田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:ベロニカの会 ( 148 ) タグの人気記事
Top▲
少年
少年は、「かまど」で火を焼べたいとやって来た。
火ハサミや吹き竹の使い方も、もちろん焔も知らない。

少年は、初めて見た燃えさかる焔に驚いた。
でも少年は、晩ご飯の支度のあいだ「かまど」の前から離れることはなかった。
b0169869_1444942.jpg

b0169869_14443029.jpg

b0169869_14444929.jpg


少年は、燃えさかる焔を見つめながら、
「どうやって消すの?」と、聞いてきた。

少年に、薪を動かせば、焔の火力を強くしたり弱くできること、
灰をかぶせて焔を消すと話した。

そして、灰をかぶせて消えた薪は、翌朝、また火をつけて燃料にすると伝えた。

翌朝、誰よりも早く焚き火小屋に顔を出した少年は
みんなが起きてきて寒くないようにと、灰をかぶした薪を掘り起こした。

少年のいたこの二日間、焚き火小屋に焔が消えることはなく、
その焔は、みんなに美味しい食事と ぬくもりを与えてくれた。

わずか7歳の少年の無邪気な笑顔は、誇らしげに輝いていた。

b0169869_14451192.jpg

Top▲ by veronica-t | 2012-11-11 23:42 | ベロニカの会 | Comments(10)
僕らの小さな、そして大きな冒険の始まり
初めて見た焚き火小屋。
そこは、まるで秘密基地みたいだった。
僕らは、もっとここに居たいから、泊まれるようにテントを張った。
b0169869_119261.jpg



ご飯も一緒に作るんだ!
僕らの仕事は、畑から大きい大根を採ってくることだって。。

ほら!見て! 大きいよっ!!
b0169869_11131231.jpg



抜いた大根を、今度は綺麗に洗うんだ。
b0169869_11155152.jpg

美味しくな〜れ。。美味しくな〜れって優しく洗うんだ。
だって、大好きな母さんと一緒に食べるんだもん。。
b0169869_11213841.jpg



そして、みんなで晩ご飯を作ったんだ。
b0169869_1129781.jpg


こうして、僕らの小さな、そして大きな冒険は始まった。。
Top▲ by veronica-t | 2012-11-10 23:34 | workshop | Comments(0)
ぬくもり。。
大好きな母さんへ。。
僕は、ぐるぐるパンを焼いてプレゼントするんだ。
b0169869_1361686.jpg


生地を伸ばして、棒に巻きつけて
b0169869_13373491.jpg


母さん!
今、母さんのを焼いてるよ!
b0169869_13375846.jpg


こうしてジ〜ッと待つんだ。。
b0169869_13382296.jpg


でもね・・なかなか焼けないんだ・・
まだかな・・疲れたなぁ
b0169869_13433973.jpg


そしたら、母さんが「一緒に焼こう!」って来てくれた
b0169869_13384335.jpg


母さんと一緒だと、やっぱり良いな。。
b0169869_1339084.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
子どもとキャンプをするとき、軽自動車だから乗せる量が限られたというのもあるけれど、
私は本当に必要なものだけ持って出かけた。

親子で寝れるだけの小さなテントと銀マットと、小さなタープと寝袋。
テーブルも家にあった小さなものと椅子とシート。
そしてこのときにと購入したダッチオーブンとコンボクッカーと
わずかな調理道具と、それぞれの器と水。
あとは、おばあさんの野菜に、薪を焼べる道具。

薪は家から持って行くけれど、現地で子どもらが拾って集めてくれる。

親子が二日間過ごすに必要なものは、これだけ。。
わずかこれだけで十分過ごせた。

オートキャンプ場といっても、バンガローもない山の奥だったからか
他にキャンプをしている家族は多くて4・5組、少ないときは我が家だけだった。

まわりに遊ぶ施設もないから、子どもたちは普段のように野遊びしながら、
とにかくご飯を作って食べるの繰り返しだった。

でも、この時間が一番楽しかった。。

夜、手をのばせば届きそうな星空を見つめて、
子どもらの無邪気な声だけが山に響く。
暖かな焔に照らされた笑顔を、穏やかな気持ちで、いつまでも眺められる。
母親にとって、ものが溢れていない環境は、こんなにも素直な気持ちで
子どもに向き合えるんだと思えた。
そして、この時間のこのぬくもりは、とても心地良く、あたたかい。。

そんな私のおすすめは、焚き火小屋での親子の時間です。
どうぞ、この心地良くあたたかな時間をお過ごしくださいませ。。



Top▲ by veronica-t | 2012-11-10 22:56 | workshop | Comments(2)
秋の焚き火小屋にて。。 2012/11/10
焚き火小屋から見渡す山々が、一年で一番華やかに彩る秋、
この日、「大切な1組のワークショップ」に参加して下さったのは、
この夏放送されたBSフジの「小さな大自然-ユタカな田舎-」を見て、
ぜひこの体験を子どもたちにと、遥々 岡山と広島から参加して下さいました。

10月の半ば、このブログに鍵コメでお問い合わせをいただき
それから半月、電話やメールでのやりとりを何度か重ね、
この日の大切な1組のワークショップを企画しました。

まずは、ぐるぐるパンから。。
b0169869_12381626.jpg


家を出るときは、まだ夜があけてなくて真っ暗だったそうです。
電車に乗って、車に乗って、やっと辿り着いた焚き火小屋。。
そこで、ぐるぐるパンを焼いて食べるのが、本当に待ち遠しかったそうです。

b0169869_12401529.jpg


お兄ちゃんの生地は やわらか。。

b0169869_12445627.jpg


弟くんの生地は かため。。
今の季節、それぞれの手に温度で生地のやわらかさが微妙に違ってきます。


b0169869_2245217.jpg


でも、どちらも世界一おいしいパンになりました。

だってこの日、パンを焼く焔の火種は、
この半月、お母さんと一緒に僕たちが家のまわりで集めた小枝と葉っぱだから。。

そう、この日の「大切な1組のワークショップ」は、もう半月前から始まっていたのです。。
Top▲ by veronica-t | 2012-11-10 22:46 | workshop | Comments(0)
-5- ハーブと畑の野菜のワークショップ
- 「田園に豊かに暮らす」を考える女性の会 -
b0169869_21113270.jpg

ベロニカの会の正式名称は
「田園に豊かに暮らす」を考える女性の会。

この名前には、
私たち女性にとっての本当の豊かさとは何か・・を、
この田舎にとどまらず、もっと広く、
世界中に暮らす多くの人と関わりながら、
共に考えていきたいという想いがこめられています。

会の始まりは、身近なお母さんたちと、この環境や暮らしを
もう一度見つめながらの共に過ごした、小さな田園の中での食事会。

それが、もっと多くの人と、この想いを分かち合いたいと、
畑から野菜を収穫して、「かまど」や「炉」の焔を使って調理し
ともに食するワークショップに広がり、

もっと多くの方に伝えたいと始めたブログを通して、
小さな輪は、今、少しずつ、本当に少しずつですが大きく広がってきました。


そして、この日のお二人とのコラボで見つけた、新しいスタイルのワークショップ。
これからも新たなことに、どんどん挑戦していきたいと思います。

さなさん、cuoreさん、ありがとう。。
そして、これからもよろしく!!
Top▲ by veronica-t | 2012-10-29 21:15 | workshop | Comments(0)
-4- ハーブと畑の野菜のワークショップ
- 共に食する -
b0169869_210882.jpg



焚き火小屋に降りそそる光
b0169869_2102450.jpg


風と音
b0169869_2104017.jpg


集い
b0169869_2105777.jpg


食する
b0169869_2112983.jpg


b0169869_2114477.jpg


b0169869_212116.jpg


b0169869_2111495.jpg


そのひとときは、心地良く過ぎていきます
b0169869_2122111.jpg



焚き火小屋の、鉄、泥や薪、竹で出来た壁からは、いつも違う陽の光が差してきて、

ときどき通り抜ける風も、季節と時の香りを連れてきてくれます。

そして流れる音楽も、蜂などの虫の音や、鳥のさえずりだったり
畑を耕す鍬の音だったり、季節ごとの暮らしと自然の音が聞こえてきます。

ここには同じときはなく、慌しく過ぎる日々の暮らしでは気づくことのない
「豊かさ」を感じることができます。

そして訪れた人をみな、主人公にしてくれます。

この日の参加者のみなさん、とても明るく輝いた方ばかりで、
陽の光のスポットライトは、そんなみなさんをあたたかく順に照らしていました。
Top▲ by veronica-t | 2012-10-29 12:21 | workshop | Comments(10)
-3- ハーブと畑の野菜のワークショップ
- 3 - 食をデザインする

- チキン&サラダ -
b0169869_23305346.jpg

cuoreさんのハーブ(ルッコラ・サラダミックス)と、さなさんの人参のサラダ。

b0169869_23311471.jpg

これを見た目も美味しそうに盛り付けていきます。

b0169869_23313115.jpg

ハーブを使って下拵えをした、cuoreさんお手製のチキンを添えて出来上がり。。

ドレッシングは、さなさんの自家製のもの。
後でお好みでかけていただきます。





- シンプルパン -
b0169869_23323776.jpg

ロケストとノブフェン窯を使って、シンプルパンを焼きました。

b0169869_23325991.jpg

こんがり美味しそうに焼けました。

道具さえあれば、パンってオーブンじゃなくても、こうして薪を焼べて焼けるって・・
気づいていただけたかなぁ。。

b0169869_23331963.jpg

熱々をカットして

b0169869_23385316.jpg

かごに乗せて、個々にお好きなだけ取っていただくようにします。






- カプンティのジェノベーゼ -
b0169869_23315441.jpg

ほとんどの料理が出来上がるころ、いよいよパスタを茹でます。

「かまど」にかけた3升釜に たっぷりのお湯を沸かして、塩を加えて生パスタを入れます。
浮いてきたらザルで取り、ボールに入れてオリーブオイルを振って皿に盛り付けます。

b0169869_23482536.jpg

バジルペーストは、空気に触れると色が悪くなるので、
食べる前にかけていただくことにしました。

彩りが寂しいパスタの皿に、cuoreさんがそっと添えた一枚のハーブ、
それが、とても新鮮でした。








- 玉葱とジャガイモのポタージュスープ -
b0169869_23581965.jpg

じっくり煮込んだスープに牛乳を加えて、塩こしょうで味を整えます。

b0169869_23485327.jpg

細かく刻んだチャイブをトッピングして、熱々をお召し上がりください。。
寒いこれからの季節にぴったりのスープです。






- デザインする -
b0169869_0594824.jpg

美味しいものを、より美味しく見せるには

b0169869_23502551.jpg

やはり、食をデザインすることが大切だと思う。。
Top▲ by veronica-t | 2012-10-22 02:47 | workshop | Comments(8)
-2- ハーブと畑の野菜のワークショップ
- 2 - 調理する

- パスタ作り -
b0169869_14242470.jpg

バジルを美味しくいただくパスタにと、カプンティを作っていただきました。

b0169869_14245271.jpg

みなさん手慣れた手つきで、次々に綺麗なカプンティが並んでいきます。

b0169869_14251416.jpg

焚き火小屋に優しい秋の日差しが降り注ぎ、
楽しく穏やかな時間が過ぎていきます。

それにしても、みなさん楽しそう。。

b0169869_14252813.jpg

綺麗に並べられたパスタ。

1kgもの小麦で作ったパスタが、あっという間にに出来上がりました。
これは驚きです。そして、本当に綺麗な仕上がりです。






- スープ作り -
b0169869_14164498.jpg

この日のスープは、さなさんの玉葱と、我が家のジャガイモに
cuoreさんのハーブとチキンスープを加えた、カラダに優しいポタージュです。

どの食材も、丁寧に育てられたものばかり。。

b0169869_14235251.jpg

みなさん初めて会われたのに、調理をしていくうちに楽しくお話されてます。
やはり、一緒に「つくる」のは良いですね。

b0169869_14241085.jpg

カットした野菜は、「かまど」で茹でてやわらかくします。
「かまど」の強い焔は、野菜をトロトロに美味しくしてくれます。

b0169869_14323678.jpg

途中チキンストックを加えて、野菜がやわらかくなったら手でこしていきます。
野菜の味を楽しみたいので、少し粒が残るように荒くこしていきます。

b0169869_14341171.jpg

あとは、「かまど」の焔にお任せです。

しばらく。。
コトコトじっくりと。。
Top▲ by veronica-t | 2012-10-21 23:39 | workshop | Comments(0)
-1- ハーブと畑の野菜のワークショップ
b0169869_14482911.jpg


透き通った空気と秋の空
ここ焚き火小屋では、久しぶりのワークショップを開きました。

もう一度、ベロニカの会の活動を再開したいという思いと、
出雲のハーブ畑 cuoreさんと、以前ゴスペルでコラボししてくださったさなさん
焚き火小屋で自分のできることを生かしたワークショップをしたいという思いが
重なって、ついにこの日を迎えることができました。

それぞれの思いと、この日ワークショップに参加してくださった方の気づきを、
共に分かち合い、新たな暮らしの発見と一歩になればと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Top▲ by veronica-t | 2012-10-21 22:58 | workshop | Comments(0)
いよいよワークショップ始めます。
みなさまへ、お知らせです。

今日、しばらくお休みしていた「ベロニカの会」のワークショップを再開することになりました。

会の活動の方向性に迷い活動を休んでいた間にも、子どもらはそれぞれに育ち自立し、おばあさんは丁寧に暮らしを守り百姓をする姿を見せてくれ、焚き火小屋に訪れてくださる人とのたくさんお話をする機会もあり、また新たな気づきを形にして発信し続ける「自然の学校」の代表の揺るぎのない姿勢に、気づき教わることが多かったです。

ここ焚き火小屋では、便利さを求め物が溢れている今の暮らしの中で、私たちが見失ったものや大切なものを気づき見つけることができます。
そして今までベロニカの会で、たくさんの方とそれを分かち合ってきたこと、それを必要としてくださる人が、今もたくさんいらっしゃることを知りました。
これからまた、その気づきをひとりでも多くの人と共感していきたいと思います。

焦らず、ひとつひとつを丁寧に、協働する人とその思いを大切に、今までの畑から野菜を収穫して、焚き火で調理し食するスタイルに合わせて、新たな試みにも挑戦していこうと思います。


その一歩が、今日の「ハーブと畑の野菜のワークショップ」です。
それぞれ個々に活動をしてきたお二人と、二度のワークショップを重ねてのコラボです。

前日の昨日、準備にやって来た さなさんと出雲のハーブ畑 cuoreさんです。
ここでの大切な燃料作りの薪割りに、初めての挑戦です。
b0169869_334849.jpg




そして、ハーブと畑の野菜を使った料理と一緒に食べていただく、パンも焼き上がりました!
b0169869_3342717.jpg



焚き火小屋のテーブルも、いらしてくださる参加者のみなさんの人数に合わせて大きくなっています。

あと数時間後、新たな歩みの一歩です。
Top▲ by veronica-t | 2012-10-21 04:14 | ベロニカの会 | Comments(13)
| ページトップ |