田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:玉葱 ( 58 ) タグの人気記事
Top▲
いろいろやってみて・・
b0169869_127955.jpg

今まで、野良仕事をしても三日坊主になってしまう私が、
直売所に野菜を委託販売するようになり
本業の仕事を終えてから、ほとんど毎日のように畑に行くようになった。

欲というのは、こうも人をかえるのかと
自分でも驚くほど・・。

野菜作りにも変化があり、今まで、定植した苗が黄色くなって枯れかけると、
「だめだ」と諦めて投げ出していたけれど、今は母やご近所さんに対処法を聞いて、
復活させることに喜びを感じ、野菜が育ってくれることが本当に嬉しい。

そして育った野菜を、一番良い状態で出荷したいから、
野菜にの袋づめは、朝の家事と仕事の合間にする。

今、出荷している野菜は、早生の玉葱とハーブ類。
野菜を渡す理想は、畑で収穫したばかりの泥がちょっとついたもの。

でも、そんなことはできないので、うちの野菜の美味しさを最大限に出せたらと
玉葱は、今の早生だから美味しく食べられる葉もつけて、ハーブ類はお洒落に。。
そして、次第に早生の玉葱の葉が固くなると、葉をおとして袋に詰める。

泥も綺麗に落として・・と、そればかり考えていて、ハッと気がついた・・!
ちょっと綺麗になりすぎてない・・?
b0169869_1294123.jpg

もし、私が買うほうならば、玉葱の最後の皮は自分で剥きたい・・。

しかもよく見れば、家で使うには、大きなほうが使い勝手が良いけれど、
出荷するには大きすぎる。
スーパーとかで見ていると、よく売れているのは小玉の玉葱。

もう一度、あまり大きすぎない玉葱を収穫して準備する。
葉をおとし、薄皮を残こす。
そして、切り口をよく乾燥させる。
b0169869_1291251.jpg

もともと玉葱をよく食べる自家消費の我が家。
綺麗になった大玉の玉葱は、数週間で食べきるだろう。

やってみらんと分からんけん。。
だから、いろいろやってみる。



- さくらんぼ -

b0169869_0112635.jpg今日から、無農薬の「さくらんぼ」も委託販売をお願いしました。

畑の中で高さ3mの木に実った「さくらんぼ」です。
傷みにくいように枝を付けて
少しでも傷があるものも避けていますので
たくさん収穫しても、出荷できるのはわずかです。
また、トマトと同じで、雨にあたると実が裂けてしまうので
雨降りの日には収穫できません。
いつも出荷することはできませんが、
もしあったら、食べてみてください。

小さな粒で、甘酸っぱく美味しいさくらんぼです。


Top▲ by veronica-t | 2011-05-23 18:36 | 野良仕事 | Comments(14)
おばあさんの野菜の委託販売はじめました。。
今日から、おばあさんの野菜が店頭に並びます。
b0169869_11134935.jpg


あるときだけの出荷なので、いつも、たくさんとはいきませんが
少しずつ委託販売をお願いしました。

あるときだけのわがままな出荷を、快く受け入れてくださったのは、
出雲市内に去年オープンされた「くるみ市」さんです。

b0169869_11133847.jpg

ずっと気になっていたお店で、先日思い切ってお願いしました。

「あるときだけの出荷になるんですけど・・
量も少ないし、ありきたりの野菜なんですけど・・」
と、なんとわがままな願いに

「できない時季もありますよね。。」
「できたよ!って持って来てもらったら良いです」
と、快く受け入れてくださいました。 。。アリガトウゴザイマス。。

店内は、天井が高く明るくて、とても広々とした感じがします。
奥に花屋さんがあって、
(確かここは花を栽培出荷されてて、お花屋さんもされてたはず・・今度詳しく聞いときます)
*夕方お話をする機会があって、↑聞いてみたら、やっぱりお花を栽培出荷されてました。。
  いろんなこと企画されてるようで、またここでご紹介できれば載せさせていただきます。
  うまれたての直売所です・・、ひとりでも多くの方に知っていただけたら良いなと思います。


野菜の他にも、手作りの小物や、乾物、牛乳などなど、いろいろなものが
並んでいます。
見てるだけでも楽しいです。。

今日は、初めての搬入で、とても緊張しました。
ブログに載せるのも快くOKしてくださり、写真も撮らせていただきました。


入り口を入って見える店内。。
b0169869_11135965.jpg


少し横から見た店内。。
b0169869_11141061.jpg


営業時間は、あさ9時〜夕方7時までです。
おばあさんの野菜は、10時までには搬入します。


- 今日の おばあさんの野菜 -

早生の玉葱
葉もつけています。
今の時季の玉葱の葉っぱは、やわらかくて美味しいです。

フェンネル
魚料理や鶏肉とも相性が良いです。
一緒に蒸したり、グリルすると香りも良く美味しいですよ。。


畑での収穫&販売も、今までどおりいたします。
事前に「行くよ!」と、ご連絡いただけると、畑で野良仕事しながら待ってます。。

また、「畑の真ん中で」という、簡単なワークショップも考えています。
今、予定しているのは、6月の中頃の玉葱の収穫です。
詳しいことは、またのちほどご連絡いたします。

おばあさんの野菜、どうぞよろしくお願いします。。


- くるみ市 -
b0169869_1224316.jpg

ゆったりとした雰囲気のお店です。
一度、足を運んでみてください。
Top▲ by veronica-t | 2011-05-17 10:07 | 野良仕事 | Comments(10)
玉葱。
b0169869_12224647.jpg

やっと・・

やっと、うちの玉葱が食べれます。


ほんと嬉しい。
Top▲ by veronica-t | 2011-05-13 22:20 | 野良仕事 | Comments(8)
やっと畑らしくなりました。
草ボウボウの私担当の畑。
何とか畑らしくなりました。
b0169869_8573680.jpg

↑左の写真が、作業を始めたとき。 右が今日。

草は花が咲き、種があちこちに飛んでいる。
くよし(草焼き)する前に、抜いた草をよ〜く乾燥させる。
乾いた草を畑の真ん中にホウキで集めてると、それだけで草の種を蒔いているみたい。
これからしばらく草取りが続きそう。

本業の合間にする野良仕事は、いつもこの草取りまでで後が続かない。
これからは少しずつ、出来る時間にやれるだけやってみることにした。

まず、ずっと気になっていた、畑に入り込んだ邪魔な木の伐採から。
小さな木なのに、根は奥深く太く、ちょっとやそっとではビクともしない。
掘ってはノコで根を切り、また掘る・・
これを数日かけて、やっと木を掘り起こしたら、
「それ、珍しい木だから、大事にしてね」と、母の声。
慌てて、肥やしをやって場所を移動した。
b0169869_8575736.jpg
木を移動したら、とてもスッキリとした畑になった。

b0169869_8585694.jpg実はこの木の根元に、たくさんのコンクリ瓦が埋まっていた。
このさいと、それも全部掘り出した。
掘り出した瓦は、畑の隅に積んで
そこらに生えている草花で花壇を作った。

この花壇、野良仕事の合間に母と座り
畑を眺めてお茶をしながら、次の作業の話もできる。

これからも畑に邪魔にならない草花を季節毎に植えて、
放ったらかしの自然な花壇に。。

b0169869_8581589.jpg
畑に肥やしをやって、苗を植えた。
種からが理想なんだけど、ここでも無理しないことにした。

b0169869_858342.jpg

植えたのはズッキーニ。
セロリなど。

他にもハーブ類を植える予定。




となりの母の畑。
これが手本。
b0169869_8591539.jpg

b0169869_8592932.jpg
ゆっくり、自分のペースでやっていこう。
それが長いことやっていける秘訣だから。。
Top▲ by veronica-t | 2011-05-06 23:59 | 野良仕事 | Comments(8)
また雪です
b0169869_814173.jpg


昨夜、急に風が強くなったなと思ったら・・

今朝は、また雪景色です。

b0169869_82975.jpg


子どもを見送り、畑に出てみると、

雪をかぶった野菜たちが、きらきらと光って眩しいくらい。。


b0169869_82246.jpg


こうして本格的な春を迎えるのでしょうが、

やっぱり、もう雪はいらないなぁ。
Top▲ by veronica-t | 2011-03-03 07:38 | 野良仕事 | Comments(8)
気付くこともあるから・・
b0169869_21501123.jpg

今日、玉葱を買った

ひとつ50円、それを2個

まさか玉葱を買うことになるなんて
正直なところ、想像もしてなかったな・・


買った玉葱は、綺麗でハリもある

料理に使った

うちの玉葱を食べたかたが
「おばあさんの玉葱は甘いから、調味料を間違わないようにしなきゃ」と
おっしゃったのを思い出した

おばあさんの玉葱は、本当に甘かったなぁ・・


たまにはこんな経験も良いことなのかもしれない

いろいろな玉葱に触れて見て、味わってみるのも
いいことかもしれないね






Top▲ by veronica-t | 2010-11-04 22:09 | 心象のスケッチ | Comments(4)
今年の玉葱 - 感謝 -
b0169869_8183660.jpg

今年も玉葱を、ここ焚き火小屋に干させていただいた。


いつもの年より小粒で、ところごころ痛々しいほど光っている。

この玉葱が育ったことに感謝しながら、この一年美味しくいただく・・

この玉葱を食べられることに感謝して・・。
Top▲ by veronica-t | 2010-06-18 08:32 | 野良仕事 | Comments(1)
5月の玉葱
野良仕事・・

b0169869_15532135.jpg


玉葱や野菜の

b0169869_15533640.jpg


生命力を

b0169869_15535050.jpg


ただただ信じる

Top▲ by veronica-t | 2010-05-26 05:51 | 野良仕事 | Comments(0)
玉葱 - 保存玉葱の処置 -
保存玉葱の病気は、「べと病」らしい。
まわりの畑の大半が、今年はこの病気にやられている。
そして、トウがたった玉葱が、例年の10倍くらいあった。

母曰く、こんなに大きくなってから、この病気になったのは初めてのことだと・・。

大きくなっていたから良かったのか・・
それとも、甘味と旨味を増すのがこれからで悪いのか・・
収穫まで、あとわずか・・
美味しくってもそうでなくても、我が家にはどちらでも良かったりする。
今年この畑で育ってくれたことに、感謝しつついただくから。。


- 我が家の処置 -
b0169869_15351151.jpg

病気になった葉を取り除く
取り除いた葉は、肥やし袋に入れて口をしばり、畑から遠ざけ処分する。
経過をみるものの、雨が降り続き、思うように玉葱の葉の切り口が乾燥しない・・
早く天気にならないかな・・

b0169869_15354055.jpg

左は去年の今頃の玉葱の様子。
青々とした葉がぎっしり生えている。
葉の勢いがとても良い。

今年、葉のない状態で、どこまで大きく美味しくなるのかな・・
Top▲ by veronica-t | 2010-05-25 23:57 | 野良仕事 | Comments(2)
玉葱 - それぞれに・・ -
これからも、この畑で玉葱を育てていこうと思うから
ありのままを書き残しておくことにした。

- 早生の玉葱 -

b0169869_037382.jpg

早生の玉葱の二回めの収穫。

雨が降るまえに収穫したいから、朝早くに抜いて土の上に並べた。
少しでも日の光を浴びて、抜いた玉葱の表面が乾燥してくれますように・・。

本業を終えて、急いで玉葱の処理をする。
畑の中で、カマで根と葉を落とす。

やり始めて少しすると、ぽつぽつ雨が降り始めた。
慌てて猫車(一輪車)に乗せて、屋根のあるところに移動する。

玉葱がいたまないように、土間にムシロを敷き、泥と根と葉を落としながら丁寧にそっと置く。
電球の光に輝く玉葱は、また愛おしい。



- 保存玉葱 -

b0169869_67071.jpg

葉のいたんだところを全て取る。
これ以上病気が進まぬように・・願いを込める。

作業も静に丁寧に、でも敏速に・・。
雨が降るなか、母は雨具も着らず、ただ淡々と作業をしていた。

他に移らないように、いたんだ葉を肥やし袋に入れる。
母は移動するたび、それを持ち運ぶ。
葉がいっぱいになってくると、肥やし袋は重たくなる。
雨で濡れた葉は、乾いたときよりもっと重い。

母の右手は、もう物をしっかり握ることができないはずなのに・・

「代わろうか・・」
一度だけ声をかけた。
「こっちはいいから、あっちの玉葱をしてしまうだわ」
母は手だけを動かして、淡々と答えた。


収穫の作業をひととおり終えて、畑に出てみた。
雨が強くなり本降りになってきた。
母の作業は、まだまだ続く・・。
Top▲ by veronica-t | 2010-05-23 00:43 | 野良仕事 | Comments(6)
| ページトップ |