田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:旬の野菜と野草 ( 2 ) タグの人気記事
Top▲
寒い日に大根スープをどうぞ。。
b0169869_09065433.jpg

最近、はまっているのが、大根スープ。。
「ベロニカの会」のワークショップでも、皆さんと何度か作ったスープです。


これ何のスープですか?と、聞かれるので、
大根ですと答えると、ほとんどの方が驚かれます。


でも、大根です。。
b0169869_09065403.jpg


大根と、炊いた白ごはんと、大根の旨味を引き立てる塩。。
それに牛乳と豆乳で出来る、とてもシンプルなスープです。


b0169869_09065489.jpg

カリカリに焼いたベーコンをトッピングしたり。。

温野菜を加えると、アレルギーの方にもでも安心して食べれるクリームスープになります。

今日みたいに寒い日に、どうぞ。。
カラダが温まりますよ。。


クックパッドにレシピを載せました。
良かったら、参考にしてください。。
ベロニカの会taekoのキッチン「田園レストラン」





Top▲ by veronica-t | 2016-02-07 08:53 | 野菜 -recipe- | Comments(0)
10/29「旬の野菜と野草のランチ」
「それでは、今から畑に行って、食べれそうな野草と旬の野菜を採りに出掛けましょう!」

その言葉とともに、皆さん元気良く、今日の「旬の野菜と野草のサラダ」の食材探しです。
これからの「ベロニカの会」のワークショップは、この収穫から全てが始まります。

b0169869_20125079.jpg


農薬や化学肥料を使わない畑では、野菜はもちろん野草だって食材になります。
先日、そんなヒントをいただいて、まずは皆さんと一緒に食材探しです。

畑の中の野菜の傍は、柔らかな野草がたくさん生えています。
その中から、食べれそうな野草の新芽を摘んでいきます。


b0169869_20125176.jpg


「これ、美味しそうだけど食べれるかなぁ?」

皆さんの手には食べれそうな、柔らかな野草がたくさん。。
そして、皆さん楽しそうです。
野草探しは宝探しのような、そんなワクワク感があります。

その中から食べれる野草を籠に入れて、籠はアッという間に山盛りになりました。
さて、次は旬の野菜の収穫です。


b0169869_20125258.jpg


焚き火小屋の畑には、南瓜、スナップエンドウ、プチトマトといった遅植えの野菜や、今が旬の長葱、間引きを迎えた人参など様々な野菜が育っています。
その野菜の育ちをお話ししながら、必要な量を採っていただきました。

b0169869_21011330.jpg


長葱は、美味しそうな太めのものを、皆さんで掘り起こして収穫していただきました。


b0169869_21152786.jpg


そして、収穫した野菜を地下水を汲み上げた水で洗っていただいて、まずはサラダ作りです。
旬の野菜と野草は、食べやすい大きさにカットしたり、ちぎったりして、水を溜めたボウルに次々に入れていきます。
ボウルの中の水は、沢山の野菜や野草から出たエキスでいっぱい。。
これが、今日のスープや煮込み料理の出汁になります。


b0169869_20125365.jpg


今日のメインディシュは、そんなスープを使って、コトコト煮込んだ長葱。。



食していただいている間、時折、焚き火小屋には秋風が通り抜け、優しい陽の光が差し込んできます。

また、次の季節にも、旬の野菜と野草の美味しさと、焚き火小屋の風と光の心地良さを探しにいらしてくださいね。。
そのときを心待ちにしています。






Top▲ by veronica-t | 2015-10-29 23:42 | 時を紡ぐworkshop | Comments(0)
| ページトップ |