田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:ベロニカの会 ( 148 ) タグの人気記事
Top▲
6/25「美味しい野菜料理にハーブ香る」
b0169869_21284827.jpg


この季節、野菜たちは雨が降るたびに大きく成長し、忙しくも嬉しい気持ちになります。
ハーブたちも畑に吹く風に乗せて、その爽やかな香りで心を癒してくれています。
今日は、そんな夏野菜とハーブをお洒落に料理していただくことにしました。


b0169869_22493638.jpg


去年の夏から始まったミントの集いは、いつも始まりはスローペースです。
それもそのはず。。
毎回、始めて参加された方も、ずっとご一緒してる方も、焚き火小屋に来て初めて、その日の参加者の顔ぶれや、メニューや使う野菜などをお伝えするので、さて何から始めようか考えながら、そして見つけながら動いて下さるからです。


b0169869_22493798.jpg


それでも、いつしかとても心地良く調理を楽しまれて、良い頃合いに食することが出来ています。
初めて参加された方を、皆さんが自然とサポートして下さったり、私自身もいろいろなことを教えていただいています。



今日のハーブ香る美味しい野菜料理。。

b0169869_22493707.jpg


今年、焚き火小屋の畑とfarm風の谷の一画に、美味しいジェノベーゼソースを作る友人のバジルとニンニクが育っています。
畑作りからハーブ作り、友人から教わることも沢山あり、また作られる このソースが本当に美味しいのです。

今回は、このジェノベーゼソースを手作りパスタに贅沢に使ってみました。
美味しい。。


b0169869_22493751.jpg



かまどのグリルパンでは…

b0169869_08032368.jpg



茄子にはローズマリーとニンニクを、
フィノッキオとジャガイモにはフェンネルを一緒にグリルしてみました。
どちらも塩だけのシンプルな味付けです。

b0169869_22493874.jpg



メークインは、今日初めて参加された方が、包丁を使い丁寧に下拵えをして下さったものを、バジルと玉葱を使ったソースで和えた「メークインのパスタ風サラダ」に。。

b0169869_22493848.jpg



そして、今日のデザートは…

b0169869_22493853.jpg


胡瓜を使った、ミントの香る爽やかなデザートです。
朝、突然に団子を加えてみようと思いつき、急遽地元産の団子の粉を買いに行き、それをこんな可愛らしく丸めて下さり、胡瓜が見た目も素敵な、そして美味しいデザートに変身しました。


それだけで食べても美味しい野菜ですが、こうしたハーブを使うと、とてもお洒落に、そしてシンプルな味付けで美味しい料理が出来上がりました。


今月も、楽しく美味しい時間をありがとうございました。。






Top▲ by veronica-t | 2016-06-25 22:05 | 時を紡ぐworkshop | Comments(0)
「清明 - 虹始めてあらわる」お茶事in焚き火小屋
b0169869_01342857.jpg


お茶事in焚き火小屋

清明-虹始めてあらわる

2016年 4月 16日 (土)10:00 - 14:00


場所 : しまね自然の学校 焚き火小屋

参加費 : 3,000円 (体験費・食材費)

募集人数 : 10名(豊かな田園環境の可能性に興味のある大人の方)


ーーーーーーーーーーーー
4月、お茶事in焚き火小屋「清明 - 虹始めてあらわる」いよいよです。
参加者の皆さんと畑から旬の野菜を収穫し、焚き火小屋の竃と炉の焔で調理し、大テーブルを囲み共に食していただきながら…
若葉や色とりどりの花が咲きほこる果樹畑、そこに作られた竹のドームのお茶室で、春を感じていただきながら、お煎茶のお点前をお楽しみいただきながら…
この焚き火小屋の心地良さや素晴らしさ、そして焚き火小屋を中心とした この豊かな田園環境の可能性を、一人でも多くの方と分かち合えればと思います。
是非、春の焚き火小屋に訪れてみてください。


上津は田舎です。

美味し美麗し田舎です。

このたぐいまれなる心地良さを あなたも訪れてみませんか。







Top▲ by veronica-t | 2016-04-01 00:52 | 時を紡ぐworkshop | Comments(0)
3/19「ひいなの遊び」お茶事in焚き火小屋
午後になるとさっきまでの雨が嘘のように、穏やかな春の日差しにかわり、焚き火小屋の花や野花たちは、この良き時を待っていたかのように色鮮やかに輝き始めました。
桜桃は、その淡い桃色の愛らしい花を咲かせ、今日のお茶事を華やかにしてくれます。

その桜桃の木の下の竹ドームでは、お煎茶のお点前が始まろうとしています。
では、そっとその様子を覗いてみましょう。。

b0169869_01342873.jpg


真ん中どころにある、白い涼炉には焚き火小屋の竃で温められた炭が入れられ、お煎茶に用いられるお湯がわいています。

b0169869_07065848.jpg


その向こうには、小さな箱入りの雛飾りが見えます。

b0169869_07065829.jpg


そして…
こちらも気になります。。

b0169869_02101020.jpg

この良き日に訪れて下さった方にと、亭主が焚き火小屋の庭の よもぎの新芽を摘んで、餡から作られた「よもぎ餅」です。
淡い緑色のお餅に、野花が一輪そっと添えられています。



では、ご一緒に竹ドームのお茶室に入ってみましょう。。


b0169869_18083032.jpg


竹ドームのお茶室は、時間とともに まわりの景色も変わり、風と香り、お日様の温もりも、その姿に同じものはありません。



では、お点前を…


b0169869_02101104.jpg


お点前を拝見している間も陽の光は優しく、亭主の手元を照らし、時々吹く風は、焚かれたお香の香りと春の香りを そっと漂わせてくれています。
そして、涼炉の炭でじっくりと沸かされたお湯で淹れられたお煎茶は、とても美味しく、春の香りと共に しばらく愉しみたいほどです。



b0169869_01342857.jpg

この風景の中にいる…
そんな気持ちになれるひと時でした。


さて、春の良き日の「ひいなの遊び」
如何でしたでしょうか。。?


今度は是非、この焚き火小屋まで足を運んでいただき、皆様の五感で春のお茶事を愉しんでいただければと
亭主とともに、皆様にお会い出来るのを心待ちにしています。



上津は田舎です。

美味し美麗し田舎です。

このたぐいまれなる心地良さを あなたも訪れてみませんか。



- 2016・4・16 お茶事in焚き火小屋 -

日 時 : 2016・4・16 (土) 10:00〜

参加費 : 3,000円

募集人数 : 10名
( 豊かな田園環境の可能性に興味のある大人の方 )

こちらのブログに鍵コメで連絡先をご記入の上、お知らせください。






Top▲ by veronica-t | 2016-03-22 19:14 | 時を紡ぐworkshop | Comments(0)
3/19「焚き火小屋の春」お茶事in焚き火小屋
b0169869_00210228.jpg

今日のお茶事にと、天候の具合で急な時間変更にも関わらず、都合を合わせて来ていただく方にと、感謝の気持ちをこめた一輪の花

今年、焚き火小屋のまわりには、この黄色い水仙が沢山咲いています。
風の谷の花や野花は、風に乗ってその種を次の土地にと繋いでいき、この黄色い水仙もあちこちの畑の片隅で姿をみかけます。



そして、この日にと選んだ野菜は、旬を迎えてもなお葉を巻かなかった白菜の脇芽です。
冬を越して、幾度も朝霜にあたった脇芽は柔らかく甘く、とても美味しいです。
その姿も美しく、まるでドレスをまとっている貴婦人のよう。。

b0169869_00210333.jpg


そんな白菜の脇芽を、焚き火小屋の果樹の剪定をした小枝で、ロケストを使ってじっくり調理していきます。


b0169869_00210348.jpg

その姿と旨味を大切に。。
シンプルに。。

こうした菜の花は、油との相性がとても良いです。
オリーブオイルで蒸し焼きにして、仕上げに地元の藻塩とパルメザンチーズをパラパラと。。
焚き火小屋の春を感じていただけたらと思いながら…。



さて、焚き火小屋の外では…

b0169869_00210363.jpg


桜桃の木の下では、ひなの季節を思う茶会が始まろうとしています。






Top▲ by veronica-t | 2016-03-22 19:06 | 焚き火小屋から | Comments(0)
瓦のキッチンストーブ
b0169869_03125371.jpg

このシーンは、今まで焚き火小屋で 何度も見てきた微笑ましきもの

今日、出掛けた先で、今の暮らしの中に、焔のある暮らしを取り入れたいという人が、実は沢山いること
そして、それをするにはどうしたら良いのか、知りたい人も沢山いることを知った

今までコックコートを着て、焚き火小屋から外に出たことはなかったけれど…
今日のこのシーンを見て、今の自分に出来ることは、本業のように必要としてくださるところに、自分の持つスキルや道具を持って出掛けることなのかなと。

そして出掛けた先で、自分の出来ることをしたら良いのかなと

その先に、こうしたシーンを、ひとつでも多く見つけてあげられたらと思う





- 瓦のキッチンストーブ についてのリンク先 -

「焚き火小屋の備忘録」さんのブログより
原理の理解のために。もしくはサバイバルなロケットストーブの作り方
災害対策用ロケットストーブ。二十人分を調理するために
「瓦のキッチンストーブ」粕味噌de美味しい。。

「山の子」さんのブログより
特別編<被災地に届いて。瓦のキッチンストーブの作り方>
特別編<使ってみようよ 瓦のロケットストーブ : その1
特別編<使ってみようよ 瓦のロケットストーブ : その2
特別編<使ってみようよ 瓦のロケットストーブ :その3



Top▲ by veronica-t | 2016-03-05 23:02 | 焔のある暮らし | Comments(0)
2/27「形にとらわれず、美味しく、燃料も知る」
2月の「ミントの集い」のテーマは、ここにある野菜を使ったスイーツ作りです。
いつも、焚き火小屋でするワークショップは、素材から手順も、こちらで予め決めて皆さんと一緒に作っていくのですが…

今回は、基本となる生地だけ資料にそって仕込んでいただき、トッピングは皆さんに案を出してもらいながら、野菜たっぷりマフィンを作ります。

b0169869_12270160.jpg

参考にしたマフィン生地に、それぞれ下拵えをした野菜を混ぜたり乗せて、崩れないようにプリン型に入れて、ロケストと炉のノブフェン窯で焼いていきます。

ときどき蓋を開けて、焼き具合を確認しながら、合わせて15個のマフィンが焼きあがりました。
甘すぎない良い香りが、焚き火小屋に広がります。

美味しそうな香り。。


b0169869_12270285.jpg


マフィンが焼けてきたら、ノブフェン(パン)を縦半分にカットしたものに、好きな具材を乗せてスティックオープンサンドを作っていきます。


b0169869_08522512.jpg

美味しく。。
お洒落に。。
楽しみながら。。


b0169869_08522735.jpg



トッピングしたら、順にノブフェン窯で焼いていきます。

皆さんのスティックオープンサンドは、どれも美味しそうで、真似させてもらったり、分けっこしたり。。(笑)


b0169869_12270322.jpg


焚き火小屋の外は寒いのに、中は、かまどと炉とロケストの焔と皆さんの熱気とで、とても暖かです。


小枝で焼いた「焚き火小屋オリジナル・野菜たっぷりマフィン」

b0169869_19181272.jpg
右から
・ジャガイモ、パルメザンチーズ
・自家製アンチョビ、春菊、玉葱
・薩摩芋、バナナ、ハチミツ、柚子
・ブロッコリー、人参
・里芋、ブルーチーズ、オリーブオイル、黒こしょう

基本生地
・薄力粉、ベーキングパウダー、豆乳、きび砂糖、菜種油、メープルシロップ



スティックオープンサンド
b0169869_19181265.jpg



そして、今回初挑戦の薪割り!

b0169869_18422343.jpg


これは、焚き火小屋にある薪割り機で、薪ストーブの本場北欧フィンランドで発明された「ログマチック(Logmatic)」という、くさび形の薪割り機です。
今回は、この道具を使って、丸太を割ってもらいました。

足元さえ気をつけてもらえば、初心者でも安全に割ることが出来ます。
斧も使ってもらいましたが、やはり、これは魅力的だったとか。。

自分の使う燃料についても考え、実際に薪割りをしてみる!
焚き火小屋でのワークショップでは、こうした体験も大切だと考えています。
あっ!いえ、楽しそうだからやってみるっていうのも大切です。。



b0169869_18422427.jpg


そして薪は、調理の燃料として使って、赤々と煙が出なくなった頃に消し壺に。。
薪は燠として再度火にかけて、火鉢や掘り炬燵に入れて暖をとります。

形にとらわれず、美味しく、燃料も知る。

この焚き火小屋で、普段の暮らしの中では見つけられない「何か」に気付いていただけたら。。
そのきっかけになるような、ベロニカの会の「時を紡ぐworkshop」でありたいと思います。

それを、私に気付かせてくれる、このミントの集いと共に。。





Top▲ by veronica-t | 2016-03-01 15:25 | 時を紡ぐworkshop | Comments(0)
1/30「焔の温もりを感じながら」
1月の「ミントの集い」は、焚き火小屋の かまどと炉に薪を焚べて、その焔の温もりを感じながら共に過ごす時間を楽しむことにしました。

b0169869_07005299.jpg


かまどと炉に薪を焚べると、肌寒く感じた焚き火小屋は暖かく、お喋りも楽しく弾みます。

そして、かまどでは、二つの羽釜にたっぷりの湯を沸かして、色とりどりの冬野菜を蒸していきます。


b0169869_07005243.jpg


蒸された野菜は人肌に温かく、色も鮮やかに、このままでも十分美味しいのですが、今日は、もうひと手間かけて。。


炉では、色鮮やかな温野菜をチーズフォンデュに。。
b0169869_07005222.jpg

炉の焔でコンボが温まったら、ニンニクを擦りつけて香りづけします。
ニンニクの香りがしてきたら、チーズと小麦粉を混ぜ合わせて、溶けたところに白ワインを注いで、とろけるように馴染ませます。
たっぷり付けて熱々をいただきます。。



こちらは、温野菜のサラダ、アンチョビソース添え
b0169869_07005332.jpg

アンチョビと黒オリーブと酢の酸味が、野菜の旨味を引き立てて、チーズフォンデュとは違う あっさりとした後味で、同じ温野菜ですが、全く違う感覚で楽しめます。



そして、チーズフォンデュを作った後の熾火では、ぐるぐるパンを。。
b0169869_07005387.jpg

今回は、今までの ぐるぐるパンの材料を、国産や地物にかえてみました。
袋に入れた生地は、羽釜の蓋の上に置いて、発酵を促してみました。
羽釜の木の蓋は、湯気も加わり程良い温もりで、生地もふっくらと良い感じに発酵してくれました。

そして、もう一つの「ミントの集い」ならではの実験。。
上の写真の丁度真ん中の生地…、
それはパン生地ではなく、団子(米)を棒に巻き付けたものです。
メンバーの方で小麦アレルギーの方がいらして、その方のアイデアです。

今、食べもののアレルギーは多く、焚き火小屋でのワークショップでも、その対応をどうしたら良いか考えていました。
ぐるぐるパンを焼きたいけど…でもアレルギーがあるから、家族と一緒に楽しみたいけど出来ないという方の為にも、これは楽しみな実験です。。


b0169869_07005371.jpg

棒に巻き付けた生地は、ゆっくりと膨らんで、焼き色がついた頃には香ばしく美味しそうな香りがしてきます。

目で見て、香りを感じて、味を愉しむ。。

焚き火小屋の焔の温もりを感じながら、心もお腹も温かく、幸せな気持ちになれました。


こんなひと時を、皆さんも如何ですか。。?





Top▲ by veronica-t | 2016-01-30 20:36 | 時を紡ぐworkshop | Comments(2)
竹で作る・パンを焼く道具
山から切り出した竹は、切って削り出すことで、美しい道具へと生まれ変わります。

b0169869_21251320.jpg


先を丸く仕上げたものは、炉の焔でパンを焼く道具へ


b0169869_19552368.jpg


竹で作ったものは、手にすっと馴染み。

その色彩は、青竹のときは清々しく
古竹のときは しっくりと味わいのあるものになります。


b0169869_19585647.jpg


そして、削り出すときに出た竹の屑は、乾かす手間もなく、かまどの火の焚付けになります。


職人さんが作られた竹の道具は、それはとても美しいものです。
けれど、ただ割って削り出し、サンドペーパーで丁寧に仕上げた この棒も、また美しいと思います。

このパンを焼く道具を通して、たくさんの笑顔に出会えますように。。








Top▲ by veronica-t | 2016-01-30 07:48 | 作る | Comments(0)
竹で作る・電動工具を用いて
b0169869_00550926.jpg

鉈で、おおまかな形にしたものを、グラインダを使って角や食材を巻きつけるところ削り出していきます。


b0169869_00551084.jpg

これは、ぐるぐるパンを巻きつける部分。
角をとり丸みを出していきます。
竹の節も削り落とし、竹の持つ滑らかな風合いを出すように心がけています。


b0169869_00551097.jpg

たかが、竹を切って割って削っただけの棒…。
でも、焚き火小屋の炉で焔を見ながら食を作る大切な道具です。

前は削り出すのも、ナイフを使っていましたが、今はこのグラインダを借りて使うようになり、その作業はよりスピーディに、一度に作る本数も多くなりました。

でも…

仕事柄、鋏は、肘より高い位置で何時間でも使っていても平気ですが…
グラインダは、とにかく重い…
それに振動が伝わってくるので、何本か作ると手に感覚がなくなり、持っているのもやっと…
なんてことない、筋力が無いだけですが(笑)
そんな訳で、気持ちはみんな仕上げたいのですが、相手は電動工具、無茶することは出来ません。

今日のところは、14本。
あとは、また時間が出来たときに。。





Top▲ by veronica-t | 2016-01-26 23:51 | 作る | Comments(0)
竹で作る・ぐるぐるパンとシシカバブ用の棒
この天候で週末からの予定がなくなり、空いた時間を使って、山から切り出した竹でワークショップで使う道具を作ることにしました。

b0169869_20185268.jpg



b0169869_20185328.jpg
3m弱の竹を1mの長さに切る


b0169869_20185373.jpg
切った竹を、作る幅を考えながら、鉈と斧で半分に割る


b0169869_20185359.jpg
1本の竹から8本作るので、半分に割った竹を、さらに四当分に


b0169869_20185424.jpg
節と、裂けたところを落とす


b0169869_20185456.jpg
外が吹雪いてきたので、ここからは作業スペースで。
鉈を使い、握りやすい幅に合わせていく


b0169869_20185484.jpg
大まかに、ぐるぐるパン用とシシカバブ用に揃えたもの

右側、シシカバブ用
左側、ぐるぐるパン用

竹を切ってから、ここまで1時間半ぐらい。

3時ごろ、道路の温度計は−7度…
あれから外は吹雪いて、冷え込みは一層厳しいものに…

この後、家から凍結して水が出ないと電話があり、今日の作業はここまで。。









Top▲ by veronica-t | 2016-01-24 18:12 | 作る | Comments(0)
| ページトップ |