田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:名もなき小屋 ( 5 ) タグの人気記事
Top▲
蔓ものの成長に合わせたネット張り
b0169869_15001548.jpg

今、名もなき小屋のまわりは、野花が咲いて賑やかになりました。
そこに植えたキュウリも、数と種類を増やして育てています。
葱や赤紫蘇も元気に育っています。

キュウリの成長に合わせて…

b0169869_15001669.jpg

竹の間に麻紐でネットを編んでいきます。
ここのキュウリは三種類。
競争じゃないから、ゆっくりそれぞれの個性で伸びて欲しいものけど、味比べはしちゃうかなぁ。。




ゴーヤ

b0169869_15001697.jpg


ゴーヤも、苗を4本増やしました。
この竹の支柱には、強風が吹いたときのためにも補強が必要な気がします。



b0169869_15001766.jpg


まずは、勢いあるゴーヤの育ちに合わせて、こちらも麻紐でネットを作っていきました。
竹はまだまだあるので、様子を見ながら支柱もネットも増やしていくことにしました。




竹ドーム

b0169869_15001781.jpg


プチトマトとニラ、バジルの混植に、クローバーなど草花も加わって、少しずつ良い感じになってきました。
ただ、写真上の方は、草もなかなか生えず、トマトとバジルの発育も今ひとつです。

今年のトマトは二本仕立てに脇芽を摘んでいます。
摘んだ脇芽は側に移植しています。


それぞれに合ったネット張り、もうじき一気に成長していくだろうなぁ。





Top▲ by veronica-t | 2016-06-10 14:30 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
竹ドームまわり、雨が降る前に
土曜日に、竹ドームを使ってお煎茶のお茶事をしてみようということになり、準備を進めてきましたが、どうやら明日から土曜の午前中にかけて雨の予報が出ています。
そこで、お茶事の時間を午後からに変更して、竹ドームまわりの雨対策をすることにしました。

まずは、竹ドームにビニールを被せて、置き場に困っていた焚き火小屋に使っていた床の移動。
この床も思い出多く、もうしばらくこのまま何処かで使いたくて、竹を使って畑の名もなき小屋に移動することにしました。

b0169869_02245634.jpg


竹を使って押しながら移動中。。
結構 重い…

b0169869_02245624.jpg


やっと辿り着きました。
あらかじめ掘って置いた穴の上に、ゆっくり移動。。

b0169869_02245601.jpg


床の下に泥を入れながら、高さ調整。。
草が生えれば、また雰囲気も変わります。
それも楽しみ。。

b0169869_02245782.jpg

後は竹ドーム。
おばあさんがビニールハウスの張り替えに使うと、しまっておいた中古のビニールを拝借。
まずは、竹ドーム下の土が濡れないように、これを敷きます。
竹ドームを片手で上げながら。。これまた重い…

b0169869_02245754.jpg


下に敷いたビニールを折り返すようにして、今度はドームを包みます。
風が落ちてからの作業は、ここらからは、月明かりを頼りに…
ほとんど勘での作業になりました。(笑)

b0169869_02245767.jpg

ドームを包みつつ、雨水の流れをドーム下の泥を濡らさないように、所どころタープをかけていくようにしました。
こんなとき、子どもたちと出掛けたキャンプの経験が役に立ちました。

明日、本業の仕事が終わったら、もう一度点検してみないと…




Top▲ by veronica-t | 2016-03-17 22:38 | 焚き火小屋から | Comments(0)
名もなき小屋のミニトマト
b0169869_18402330.jpg

名もなき小屋に這わせたミニトマトのアイコ。


秋になり、這わせていたミニトマトを全て収穫しました。

収穫したトマトは、まるで宝石のよう。。



Top▲ by veronica-t | 2015-11-05 18:36 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
台風が近づいているので…
先日、やっとビニールを仮止めまでしたけれど、台風が近づいているというのビニールを外す。
b0169869_01260097.jpg


屋根のビニール用に準備していた竹を小屋の柱に結んで、トマトの支柱を動かないように固定する。
b0169869_01260073.jpg


今は焚き火小屋になっている建物が、まだ農機具小屋だったころ、突風が起こり、数本の電柱をつけたまま屋根が飛ばされて、横の電線に引っかかったことがあった。
重い電柱をつけたまま電線にぶら下がっている屋根を見たとき、風の勢いに驚き怖いと感じた。

だから無理はしないこと、台風が去った後、きちんと作り直そう。。
Top▲ by veronica-t | 2015-07-16 18:21 | 作る | Comments(0)
名もなき小屋
畑に置いたニュージーランド箱の横に、新しく作り直した小屋。
今日、やっと、ハウス用のビニール張りの仮止めまで出来た。
b0169869_22242323.jpg


以前、竹をそのまま組んで作ったものが古くなったので、壊して作り直そうと、山に竹を取りに出掛けたのが5月の終わり。


b0169869_22242389.jpg


4本の柱も、土に埋もれているところが腐っていたので撤去して、新しく「はで木」と、裏山で伐採した山桜の木を支柱に、竹を何本かに割いて骨組みをする。


b0169869_22242382.jpg


屋根は、水はけが良くなるようにと、竹を緩やかにカーブさせて、後の竹は急なカーブをつけて、竹を半分に割ったものを地面に置き、その間に差し込む。
二つの竹を段違いに小屋の骨組みに結びつけながら、後ろで重ねて留める。


b0169869_22242336.jpg


ハウス用のビニールの下に園芸用の黒い網を重ねて、仮止めする。

大型の台風が直撃するらしく、このままビニールの上に竹を置いて作ってしまおうか、ビニールを外して台風が去った後にしようか迷って、今日の作業は仮止めして終了。。


名もなき小屋とは、今はトマトを育てて、秋には干し柿や干し大根などの干物小屋に、畑仕事の合間に、ここから畑や大好きな石積みの壁の焚き火小屋を眺めて、ひと休みしたり。
急な雨が降ったら、泥付きのままサッと道具を持って雨宿り…
畑の中にあったら良いなと思って作り始めた小屋です。
Top▲ by veronica-t | 2015-07-14 18:12 | 作る | Comments(2)
| ページトップ |