田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:畑 ( 142 ) タグの人気記事
Top▲
朝露
b0169869_20240260.jpg


朝露に濡れる野菜が、ほっとして喜んでいるように見えるのは、私だけなんだろうか。





Top▲ by veronica-t | 2016-08-02 06:21 | 野菜について | Comments(2)
焚き火小屋の畑の昆虫
草だらけの焚き火小屋の畑ですが、ここには様々な昆虫が姿を見せてくれています。
それは作物にとって害虫もいますが、害虫の天敵たちを、たくさん見かけるようになりました。


カマキリ

b0169869_23580806.jpg



ナナホシテントウ

b0169869_23580909.jpg


今年は、幼虫の姿も有機栽培講座の座学で習いました。
その幼虫も、焚き火小屋の畑やfarm風の谷でも見つけることが出来ました。
他にも、カエルや地を這うクモなども、たくさん見かけます。

正直、大人になり、昆虫そのものは苦手になっていましたが、今は昆虫たちが過ごしやすい環境を壊さないようにと思っています。

人にも生き物にも、心地良いと感じる畑。。
きっと、野菜にも気持ち良いはず。。





Top▲ by veronica-t | 2016-07-01 23:22 | 畑に立ち思うこと | Comments(2)
この畑にあるものは燃料と肥料と、そして花と…
ここは、焚き火小屋の近くのご近所さんの畑です。
手前の方は、作物を作ることが出来なくなられて、数年間この状態が続いています。
今度、ご縁があり、この区間をお借りすることになりました。

b0169869_20003037.jpg


借りるといっても、作物を育てるのではなくて、堆肥にする草を生やすのに使わせていただくことにしました。
草を生やすといっても、今のこの状態では無理なので、まずは草刈りです。


b0169869_20003072.jpg


最初に、畑の様子を見ながら、伸びてかたくなったところを一本ずつ手で折りまとめていきます。


b0169869_20003172.jpg


この作業…ただの邪魔な草を取り除くと思えば、そりゃ大儀です。
そこで、ここからは気持ちの切り替えです。(笑)
風呂焚きなど、普段の暮らしに焔のある暮らしをしていると、燃料になります。
暮らしに必要な燃料を確保していると思えば、この地味な作業も苦になりません(笑)


b0169869_20003122.jpg


束ねたものは、とりあえずビニールハウスの中で保管。。
あとは、草刈機で刈っていきます。


b0169869_20385747.jpg


このぐらい草が伸びているところは、中に何があるのか様子がわからないので、最初にした草を折りながらした畑の点検は、機械を使う作業にとって大切なことだと思います。
地道にコツコツと。。


b0169869_20385887.jpg


刈った草は、間に米糠を入れながら積んでいきます。
本当は、ここでたっぷり水を加えたいですが、本業の合間の作業で体力気力ともありません…
ですから、ここは米糠を加えるだけで、あとは雨が降ってと自然にお任せします。


b0169869_20385830.jpg


草を刈った後の様子です。
今、生えている草はヨモギが多く、あと蔓ものの花もあり、あちこちに蔓が蔓延っていました。
こうしてみると広いです。
スッキリしました。。


b0169869_20385928.jpg


そして、草の中から、こんな愛らしい花が現れました。
あと、花の後ろにも、これまた愛らしいピンクの野花も咲いていました。
草に埋もれた水仙は、日の光を求めてヒョロッと高く、紐で括らないと自立して立つことが出来ませんでした。
草と一緒に刈ってしまえば、こんな手間は必要ないのでしょうが…

ここを貸してくださったご近所さんが、畑仕事の合間に手を休められた先に、この花が微笑んでくれたらと。。



この畑にあるものは、燃料と肥料と、そして花と。。





Top▲ by veronica-t | 2016-04-03 19:32 | 畑に立ち思うこと | Comments(0)
ナナホシテントウ虫に出会った日に
b0169869_20082130.jpg

畑にも春がやって来ました。
さてさて、何からやったら良かったっけ…?

買った固定種の種の袋の説明書を読んだり、ご近所さんの畑を見たり…
でも、袋の説明書の蒔き時期は、結構大まかで、やっぱり自分の畑や気候と相談しないと、環境によって違うみたい。
忙しそうなご近所さんの畑を見れば、この時期忙しいのは草取りに機械で耕すことだから、草も極力必要ないと思う草以外はそのままにしているし、畑全体を耕すこともしないから、その忙しい作業もない。

きっと、何か大変なことに気付いてないのかもと思うほど、まわりの畑に比べると時間が止まっている私の畑…

イネ科の草を取りながら、畑の様子を見て歩けば、私に代わって忙しそうなナナホシテントウを見つけた。

この季節は、草と虫と、どれと相性が良いのか、それをじっくり観察するための時間なのかも。。


b0169869_20082190.jpg

草の中の野菜たちは、肥料も無いのに ゆっくりと育ってくれてる。
どれが野菜なのか…、どこに何が植わっているのか…
そのうち私にも大まかにしか分からなくなるかも。

大きくなりすぎる草をむしりながら、じっくり観察していこう。






Top▲ by veronica-t | 2016-03-20 16:27 | 野菜について | Comments(0)
farm風の谷の草刈り
b0169869_00331015.jpg

草ボウボウのfarm風の谷。。

ここは堆肥の置き場所だったところで、他は草が伸びてなくても、ここだけは威勢が良く、今日はお正月以来の好天なので、久しぶりに草刈りをしました。


その前に草の様子を見ると、同じベロニカの花ても、ここのは大きくて少し紫がかっています。
b0169869_00331127.jpg


後で調べてみようと思いつつ、他にも咲いていたので、とりあえず刈りとることに。。


b0169869_00331146.jpg


farm風の谷は、私にとってはまだまだ未知の畑。
もうしばらく草を生やしながら様子を見ていきます。
いや…これは、きっと、放ってるようにしか見えないなぁ。。







Top▲ by veronica-t | 2016-01-16 14:28 | farm風の谷 | Comments(0)
母の想いにそって…
b0169869_21041639.jpg

そろそろ、玉葱を植えるところを耕さんと…
几帳面な母は、玉葱苗を植える場所を、早く耕して欲しいという。

母の野菜作りと、私の野菜作り…
一番の違いは草の扱い。
とくに玉葱は、定植する苗の数が三千本をこえるため、母は植える畑の準備に慎重になる。

植えるところだけ草取りしたら良いがね…いつもなら そう言うけど。
私には、ひとりで玉葱を育てた経験がない。


b0169869_15191138.jpg

私の野菜作りを、気になりながらも好きにさせてくれる母。

そんな母の思いにそって、時間が空いたら草を取る。
たまには、母を安心させなきゃね。。





Top▲ by veronica-t | 2015-10-19 22:16 | 野良仕事 | Comments(2)
秋晴れに唐辛子の天日干し
b0169869_12420243.jpg

秋晴れに、収穫した赤唐辛子を天日干し。。

あ〜ぁ、気持ち良い!(笑)








Top▲ by veronica-t | 2015-10-19 12:21 | 野菜について | Comments(0)
初めての唐辛子の栽培
b0169869_00061601.jpg

母の畑で育ててもらっていた唐辛子。
我が家で初めての栽培です。

母の畑は、年老いた母に丁度良い小さな畑。。
几帳面な母らしい綺麗な畑に、たくさんの種類の野菜を育てています。

春、ピーマンの苗と間違えて、焚き火小屋の畑に定植する予定の唐辛子の苗を植えていました。
今更動かせないと、その栽培を母にお願いをし、母の畑に野菜の収穫に行っては様子を見ていました。

秋になり、真っ赤に実った唐辛子。
母は、次の野菜の苗を植えるからと、早々と収穫して、納屋まで持ち帰ってくれていました。
そこで、しばらく枝ごと乾燥させていたはずが…

ある日、「これ捨てて良いかね?」
「持って帰ったに、ずっと放っとるけん」と…
赤く実った唐辛子は、もう少しで処分されるところでした。

我が家で初めて栽培した唐辛子…
母のお陰で、こんなに立派に育ってくれました。
捨てられんで良かった。。
おばあさん…任せっぱなしで ごめんね。。
そして、ありがとう。








Top▲ by veronica-t | 2015-10-17 16:25 | 野菜について | Comments(0)
この姿に。。
b0169869_14455817.jpg

次の畑が見つかるまで、今の時期に植える野菜の居場所を探して、友人がfarm風の谷を訪れてくれました。

この田舎で、土地を借りて自分らしく農業をするのは、簡単なようで難しい。
そんな悩みを抱えながら、それでも暮らしの中に、自分らしい野菜作りを目指している女性は多いかもしれません。
私のまわりには、家に田畑があるけれど、継ぎたくないという人が多いです。
彼女たちからみれば、なんと贅沢で勿体無いことでしょう。

今日、友人の大切な野菜作りに、farm風の谷の一画を使ってもらうことになりました。
彼女にとって次に繋がる一歩。。
私にとっても、大切な一歩。

この姿に感謝。。
ありがとう。





Top▲ by veronica-t | 2015-10-14 14:27 | farm風の谷 | Comments(4)
少しずつ。。
farm風の谷。

地主さんから受け継いで、雑草を狩りながら畑を草と共に耕す。
少しずつ、私らしい畑になってきた…かな。(笑)


地主さんの長葱を基に畝を作る。
地主さんの長葱の隣には、草に埋もれていた里芋。
その隣の刈り草のかかった畝には、馬鈴薯。
b0169869_21541529.jpg




長葱を中心に反対側。
この刈り草のかかった畝は、ニンニク。
b0169869_21541615.jpg



長葱を中心に、里芋、馬鈴薯、刈り草を積んで土作りをする畝が二つ。
反対側はニンニクで、その横には、大根など秋冬の根野菜の種を植えていく。
b0169869_21541624.jpg


ゆっくりと少しずつ。。
そして楽しみながら、自分らしくデザインしていけたらと思う。。


この日の夕方、畑に植わっていた柿の木が倒されたそうな…
柿の木には悪いことをしたけれど、また新たに「ベロニカの会」のワークショップで野菜と一緒に使うものを植えていこう。。


そして、この畑の まか不思議…
雑草がない…
これが何故だか分かったけれど、自分がこの畑を愛おしく思えるように、雑草が生える畑にしていけば…それで良いと思う。。

少しずつ生えてきた雑草。
b0169869_14152004.jpg


b0169869_14152199.jpg


雑草が生える畑。。
優しい味のする野菜。。
そして、子どもたちが土いじり出来る土作りを目指して。。

少しずつ…
ゆっくりと。






Top▲ by veronica-t | 2015-09-22 22:49 | farm風の谷 | Comments(0)
| ページトップ |