田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:ノブフェン窯 ( 33 ) タグの人気記事
Top▲
パン窯の中の湿度と、パンの表面
なぜか・・

自分のためとなると、
いろいろなことを試してみたくなる。

それが、この、パン窯の中の湿度とパンの表面の変化。


今使っている窯は、皿の上に濡らした瓦を敷いて
その上にパン生地を置いて焼いている。

小さな窯の中は、適度な湿度に保たれて、
焼きあがったパンは、こんがりとした艶がでる。


b0169869_1182644.jpg




では、瓦を濡らさずに焼いてみたらどうだろう。。


瓦を濡らさず、底のこげ具合が気になるので、
いつもよりオーブンシートの枚数を増やして、パン生地をのせて焼いてみた。

途中、何度も蓋を開けて、焼き具合をチェックしてしまう・・。
そうすると、窯の中の温度を下げてしまうことなり、
表面の焼き色が、なかなかつかないことも分かった。(←反省・・)


それでも、こんがり焼けたパンには感激!!


b0169869_118564.jpg



同じ生地だとは思えないほど、ハードなパンが焼けた。
小さなパン焼き窯だけど、使い方次第でいろいろ楽しめる。
これは楽しい。。


そして、もうひとつ・・
これでよ〜く分かったことがある。


それは、この窯で焼いた艶やかなパンは、数日たつとしっとりと落ち着く。
パンの表面もしっとりと落ち着き、パン全体がもっちりとした食感になる。

私が毎日食べるパンには、ハードな感じより
しっとりとしたほうが良いみたい。。

さて、今から瓦を濡らしてパンを焼こうっ。。
Top▲ by veronica-t | 2012-04-16 05:16 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(4)
「ブーランジェール」
b0169869_12355049.jpg

うちには、洒落た電気やガスのオーブンはない。
その代わり、「鉄のパン焼き窯」や「ロケスト&パン焼き窯」がある。

これらの窯は、パンだけじゃなく、ケーキやグラタンなど
オーブン料理のほとんどが出来ちゃう優れもの。。

そして、薪を焼べて作る料理は、どれも美味しい。


今夜の料理は、歯医者の待合でたまたま読んでいた本に載っていた
「ブーランジェール」というもの。
そこには、パンを焼いたあとの窯の余熱で作ると書かれていた。

材料は、うちにあるジャガイモと玉葱だけ。
あとは、お買い得になっていた豚肉のロースを買い足せば良いなんて最高。。

さっそく家族が帰るころを見計らって、風呂焚きの横でロケストに薪を焼べて料理を始めた。
そして、長女が帰るころには、「プーランジェール」の良い香りがあたり一面漂う。。

長女は、私が焚き火で料理をしていると、とても喜ぶ。
以前、「母さん、焚き火だと料理がとっても上手!」と、褒めてくれたこともある。・・フクザツ・・
やってきた長女に、熱々の「プーランジェール」を渡すと、
「焚き火って、ほんと料理を美味しくしてくれるんだよね〜」などと、本当に嬉しそうに喜ぶ。


いつしか、娘にとって、この光景は当たり前のものになったんだなぁ。。と、
しみじみ嬉しく思う。

さて、今度は何を作ろうかな〜。。
Top▲ by veronica-t | 2012-03-10 12:51 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(6)
「瓦のキッチンストーブ」で、ピザを焼く
瓦のキッチンストーブで、「ノブヒェン窯」を使って、ピザを焼いてみた。
b0169869_2122177.jpg


b0169869_21294314.jpg- 使う生地 -
 (強力粉) 強力粉・イースト・塩・オリーブオイル
        一次発酵あり
 (薄力粉) 薄力粉・ベーキングパウダー・塩・オリーブオイル
        一次発酵なし
 生地に使う小麦粉を、それぞれ別々にして使ってみた。 
 それぞれの粉の特徴を生かして使えば、どの粉も使える。




- 野菜とチーズたっぷりピザ -
b0169869_21223493.jpg
生地・・強力粉の生地
具材・・玉葱・ピーマン・ウィンナー・チーズ
ソース・・手軽に購入できるケチャップを使用。

瓦のキッチンストーブで最初に焼いた一枚。
中に敷く瓦は、ピザの場合濡らさないほうが上手く出来た。




- ほうれん草とアンチョビのピザ -
b0169869_2123365.jpg
生地・・強力粉の生地
具材・・ほうれん草・アンチョビ
生地をのばしたら、オリーブオイルを塗り、香りづけにニンニクを擦りつけると美味しい。

畑にほうれん草があったので、アンチョビと合わせてシンプルなピザにしてみた。
ほうれん草は、生のままちぎって乗せた。
アンチョビが多かったので、少し塩辛い。
次のピザでは、アンチョビの量を減らして、荒く刻んでのせた。
味つけはしなくても、ちょうど良かった。




- ひじきのピザ -
b0169869_21232340.jpg
生地・・強力粉
具材・・ひじきの煮物・チーズ

ひじきは乾物を使用。
水で戻して、油をひいたフライパンで炒り、砂糖と醤油と味醂で味付け。

女性は、どうしても貧血になりやすいので、ひじきで作ってみた。
煮物なのにチーズに合う。
ひじきの他に、人参など入っても美味しいと思う。



- じゃがいもピザ -
b0169869_21234116.jpg
生地・・薄力粉(薄くのばす)
具材・・じゃがいも・ローズマリー・ニンニク(細かなみじん切り)

生地は薄くのばして、オリーブオイルを塗り、香りづけにニンニクを擦りつけると美味しい。
じゃがいもは薄くスライスして、
オリーブオイル・ニンニク・塩・ローズマリーに漬けておく。

とってもシンプルだけど美味しい。




- バナナピザ -
b0169869_2124137.jpg
生地・・薄力粉(薄くのばす)
具材・・バナナ・はちみつ・チーズ・ハーブ(今回はミント)・黒こしょう(好み)

生地をのばして、オリーブオイルを塗って、バナナを並べておく。
チーズを乗せて、はちみつをかけて、好みで黒こしょうをふりかける。

おやつ感覚のピザ。
バナナを、苺や林檎・さつまいもにしても美味しい。



- 菜の花のピザ -
b0169869_21241891.jpg
生地・強力粉
具材・・菜の花(大根)・アンチョビ

生地をにばして、オリーブオイルをぬり、香りづけにニンニクを擦りつけると美味しい。
菜の花は、生で使用。

菜の花といっても、畑で育ちすぎた大根の花が咲く前に摘んだもの。
これが少し焦げ目がついて香ばしく、とても美味しかった。





瓦のキッチンストーブでは、使った燃料もごくわずかだった。
焼き上がりの時間が、他にくらべてとてもはやい。
瓦を組んだだけのキッチンストーブ、これならどこでも熱々のピザが焼ける。






- 「焚き火小屋の備忘録」より -
原理の理解のために。もしくはサバイバルなロケットストーブの作り方
集会所などの避難施設で使えるように考えたダブルコンロの記事
「ノブヒェン窯」について

- はるのさんの「山の子」のブログより -
瓦のキッチンストーブの作り方
「フライパンのパン焼き窯でピザを焼こう!」
Top▲ by veronica-t | 2011-03-31 00:52 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(8)
| ページトップ |