田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
*tomokeさん お..
by veronica-t at 09:24
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:54
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:小麦粉 ( 4 ) タグの人気記事
Top▲
子どもたちの記憶の中に(食)
娘が帰省すると、普段の野菜中心ボリュームメニューを、少しだけお洒落に。。
メニューも、畑で採れた野菜を中心に、家にあるものでシンプルに。。

b0169869_09024941.jpg

小麦粉も、いろいろ変身します。



ある日のお昼は、小麦粉はカプンティに
b0169869_09024904.jpg

たっぷりの玉葱と牛乳と卵とパルメザンチーズで作るカルボナーラ。



朝食には、一次発酵したシンプルパンの生地をピザに
b0169869_09025010.jpg

野菜を たっぷり乗せてボリュームを。。



焼いたシンプルパンでは
b0169869_12282233.jpg

いただきものの苺を乗せてスイーツ風に。。



そして、好評だったのは、焚き火小屋風お好み焼き。
b0169869_12282210.jpg


何を食べるって、ほとんどキャベツ。
キャベツや野菜を美味しく食べてるようなお好み焼き。
南部小麦を薄くひいた生地に、どっさり野菜を乗せて。。
野菜も、キャベツや人参、太葱など、畑で採れた旬のものをたっぷりと。。



子どもたちが幼い頃は、仕事をしながら育てていくのに精一杯で、食べることをかなり疎かにしていました。
今、子どもたちが親になったり、それぞれが離れていくと、この子たちに母の作るご飯の記憶を、ちゃんと残してやれなかったと、今更ながら反省したり後悔したり…。
せめて、まだ記憶の片隅に残せるときにと、子どもたちが帰ってくるたびに、畑から野菜を採り作っています。

いつか、そういえば、母さんも作ってたなと思い出してもらえるように。。









Top▲ by veronica-t | 2016-01-28 13:25 | 焔のある暮らし | Comments(0)
今日も「ゆめかおり」でパンを焼く
b0169869_20290073.jpg

「ゆめかおり」で焼くパンの風味を、もう一度確かめたくて、今日もこの粉を使って焼いてみました。



これは、掘り炬燵のある部屋で、丸一日半かけて一次発酵させたもの。
b0169869_20161539.jpg
今日は、一段と寒さが増したので、本当にゆっくりの発酵です。



これを、カートで2個分に切り分けて、成形します。
b0169869_20161555.jpg
茶がかった素朴な小麦粉は、見てるだけでも優しい気持ちになります。。



二次発酵した生地です。
b0169869_20161558.jpg
倍近くの大きさになり、表面に艶が出てきました。



粉をふり…
b0169869_20161633.jpg

クープを入れて。。



ノブフェン窯に入れて焼くこと…
b0169869_20161625.jpg

このパンは19分ぐらい。
ほんと毎回違うので、ぐらいなのです…
と、いうか、あまり時間を気にしないで、とりあえず15分見て、あとは焼き具合を見ながら足していってます。
開けてみたり、嗅いでみたり、ほとんど勘です。。


今日のパンは、寒かったからか、焼く温度が最初が少し低かったからか、そこまでの釜伸びはなかったですが…、
毎回違うのも、それはそれで楽しみなところ。。
でも、やっぱり、風味豊かな優しい味わいのあるパンです。






Top▲ by veronica-t | 2016-01-20 20:18 | パンを焼く焔を見つめながら | Comments(0)
「ゆめかおり」で焼く、風味豊かなパン
b0169869_14295490.jpg

頂き物の小麦粉「ゆめかおり」
初めて触れる粉は、少し茶がかった優しい肌触り。。

一次発酵は、掘り炬燵のある部屋で、ゆっくり丸一日かけて。
二次発酵は、暖房のない台所で6時間。

少しへたれた感じの生地を、ノブフェン窯に入れて、しばらく焼いて覗くと…
まるで、大きく伸びをしたような、倍近い釜伸びにびっくり。。

焼きたてのパンを食べてみたいと思いつつ、朝の忙しさに、野菜の出荷と本業の仕事と、新たな施設に本業のチラシを届けて、昼過ぎて待ちに待った試食…

素朴な茶がかった優しい肌触りの粉はそのままに、ほのかに甘く、どこか懐かしい風味豊かな味わい。。

粉探しの旅は、きっとまだまだ続くでしょう。。
その中で、この小麦粉のような心優しい粉に出会えたことに感謝です。
ありがとう。。




Top▲ by veronica-t | 2016-01-15 14:26 | 焔のある暮らし | Comments(0)
相性の良い小麦粉たち
b0169869_14405074.jpg

白米みたいなパンは焼けるようになったのに…
玄米みたいな風味のあるパンは焼けない
それは、きっと小麦粉なんだろう。。

鉄のパン焼き窯のころから、ずっと相性の良い小麦粉を探していました。
そして出会ったのは、キタノカオリ。
少し黄色がかった風味も良い小麦粉です。

それがノブフェン窯で焼くようになり、キタノカオリより相性が良くなったのが、ゆめちからブレンド。
真っ白な粉は、キタノカオリほど風味は感じませんが、しっかり発酵して釜伸びしてくれます。

でも…

玄米みたいな風味のあるパンを求めて、粉の配合を微妙に変えながら、ふとキタノカオリのことを思い出したのです。
黄色がかった優しい風味。。

今、小麦粉の酵母には、ゆめちからブレンドとキタノカオリの全粒粉で種つぎしています。
そして焼くパンは、キタノカオリのパンと、ゆめちからブレンドに南部小麦を加えたパンの二種。

焼き上がったパンは、キタノカオリは少し黄色がかった感じで小麦粉の風味があります。
ゆめちからブレンドと南部小麦は真っ白で風味を強調することはなく、野菜料理などを引き立ててくれます。

まだまだ小麦粉探しの旅は続きます。

だけど…

野菜作りを始めてから、ジャガイモのキタアカリと、ときたま名前を間違えてしまいます。
そして、どちらも初めて聞く人には、女性の名前みたいと言われることも。。
どちらも、強く優しく逞しい作物です。







Top▲ by veronica-t | 2016-01-10 22:20 | パンを焼く焔を見つめながら | Comments(0)
| ページトップ |