田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:ロケットストーブ ( 64 ) タグの人気記事
Top▲
雨上がりのパン焼き
雨上がりのパンを焼き。

美味しいパンが焼けたころ、

b0169869_1428288.jpg



前を流れる谷川から、沢蟹がやって来る。


b0169869_14285022.jpg


これからの季節、外でパンを焼くって気持ち良いな〜。。


ロケストなら、これをもってどこでも移動可能。。
次は、どこでパンを焼こうかな〜?

b0169869_937181.jpg

Top▲ by veronica-t | 2012-06-17 09:38 | 焔のある暮らし | Comments(4)
夢に向かって。
この春、親元を離れて、寮生活をしながら高校に通っている長女。

同じように自分の夢に向かって、日々努力している彼女らの話題は、
男の子のことでも、芸能人のことでも、お洒落のことでもなく、

今の自分と、目の前の目標と、その先のこと、友達のこと
そして、もっぱら食べ物のことらしい・・。

生活の中でも、気をつかうのは「食生活」で、寮の食事以外に
自分で買って食べているのは、ヨーグルトと小麦ふすまと蜂蜜。
そんなみんなも、帰省したときは、好きなものを思いっきり食べたいと言う。

そして今度、帰省できるのは夏。。
このときの、みんなの「食べたいものリスト」に
このロケストとパン焼き窯で焼いたシンプルパンがあがったそうだ。


b0169869_0442911.jpg


「みんな食べたいって言っとるよ」
「だって、母さんの焼いたパンって売れてないでしょ。。」

「名前までついとるよ」
「ハイジのパン。。」
「いろんなもの入ってなくって素朴だし、薪で焼いてるし・・ほんと食べたいわっ・・。」


b0169869_0433226.jpg


からだにも良いから、いつかみんなにも食べさせてあげたいと言う。
そして長女にとって、薪で焼くシンプルパンは、ふるさとで自慢のできるものらしい。。

長女は、よく知っている。
この環境だから、このパンが焼けることを。。


b0169869_045981.jpg


この日、パンを焼くのに使った燃料は、普通はゴミとして処分されるような木屑。
でも、ここでは立派な燃料になっている。

長女や子どもたちの未来を応援するということでも、
このパン焼きは、とても意味のあることだと思う。


さてさて、娘に負けないように、頑張ってパン焼きしなくっちゃ。。
Top▲ by veronica-t | 2012-06-16 00:45 | 焔のある暮らし | Comments(4)
「蕪の葉っぱのグリーンパスタ」
b0169869_9302926.jpg

子どもたちが親元を離れていくと
それまでも、いい加減だったご飯作りが
もっといい加減になってきた

今夜もあるもので良いわね・・
こぉで、ご飯食べたことにす〜かね・・
こんな会話が当たり前になってきた

そんなとき、ロケストに火を入れると
何だか不思議と美味しいものを作りたくなる

そういえば、長女がよく言ってたっけ
「母さん、焚き火だと料理がとっても上手!」って。。(笑)

今夜は、ロケストでグリーンパスタを作った
使った青菜は、カブの葉っぱ

今の時期、畑にあるカブの葉は、カブの成長とともに大きくかたい
それを細かくみじん切りする

野菜の下拵えの間に、ロケストに火をいれて
大鍋いっぱいのお湯をわかし塩を加えて、パスタを茹でる

フライパンに、オリーブオイルと細かくみじん切りしたニンニクと
黒こしょうにアンチョビを入れて、良い香りがするまでそのまま温め

アンチョビが崩れ始めたら、カブの葉を入れて
パスタの茹で汁で緩めながら、ソースに仕上げる

塩こしょうで味をととのえて、茹でたパスタを加えてからめて
皿にもって、上からオリーブオイルをかけて出来上がり。。

うん、美味しい。


今度はピザ作ろうかな。。
Top▲ by veronica-t | 2012-06-06 22:28 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(2)
玉葱の収穫とロケスト
b0169869_150780.jpg


天気が続きそうな今週中に、保存用の玉葱の収穫をすることにしました。

いったん作業を始めると、朝から夕方までかかるので、
午後からは、畑にロケストを持ち出して、収穫しながら晩ご飯の下拵えもしました。

コンボクッカーに、早生の玉葱を丸ごと入れて、ニンニクを1片と
たっぷりの水を加えて、コトコト煮込みます。

使った燃料は、先日抜いておいた雑草など、いずれ「くよし」で燃やすもの。
畑の片付けもしながらなんて、本当に効率が良い。
作業が終わるころには、玉葱はトロトロにやわらかくなっていました。

夕食作りには、ロケストにパン焼き窯を使って、オーブン料理です。


b0169869_1451348.jpg


コンソメと塩コショウで下味をつけて、耐熱皿に玉葱とハンバーグと、
窯で焼いたパンをカットしたものを入れて、上からたっぷりとチーズをのせて、強火で10分。

トロトロになった玉葱は甘く、口の中でとろけてとけてしまうほど やわらかく、
パンの表面はパリパリと香ばしく、
中は旨味をたっぷりと含んで美味しく、そこにチーズも。。。

とても美味しく、贅沢な一品になりました。

畑にロケスト。。
みなさんも、いかがですか。。?
Top▲ by veronica-t | 2012-06-05 01:45 | 野良仕事 | Comments(4)
今朝は、鳥の声を聞きながら
b0169869_854696.jpg

本業やバイトや野菜の出荷、いろんなことが始まって
パンを焼く時間もいろいろ・・。

おとといの夜遅く、仕込んだパン生地。
気候の良い今の季節だから、
次の日の予定にあわせて置く場所を決める。

急がず、ゆっくりと醗酵させる。

肌寒いときは、部屋の暖かなところで
暑くなると涼しいところに、ボールに入れた生地は大移動。

それでも時間が合わないときは、冷蔵庫の野菜室。
酵母の隣で、ゆっくりと醗酵させる。

ゆっくりと醗酵したパン生地を
今朝は、小鳥の囀りを聞きながら、穏やかな気持ちで焼く。

ふんわり焼きたて、美味しいです。。
Top▲ by veronica-t | 2012-05-18 07:06 | 焔のある暮らし | Comments(5)
「黒糖饅頭」
今夜はロケストで、黒糖饅頭。

b0169869_23512073.jpg


感謝の気持ちを込めて、甘党の母へのプレゼント。


b0169869_2351382.jpg


出来たて熱々の黒糖饅頭。
おばあさんと二人で食べた。

甘いもんでも食べて、これからも元気でいてね。
いつもありがとう。。
Top▲ by veronica-t | 2012-05-14 23:51 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(4)
食いしん坊のパンは・・。
小麦粉150gのパンだと、アッという間に食べちゃうから、
いつもの倍の量で、パンを焼いてみた。

途中、窯の蓋を開けて驚いた・・

b0169869_1313398.jpg


パンは、窯の中で思いっきり大きく膨らみ、
側面は蓋にあたり焦げている。

でも、全体にまだ白い。
もうしばらく焼きたいところだけど、このままだと側面は焦げるばかり・・
仕方なく、窯からパンを出した。



b0169869_131566.jpg窯から出したパンは、
外気にあたり
一気にシボんだ・・。

これ、
すごくショック・・。





b0169869_1321534.jpg気を取り直して、
「白パン」と名付けたパンは、
何とか中まで火が通り、ふんわりとやわらかい。

味は、いつもの生地だから、それなりに美味しい。

でも、風味はイマイチ・・。
ふんわり感は、次の日もあった。



どうやら、この窯で焼けるパンの大きさは、
粉250gまでが、美味しく綺麗に焼けるようだ。


そして今日、粉300gのパン生地を二回に分けて焼いた。

b0169869_1323469.jpg


いい感じに焼けてくる。

でも、2個目のパンを焼いているとき
最初焼いたパンを半分食べてしまった。

これじゃぁ、太る・・。
やはり私には、一日1個のパン焼きが良いみたい。



- pain de tae 「シンプルパン」 -

・ キタノカオリ 150g
・ 酵母(キタノカオリ・北海道全粒粉・水) 20g
・ 塩 1〜2g
・ 水 90cc
Top▲ by veronica-t | 2012-05-12 00:01 | Comments(4)
試してみました。
昨日いただいたコメントのお返事に
この窯さえあれば、ガスでも電気でもパンが焼けます!

と、言ったけど・・

正直、私は聞いただけで自分で試してみたことはない。
あやふやな答えは、やっぱり失礼かなぁ。。と、
今朝、タイヤ交換をしたあと、ガスでパンを焼いてみました。

b0169869_8233592.jpg


窯の中に入れる瓦は、やはり濡らして

火は、最初の数分は強火。
あとは、トロトロ中火から弱火で20分から30分くらい焼きます。



で、焼けたのが、これ!

b0169869_8235117.jpg



私は、焼き色は薄いほうが良いので、このくらいで。。
美味しそうなパンが焼けました。


b0169869_824364.jpg


と、いうことで、この窯さえあればパンは焼けます!


では、今から娘を迎えに片道4時間車を走らせてきます。。
タイヤ交換したばっかり・・
まぁ、飛んで逃げることはないでしょう。。

では、行ってきます!!
Top▲ by veronica-t | 2012-05-03 08:16 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(4)
ロケストで、筍のアクだし
この時期あちこちからいただく筍に、我が家の台所は大忙し。

今年は、このロケストで筍を湯がく。

b0169869_210439.jpg


まず、大鍋にたっぷりの水に、
米を精米したときに出た米ぬかを入れて沸騰させる。

このとき、米ぬかをお茶パックに入れると、
筍に米ぬかがこびり付かないから後始末が楽。

そして沸騰したら、筍を鍋の中に放り込む。

昔は、筍の皮を剥ぎ取り、大きなままでアクだしをしていたけれど、
時代が代わり、台所から「かまど」が消えて、大きな鍋も消え、
今では筍を、食べるサイズにカットして湯がいている。

あとは筍が湯につかるよう、時々 しゃもじで鍋の中をかき回しながら、
そのまま30分から1時間、とにかく弱火でグツグツ煮る。


今日は、これを繰り返すこと三回。
パン焼きのあと 充分に温まったロケストで筍を湯がいた。



b0169869_2245026.jpg

湯がいた筍は、
一旦そのまま煮汁と一緒に冷ます。

冷めたら、山水でアクを流す。

春先の山水は冷たく、
流水に浸した筍は、とてもシャキッとする。








このロケスト、いつもはパン焼きに使っているが、
今年は、正月には餅米をこれで炊き、今日は筍を湯がいた。

b0169869_244491.jpg


実は、このロケスト、去年の大震災から被災地に160個ほど送られている

筍を湯がきながら、いつだったか教えてもらった被災地での話を思い出していた。
それは、昔からタコ漁の盛んなある地区で、
とれたてのタコを、このロケストで湯がかれたというお話。


実は、大鍋にたっぷりのお湯をわかして、茹でて下拵えをするこの時期、
実際には喜んでばかりではいられない。

次の月のガス代の請求書の金額に驚き、かなしくなる。
それが、このロケストだと少ない薪で、しかも燃料費ただだから
素直に、とても嬉しい。


だから、このロケストが、被災地の皆さんの暮らしで身近なことに役立ったことが、
まるで自分のことのように嬉しかった。

今年も、このロケストは役にたっているだろうか・・・。



ロケストに使用方法なんてない。
使用方法は、我が家流でいいのだ。

自分の暮らしに合うように、デザインし使えば、
いろんな可能性が見えてくると思う。
私もそうだったから。。

我が家のロケスト&パン焼き窯、使い方は無限大。。
Top▲ by veronica-t | 2012-04-30 23:08 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(5)
こんな暮らしも良いもんだ。
昨夜仕込んだパン生地を、
今夜、風呂焚きしながら焼く。


b0169869_2339449.jpg



少しずつ気候も暖かくなり、
今夜のように風がない夜には、
パン焼き終了後も、そのままロケストでご飯作り。




b0169869_23392699.jpg
収穫したての旬の あすっこ。
オイルで炒めて、
味付けはシンプルに塩だけ。(美味しい。。)

パン焼きを終えたロケストは、
熾火が赤々と燃えていて
新たに加えたのは、細い薪が2本だけ。

それだけでも、十分な火力で、
あっという間に一品出来上がり。







晩ご飯のおかずが出来たころには、
お風呂も、ちょうど良い湯加減に。。




b0169869_23394410.jpg
風呂焚きをして出来た燠。

燠にするのは、赤々として
煙の出なくなったもの。
燻っている燠は使えない。

燠をジュウノに2杯、
そのまま居間にある掘り炬燵に。

暖かくなっても、急な寒さに備え
5月の連休までは燠をいれる。







b0169869_2340261.jpg
掘り炬燵に入れたあとの残った燠は、
消し壷のなかに入れて冷ます。

消し炭は、暖をとったり、
調理の燃料にするために保存する。

我が家では、
使い勝手の良い大切な燃料になる。






b0169869_23401685.jpg

そして、この日焼いたパン。

いつもより焦げ色を控えめに焼いてみると、
醗酵の時間もあるけれど、
柔らかく弾力のあるパンになった。



パンが焼けて、
ご飯が作れて、
お風呂がわいて、
暖もとれる。

そして、廃材や落ち葉や小枝の片付けもしながら、
いざというときの燃料も確保できて、
燃料代もただ。


これって一石何鳥。。?

こんな暮らしもいいもんだ。
Top▲ by veronica-t | 2012-04-20 23:40 | 焔のある暮らし | Comments(12)
| ページトップ |