田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:ロケットストーブ ( 64 ) タグの人気記事
Top▲
かまどで、チキンストック作り
b0169869_14521086.jpg

1羽分の鶏ガラをいただいたので、仕事の合間にチキンストック作り。
「かまど」を使って、寒いこの季節だから出来る三日がかりの作業。


- 1日目 -

鶏ガラは、大まかに切って丁寧に洗い、
1升釜に水と一緒に入れて煮込む。

沸騰してきたら、そのまま湯はかえずにアクだけを取り除く。
そこに、畑から収穫した青葱、ニンニク、生姜、人参を入れて煮込む。

沸騰したら、丁寧にアクと油を取り除き、
薪を焼べて、さらにゆっくりと煮込んでいく。

あとは薪が燃え尽きるまで、そのままコトコト煮込むだけ。。
さ〜て、かまどの焔に任せて仕事とバイトに行ってきます!。。


- 2日目 -


翌朝は霜がおりて、とても肌寒かった。
はがまの蓋を開けたら、鶏ガラから出た余分な油が固まっていて取りやすい。

それを丁寧に取り除き、ふたたび「かまど」に薪を焼べて、
ゆっくりコトコト、弱火で煮込む。

途中、美味しそうな香りに誘われて、「かまど」の横にロケストを持ってきて、
じっくり煮込んだスープを使ってご飯作り。

お昼は、スープの中に水菜、キャベツ、餃子をたっぷり入れた野菜鍋。。
夜は、こんがり焼き色をつけた南瓜とチキンを添えてスパイシーなカレー。。

お腹に入るのと煮込むのとで、かさが減り丁度良い感じ。。
今夜もバイト・・、このまま焔に任せて行ってきます!。。

                                  朝、蓋を開けたときの写真。。
b0169869_14524689.jpg
   


- 3日目 -


今朝も浮いた油を取り除く。
そして鶏ガラと野菜を取り出して、もう一度薪を焼べて火にかける。

取り出した鶏ガラから、食べれそうなところを丁寧に皿に移す。
こんなにも1羽の鶏を大切にいただいたのは子どものころだから、もう何十年ぶりだろう。。

冷めたチキンストックを小袋に分けると4袋。
これを凍らして、少しずつ使っていこう。。

美味しい鶏ガラをありがとう。。

b0169869_14531128.jpg

Top▲ by veronica-t | 2012-12-04 01:42 | 焔のある暮らし | Comments(0)
娘への手土産
明日は、久しぶりに娘のもとに。。

数日前の電話で、「どうしても食べたいから持って来て!。。」と
おばあさんの薩摩芋で作ったスィートポテトを頼まれた。

そこで今日は仕事の合間にお菓子作り。

まず、手頃な大きさの薩摩芋をロケストで焼き芋にして、
やわらかくなったら皮を剥いて小鍋に移し、他の材料を加えて手早く水分を飛ばす。

b0169869_2255189.jpg


昼食代わりにと余った焼き芋を頬張ると、このままでも十分美味しい。。

適度に水分を飛ばしたらケースに小分けしフォークで模様をつけて、
ノブフェン窯に入れて焼き色をつける。

冷めたら1個ずつラッピングして完成。。

b0169869_2261761.jpg


そして、普段チョコなどお菓子やスイーツが食べれないからと
チョコフレークも作った。

チョコといっても、茨木くみ子さんの
「ふとらないお菓子 バター、オイルなしでもこんなにおいしい」から
チョコの入っていないチョコフレーク。。

これからが勝負!!の娘のためにカロリー控えめ。。
どんな顔して食べてくれるのかな〜〜。。

b0169869_2263735.jpg

      
Top▲ by veronica-t | 2012-11-03 23:07 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(0)
我が家で いちばん温かいところ
我が家で、いちばん温かいところ。。
それは家の中じゃなくて・・
焔が二つある風呂焚き口。


風呂の湯をわかす焔と
b0169869_16474543.jpg


その横で調理する、ロケストの焔。
b0169869_1648448.jpg


掘り炬燵を使うまで
ふたつの焔がある、ここがいちばん温かい。。





・・・・・・・・・・・・・・・・

ロケストのお仲間が、また増えました。。
リンク先の「ふんわり ふんわか」のtomokedaさん。。
とっても格好良いロケストです。
大人の火遊び。。楽しみましょう。。
Top▲ by veronica-t | 2012-10-16 07:12 | 焔のある暮らし | Comments(3)
風呂焚きしながら保存食つくり - 茄子のオイル -
この日、風呂焚きしながら作った保存食は、ずっと作りたいと思っていた
茄子のオイル漬け」。

この茄子のオイル漬けは、リンク先の「ばーさんがじーさんに作る食卓」で
教えていただいたもので、レシピが書かれている記事を、あちこち検索して
真似させていただきました。

今夜は、一晩 塩をふって重しをした茄子を、ビネガーと同量の水で煮立てるのですが
ここでいつものように、風呂の焚口の横にロケストを置いて薪を焼べていきます。

b0169869_1639399.jpg


ビネガーの酸っぱいニオイも、ここ、外だと全然気になりません。
むしろすぐ後ろは山なので、秋になり作物を物色する獣たちに、
この酸っぱい香りは、人の気配を気づかせるのに良かったりして。。(笑)

二度に分けて、この作業をしましたが、最初はコツがつかめず
少し煮込んでしまって、茄子がとっても酸っぱい。。

でも、これはこれとして使うことにしました。
失敗の経験のうち。。(笑)


b0169869_16392017.jpg


茄子は、一晩軽く干して瓶に詰めていきます。
ニンニクは自家製。。
ハーブは、今度ワークショップを一緒に企画している「出雲のハーブ畑 cuore」さんに
新鮮なバジルをたくさんいただき、それをふんだんに使います。

ニンニクとバジルの良い香りと、ちょと酸味のきいた茄子の香り。。
それらをギュッと瓶に詰め込んだ保存食、これからしばらく楽しめます。。

そして、あとから気づくことが たくさんあった保存食つくり、
茄子のあるうちに、もう一度作ろうかな。。失敗を忘れないうちに。。




・・・・・・・・・・・・・・・
コメントをいただいているみなさんへ。。
いつも嬉しいコメントをありがとうございます。

いただいたコメントは、携帯ですぐに読ませていただいてますが、
なかなかお返事が書けずにいて、本当にすみません。。
少しずつお返事させてくださいませ。
みなさんからのコメント、本当に励みになります。
ありがとうございます!!

Top▲ by veronica-t | 2012-10-16 06:13 | 焔のある暮らし | Comments(2)
風呂焚きしながら保存食つくり - 小鯛の佃煮 -
近頃、朝晩とめっきり寒くなり、日が暮れるのが早い。
時計を見ればそんなに急がなくても良い時間なのに、
なぜか、晩ご飯の準備やら早くしなきゃと忙しない。

そしてこの季節、いつも風呂焚きをしてくれる おばあさんも
冬野菜の苗の植え付けやらで忙しく、誰よりも遅くに帰ってくる。

そんなおばあさんに代わって、風呂を焚きをしながら、晩ご飯を作る。
子どもたちがそれぞれ自立を始めてから、晩ご飯も大人だけになり、
わざわざ作らなくても、煮しめとかあるもので済ますことも多い。

今まで以上に手抜きになってくる、我が家のご飯。
こんなことではいけないと、風呂焚きしながら、楽しく晩ご飯と保存食を作ることにした。


ちょうどタイミング良く、知人がいっぱい釣れたと言って、小鯛の下拵えをしたものをくれた。
さっそくロケストで、子どものころ母が作ってくれた佃煮を作ってみる。

b0169869_16155041.jpg


酢とショウガをいれて、じっくりコトコト火にかけて、
砂糖や酒や、味醂や醤油を入れ落し蓋をして甘辛に煮詰める。

b0169869_1616798.jpg


ショウガの良い香りがしてきて、グツグツいっていた音がしなくなったら、
蓋を開けて中を確かめる。

良い具合に煮詰まっている。
あともう少し、燠の余熱で煮込む。

大人だけの晩ご飯、懐かしい小鯛の佃煮で会話が弾む。

子育て真っ只中のころは忙しく、なかなか出来なかった保存食つくり。
これから少しずつ作っていこうと思う。
Top▲ by veronica-t | 2012-10-08 21:07 | 焔のある暮らし | Comments(4)
風の谷の「ポテトクリームソースパスタ」
b0169869_1042630.jpg

秋も深まり、終盤を迎えようとしている茄子を美味しく保存しようと、
いつも美味しいレシピを載せてくださる、「ばーさんがじーさんに作る食卓」にお邪魔して
携帯で「茄子」と検索していたら、こんな美味しそうなレシピを発見しました。

うちには、今年、直売所に持っていこうと育ててもらったジャガイモが7種類、
なかなか忙しくて出荷出来なくて、今でも芽が出かけたものが大量に貯蔵してあります。

無理いって育ててもらったので、本当に申し訳なく・・
どうにか美味しく、そしてたくさん食べれるレシピはないかと、
ずっと探していたところでしたので、さっそく茄子の収穫の合間に作ってみました。



- 風の谷の「ポテトのクリームソースのパスタ -

b0169869_31372.jpg
7種類のジャガイモの中から選んだのは、ホックホク濃厚なクリームになりそうな男爵。
それを「かまど」で茹でていきます。


b0169869_3132572.jpg
茹で上がったジャガイモは、熱いうちにマッシュにします。
ちょうどジャガイモを入れたボールに、澄んだ秋の日差しが入ってきて
今日の主役を引き立ててくれました。


b0169869_313557.jpg
収穫途中の茄子とパプリカを、今度はロケストで、カリッと揚げて
パスタに添えることにしました。

茄子って、ほんと油と相性が良いですね。
余分な油をとって塩をふっただけでも、じゅうぶん美味しいです。
味見といいつつ、どんどんお腹に収まっていきます。


b0169869_3133882.jpg
まるでバニラクリームのような綺麗なジャガイモに合わせたパスタは、オレキエッテ。
全部の準備がととのったら、ジャガイモを茹でたお湯で湯がきます。

茹で上がったらソースにからめて、塩とコショウで味を整えます。
ちょうど配達していただいたバジルがあったので、茄子と一緒に飾り付け。。

スモークサーモンの代わりに、今日はスモークベーコンを使いました。
秋なので、スモークサーモンでも食べてみたい。。
そんな美味しいレシピです。

ごちそうさまでした。。
Top▲ by veronica-t | 2012-10-06 11:23 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(2)
小さなシンプルパン
b0169869_2194657.jpg


「鉄のパン焼き窯」で焼いていたような、小さなシンプルパン
ロケストとノブフェン窯でも焼いてみる。

一次発酵をすませた生地を、三等分に分けて
小さくまん丸に成形する。

普段、窯に敷く瓦は、割ったものを4つ底に合わせて敷いているけれど
今日は、窯の底と同じくらいのサイズのものを一枚、敷いてみた。

二次発酵させた生地を、お互いがあたらないようにそっと置いてみる。
ノブフェン窯には、小麦粉50gのパン生地がきちんと収まった。


b0169869_2162235.jpg


手のひらサイズの小さなシンプルパン。
何だか我が子のように愛らしい。。
Top▲ by veronica-t | 2012-10-05 22:12 | 焔のある暮らし | Comments(2)
瓦のロケストで、ピザが焼けるまで。。(時間と薪)
瓦のロケストで焼いたピザ・・
いったい、どのくらいの時間と燃料で焼けたのでしょう?

あつあつ焼きたてのピザを食べたい気持ちをグッとこらえて、
メモ書きしてたのを、ちょっとまとめてみました。


まずは、ピザが焼けるまで時間。。

b0169869_1148233.jpg
(1枚目) 13分 (うち3分・・薪を焼べている時間)
 1)窯の中に敷く瓦は濡らさず、乾いたままで使う。
 2)予熱なし、窯の中の瓦は温まっていない。
 3)野菜からたくさんの水分が出る。
 4)蓋を開けて中を確認。(3’5’8’)

(2枚目) 8分
 1)瓦はそのままにして、次の生地を置く。
 2)窯の中の瓦は熱くなっている。
 3)野菜の水分が、1枚目より早く蒸発していく。
 4)音と香りに頼りに、それでも確認。(3’5’)

瓦のロケストの熱が安定してくる。
(3枚目) 5分
 1)瓦はそのままにして、次の生地を置く。
 2)窯の中の瓦、高温。
 3)瓦の上に置くとすぐ、水分が蒸発していく。
 4)同じように確認。(3’)

(4枚目) 3分
 1)瓦はそのままにして、次の生地を置く。
 2)窯の中の瓦は、かなり熱い。
 3)瓦の上に置くとすぐ、水分が蒸発していく。
 4)焼けるまで開けていない。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


次は、このピザを焼いたときに使った薪の量です。
火を使って調理した経験のある方、きっと驚きです。

b0169869_11465957.jpg
(準備した薪)
廃材を小割りにしたもの(2cm×2cm)。
そばに置いたペットボトルは500ml。



(1枚目のピザが焼けるまで)
最初に火をつけてから、10本ちかく薪を焼べる。
このとき、薪を揃えて入れず、
薪と薪の間を空気が通るようにすると、よく燃える。
その後、3本薪を焼べて強火にする。


(2枚目から)
薪を奥に押し込みながら、新たに薪を2本ずつくらい
焚口に焼べていく。
その他はすることはない。



(ピザ4枚が焼きあがったとき)
最初準備した薪の1/3ぐらいを消費する。






薪を焼べてから予熱なしで焼き始めて
最初の一枚目は13分くらいで焼けました。
瓦のロケストは、その後どんどん蓄熱をしてきて
3枚目からは、生野菜たっぷりのピザでも3分で焼けます。

瓦のロケストの良いところは、きっとこの蓄熱なのかなと思います。
わずかな燃料で蓄熱する瓦のロケストは、大勢が食事をとるときや
ずっと火を焚くときなど、とても役立つと思います。

私の知っている「かまど」、これは一度にたくさんの料理を作れ
「かまど」内の蓄熱で、いつまでも料理が冷めることもなく食べられます。
しかし、災害時など急なときに、この「かまど」を作っている時間も
材料もありません。
そんなとき、瓦を集めて積み重ねたロケストは、どこでも場所を選ばず
短時間で作れます。
そして、少ない燃料で調理できるので、そのぶん長時間使うことができます。

わずかな燃料」で「お湯を沸かす」、そしてしばらく「保温」する。
それが出きるのも、この瓦のロケストの凄いところだと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

・日時・・2012・9・20 pm16:39〜
・天候・・曇り
・ピザ(クリスピー)
・野菜(玉葱、茄子、パプリカ、ウインナー、チーズ)厚み2cm


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このメモ書きを「山の子」で、コナラとクヌギが分かりやすく教えてくれています。
ぜひ、ご覧ください。。

- 山の子 -
  特別編<使ってみようよ 瓦のロケットストーブ : その2>


コナラちゃん、クヌギちゃん。。後はよろしく。。
Top▲ by veronica-t | 2012-09-30 21:01 | 焔のある暮らし | Comments(4)
ハーブの香りとともに。。ワークショップ
爽やかな秋晴れの日、ハーブを使ったワークショップを開きました。
このチキン&サラダ、色も鮮やかでとっても美味しかった。。
b0169869_852854.jpg



この日も、調理はすべて焚き火。
参加者のみなさんにも、調理だけではなく
実際に火をつけたり、薪を焼べてもらいます。

- ペール缶ロケスト -
b0169869_17431097.jpg

このペール缶のロケストでは、ハーブで下味したチキンを茹でたり
その出汁を使った玉葱のスープ作りやシンプルパンを焼きました。

調理の最初から終わりまで2時間も活躍したロケスト。
でも、使った薪は、ほんとわずかな量でした。



- かまど -
b0169869_1748968.jpg

一度にたくさんの量の料理が出来る「かまど」。
「かまど」が温まれば、はがまの中はしばらく温かく、
炊きたてご飯もスープも保温され、温かい料理を食べれます

この日は、たくさんのお湯を沸かして
手作りパスタを茹でたり、ハーブティのお湯を沸かして食事の後まで保温。
慌てて沸かさなくても温かなお茶を楽しめました。



- 瓦のロケスト -
b0169869_17483029.jpg

瓦のロケストは、「かまど」とペール缶のロケストの
良いところを持ち合わせています。

一度温まれば、瓦内は(焔が通ったところ)しばらく温かく、少しの保温がききます。
また、瓦内が温まるので、ロケストが温まれば、ペール缶のロケストより
もっと燃料は少なく長時間調理ができます。
それに移動ができ、安定感も良い。

この日は、気持ち良いほどの秋晴れだったので、瓦のロケストでも
シンプルパンを焼きました。



ふと気がつけば・・
「かまど」「炉」「瓦のロケスト」「ペール缶のロケスト」
ここ焚き火小屋には、焔を扱ういろいろな道具が揃っていました。
Top▲ by veronica-t | 2012-09-27 22:55 | workshop | Comments(9)
フォカッチャ
b0169869_8281917.jpg
育てている小麦の酵母は100gちょっと。。
使うのは、毎日25g。。

それを三日に一度50gずつ小麦を足して育てているけれど、
パンを焼かない日は、次の日もうひとつパンを作って、
酵母の量を維持している。

今日は、こちらのブログから「フォカッチャ」を、
久しぶりに焼いてみた。

いつものシンプルパンは、オイルなし・・。
たまには、こんなパンも良いかな〜。。

あとで、ハムと生野菜をサンドしていただきました!!




・・・・・・・・・・・・・
このロケスト&ノブフェン窯には、
よく電化製品を買うと、ついてくるような
説明書や使用方法、料理の参考レシピ本はありません。

だから使う人それぞれ、自分の思うまま使えます。。

ブログのお仲間で、いろいろな 実験・・
いえ、美味しいものを作っている人がいます。

そんなみなさんのブログです。。
mihoさんのブログ・・「自給自足を夢見ながらの英国音楽生活
enasanrokuさんのブログ・・「おとうさん! ごはんなに?

レシピだけでなく、使い方など いろいろなことを気付かせてもらっています。
Top▲ by veronica-t | 2012-09-23 06:17 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(10)
| ページトップ |