田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
タグ:くるみ市 ( 34 ) タグの人気記事
Top▲
玉葱、ジャガイモを出荷しました。
保存用の玉葱とジャガイモを、くるみ市さんに出荷しました。

保存用の玉葱
b0169869_07553209.jpg


キタアカリ
b0169869_07553257.jpg


男爵
b0169869_07553312.jpg

Top▲ by veronica-t | 2015-07-02 12:50 | 野菜の出荷 | Comments(0)
いんげんを出荷しました。
くるみ市さんに、2種類の「いんげん」を出荷しました。

いんげん
b0169869_22183766.jpg




平さやいんげん
b0169869_22183814.jpg


Top▲ by veronica-t | 2015-06-23 18:15 | 野菜の出荷 | Comments(2)
現代農業8月号に載りました。
b0169869_1203473.jpg


以前、ブログでご紹介した バジルの出荷が、
「現代農業」8月号に載りました。

たまたま、このブログでバジルの出荷方法を読んでくださった
現代農業の編集者の方からのお誘いに、正直なところ初めは戸惑いました。

それは、今は本業やらで忙しく、畑に立つことも野菜の出荷も出来ない状況で、
バジルの出荷といっても、くるみ市さんに試験的にさせてもらったもの・・、
そんな私が記事を載せてもらって良いのかなと、しばらく悩みました。

それでも書かせていただいたのは、この記事を読んで
そうか、こんなやり方があったのかって、
やってみようという人がいたら良いなと思ったからです。

この方法は、私なりに資源の再利用、コストダウン、ゴミの問題など、
そして何より、畑に育っているバジルをそのまま食卓へと、
いろいろと考えて見つけたものです。

「段ボールオアシスでバジルが長持ち」の記事を
どうぞ手に取って読んでみてください。

現代農業、とっても読み応えのある本です。。
Top▲ by veronica-t | 2013-07-21 08:06 | 風の谷から | Comments(2)
保存用の玉葱を 出荷しました。
今年も、保存用の玉葱を出荷しました。
b0169869_1034449.jpg


今年は、いつもの10個単位の他に、6個と3個のを準備しました。
それは、なんでかというと・・

b0169869_1041531.jpg


百姓をしている我が家には軒下があり、一年中 玉葱を保存できます。
でも、直売所に出荷して分かったんです。
そんな環境の家ばかりではないこと・・
そう・・いまさら気づいたんです。

b0169869_1043554.jpg


それなら、お洒落な台所の片隅にでも、掛けて保存していただけるように。。
果物と同じように、野菜も、大切な人へのプレゼントになっても良いかな。。とか、

いろいろ考えながら、ちょっとデザインしてみました。

まだまだ改良するところはたくさんあるけれど
それでも、こうして形にしていかなければ、その先は見えないから
とりあえず、今の一番良い形です。

玉葱、美味しいです。
Top▲ by veronica-t | 2012-06-07 07:00 | 野良仕事 | Comments(6)
新玉葱・・お店に並んでます。
今年も、美味しい早生の玉葱が育ちました。
b0169869_23334872.jpg


みずみずしい新玉葱。。
『くるみ市』の店頭に、こんなふうに並んでます。



『くるみ市』の様子はこちら。。
     ↓

- くるみ市 -
Top▲ by veronica-t | 2012-05-26 21:32 | 野良仕事 | Comments(4)
終わりの頃の玉葱
b0169869_843913.jpg

今年収穫した玉葱

お世話になっている「くるみ市」さんから
「玉葱がありましたら、よろしくお願いします」と、メールが届く。

本業とバイト、いろんなことを掛け持ちしてると
どうしても野菜の出荷のタイミングを逃してしまう・・

そんなとき、もらうメールに感謝して
残り少なくなった玉葱を準備する。

紐でくくった10個から、
保存状態の良いものを選んで、3個ずつまとめていく。

どうやってくくろうか・・
しばらく考えて閃いたのが三つ編み。。
髪を編んでいくように、丁寧に乾燥した玉葱の葉を編んでいく。

終わりのころの玉葱の出荷
最後まで、お客さんに美味しく届きますように。。




・・ブログにコメントしてくださったみなさま。。・・
   いつもありがとうございます。
   嬉しいコメントをいただきながら、
   ずっとそのままお返事しなくてすみません。
   これから少しずつお返事をさせてください。。


Top▲ by veronica-t | 2011-12-06 02:28 | 野良仕事 | Comments(10)
赤い大根
b0169869_9444333.jpg


真っ白な大根しか育てたことのない うちの畑で
赤色の大根の種を初めて蒔いた。

赤い大根の名前は「あかね」。
薄くスライスして酢につけると、パッと鮮やかなピンク色に染まる。
辛味もほどほどで、あっさりと美味しい。

今年は試しに少しだけ種を蒔いたから
ほとんど出荷せずに自家消費。

今までに、ちょっとだけ新しいものを取り入れてみるのが
私にはちょうど良いみたい。。




     ・・くるみ市に出荷してます・・


Top▲ by veronica-t | 2011-12-05 02:24 | 野良仕事 | Comments(2)
バジルの出荷・・その後
ひと雨ごとに涼しく、夜明けがゆっくりと
そして夜更けが早々とやってきて、日いちにちと秋の気配を感じます。
みなさん、お元気ですか?

コメントをくださったみなさん・・
いただいたコメントにお返事もできなくて、本当にすみません・・。

この夏、本業とバイトの掛け持ち、野菜作りに出荷と
慌しい日々をおくっていました。
そして今年の夏ほど、こうして変わらぬ日々を過ごせることを
ありがたいな〜と感じたことはなかったです。

前回のブログの初出荷したバジルですが、
出荷先の「くるみ市」さんが毎日たっぷりの水を霧吹きしたり
手入れをしてくださったお陰で、8月11日に購入していただくまで
イキイキと育ち、根もはってきたそうです。

出荷する側と、それを預かってくれる人・・
生涯の仕事として、ちっぽけな規模の野菜作りを目指す百姓(まだまだ弟子!)と
その気持ちをわかってくれて、しかも買い手の気持ちもわかってくれる
丁寧な小規模の直売所だからできること。。

これからも、いろんなことに挑戦してみよっと。。
Top▲ by veronica-t | 2011-08-22 06:03 | 野良仕事 | Comments(0)
バジルの出荷
本日、初出荷のバジル。
b0169869_1453837.jpg

夏のハーブといえば
茄子やトマトといった夏野菜と相性が良く、
香りが良い「バジル」です。

去年、そんなバジルを育てるのを忘れて、
いろんな店をまわって買おうとしたけれど、
畑のバジルを知ってるからか、なかなか良いものがない。

バジルを育てているかたはご存知ですよね。。
バジルって、茎から切るとすぐにしおれるし、
葉も傷みやすく、あたると黒くなる、デリケートなハーブです。

畑で、バジルが大きくなるのを眺めながら、
この状態で出荷したい!!と、ず〜っと考えてきました。

野菜を直売所に委託販売してもらうとき、
鮮度を保てるように工夫したり、見栄え良く、美味しく、
そして、なるべく畑にある姿のまま出荷したいと考えています。

b0169869_1455140.jpg

↑これはどれも、今日の昼ごろ畑で収穫したバジルです。

畑から持ち帰るまでの、わずか数分でしおれてしまったので、
水切りをして葉にも充分水を与えました。

前方のバジルは、普通に水に活けたもの。
後ろのバジルは活けずに、水を含ませたあるものにさして
出荷用のナイロンの袋に入れたもので
収穫してから1時間たつと、葉の勢いが違ってきました。

b0169869_15205965.jpg


茎をつけての出荷は、
畑から、必要なほど葉をとり調理するような、そんなふうにしたかったから。
新鮮な状態で、そのまま長持ちできるように。。

もしかしたら、もっと効率の良い保存&出荷方法があるかもしれません・・
でも、少ない野菜やハーブの出荷だから、コストをかけず良いものを。。
ちっちゃな規模の百姓の拘りです。


まだまだ試作中ですが、本日、バジル初出荷です!!
Top▲ by veronica-t | 2011-07-30 15:29 | 野良仕事 | Comments(16)
ローザビアンカ - イタリアなす -
b0169869_8322296.jpg

ベロニカの会では、参加してくださったみなさんと、
焚き火小屋の「かまど」と「炉」に薪を焼べて、
採れたての野菜を調理し食するワークショップを続けてきました。

よく、使う道具が「かまど」「炉」といった日本に昔からある道具なので
作る料理も伝統料理や郷土料理など、和食をメインに作っていると思われがちですが、
ここで作っていたのは、イタリア料理からヒントをもらった創作料理。。

煮物など普段作る野菜料理は、その家々の味に母から子へ、姑から嫁に
受け継がれていけばそれで良いじゃないのっていうのが、私たちの考えでした。

ベロニカの会で伝えたいのは、私たち世代の新たなライフスタイル。。
それは、ただ新しいものばかりを取り入れるのではなく、
そこにあるものを大切に、自分たちの暮らしにあった形にすること。

「かまど」や「炉」の焚き火で作るから、和食で煮込み料理と決めつけず、
野菜そのものの美味しさを楽しみたいと、塩やオイル、ハーブなどを使った
シンプルで美味しい料理を求めていったら、イタリア料理にそのヒントをみつけました。

でも、最初は失敗だらけ・・
使うハーブもオイルも調味料も、今まで使ったことのないものばかり。
味加減どころか作る味がわからなかったり、一度使った調味料も
最後まで使い切るうちに賞味期限オーバー・・。
ならば、もっとシンプルにしてみたらどうだろうと、野菜のもつ香りと味を調味料代わりに
ハーブもよく使うものを数種類だけ育てて使うことにしました。

畑の野菜も、作る料理にあうものみつけて育ててみることにしました。
それまで作っていたのは、醤油や砂糖、味噌やお酒を使った煮込み料理に適した野菜たち。
煮込むと味が染み込み、トロトロっとしたりホクホクして美味しくても、それが作る料理で
美味しくなかったり邪魔したりします。

ここの土と気候にあったものを探して育てることも結構大変で、
いつの間にか雑草にもまれ、ここにあわなくて姿を消した野菜・・
よく育ってくれたのに、使いこなすことができなくて大きくなりすぎた野菜・・
もう名前すら覚えていないものもたくさんあります。

ほんと同じ野菜でも種類がたくさんあります。
日本でもそうなのに、世界中って探したら、もっとたくさん。。
その中から種や苗が手に入るもので、美味しそうなもの、ここに合うものを探して
茄子の中でやっとみつけたのが「これ!!」

ローザビアンカ - イタリアなす -

ズッキーニのように癖もなく使いやすく、大きさも10cmくらいのコロンとしたもの。
それを1cmの輪切りにして、オリーブオイルで「なすステーキ」にしてみたら、
やわらかく、でも崩れることなく、味は濃厚でクリーミー。。
そして、なんといっても、うちの畑でちゃんと育ってくれた。

先日、さっそく「くるみ市」に初出荷!!
お陰さまで、その日のうちに完売です。
ただ、植えた苗は2本。
じっくり大きく育ってくれるので収穫する数も限りがあります。
市への出荷は、もう少し先かな〜〜
うちでも食べたいし。。
Top▲ by veronica-t | 2011-07-13 09:24 | 野菜について | Comments(14)
| ページトップ |