田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:ロケットストーブ ( 64 ) タグの人気記事
Top▲
「畑の中から」
- 玉葱の収穫 - ベロニカの会ワークショップ

あいにくの雨続きと、玉葱も、収穫まであとわずか・・
今日のワークショップは、玉葱の収穫を諦め
すでに収穫した早生の玉葱を、焚き火の焔で美味しくいただきながら
今の暮らしを考えることにしました。

まずは、畑の中に瓦を運んで「瓦のキッチンストーブ」作り。
使う調理道具を作るところから始めます。

b0169869_17452249.jpg


瓦を運び始めると「私も!」と、子どもたちもやってきます。
瓦ひとつ1kgです。
子どもでも運べる重さです。

b0169869_170563.jpg

「瓦のキッチンストーブ」というのは、しまね自然の学校の代表が
災害で被災された人にと考え作られたもの。

既製されたものに拘らず、ここにあるもので自分たちで作る。
これは震災後、今の私たちにとても必要なことだと感じたから
ぜひワークショップに参加するお母さんたちと、実際に作り使ってみたいと
思っていました。

またその機能性と、使う燃料がごくわずかですむこと
そして、「ロケットストーブ」という新しい燃焼の原理、
これは実際作って使わないとわからないと思います。

b0169869_1713150.jpg

お母さんたちにも瓦のキッチンストーブが作れるようにと
はるのさんがかかれた漫画を参考に、瓦を積んでいきます。
今まで、焚き火小屋の「瓦のキッチンストーブ」で調理したり
我が家には同じ構造で作った煉瓦のキッチンストーブもあります。

それなのに・・
火がつかない。火が消える。

薪の燃える力も弱く、中をのぞいて瓦の積みかたに誤りがあることがわかりました。
やはり「ロケットストーブ」という新しい燃焼の原理は
実際に作って使ってみないとわからない。
絵や写真、映像を見て理解するなんて無理!
正しく理解するには、こうして体験するのが一番です。

そして積み方を失敗したことで、瓦の熱の伝わりかたを知ることもできました。
積みなおそうと瓦をどかすと、焔のあるところはとても熱いのに、外側は全然熱くない。
火の粉も飛ばず、ちゃんと積み重ねれば煙も出ない
そしてまわりは暖かいだけで熱くなく、子どもが寄りかかっても安定している・・
これなら建物の中でも充分使えます。

b0169869_171558.jpg

薪を割り、薪を焼べ火を炊き、ご飯ごとをする。
こんな風景は、昔からあるもの。

時代とともに便利さが優先され、あるもので自分たちで道具を作り使うことを
しなくなった今・・
こんな当たり前のことも、私たち世代は知らずに育ったのかもしれません。

b0169869_1722157.jpg

もうひとつ、この畑から出没した瓦を使って「炉」を作りました。
この瓦の形状、とてもカーブがきついので、ひとつで立たせることもできます。
それを少しずつ重ねて、隙間に泥を詰め込むと・・
立派な「瓦の炉」の出来上がり。

上から見ると、お花のようです。
ここに炭を入れて、捏ねたパン生地を棒に巻いて焼く「ぐるぐるパン」を作ります。


b0169869_17454778.jpg

「瓦のキッチンストーブ」には
玉葱と、ドライトマト・タイム・ニンニクを入れたスープが、コトコト煮え始めました。


今日、使ったものは、みな身近にあるもの
欲しいものがないからと、あちこち買い求めるのではなく
ちょっとまわりを見てください。

瓦と木と、水と野菜・・

温かなものを、おなかいっぱい食べられる
当たり前のようですが、その当たり前が、いまだ出来ない人がいます。

今、季節は夏に向かっています。
ブログを始めてから、ここ島根が東北より早く春が来ることを身近に知りました。
でも、秋から冬・・ここより早くやってきます。

少しでも早く復興されることを願い、
「畑の中から」のワークショップ、これからも続けていきたいと考えています。


*被災地から・・ひぃさんのブログ
被災地支援のためのキッチンロケットストーブ&ノブヒェン窯の製作へのご協力のお願い
まごのて救援隊 活動の記録
Top▲ by veronica-t | 2011-06-11 23:27 | workshop | Comments(6)
ここにあるものを
瓦と薪と・・
そして、どこの家にもあるような、フライパンにボール。

先日の「瓦のキッチンストーブ」と「ノブヒェン窯」を思い出してみると、
それはとても身近なもので出来ていた。

何かを探して、買い求めるのではなく、
そこにあるものを再利用して・・

それは、決して難しいことではなくて、
「作る」ということを、誰もが考えていた時代には
ごく普通のことだったのかもしれない。

「ベロニカの会」の活動で、私たちが大切にしてきたことも
やはり、ここにあるものだった。
そして、気付いたことは、ここにあるものだから
今までも、そしてこれからも持続していけるのだろう。
そして、自立した自分らしい暮らしを続けていけると思う。


「瓦のキッチンストーブ」と「ノブヒェン窯」
私も、パン焼き小屋の中に、これ作ろう。




- 「焚き火小屋の備忘録」より -
原理の理解のために。もしくはサバイバルなロケットストーブの作り方
集会所などの避難施設で使えるように考えたダブルコンロの記事
「ノブヒェン窯」について

- はるのさんの「山の子」のブログより -
瓦のキッチンストーブの作り方
「フライパンのパン焼き窯でピザを焼こう!」
Top▲ by veronica-t | 2011-04-01 07:16 | 風の谷から | Comments(4)
瓦のキッチンストーブを使ってみて
b0169869_21161274.jpg

しまね自然の学校の代表が、災害で被災された人を想い作られた「瓦のキッチンストーブ」。
実物を見て火を焚くまで、それがどんなに優れているか、正直なところ半信半疑だった。

松ぼっくり二つを火種にして、小枝を焼べて焔の動きを見て驚いた。
煙も出ない。

今まで、かまど、炉、鉄のパン焼き窯、耐火煉瓦のピザ窯、泥で出来たピザ窯、
焚き火台、ドラム缶の焚き火台など使ってみたけれど、
使う薪が、とにかく少なくて良く燃える。

これなら、パン、スープ類、炒め物、煮物と、いろいろな料理が作れそうだ。

安全面ではどうかと、思い切って瓦を蹴飛ばしてみた。
瓦独特の構造なのか、びくともしない。
でも瓦を動かそうと思えば、簡単に動かすことができた。
一枚ずつなら、子どもでも動かせる。
しかも、他に材料もいらないし、時間もかからない。


b0169869_21164021.jpg

瓦のキッチンストーブに、薪を焼べてみた。
お風呂を焚くより楽だ。

板状の薪なら、立てて焚くと燃えやすく、
薪を入れすぎず、空気が入るようにすると良く燃える。

b0169869_21172861.jpg

火加減は、鍋底にあたる焔を見ながら、薪を調節したほうが
わかりやすかった。
これなら、家の敷地内でも使えそうだと思えた。


もし、瓦が身近にあれば、ぜひ作ってみてください。
作ったら、ぜひ使ってみてください。
そして伝えて欲しい。。



- 「焚き火小屋の備忘録」より -
原理の理解のために。もしくはサバイバルなロケットストーブの作り方
集会所などの避難施設で使えるように考えたダブルコンロの記事
「ノブヒェン窯」について

- はるのさんの「山の子」のブログより -
瓦のキッチンストーブの作り方
「フライパンのパン焼き窯でピザを焼こう!」
Top▲ by veronica-t | 2011-03-30 22:45 | 焔のある暮らし | Comments(0)
災害対策用「ロケットストーブ」
日をおうごとに、今回の地震の被害の大きさに
ただただ驚きと、被災地のみなさまのご無事を祈るばかりです。


もし、自分たちで煮炊きできるようになったなら
身の回りにあるもので、少しの木材でしばらく火を焚ける
こんな「ロケットストーブ」というものがあります。
b0169869_7253778.jpg


詳しくは「焚き火小屋の備忘録」の管理人さんのブログの
こちらをご覧ください。
「原理の理解のために。もしくはサバイバルなロケットストーブの作り方」


- 火を焚くとき -
1・まず割り箸の大きさ太さくらいの小枝から燃やしていきます。
  最初から大きな木を燃やそうとしても、火はなかなかつきません。

2・火がおきたからといって、すぐに木をたしたり、火をいじったりせず、
  しばらくそのまま火が安定して大きくなるまで待ってください。

3・火が安定して大きくなったら、今度はさっき入れた木より、少し大きい木を
  火のついた木の上にそっと置いてください。

  焔は、下から上にのぼっていきます。
  加える小枝を下にいれても、火は大きくなりません。
  木を入れるときは、上に上にと、そっておいていきます。
  


私が、今まで焚き火小屋で火を焚いて感じたのは、
この焔の色と暖かさで、穏やかな気持ちになれること、
そして自分で火を熾して、煮炊きし食べると
からだの奥から、力がわいてきます。

どうぞ生きてください・・
Top▲ by veronica-t | 2011-03-13 03:28 | 焚き火小屋から | Comments(10)
| ページトップ |