田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:つくる ( 27 ) タグの人気記事
Top▲
お茶事in焚き火小屋への一歩。
廃材置き場の片付け⑴

ここは、焚き火小屋への庭に繋がるところにある、バラスや廃材、剪定した枝の置き場です。
b0169869_00181811.jpg



b0169869_00181869.jpg



b0169869_00181993.jpg

ほとんど無造作に次々と積まれた、この場所を、次のお茶事に向けて片付けることにしました。


b0169869_00181933.jpg

この竹ドームも、片付けが終わったら新しいものに作り替えます。


果樹畑から見た竹ドーム
b0169869_00182063.jpg


その為には…まずは地道に片付けから。
b0169869_00182084.jpg


無造作に置かれた小枝は、手で折れるほど乾燥しています。
b0169869_00182085.jpg

それを束ねながら片付けると、立派なロケストの燃料です。

ずっと手付かずだった置き場の片付けは、不安定な気候と、本業や畑仕事の合間にするので、気が遠くなりそうですが…

不思議なもので、春にここでお茶事をするという、ひとつの目標が出来ると、その作業すら楽しく出来ます。

空いた時間に、ひとりコツコツと。。
暖かくなる前に片付けて、ここに草を生やして、山に竹を切り出しに行って、竹ドームの資材を作り、そして竹ドームを作る。

考えたら、沢山の作業ですが、ひとつずつ焦らずコツコツと。。
焚き火小屋の床を壊し、篩にかけて、コンクリを練り、コンクリ張りにした。
あのときみたいに、コツコツと。。






Top▲ by veronica-t | 2016-01-17 00:15 | 焚き火小屋から | Comments(0)
塩レモン作り
b0169869_17183760.jpg

レモンをいただいたので、これまた作りたかった塩レモン作りをしました。

無農薬無肥料だから、安心して使える喜び。。
レモンの上下のへたを取り、粗塩をつけて洗い熱湯に1分くぐらせて、水気を丁寧に拭き取ります。
粗く刻んで、レモンの15%くらいの塩と蜂蜜を少し加えて、熱湯消毒した瓶に詰めて…
上下に瓶をシャカシャカと。。
このまま常温で3日間、1日一回シャカシャカと振ったら、その後は冷蔵庫で保存するだけだとか。。

保存食作り、今までなかなか出来なかったけれど、子育ても一段落した今、やっと目覚めてきました。
保存食作りは焦らずに。。
そのときがきたら少しずつ始めれば良いのかなと。。




Top▲ by veronica-t | 2015-12-05 06:05 | 作る | Comments(0)
アンチョビ作り・塩漬け
b0169869_05470182.jpg


片口イワシの下処理までしたものを戴いたので、ずっと作ってみたいと思っていたアンチョビを作ることにしました。

大変なところの下処理は綺麗に丁寧にされていて、骨と身を分ける作業から始めました。
それを塩水で洗い、熱湯消毒をしたタッパーにイワシの皮目を下にして、重さの5割程度の塩を間に入れながら詰めていきました。

これで1ヶ月間、冷蔵庫で保存。。

イワシを丁寧に下処理していただいたことに感謝しながら、あと1ヶ月先の次の作業が楽しみです。



Top▲ by veronica-t | 2015-12-04 22:09 | 作る | Comments(0)
ドライトマト作り
b0169869_14045584.jpg


農園のプチトマトを天日干し。。

今まで本業と二つのバイトの掛け持ちで、
なかなかこうした余裕が心になかった

子育てが一段落して、
もう一度、自分のこれからと向き合うようになり、
少しずつだけど、こうした時間を大切にしていこうと思う
Top▲ by veronica-t | 2015-07-29 14:02 | 作る | Comments(0)
石を積む(木戸)その3
b0169869_22551433.jpg

石を加工したりは出来ないから、そのままの形でしか積めないけれど、
とりあえず土台になるところまで出来た。

あとは山に石を拾いに行ってから…
Top▲ by veronica-t | 2014-11-30 22:47 | 作る | Comments(0)
仕事の合間に石積み(木戸)その2
b0169869_2134378.jpg

仕事の合間に二段目をつくる。
ここでは、クレマチスの支柱を止める針金を入れ込んだり、
道にはみ出ないか考えながら、積んでいく。
一段目より考えることが多く、迷ったときは
手を止めて離れて見てみる。

少しずつ形になるのが楽しい。
Top▲ by veronica-t | 2014-11-28 23:10 | 作る | Comments(0)
自分に合った石積み(木戸)その1
b0169869_1291865.jpg

谷川の道から庭に入る木戸に、石積みの壁を作る。
焚き火小屋の石積みの壁を見ながら、いつか暮らしの中に
取り入れたいと思っていた。

素材はここにあるもので、石は谷川の奥に沢山転がっている、
砂も谷から流れ出たものを篩にかけた細かなもので、
自分の暮らしのリズムに合わせて作っていく。


b0169869_142932.jpg


急な本業の仕事にもすぐに対応出来るように
わずかな量を練っていく。
道具も身近なもので、モルタルを練るのは子供たちが学校で
使っていた引き出しとシャベル。

時間があるときに、ゆっくり作り上げていく。
Top▲ by veronica-t | 2014-11-27 22:21 | 作る | Comments(0)
| ページトップ |