田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:ノブフェン窯 ( 33 ) タグの人気記事
Top▲
瓦のロケストで、ピザが焼けるまで。。(時間と薪)
瓦のロケストで焼いたピザ・・
いったい、どのくらいの時間と燃料で焼けたのでしょう?

あつあつ焼きたてのピザを食べたい気持ちをグッとこらえて、
メモ書きしてたのを、ちょっとまとめてみました。


まずは、ピザが焼けるまで時間。。

b0169869_1148233.jpg
(1枚目) 13分 (うち3分・・薪を焼べている時間)
 1)窯の中に敷く瓦は濡らさず、乾いたままで使う。
 2)予熱なし、窯の中の瓦は温まっていない。
 3)野菜からたくさんの水分が出る。
 4)蓋を開けて中を確認。(3’5’8’)

(2枚目) 8分
 1)瓦はそのままにして、次の生地を置く。
 2)窯の中の瓦は熱くなっている。
 3)野菜の水分が、1枚目より早く蒸発していく。
 4)音と香りに頼りに、それでも確認。(3’5’)

瓦のロケストの熱が安定してくる。
(3枚目) 5分
 1)瓦はそのままにして、次の生地を置く。
 2)窯の中の瓦、高温。
 3)瓦の上に置くとすぐ、水分が蒸発していく。
 4)同じように確認。(3’)

(4枚目) 3分
 1)瓦はそのままにして、次の生地を置く。
 2)窯の中の瓦は、かなり熱い。
 3)瓦の上に置くとすぐ、水分が蒸発していく。
 4)焼けるまで開けていない。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


次は、このピザを焼いたときに使った薪の量です。
火を使って調理した経験のある方、きっと驚きです。

b0169869_11465957.jpg
(準備した薪)
廃材を小割りにしたもの(2cm×2cm)。
そばに置いたペットボトルは500ml。



(1枚目のピザが焼けるまで)
最初に火をつけてから、10本ちかく薪を焼べる。
このとき、薪を揃えて入れず、
薪と薪の間を空気が通るようにすると、よく燃える。
その後、3本薪を焼べて強火にする。


(2枚目から)
薪を奥に押し込みながら、新たに薪を2本ずつくらい
焚口に焼べていく。
その他はすることはない。



(ピザ4枚が焼きあがったとき)
最初準備した薪の1/3ぐらいを消費する。






薪を焼べてから予熱なしで焼き始めて
最初の一枚目は13分くらいで焼けました。
瓦のロケストは、その後どんどん蓄熱をしてきて
3枚目からは、生野菜たっぷりのピザでも3分で焼けます。

瓦のロケストの良いところは、きっとこの蓄熱なのかなと思います。
わずかな燃料で蓄熱する瓦のロケストは、大勢が食事をとるときや
ずっと火を焚くときなど、とても役立つと思います。

私の知っている「かまど」、これは一度にたくさんの料理を作れ
「かまど」内の蓄熱で、いつまでも料理が冷めることもなく食べられます。
しかし、災害時など急なときに、この「かまど」を作っている時間も
材料もありません。
そんなとき、瓦を集めて積み重ねたロケストは、どこでも場所を選ばず
短時間で作れます。
そして、少ない燃料で調理できるので、そのぶん長時間使うことができます。

わずかな燃料」で「お湯を沸かす」、そしてしばらく「保温」する。
それが出きるのも、この瓦のロケストの凄いところだと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

・日時・・2012・9・20 pm16:39〜
・天候・・曇り
・ピザ(クリスピー)
・野菜(玉葱、茄子、パプリカ、ウインナー、チーズ)厚み2cm


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このメモ書きを「山の子」で、コナラとクヌギが分かりやすく教えてくれています。
ぜひ、ご覧ください。。

- 山の子 -
  特別編<使ってみようよ 瓦のロケットストーブ : その2>


コナラちゃん、クヌギちゃん。。後はよろしく。。
Top▲ by veronica-t | 2012-09-30 21:01 | 焔のある暮らし | Comments(4)
野菜たっぷりピザ - 瓦のキッチンストーブ -
今日は「瓦のキッチンストーブ」で、野菜たっぷりのピザ焼き。
いつものペール缶のロケストと違って、瓦のロケストは迫力があり、
どっしりと構えた姿は美しい。。
b0169869_2194543.jpg


こうして積み重ねてあると、迫力満点なんだけれど、
もともと、災害後そこにあるもので・・と、被災地支援にと考えられたロケストだから、
一枚にすると、子どもでも持てる手軽さで、しかもこの瓦の構造から重なると
ビクともせず安定感にも優れている。

そんなロケストの今日の燃料は、建築廃材の杉を小割にしたもの。
薪に火がついたかと思うと、パーっと勢いよく焔が上にあがっていく。


b0169869_2201313.jpg



瓦なので、一度温まると煉瓦のように熱が蓄熱されて、安定した調理ができる。
今日は、野菜たっぷりピザを焼いてみる。

ちょうど居合わせたお仲間に「ピザを一緒に。。」と、お誘いしてトッピングしてもらうと、
なんと!玉葱・茄子・パプリカ・ウインナー・チーズと、厚み2cm近い・・。

しかし・・いくら野菜たっぷりといっても・・・・・
さすが、野菜好きのピザ。。


b0169869_2235059.jpg


そんなジューシーな野菜たっぷりピザでも、この瓦のロケストなら
こんがり美味しく、しかもジューシーさはそのままに焼いてくれる。


b0169869_223214.jpg


あまりの美味しさに。。
そして少ない燃料で、次から次へと焼けるもんだから、
ウォーキング中のご近所さんも誘う。。


b0169869_13514893.jpg


使った薪は、わずか最初の量の1/3ほど。

キッチンストーブに火を入れ始めて、焼き終わるまで1時間もかからず、
野菜たっぷりピザ4枚焼けた。


b0169869_14132216.jpg

Top▲ by veronica-t | 2012-09-20 23:54 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(6)
今日もまた、シンプルパン。
ご飯のような「シンプルパン」の材料は、キタノカオリ、小麦の酵母、塩、水。
つまり、小麦と塩だけ。。

あとはロケストに火を焚いて、ノブフェン窯に入れて焼くだけ。。
ロケストで焚くのは、廃材を小割りにしたものや、山から持って帰った小枝、
そして抜いた雑草に、秋になれば落ち葉だって燃料になります。
b0169869_83032.jpg


ときどき焼べる薪をたして、パンの様子をみたら、
あとはそのまま。。焔まかせ。。
20分もしないうちに、熱々の「シンプルパン」が焼けました。


b0169869_1024716.jpg


で・・・

気になりません。。?
焚き火で焼いた「シンプルパン」の 横や底の焼き具合。

ちょっと気になる焼き色を、
「シンプルパン」をグルッとまわしてお見せします。。




まず、横。。
b0169869_103943.jpg




そして、底。。
b0169869_1032793.jpg



今日も、こんな具合に美味しく焼けました。。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おしらせ。。

ちいさな大自然の再放送が、13日の木曜19時から、BSフジで放映されます。
お時間の都合があいましたら、ぜひ、この田舎の美しさと美味しさに触れてください。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山の子」さんのブログ更新。。

震災後、ロケストとノブフェン窯のことを漫画にして、私たち女性や子どもにも
分かりやすいように伝えてくださっている「山の子」さんのブログ。。

特別編<使ってみようよ 瓦のロケットストーブ : その1>

b0169869_910586.jpg
今回も、コナラとクヌギが分かりやすく
「瓦のロケットストーブ」のことを教えてくれます。


とても あたたかな漫画です。
どうぞ、ご家族でご覧になってください。。




漫画をクリックされますと、画像が大きくなります。
また、色が変えてあるところをクリックされますと、
そのサイトに繋がります。。






Top▲ by veronica-t | 2012-09-11 09:19 | 焔のある暮らし | Comments(14)
「かぼちゃのスフレチーズケーキ」
b0169869_4141042.jpg


出発間際、娘のためにケーキを焼いた。

今度帰ってくるのは、お正月かな・・?
そういうと、珍しくしゃくりあげながら泣いていた。

向こうに行ったなら、きっとこんな風には泣けないだろうから
今は黙ってそのままにしておこう

でも、あんまり泣きじゃくるから、こっちの涙腺もゆるんでくる・・
いつもなら、焚き火の煙が目にしみただけだよって、いうけれど
ロケストは、完全燃焼するから煙なんて出やしない。

それなら気を紛らわそうと、いつものように薪をどんどん焼べていじりたくても
ロケストはとても少ない燃料ですみ、しかも何もしなくても薪は燃えていく。

ロケストとノブフェン窯だと、いつものように強い母になることができなくって、
素直な気持ちで、娘の頭を数回撫でてた。



b0169869_414289.jpg


ロケストとノブフェン窯の優しい焔で焼いたのは、茨木くみ子さんの
「ふとらないお菓子 バター、オイルなしでもこんなにおいしい」より
「かぼちゃのスフレチーズケーキ」。

思いっきり大好きなスイーツを食べて欲しくって
そして、おばあさんが育てた、娘の大好きなカボチャも使ってできるケーキ。

ロケストの優しい焔と、窯の中に適度の湿度が保てるノブフェン窯は、
ケーキ作りにとても適している。

まだ熱々のケーキだけど、ふんわりとした口当たりと優しい味がした。
Top▲ by veronica-t | 2012-08-19 15:55 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(16)
木漏れ日のなかで
b0169869_15133131.jpg



今日は、谷を心地良い風が吹いていく

仕事の合間の 木漏れ日のなかでのパン焼き

とっても気持ち良い。。




b0169869_15123450.jpg昨夜は、いつもより気温が下がっていたのか、
酵母の調子がとても良い。

ここのところ暑くてダレ気味だった酵母、
今朝は今までのように張りが出ていた。







さてさて、焼きたてのパンと
採れたての野菜を手土産に、少しだけ遠出してきます。。

そういえばお中元の挨拶の季節。。
この手土産を久しぶりに会う あの笑顔は喜んでくれるかなぁ〜
・・仕事に行かれる前に、間に合えば良いけど・・

では、行ってきます!
Top▲ by veronica-t | 2012-08-09 15:34 | 焔のある暮らし | Comments(7)
「ガトーショコラ」
ロケストとノブフェン窯て焼いた、とびっきり美味しいガトーショコラ。

b0169869_15375243.jpg



私は、パンと同じように、ケーキも焚き火で焼く。

そう話すと必ず驚かれる。
でも、そんなに不思議なことなのかなぁ。
私にとっては当たり前のことなんだけど・・

ただ、焚き火でケーキを焼く道具は、次第に進化している。

最初に使ったのは、ダッチオーブン
正直何も考えずに、焚き火で作るオーブン料理は、これを使わないと出来ないと思っていた。
もちろん、これを使えば美味しいケーキもパンも焼ける。
でも使っているうちに、せっかく良い感じに置いた蓋の上の薪や炭を退かす作業と、
新たに良い感じに戻す作業の繰り返しに不便さを感じた。


そんな様子を見て、しまね自然の学校の代表で
ベロニカの会のスーパーバイザーの岡野さんが作ってくださったのが、鉄のパン焼き窯
これはとても画期的で、機能性に優れ、また燃料も少なくてすんだ。
なんといっても、いちいち蓋の上の燃料を動かさずに、扉を開けて中の様子を確かめることができる。
しかも窯の中の温度が、中を確かめたからといって大きく変わることもない。
そして、いっぺんにいくつものケーキを焼くことができる。



そして去年・・
参加した子どもたちと、山の天辺でガトーショコラを焼く機会があった。

使った道具は、ロケストとノブフェン窯。
燃料にしたのは、山の天辺で子どもらが集めた松ぼっくりと小枝。

まず、ケーキの底に熱が強くあたることを考えて、窯の皿に乾いた瓦を敷いて
ケーキ型の底にはクッキングシートを3枚敷いて、アルミ箔で蓋をして焼く。

松ぼっくりと小枝の焔は、ゆっくりじんわりとケーキを優しく焼いていく。
生地が型からこぼれることもなく、窯の中でふんわり大きく膨らむ。

ケーキが大きく膨らんで固まってきたら、蓋のアルミ箔をとって
さらに弱火で焼いていく。

焼けたケーキの真ん中を、そっと串でさして生地がつかなかったら
そのまま風の吹くところで休ませる。

松ぼっくりと小枝の わずかな燃料で、とびっきり美味しいガトーショコラが焼けた。


私は、この山の天辺で子どもたちとガトーショコラを焼いた日から、
ケーキを焼く道具は、ロケストとノブフェン窯と決めた。

優しい焔で焼いたケーキは、ほっぺが落ちそうなくらい美味しい。。
そして、やっぱり美味しいものを作るには、良い道具が必要だ。
Top▲ by veronica-t | 2012-08-08 00:45 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(0)
青梅酵母のシンプルパン
初めて、うちにあるもので酵母液種を育ててパンを焼いた。

難しいことを何も考えず・・
いや、難しいことを考えると、ますます分からなくなるから
ただ、それだけを見ながらやってみる。

b0169869_9174849.jpg



小麦酵母を除いた いつもの分量に、水の代わりに液種を加えた。
醗酵も、いつものように生地まかせで丸一日がかり。

いつもより やわらかな生地で、少し横にひろがる。
窯に入れたパン生地は、少しだけプクッと膨らむ。

いつもと違う、美味しい香り。。


b0169869_918415.jpg



青梅酵母液種を育てた青梅をジャムにして、
焼きたてのパンにつけて食べた。



b0169869_9185189.jpg


譲ってもらった小麦粉の酵母と、青梅の酵母。
しばらくは、この二つのパンを楽しむ。
Top▲ by veronica-t | 2012-07-01 05:15 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(6)
飽きないパン
窯から出したパンは、パチパチと、今日も美味しい音がする。

b0169869_131418.jpg


鉄のパン焼き窯が完成したのは、今から6年前の5月14日。。
あれから、ずっと、火を熾してパンを焼いてきた。

・・というか、私は、焚き火でしかパンを焼くことができない。

これまでレーズンや胡桃、ワインに牛乳・・いろんなパン焼いてみたけど、
やっぱり、シンプルなパンが美味しい。。

炊きたての白ご飯のような
そんな飽きのこない、シンプルなパンが良い。

噛めば噛むほど味わい深い、このシンプルパンが好き。。
Top▲ by veronica-t | 2012-06-19 01:54 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(17)
「黒糖饅頭」
今夜はロケストで、黒糖饅頭。

b0169869_23512073.jpg


感謝の気持ちを込めて、甘党の母へのプレゼント。


b0169869_2351382.jpg


出来たて熱々の黒糖饅頭。
おばあさんと二人で食べた。

甘いもんでも食べて、これからも元気でいてね。
いつもありがとう。。
Top▲ by veronica-t | 2012-05-14 23:51 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(4)
試してみました。
昨日いただいたコメントのお返事に
この窯さえあれば、ガスでも電気でもパンが焼けます!

と、言ったけど・・

正直、私は聞いただけで自分で試してみたことはない。
あやふやな答えは、やっぱり失礼かなぁ。。と、
今朝、タイヤ交換をしたあと、ガスでパンを焼いてみました。

b0169869_8233592.jpg


窯の中に入れる瓦は、やはり濡らして

火は、最初の数分は強火。
あとは、トロトロ中火から弱火で20分から30分くらい焼きます。



で、焼けたのが、これ!

b0169869_8235117.jpg



私は、焼き色は薄いほうが良いので、このくらいで。。
美味しそうなパンが焼けました。


b0169869_824364.jpg


と、いうことで、この窯さえあればパンは焼けます!


では、今から娘を迎えに片道4時間車を走らせてきます。。
タイヤ交換したばっかり・・
まぁ、飛んで逃げることはないでしょう。。

では、行ってきます!!
Top▲ by veronica-t | 2012-05-03 08:16 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(4)
| ページトップ |