田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:ローザビアンカ ( 7 ) タグの人気記事
Top▲
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
ローザビアンカの実がなりだして、竹を使って支柱を作りました。

b0169869_08523600.jpg


ローザビアンカは葉も実もが大きく、その実をゆっくり時間をかけて大きくしていきます。
割った竹を十文字にしただけの簡単な作りですが、そんなローザビアンカを支えるだけの強度はあります。


b0169869_08523656.jpg


枝を十分に広げ、実が美味しく綺麗な色になるように。。






Top▲ by veronica-t | 2016-08-18 06:21 | 野菜について | Comments(0)
朝露
b0169869_20240260.jpg


朝露に濡れる野菜が、ほっとして喜んでいるように見えるのは、私だけなんだろうか。





Top▲ by veronica-t | 2016-08-02 06:21 | 野菜について | Comments(2)
ローザビアンカ、実る
b0169869_21384358.jpg


綺麗な紫色に染まるローザビアンカ。

このローザビアンカの色と艶と形に惹かれたのは、今から5年前

そのときは、たまたま苗を購入して育てたのですが、その後なかなか苗が見つからず…
去年、自分なりの農業を始めたとき、やはり育てみたくて、そして嬉しいことに、数年前のあのローザビアンカのことを直売所でも覚えていて下さって、春まだ寒い頃から種を購入して栽培してきました。

しかし、ローザビアンカには、もう少し薄く白い線が入ったものなど色々あるようで、茄子が実るまで、これがどちらなのか分からずにいましたが、実が色付き始めると、艶のある紫色だったのでホッとしています。

この綺麗な紫色と艶と、コロンとした愛らしい形に、また出会えて嬉しい。。
ローザビアンカが、出荷出来るようになるまで、あともう少しです。





Top▲ by veronica-t | 2016-07-26 07:08 | 野菜について | Comments(2)
焚き火小屋の畑の「ローザビアンカ」
b0169869_21153253.jpg


焚き火小屋の畑に定植した、イタリア茄子「ローザビアンカ」の、一番花の蕾が膨らみ始めました。
開花間近です。
明日の朝には、綺麗な紫色の花が咲いているかな。。

野菜を種から育てるって、その成長に喜びを感じながら、ひとつひとつの過程を確かめることが出来る、とても幸せなことだなと思います。

この季節の畑には、野菜たちの素朴な中にも、力強く躍動感のある、そして繊細で可憐な花が咲いています。




Top▲ by veronica-t | 2016-07-06 20:02 | 野菜について | Comments(0)
イタリア茄子・ローザビアンカ
b0169869_23051208.jpg


数年前、苗を購入して育てたローザビアンカを、今年は種から栽培中。。

種を蒔いたのがまだ寒い頃だったからか、なかなか発芽せず、苗箱を夜は玄関に入れて、日中は日向に移しながら、やっと二葉が出たときは嬉しかった。

それでも、やはり気温が低いからか、ゆっくりしたペースで育ってくれた苗は、思ったよりも数があり、野菜作りを色々と教えて下さる友人に、そのうちの数本を貰っていただいて、我が家の畑に定植したのは16本。

数年前の記憶を思い出させてくれたのは、長茄子より少し白っぽい大きな葉。
まだまだ か細い茎に、大きな葉を風でなびかせているので、今夜のように風が強いと大丈夫だろうかと気になる。

明日の朝、早く畑に出てみなくては…。


b0169869_23051260.jpg


- 栽培メモ -

・草が生える区間に、茄子を定植する場所だけ草を取り植えた。
・追肥、有機栽培講座で作ったボカシ。
・刈り草や、根元の草をむしり、土の乾燥予防に根元に置く。
・16本中、1本だけ姿を消したが、そこから新芽が出てきて、今は他よりかなり小さいが順調に育っている。(もしかしたら強いのかも…笑)







Top▲ by veronica-t | 2016-06-24 22:37 | 野菜について | Comments(0)
種から苗を育てることの喜び
b0169869_13013390.jpg

農園のそら豆を種から発芽させて苗にするという作業を任せてもらってから、自分で育てる野菜も種から育てたいと思うようになりました。
まずは、キャベツやレタス、南瓜やオクラなど沢山育てるものや、不慣れな私でも育てやすいものから、なかなか苗が手に入らないものと、少しずつ数も種類も増えてきました。


これは、イタリア茄子のローザビアンカの苗
b0169869_13013360.jpg

こちらは、カモミールと黄色いトマトの苗
b0169869_13013444.jpg


そして、バジルのように直売所から苗で売ってみませんかと誘っていただいたものもあります。
b0169869_13013442.jpg

近頃、朝起きるとまずは外に出て、苗床の様子を観察するのが日課に。。

種が時間をかけて発芽したときの喜びや、ゆっくりと育っていく苗を見守るときの気持ちは、どこかしら子育てに通じるものがあるように思えるから不思議です。(笑)





Top▲ by veronica-t | 2016-05-20 12:46 | 野菜について | Comments(0)
ローザビアンカ - イタリアなす -
b0169869_8322296.jpg

ベロニカの会では、参加してくださったみなさんと、
焚き火小屋の「かまど」と「炉」に薪を焼べて、
採れたての野菜を調理し食するワークショップを続けてきました。

よく、使う道具が「かまど」「炉」といった日本に昔からある道具なので
作る料理も伝統料理や郷土料理など、和食をメインに作っていると思われがちですが、
ここで作っていたのは、イタリア料理からヒントをもらった創作料理。。

煮物など普段作る野菜料理は、その家々の味に母から子へ、姑から嫁に
受け継がれていけばそれで良いじゃないのっていうのが、私たちの考えでした。

ベロニカの会で伝えたいのは、私たち世代の新たなライフスタイル。。
それは、ただ新しいものばかりを取り入れるのではなく、
そこにあるものを大切に、自分たちの暮らしにあった形にすること。

「かまど」や「炉」の焚き火で作るから、和食で煮込み料理と決めつけず、
野菜そのものの美味しさを楽しみたいと、塩やオイル、ハーブなどを使った
シンプルで美味しい料理を求めていったら、イタリア料理にそのヒントをみつけました。

でも、最初は失敗だらけ・・
使うハーブもオイルも調味料も、今まで使ったことのないものばかり。
味加減どころか作る味がわからなかったり、一度使った調味料も
最後まで使い切るうちに賞味期限オーバー・・。
ならば、もっとシンプルにしてみたらどうだろうと、野菜のもつ香りと味を調味料代わりに
ハーブもよく使うものを数種類だけ育てて使うことにしました。

畑の野菜も、作る料理にあうものみつけて育ててみることにしました。
それまで作っていたのは、醤油や砂糖、味噌やお酒を使った煮込み料理に適した野菜たち。
煮込むと味が染み込み、トロトロっとしたりホクホクして美味しくても、それが作る料理で
美味しくなかったり邪魔したりします。

ここの土と気候にあったものを探して育てることも結構大変で、
いつの間にか雑草にもまれ、ここにあわなくて姿を消した野菜・・
よく育ってくれたのに、使いこなすことができなくて大きくなりすぎた野菜・・
もう名前すら覚えていないものもたくさんあります。

ほんと同じ野菜でも種類がたくさんあります。
日本でもそうなのに、世界中って探したら、もっとたくさん。。
その中から種や苗が手に入るもので、美味しそうなもの、ここに合うものを探して
茄子の中でやっとみつけたのが「これ!!」

ローザビアンカ - イタリアなす -

ズッキーニのように癖もなく使いやすく、大きさも10cmくらいのコロンとしたもの。
それを1cmの輪切りにして、オリーブオイルで「なすステーキ」にしてみたら、
やわらかく、でも崩れることなく、味は濃厚でクリーミー。。
そして、なんといっても、うちの畑でちゃんと育ってくれた。

先日、さっそく「くるみ市」に初出荷!!
お陰さまで、その日のうちに完売です。
ただ、植えた苗は2本。
じっくり大きく育ってくれるので収穫する数も限りがあります。
市への出荷は、もう少し先かな〜〜
うちでも食べたいし。。
Top▲ by veronica-t | 2011-07-13 09:24 | 野菜について | Comments(14)
| ページトップ |