みずみずしい。

「ほれ、食べぇか?」
あの日の記憶が蘇る。







Top▲ by veronica-t | 2015-07-09 15:30 | 畑に立ち思うこと | Comments(0)
蜂たちの花粉付け
b0169869_23382375.jpg


花粉付けをしようと、南瓜の花の中を覗くと、中で蜂たちが忙しそうにしている。
そしてしばらくすると、次の花へと飛んでいく。

今朝の花粉付けは、蜂たちに任せましょ。。
Top▲ by veronica-t | 2015-07-06 08:33 | 野菜について | Comments(2)
本当に雑草は邪魔なのか?
初めて植えた長葱の苗は、植えてからすぐに夜盗虫の被害にあいながらも、何とか元気に育っている。
しかし、植えた場所が雑草が茂るところだったので、いつの間にか草に埋もれている。
b0169869_07441153.jpg


本業の仕事先で、野菜作りを長年されていたおばあちゃんから、長葱は雑草と石ころに弱いから、まめに草取りをした方が良いと教えてもらったので、土寄せを兼ねて雑草を丁寧に取り除く。

b0169869_07441120.jpg


作業は、奥の比較的に雑草が少ないところから始めて、手前の雑草に埋もれている列になって、葱の苗の乾燥除けに敷いていた藁が、ここだけ湿っていることに気付く。
作業を終えて比べてみると、雑草に埋もれていた葱の方が、夜盗虫の被害も少なく成長が早い。

数日して様子をみると、雑草に埋もれていたときは青々としていた葱の葉先が黄色くなっている。
急いで黄色くなった葉先を取り除き、藁を敷き詰める。

b0169869_22185131.jpg


長葱にとって、本当に雑草は邪魔だったのだろうか…

無農薬と化学肥料に頼らない野菜作りには、この雑草との関わりも大切なんだと実感。。
とくに砂地の畑では、この雑草も大切な役目があると思う。
もう、むやみに取り除くことはやめよう。。
Top▲ by veronica-t | 2015-07-04 12:21 | 野良仕事 | Comments(0)
ニュージーランド箱

b0169869_22163877.jpg


ニュージーランド箱を設置して、今まで沢山あると思っていた草が、実は全然足りません。
草が足りないというと驚かれてしまいますが、草はマルチにしたりと活用方法も色々あり、この箱いっぱいにするのは相当な量が必要なので、ついつい草が欲しいと。。


b0169869_22163879.jpg


草を入れては、水分と米糠を加えて踏み込んで、時々ひっくり返してを繰り返しています。
草を育てて肥料にと驚いていた家族でしたが、米糠が必要と分かると精米の度に出た糠を持ち帰ってくれるようになりました。
ありがたいです。。


中の草をひっくり返してみると…

b0169869_22163800.jpg


こんな感じに発酵しています。
手を近づけると温かいです。


b0169869_22163977.jpg



ニュージーランド箱を教えて下さった方から、草を大まかに切った方が良いとアドバイスをもらい、長い草は切りながら入れていきます。


b0169869_22164090.jpg

この作業、少し手間はかかりますが、蔓ものも肥料に出来るので、収穫後の南瓜なども邪魔にならずに片付きました。




b0169869_22164181.jpg


あと少し溜めたら、次の場所に切り替えしながら移動していきます。
草が足りないなぁ。。







Top▲ by veronica-t | 2015-07-03 21:16 | 野菜について | Comments(0)
玉葱の合間の野菜たち
b0169869_07591002.jpg

おばあさんにとって、この畑は玉葱畑。
次に玉葱の苗を植えるところは、必ず開けておく。

それが、何だか勿体無い…
玉葱を育てる場所は、この畑の3分の1を占めている。
畑を休ませるには、何も植えないのが良いのだろうけど、
それでも、何だか勿体無い…。

後の3分の2のうち、その半分を南瓜が占めている。
残る場所には、雑草を燃やすところ、雑草が生えているところ、
ニュージーランド箱など肥やしを育てている場所、そしてあとわずかなところで、
今は大豆に薩摩芋、茄子と葱や葉物を育てている。
だから、何だか勿体無い…。

この勿体無いが良いのかどうか、ここに玉葱の苗を植えるまで
人参と小松菜、青梗菜の種を蒔いてみた。
さてさて、どうなるかなぁ。。
Top▲ by veronica-t | 2015-07-02 07:56 | 野良仕事 | Comments(0)
草マルチ
ニュージーランド箱を作ったことで、雑草が肥やしになると知った母が、山手の畑で草刈りをしたものを押し車に乗せて持って来てくれた。
しかし、母が雨が降って濡れてはいけないと思い納屋にしまっていたので、草が乾ききっていたため、箱の中に入れずに草マルチにすることにした。

まずは、トマトのところ。
b0169869_12291707.jpg


ここは先日、藁でマルチをしたが、間に草が生え始めたので、全体に草を敷いてみた。
b0169869_12291806.jpg



あとは、なかなか手が行き届かないネギのところ。
b0169869_12291821.jpg

ここは、もともとイチジクなど木が植わっていたため、無放置の区間。
耕しても、スギナなどのしつこい草が茂ってくる。

雑草が、肥料とマルチに、このまましばらく様子をみることにした。
これで、くよし(草焼き)をせずに済んだ。
Top▲ by veronica-t | 2015-06-28 07:22 | 野菜について | Comments(2)
畑の中のアート
b0169869_20550967.jpg


梅雨の雨に、南瓜の蔓も草も勢い良く伸び始めた。


b0169869_20550905.jpg


草を取りニュージーランド箱に入れては、余分な蔓を摘み取って、その行く先に藁を敷く。

藁を敷きながら、南瓜の蔓をこの先どこにするかを決める。

畑の中のアート。。
上から見たら、どんな風に見えるのだろう。




Top▲ by veronica-t | 2015-06-20 20:51 | 野良仕事 | Comments(0)
| ページトップ |