田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:ベロニカの会 ( 148 ) タグの人気記事
Top▲
お煎茶 「冬ごもり」in焚き火小屋カンファレンスルーム
この日のお茶事は、場所を焚き火小屋より小庭の小道、竹のデッキ、作業スペースを通りぬけ、カンファレンスルームに移します。
b0169869_21223608.jpg

森の中をデザインされたカンファレンスルームは、焚き火小屋とはまた異なり、どこか洗練された空間。
そこに、亭主自らイメージした、この日のテーマ「冬ごもり」の鄙びた感じを採り入れられたものでした。


テーブルの上の盛り物は、
「客来一味」の蕪一種
b0169869_01181349.jpg


主菓子は、「冬ごもり」
テーマと同じ名が付けられた、亭主手作りの優しい味わいの二種
b0169869_10013741.jpg


手前は「玉煎手前」
b0169869_21223712.jpg


カンファレンスルームに入ってから、そこは日々の忙しさとは別世界。
「襟を正す」という言葉が、ふと脳裏に浮かぶ、そんな清く美しい時の流れ…


b0169869_02454691.jpg

そして、亭主のお点前が始まると、凛とした中にも あたたかな温もりを感じます。

b0169869_02454685.jpg

それは、亭主の九人分の煎茶を美味しく、タイムラグ無く淹れるようにとの優しい気配りの表れでしょうか。

b0169869_02454639.jpg

煎茶には、それぞれお茶の風味を引き出す時間があるとか

b0169869_02454782.jpg

茶葉が開き、美味しい煎茶を淹れるまで

b0169869_02454732.jpg

亭主のお手前の美しさと、煎茶道のお話しを分かり易く、またときにその場を楽しく和やかなものに…
そのお煎茶と心配りは、私たちの五感全てを愉しませてくれるものでした。

b0169869_02471420.jpg

この日のお煎茶はどちらとも美味しく、時間の経つのも忘れさせてくれるほど心地良く
まさしく、このカンファレンスルームという空間に篭りたくなるような…
そんな心豊かなひと時でした。




- お煎茶「冬ごもり」-

実は、この日のことを綴るまで、半月以上もかかりました。
それは、この日、ベロニカの会の活動を焚き火小屋で始めてから、ずっと手本にと思い描いていたことが目の前で繰り広げられ、実際に体験し学んだことや感動したことを、私の拙い文章力ではなかなか伝えることが難しく…
ただ感動した良かったの言葉だけで、納得したことには出来ないほど、価値ある体験だったのです。

また、この日まで様々なお茶事に連れて行って下さり、自らのお煎茶を通して、大切なものは何かを教え伝えて下さったことに、焚き火小屋で実践することで感謝の気持ちを伝えられたらと思っていました。

そんななか、この冬一番の寒さの日に、焚き火小屋を訪れて下さるお客様に、食をお出しするという機会をいただきました。
そのときに、二つのお茶事で学び感じたことから、冬の北風が通り抜ける焚き火小屋ならではの心尽くしを、訪れた方を思いながら実践させていただきました。

焚き火小屋の焔と、料理を盛る前の器に湯をはり温めた湯気と、足元の火鉢に熾火を置いた温もりとを、心地良く美しく演出し、

温かな料理は温かなうちに、一番美味しいときに食べていただけるように、その場の様子に気を配らせながらサーブすることを心がけました。

そして何より、訪れて下さった方を想いながら。。



- お茶事in焚き火小屋 -

この感動を また季節を変えて、皆さんと分かち合えたら。。
そんな思いから、春には「お茶事in焚き火小屋」を企画しています。

そのときは、ぜひ、この焚き火小屋まで足を運んでください。。
お待ちしています。。





Top▲ by veronica-t | 2016-01-15 23:07 | 時を紡ぐworkshop | Comments(0)
12/26 お煎茶とのコラボ「冬を食す」
師走のミントの集いは、メンバーの方と、それぞれの「冬」をテーマにしたお煎茶とのコラボです。

焚き火小屋では、いつものように畑から旬の野菜を収穫して、メンバーの皆さんと調理していきます。
初めての方、久しぶりに元気なお顔を見せていただいた方、焚き火小屋のこの環境の素晴らしさは、時を共有しながら、参加していただいた皆さんの笑顔をひとつに出来ること。。

b0169869_21455135.jpg

そして使う焔は、かまどと炉に薪を焼べたもの。
それぞれの焔は優しく、ときに上手く燃えず煙を出して、煙った空気は目に沁みてきて、それが共有する人の気持ちをひとつにしてくれたりします。

b0169869_06574166.jpg

また、風が通り抜ける焚き火小屋ですが、かまどと炉に火が入り、出来た熾火を皆さんの足元に置いた火鉢に入れると、次第に空気が暖かくなってきます。



そしていよいよ食していただく支度が出来たころ、今回のテーマ「冬」をイメージした菊花大根をデザインさせていただきました。
b0169869_07022329.jpg


今回のお煎茶とのコラボに自分なりのテーマを決めて、食していただくものは冬野菜の大根、黄金蕪、間引きの人参を、それぞれ大小の菊に見立て。
葉は、茂った草の間に、この冬空の下でも柔らかな葉を保っていたヨモギを菊の葉に見立てて。
それらを、歴史ある大津瓦の黒瓦の上に咲かせてみました。


b0169869_21491470.jpg



そして、冬をイメージしたもう一品は、大根のスープ。
b0169869_21491481.jpg


羽釜に、大根と炊いた白米が浸るぐらいの水に、大根の旨味を引き立てる塩を入れてコトコト煮ていきます。
途中、スティックミキサーで撹拌し、牛乳と豆乳を加えて、煮立つ前に更に撹拌させて、塩と胡椒で味を整えていきます。

器に盛り付けるとき、こんがり焼き色を付けた薄切りのベーコンと大根の葉で、雪の中の木々と大地をイメージしてみました。


b0169869_09003557.jpg


「冬を食す」


焚き火小屋の大テーブルを囲んで、目で見て楽しみながら、それぞれの冬を心地良く美味しく食していただきました。
さて、この後は場所をカンファレンスルームに移して、お煎茶での「冬」を楽しんでいただきたいと思います。


b0169869_03195455.jpg


その話しは、後ほど。。






Top▲ by veronica-t | 2016-01-06 05:33 | 時を紡ぐworkshop | Comments(0)
お茶事「夜咄の会」in焚き火小屋
今宵の焚き火小屋でのお茶事は、その名も「夜咄の会」。

夜咄とは、茶事七式の一つ
炉の季節に、夕刻から行われる茶会です。
b0169869_09055528.jpg



夕暮れどきからの焚き火小屋流お茶事は、懐石から濃茶の前の主菓子に…

b0169869_06515878.jpg

この日の主菓子は、亭主の手作りの薯蕷饅頭。
中の餡から全て手作りの薯蕷饅頭は、人肌ほどに温かく蒸されていて、優しくホッとするとても美味しいものでした。


亭主のお手前を拝見する間も、大テーブルの下の火鉢には、先程の懐石で使われた熾火が赤々と、ゆっくりじんわりと冷えた身体を温めてくれ、ときは静かに優しく流れていきます。
b0169869_20433064.jpg

そして点てられた濃茶は、口の中で まるで溶けるように広がり、身体中を優しく包み、今日の疲れを癒してくれます。
薄茶は、今日一日と今宵を愉しむかのように味わいあるものでした。


今宵の亭主の心温まるもてなしは、その道具を拝見しても伝わってきます。

茶花
b0169869_20433039.jpg

焚き火小屋の薪の壁に掛けられた青竹。
そこには赤いつるめもどきと、白い侘助が活けられています。
携帯カメラでの画像では、その美しさを表現出来ず申し訳ないほど、とても美しいコントラストです。


茶杓
b0169869_09092235.jpg

煤竹で作られたものが、濃茶の茶杓で名を「惟氏」。
薄茶の茶杓は、白竹で作られていて、名を「雪星」と名付けられたものです。

今宵のお茶事の茶杓、蓋置、花器は、いずれもこの「夜咄の会」にと、亭主が丹精込めて作られたものです。

その亭主の心尽しのおもてなしと、微かに響く炭の弾ける音とともに、今宵の「夜咄は会」は、まるで焚き火小屋の周りの時が止まったかのように、静かに心地良く流れていました。


今宵、焚き火小屋でお茶事を愉しむ。

焚き火小屋があることに
ともに時を過ごす友に感謝して。。





Top▲ by veronica-t | 2015-12-11 11:46 | 時を紡ぐworkshop | Comments(0)
11/26焚き火小屋でのお茶事
11月のミントの集いは、新たな試みとして、茶道をされているメンバーの方との「お茶事」のコラボです。

その夜の懐石は
b0169869_11503433.jpg


焚き火小屋の かまどと炉に薪を焼べて、旬の野菜を調理して食していただきます。

本来なら一汁三菜ですが、形に拘らずして欲しいとのこと…
そこで、今の季節の旬の野菜を使った、干した白菜と豚肉の蒸し焼き、根野菜を蒸した温野菜のサラダ、玄米御飯。


そして、他のメンバーの方もそれぞれに。。


裏山で採れた栗を使った栗金団と銀杏。
b0169869_06053017.jpg



無農薬無肥料で大切に育てられたレモンを使ったケーキ。
b0169869_06053109.jpg



この後、焚き火小屋での茶事「夜咄の会」へと。。

b0169869_11503415.jpg


そのお話しは後ほどに。。








Top▲ by veronica-t | 2015-12-11 06:36 | 時を紡ぐworkshop | Comments(0)
足元に火鉢を。。
b0169869_06012522.jpg

風が通り抜ける焚き火小屋。

かまどと炉に薪を焼べ調理するには、風が通り抜ける、この環境が丁度良い。

だけど、その環境は、大テーブルを囲み共に食していただくときには肌寒く、せめて足元を温めるくらいの火鉢があると良い。

炭は、かまどと炉で焚く薪を燃やしてできる赤々としたものを、火鉢の炭が灰になる前にそっと置く。

決して、和やかな食の ひとときを邪魔をしないよう、灰を立てずに。

他には何も出来ないけれど、寒い日に、焚き火小屋を訪れてくださる方への感謝の気持ちに。。




Top▲ by veronica-t | 2015-12-11 05:35 | ベロニカの会 | Comments(0)
10/31「野菜の美しさを愉しむ」
今日は、10月のミントの集いの日です。
今回のテーマは「野菜の美しさを愉しむ」です。
大テーブルに並べた野菜たち。
畑に植わっているときの美しさとは、また異なる美しさがあります。

焚き火小屋の かまどと炉に薪を焼べ、野菜を調理しながら、その過程毎の美しさに愉しんでいただけたらと思います。
b0169869_18201187.jpg



旬の長葱。
b0169869_18201123.jpg

大テーブルに並んだ長葱の白と緑の色彩は、とても美しいです。
その姿形は、畑に植わっている様子からは想像出来ないほどです。


長葱の白さと甘みを引き出して…
b0169869_18201279.jpg

サラダ用に野菜をカットし水に入れたもので、コトコト弱火で煮込んだ長葱。
お塩と柚子でいただきます。



里芋と玉葱のポタージュ
b0169869_18201271.jpg

玉葱より里芋の食感を引き立たせようと、先に玉葱を煮込んで、後から里芋を加える。
里芋の食感を楽しんでいただきたいので、形を残して粗く潰して。。


野菜サラダ
b0169869_18201220.jpg

秋になり、夏のみずみずしい野菜から、カラダが温まる根野菜に。。


・・・・・・

野菜の美しさは、ただ綺麗というものだけでなく、畑に植わっているときの生命力と逞しさ。

食材として、まな板の上に置かれたときの美しさ。。

そして料理され、器に盛られたときの美しさと、食を促す香り。。

人の持つ五感を伝わって、それぞれの場面の野菜に触れていただけるように。。
皆さんと一緒に畑から野菜を収穫し、焚き火小屋の調理の焔で調理し、大テーブルを囲み食していただきながら、それぞれの美しさを愉しんでいただけるように、ひとつひとつの行程を丁寧に創り上げていこうと思います。

このミントの集いも、訪れてくださる方々のおかげで定着してきました。
今宵も、皆さんの笑顔と野菜の美味しさに、心もカラダもホッと温まりました。



Top▲ by veronica-t | 2015-10-31 23:16 | 時を紡ぐworkshop | Comments(0)
10/29「旬の野菜と野草のランチ」
「それでは、今から畑に行って、食べれそうな野草と旬の野菜を採りに出掛けましょう!」

その言葉とともに、皆さん元気良く、今日の「旬の野菜と野草のサラダ」の食材探しです。
これからの「ベロニカの会」のワークショップは、この収穫から全てが始まります。

b0169869_20125079.jpg


農薬や化学肥料を使わない畑では、野菜はもちろん野草だって食材になります。
先日、そんなヒントをいただいて、まずは皆さんと一緒に食材探しです。

畑の中の野菜の傍は、柔らかな野草がたくさん生えています。
その中から、食べれそうな野草の新芽を摘んでいきます。


b0169869_20125176.jpg


「これ、美味しそうだけど食べれるかなぁ?」

皆さんの手には食べれそうな、柔らかな野草がたくさん。。
そして、皆さん楽しそうです。
野草探しは宝探しのような、そんなワクワク感があります。

その中から食べれる野草を籠に入れて、籠はアッという間に山盛りになりました。
さて、次は旬の野菜の収穫です。


b0169869_20125258.jpg


焚き火小屋の畑には、南瓜、スナップエンドウ、プチトマトといった遅植えの野菜や、今が旬の長葱、間引きを迎えた人参など様々な野菜が育っています。
その野菜の育ちをお話ししながら、必要な量を採っていただきました。

b0169869_21011330.jpg


長葱は、美味しそうな太めのものを、皆さんで掘り起こして収穫していただきました。


b0169869_21152786.jpg


そして、収穫した野菜を地下水を汲み上げた水で洗っていただいて、まずはサラダ作りです。
旬の野菜と野草は、食べやすい大きさにカットしたり、ちぎったりして、水を溜めたボウルに次々に入れていきます。
ボウルの中の水は、沢山の野菜や野草から出たエキスでいっぱい。。
これが、今日のスープや煮込み料理の出汁になります。


b0169869_20125365.jpg


今日のメインディシュは、そんなスープを使って、コトコト煮込んだ長葱。。



食していただいている間、時折、焚き火小屋には秋風が通り抜け、優しい陽の光が差し込んできます。

また、次の季節にも、旬の野菜と野草の美味しさと、焚き火小屋の風と光の心地良さを探しにいらしてくださいね。。
そのときを心待ちにしています。






Top▲ by veronica-t | 2015-10-29 23:42 | 時を紡ぐworkshop | Comments(0)
veronica
b0169869_0373343.jpg

焚き火小屋のまわりに咲く野花を探していると…
草の間にベロニカの花が咲いていました。

この時期は、来春に向けて根を伸ばしていると思っていましたが、秋晴れのポカポカ天気に誘われて、愛らしい姿を見せてくれたのでしょう。

私自身、いろいろな環境の変化から、少しずつ前に進もうとしているときに姿を見せてくれた、ベロニカの花。
まわりを見ても、この花だけ。。

人とは勝手な生き物です。。
この花が、なんだか「ファイト!」って応援してくれているみたい。(笑)


その姿を見せてくれて、ありがとう。。







Top▲ by veronica-t | 2015-10-10 00:37 | 足元を見れば…草花の記録 | Comments(0)
9/26「 秋を食する 」
b0169869_19030420.jpg


先月に続いて、月末に顔見知りさんを招いての食する会。

今回より、食する会の名前を、焚き火小屋や畑のわきに、祖母の代から自生しているミントにちなんで「ミントの集い」と改めて、季節の野菜を焚き火の焔で調理していきます。

「ミントの集い」では、私自身しばらく離れていた「ベロニカの会」の活動や、ワークショップの流れとゲストの方への関わり方を見直し、次に繋げることを自分のテーマにしています。


b0169869_19030405.jpg


「ベロニカの会」の「時を紡ぐworkshop」では、参加者の皆さんと一緒に畑から野菜を収穫し、焚き火小屋の かまどや炉、ロケストや瓦のキッチンストーブに薪を焼べて調理し、食していただいています。

調理はしますが、よくある料理教室ではなく、この環境の中で、薪を焼べた焔で調理し、大テーブルを囲んで食していただくことで、普段の暮らしでは気付けないことや、豊かさとは何かを感じていただければと考えています。


b0169869_19030529.jpg


今回もテーブルの上に置かれた野菜を見ていただいて、あとは口頭でメニューや手順をお伝えするだけ…。

あらかじめ、レシピを書いてお渡しすれば楽なのでしょうが、そうすると手慣れた皆さんはテキパキ作業をされて、焚き火小屋での調理ではなく、普段の台所になってしまう…
慣れない方は、その流れについていけなかったり、それぞれが単独での作業になってしまうので、ここではあえて聞いていただきながら、またみんなで考えながら作っていきます。

普段テキパキされている方は、きっともどかしいと思いますが、あえてみんなゼロからの体験をしていただいています。


b0169869_19030506.jpg


そして今回、時の積み重ねを感じる素敵な大皿を貸していただくことになりました。
盛り付けてみると、料理が映えて、野菜はまるで畑で見るような力強さを感じます。

秋の夜長、皆さん大皿から料理をとりながら話しも弾み、楽しく美味しい時間を過ごしていらっしゃいました。
ときには、こういうスタイルのワークショップも良いかもしれませんね。。
またまたヒントをありがとうございました。



そして、もうひとつ…
b0169869_19030502.jpg

かまどの前にしゃがみ、焚き口から燃える焔を眺めている青年の姿に…
次の世代に、こうした環境があることを伝えていけたらと思います。



皆さんが帰られた後、もうすぐ満月を迎える月明かりに照らされて、片付けをしていると、焚き火小屋まわりの草の中から、秋の訪れを待っていたかのように、虫の音がとても賑やかでした。。

季節は秋…

自分を見失わぬように。。
次に向かって、ゆっくりと歩んでいきたいと思います。




- 追記 -いただいたコメントより。。
「心に希望を...。
諦めなければ、強く望めば、願いは叶うと信じて頑張りましょう。」

ありがとうございます。
いつの日か、草花の苗と一緒に、焚き火小屋に訪れて下さるときを楽しみにしています。








Top▲ by veronica-t | 2015-09-26 23:57 | 時を紡ぐworkshop | Comments(2)
9/23「夏の名残り野菜と旬を迎える秋野菜を食する」
新米が出回る季節。。

今日は、新米を かまどで炊いた玄米ご飯を中心に、夏の名残り野菜と、これから旬を迎える秋野菜を、焚き火で調理して食していただきます。

b0169869_01515703.jpg



「やっと来れた。。」

そう言って、喜んで下さった今日のゲストさん。。
ひとり車を走らせて、岡山からやって来て下さいました。

まずは、手塩にかけて育てている焚き火小屋の畑にご案内。。(笑)
今日使う野菜と、土作りと肥やし作りを見ていただきました。

畑に植わっている野菜たちは、スーパーに並んでいる皆さんが見慣れた姿と違い、迫力や逞しさや繊細さがあります。
野菜の花も、観賞用の花とは違い、素朴な繊細さがあります。
そんな野菜たちの本来の姿を、少しでも伝えられたらと、畑のあちこちを探索してもらいました。



b0169869_01515720.jpg


そして、焚き火小屋に入り、出雲で顔見知りの友人を招いて、早速、焚き火を使って調理していただきました。

ゲストの皆さんは、普段テキパキと家族の為にご飯を作っているベテランさん。。
でも、ここ焚き火小屋では、使う燃料は薪を焼べた炎です。
普段との違いに戸惑いながらも、流石テキパキと。。
そして大笑いしながら。。



b0169869_01515748.jpg



焚き火小屋のメインの灯りを落とすと、夜の焚き火小屋を楽しんでいただけるのが、先月の夕涼みで分かったので。。今夜も。。

今宵は贅沢に、夏から秋に移りゆく焚き火小屋で、ゆっくりと楽しんでいただけたらと思います。


b0169869_01515815.jpg


そして、今日はデサートにと、掘りたての薩摩芋をノブフェン窯で焼き芋にしました。
いつもの珈琲の代わりに、出西生姜を入れて沸かした番茶。。

お腹がいっぱいなのに、素朴な味わいなので、優しくカラダに入っていきます。
さすが…デサートは別腹です。。(笑)



今度は成長された子どもさんと一緒に、焚き火小屋を訪れて下さるとか。。
今から、そのときが待ち遠しいです。。

ぜひ、お待ちしています。。







Top▲ by veronica-t | 2015-09-23 23:36 | 時を紡ぐworkshop | Comments(2)
| ページトップ |