田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:ノブフェン窯 ( 33 ) タグの人気記事
Top▲
気ままなパン焼き
b0169869_00381536.jpg


涼しくなって、パン生地の発酵も穏やかに
ゆっくりと膨らむようになってきた。


b0169869_00381591.jpg


いつもは、気ままなパン生地の発酵に合わせて、

ときには、本業の仕事や、畑の作業や家の用事に合わせながら
発酵を遅らせるように、冷蔵庫の野菜室に入れたりして…

暮らしのリズムに合わせて
美味しいパンを焼いていこう。。

今日も、香ばしく美味しそうな香りがしてきた。
Top▲ by veronica-t | 2015-09-20 12:44 | 焔のある暮らし | Comments(0)
薪を小割りにしながら
b0169869_08173330.jpg


風の谷は朝晩と肌寒く、風呂焚きやロケストの焔が心地良い。

ロケストの近くで、風呂の焚き付けの薪を斧で小割りにしながら、パンを焼く。
ほんわりとした温もりが、カラダも心も優しく包んでくれる。


暖かな温もりと、香ばしいパン
朝から贅沢な時間だなぁ。。

さて、焼きたてのパンを食べて、今日も頑張ろう!











Top▲ by veronica-t | 2015-09-14 06:38 | 焔のある暮らし | Comments(0)
風味豊かなシンプルパンを。。
ノブフェンをいただいて、その風味ある味わいに心まで豊かな気持ちになれる。

御飯で例えるなら、いつも焼いているシンプルパンが白米なら、ノブフェンは玄米。
噛めば噛むほど味わい深く美味しい。

その風味豊かな味わいに近づきたくて、教えてもらった南部小麦を加えながら、粉の調合を微妙に変えてみる。

b0169869_23424871.jpg


何度か粉の量を変えたり、酵母に使う全粒粉も加えながら、やっと納得出来る味わいに近づいた。
その味わいに合わせてクープもシンプルに変えてみる。。



b0169869_23424783.jpg


窯から出すと、パチパチという音とともに香ばしいかおり。。

酵母を育てるためにパンを焼く。
美味しいパンが食べたいから、酵母を育てる。
ただ、それだけ。。

今日もパチパチという音と香ばしいかおり。。



- pain de tae -

ゆめちからブレンド 260g
南部小麦 30g
石臼挽き全粒粉 10g
塩 1g
小麦粉酵母(50gの酵母の種継ぎをした残り)
水 180g
Top▲ by veronica-t | 2015-08-17 07:49 | パンを焼く焔を見つめながら | Comments(2)
農園に瓦のキッチンストーブを
有機栽培講座の農園に設置された瓦のキッチンストーブ。
b0169869_06201095.jpg


農園をぐるりと囲む緑肥のソルゴーを燃料に、収穫した野菜を食するまでを講座のプログラムに取り入れることが出来ればということで設置されました。



ソルゴーの燃焼実験。。
b0169869_06201115.jpg


刈り取られてから数ヶ月経っていて乾燥しているので、着火も燃焼も良いです。

今まで、刈り取った後は農園の片隅に置かれていたソルゴーですが、他の緑肥と違い、ソルゴーのサトウキビのような茎が土に還るまでは時間がかかるそうです。

それなら、他に何か活用出来ないかということで実験してみましたが、想像以上に良く燃え燃料として使えます。


b0169869_06201169.jpg


もうひとつの目的は、講座の中で農園で採れた野菜を食すること。

この日は、ノブフェン窯を使って、先日収穫したキタアカリを食してみました。

b0169869_11423779.jpg


スライスしたキタアカリにバジルソースを塗って、トマトを乗せて蒸し焼きに。。

あらかじめキタアカリを茹でていたので、わずかな燃料で、短時間で調理できました。


b0169869_11461604.jpg


この日設置した瓦のキッチンストーブですが、帰るころにはもうすでに農園の風景に溶け込んでいました。

そこにあるもので賄える暮らし。。
そんな心豊かな暮らしが出来ればと思います。




・瓦のキッチンストーブについて
- 「焚き火小屋の備忘録」より -
原理の理解のために。もしくはサバイバルなロケットストーブの作り方
「ノブヒェン窯」について

- はるのさんの「山の子」のブログより -
瓦のキッチンストーブの作り方
Top▲ by veronica-t | 2015-08-05 19:12 | 農園 | Comments(0)
瓦のキッチンストーブで。。
焚き火小屋の瓦のキッチンストーブ。
周りの木々や風景の中に静かに佇むその姿に、心地良さと安らぎまでも感じます。
b0169869_12574796.jpg


瓦のキッチンストーブに火を入れて、茄子の蒸し焼き。
b0169869_12574850.jpg


久しぶりにキッチンストーブに火を入れましたが、どこを直す訳でもなく良い感じに使うことが出来ました。
b0169869_23193324.jpg


今の暮らしの中に、かまどの焔を感じさせてくれる瓦のキッチンストーブ。
b0169869_23193413.jpg


ゆっくりとじっくりと焔を見ながら過ごす時間は、心豊かなとても贅沢なひとときでした。
Top▲ by veronica-t | 2015-07-30 23:02 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(0)
心地良い朝の風を感じながら
b0169869_8372249.jpg

谷の朝は清々しく、遠くで鳥がさえずり、
この風に乗って心地良く響く。

この風を感じながら、手入れを始めた外流しの前で
パンを焼く。

b0169869_9325037.jpg

このロケストは二代目。。

今度のロケストには、ノブフェン窯との間に
ペール缶をカットしたものが入っている。
このお陰で風の強い日でも熱が逃げず、
パンは上まで綺麗な焼き色がつくようになった。


b0169869_11174262.jpg

パン2個を焼くのに使ったのは、
庭先の柿の木と裏山の木を手入れをして出た小枝。
それもわずかな量。

風の強い日には、庭の吹き溜まりに山の木々の
小枝や落葉が勝手に集まってくる。
腐葉土や燃料になるものが、谷の風に乗って集まるなんて、
こんな嬉しいことはない。
Top▲ by veronica-t | 2015-05-25 08:05 | パンを焼く焔を見つめながら | Comments(0)
ロールケーキ
娘のリクエスの「ロールケーキ」。
b0169869_12311815.jpg


ふわふわで美味しいロールケーキ。
それを娘に合わせてカロリー控えめに。。

今回参考にさせていただいたのは、こちらの低カロリーロールケーキ レシピ

中のクリームはヨーグルトなので
今年のような猛暑でも食べやすい、爽やかなロールケーキに仕上がりました。


b0169869_22395447.jpg


- レシピ メモ -

<材料> 約15cm×18cm
・生地・
   薄力粉(阿蘇のいずみ)     40g
   砂糖(パルスイート)        6g
   卵(小)                1ヶ
   牛乳(木次パスチャライズ)   大1
・ヨーグルトクリーム・
   ヨーグルト(無脂肪)      500g(水分を落とす前)
   砂糖(パルスイート)        3g
   粉ゼラチン              2g
   水                  10ml

<調理器具>
   ノブフェン窯
   ロケスト
   薪


 ・ケーキの型にと買ってきたステンレス製のトレーは、
  ノブフェン窯に入らず、今回はアルミホイルで作った。
 
 ・ノブフェン窯の中の瓦は、生地を焼く時間が短いので
  濡らさず使用。
  瓦は、厚さ1,5mmの一枚瓦。

 ・ヨーグルトの水分を、12時間くらいかけて落としたので
  牛乳は少し多めにしてみた。

 あとの順序は参考レシピと同じ。
 あっ、大きく違うのは調理器具と燃料です。。(笑)



・・・・・・・・・・・・・・・

この夏の娘の帰省。。とにかくご飯を作った。

そして感じたこと。。
母親のできることって、その子(家族)を思い、ご飯を作ることなのかな・・と。
あらためて、自分の子育ての食べることへの反省もしたりして。。

美味しいといって食べてくれる娘の笑顔は、
母にとって、最高のご褒美でした。。
Top▲ by veronica-t | 2013-08-18 22:53 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(5)
苺のジャムとシンプルパン
b0169869_11321289.jpg


畑で育った苺は、粒の大きさも熟仕方もいろいろ。

小さめなボールに、わずか一杯の収穫だけれど、
子どもたちが巣立ったあとは、この数も食べきれず、
このままだと痛んで勿体ない。

時間は夜中。。
ちょうど、仕込んでおいたパン生地も発酵したので、
パンと一緒にジャムも作ることにした。

眠いけれど、じっくり時間をかけて作ったパンと苺ジャムは、
ほんと良い香りで美味しそう。。

今朝の朝食にいただきます!
Top▲ by veronica-t | 2013-05-25 06:12 | 焔のある暮らし | Comments(8)
シンプルパンを、他のもので例えるなら・・
b0169869_2226851.jpg


このパンを他のもので例えるとしたら・・
やっぱり、かまどで炊いたご飯かな。。

それも、炊き込みご飯や豆ご飯でもなく、
ピラフやパエリアでもない。

お米も、玄米や五穀米でもなく、白米。

畑で育った野菜を美味しく食べたいから、
「かまど」で炊いたご飯のようなパン。

それがこのパンかな。。

b0169869_22262629.jpg



- シンプルパン -
  *キタノカオリ(200g)・小麦の酵母(25g)・塩(2g)・水(120g)

  *一次発酵・・掘り炬燵のある部屋で、12時間。
  *二次発酵・・暖房をしない台所のテーブルの上で、3時間。
 
  *道具・・ロケストとノブフェン窯
  *燃料・・廃材
  *ノブフェン窯の中の瓦・・濡らさない
  

Top▲ by veronica-t | 2013-04-30 23:19 | 焔のある暮らし | Comments(4)
山食パン
b0169869_18562153.jpg

ロケストとノブフェン窯で焼くパンで、
今、一番気に入っているのは、この「山食パン」。

どうもこの形が、我が家の食に合っているらしい。。

帰省した娘は、このパンを食べたくって食べてくて、
念願叶って、食べ尽くして寮へと帰って行った。

パンを焼いていると、あの笑顔を思い出して
ジーンときてしまう。。

ノブフェン窯の蓋を開けると、パンはパチパチと音をたてている。
あたり一面、香ばしい美味しい香りが漂ってくる。

これで母の味、もうひとつ出来た。。
Top▲ by veronica-t | 2013-01-16 19:30 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(10)
| ページトップ |