田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
蔓ものの成長に合わせたネット張り
b0169869_15001548.jpg

今、名もなき小屋のまわりは、野花が咲いて賑やかになりました。
そこに植えたキュウリも、数と種類を増やして育てています。
葱や赤紫蘇も元気に育っています。

キュウリの成長に合わせて…

b0169869_15001669.jpg

竹の間に麻紐でネットを編んでいきます。
ここのキュウリは三種類。
競争じゃないから、ゆっくりそれぞれの個性で伸びて欲しいものけど、味比べはしちゃうかなぁ。。




ゴーヤ

b0169869_15001697.jpg


ゴーヤも、苗を4本増やしました。
この竹の支柱には、強風が吹いたときのためにも補強が必要な気がします。



b0169869_15001766.jpg


まずは、勢いあるゴーヤの育ちに合わせて、こちらも麻紐でネットを作っていきました。
竹はまだまだあるので、様子を見ながら支柱もネットも増やしていくことにしました。




竹ドーム

b0169869_15001781.jpg


プチトマトとニラ、バジルの混植に、クローバーなど草花も加わって、少しずつ良い感じになってきました。
ただ、写真上の方は、草もなかなか生えず、トマトとバジルの発育も今ひとつです。

今年のトマトは二本仕立てに脇芽を摘んでいます。
摘んだ脇芽は側に移植しています。


それぞれに合ったネット張り、もうじき一気に成長していくだろうなぁ。





Top▲ # by veronica-t | 2016-06-10 14:30 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
カモミールは植物のお医者さん!
b0169869_01021478.jpg

種を蒔いて育てた黄色いプチトマト。
発芽して葉が増え始めた頃、最初の二葉に茶色の模様が出始めて、それを取り除き、ポットの土も全部入れ替えてみたけれど、次の葉も同じような症状が出てきました。

それでも種から育てたのと、苗や種を身近に見かけないので、もう一度症状の出た葉を取り除き、ポットの砂を替えて、今度はギリギリまで水を必要以上与えずに、すがる気持ちでカモミールの花の側に置いてみました。



b0169869_01021428.jpg
カモミールはネットで調べてみると、植物のお医者さんと書いてあります。
弱った植物を元気にしてくれるのだとか。。

しばらくするとカモミールは、トマトのポットを花で包み込むように大きくなってきました。
そのまま置くこと二週間…


b0169869_01021453.jpg
あまりにもカモミールの花が、トマトの苗に覆い被さっているので起こしてみると、あれだけ弱々しかった苗が太く、葉の色も深い緑色になっていました。

もしかして、カモミールって凄いかも。
カモミールが植物のお医者さんって、こんな思いをした人たちがつけたのかもしれませんね。。





Top▲ # by veronica-t | 2016-05-30 12:54 | 野菜について | Comments(0)
名もなき小屋と竹ドームの活用
b0169869_12081541.jpg

焚き火小屋の畑の 名もなき小屋と竹ドーム、蔓ものの野菜たちを這わして活用することにしました。


まずは、竹ドーム。
b0169869_12081555.jpg
こちらには、プチトマトとバジル。
プチトマトの定植には、有機栽培講座で習ったようにニラと一緒に、バジルの混植は友人から教わったもの、色々な知恵をお借りして植えてみました。

夏になったら、ドームの中からトマトを収穫したり、収穫したトマトとバジルでパスタやピザを作って食べるのも楽しみです。



そして名もなき小屋には、キュウリとゴーヤを植えてみました。

b0169869_12081681.jpg


…が、


b0169869_12081644.jpg


キュウリとゴーヤの間に、葱や赤紫蘇を移植してみたものの、何だか気になりネットで調べてみたら、キュウリとゴーヤの混植はキュウリが苦くなるとかで…


b0169869_00533901.jpg


そこで、ゴーヤは別の場所に竹でトンネルを作り這わせることにしました。


焚き火小屋の畑、何だか急に賑やかな感じになってきました。







Top▲ # by veronica-t | 2016-05-25 18:01 | 野菜について | Comments(0)
種から苗を育てることの喜び
b0169869_13013390.jpg

農園のそら豆を種から発芽させて苗にするという作業を任せてもらってから、自分で育てる野菜も種から育てたいと思うようになりました。
まずは、キャベツやレタス、南瓜やオクラなど沢山育てるものや、不慣れな私でも育てやすいものから、なかなか苗が手に入らないものと、少しずつ数も種類も増えてきました。


これは、イタリア茄子のローザビアンカの苗
b0169869_13013360.jpg

こちらは、カモミールと黄色いトマトの苗
b0169869_13013444.jpg


そして、バジルのように直売所から苗で売ってみませんかと誘っていただいたものもあります。
b0169869_13013442.jpg

近頃、朝起きるとまずは外に出て、苗床の様子を観察するのが日課に。。

種が時間をかけて発芽したときの喜びや、ゆっくりと育っていく苗を見守るときの気持ちは、どこかしら子育てに通じるものがあるように思えるから不思議です。(笑)





Top▲ # by veronica-t | 2016-05-20 12:46 | 野菜について | Comments(0)
農園・早朝の農園にて。。
b0169869_08054775.jpg


朝日は、まだ山の向こう側です。
早朝のバイトの帰りに、久しぶりに農園に来てみました。

夕べから結構冷え込んで、近くの橋にある寒暖計は4度。
朝露に濡れた野菜たちが、とても綺麗です。

b0169869_08054738.jpg


普通堆肥の畑の小松菜

b0169869_08054771.jpg



落ち葉堆肥の畑
b0169869_08054837.jpg


小松菜

b0169869_08054819.jpg



スナップエンドウが実を付けて、膨らんできました。

b0169869_08054854.jpg



これから二週間、3時起きのバイトは続きます。
バイトの間は、農園に寄るのは、この朝露のかかった時間になりそうです。
清々しい一日の始まりです。










Top▲ # by veronica-t | 2016-04-30 05:40 | 農園 | Comments(0)
キャベツの定植
ここのところ、三つの畑もそれぞれに動き出し、肥料作りにと新たにお借りした畑も草を刈り取った後に新芽も伸び始め、また本業も新規のお客様に出逢う機会も増えて、日々元気に慌ただしく過ごしています。
写真を撮っても なかなかブログに載せることが出来ずにいますが、ここから少しずつ遡ってアップしていきたいと思っていますので、どうぞお付き合いのほどよろしくお願いいたします。


b0169869_21130688.jpg

今日は思ったより早くから雨が降り始め、小雨の中、3月20日に種を蒔いた「初秋」というキャベツを、焚き火小屋の畑に定植しました。
今回もレタスを一緒に植えています。


b0169869_19541055.jpg

畑に作物が植わっていくと、なんだかそれまで漠然としていた畑作りが形になり出します。
もちろん失敗も沢山しながら、苦手な虫たちとの戦いも始まっています。
それでも、大好きな本業の仕事で素敵な笑顔に出逢えて、自然と触れ合いながら作物を育てれるのは、忙しくも元気とやる気が湧いてきます。
こうした暮らしができることが当たり前と思わず、日々感謝しながら向き合っていきたいと思います。
さてさて、明日も忙しくなりそうです。






Top▲ # by veronica-t | 2016-04-27 21:47 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
農園・4月の有機栽培講座
4月の有機栽培講座・・・小松菜と人参、ほうれん草の種蒔き



こちらは、ごく普通の堆肥の畑
菜花のあと、小松菜の種を蒔きました。

b0169869_00501971.jpg



小松菜の畝にパオパオをして、その隣の畝には人参の種を蒔きました。
人参の畝では、耕したところと、耕さず草を抜かず刈ったところを作り、その違いをみてみることになりました。

b0169869_00501951.jpg


こちらは落ち葉堆肥の畑です。
落ち葉堆肥は、丁寧に篩にかけられたものが使われていました。

b0169869_00501960.jpg


落ち葉堆肥を入れた畝には、小松菜の種が蒔かれました。

b0169869_00502020.jpg



そして、ここは白菜の畝だったところ。
草が茂り、比較的に土が肥えているのではと、この農園初のホウレン草を育ててみることになりました。

b0169869_02274052.jpg


そして今日。。
農園に看板が設置されました。

b0169869_00502090.jpg


真ん中のマークは、遊学ファームのマークだそうです。
これから、この看板のまわりに花の苗を植えていく予定です。








Top▲ # by veronica-t | 2016-04-09 17:36 | 農園 | Comments(0)
農園・4/8
ここのところの陽気で、農園の野菜も一気に大きくなってきました。


ジャガイモ
b0169869_00394700.jpg

先月の有機栽培講座のときに植えたジャガイモです。
講座のときに半分にカットして、そのまま切り口を上にして植えています。
立派な芽が出ています。



エンドウ
b0169869_00394760.jpg


上の写真は、落ち葉堆肥の区間。
下の写真は、普通の堆肥の区間です。


b0169869_00394753.jpg


どちらも、愛らしい白い花が咲いています。


b0169869_00394829.jpg




そら豆
b0169869_00394862.jpg


途中、枯れたものもあり、病気や水不足や強風の被害とか、いろいろ考えましたが、講師の方と相談しながら手入れをして、何とか元気に育っています。



b0169869_00394874.jpg


農園にも、ナナホシテントウ虫や蛙が姿を見せてくれています。



そして…
b0169869_00394917.jpg


何やら、講師の方の密かな実験が…
ここは遠目で、しっかり観察させていただきます(`_´)ゞ



明日は有機栽培講座です。
今度は、どんな野菜たちが仲間入りするのでしょう。。
楽しみです。








Top▲ # by veronica-t | 2016-04-08 17:37 | 農園 | Comments(2)
南瓜、白菜、バジルの発芽
3月の終わりに蒔いた種が、発芽しました。



バジル
b0169869_00290113.jpg


バジルは、苗で出荷予定です。
苗の出荷は初めてですが、お声をかけていただいたので、これもチャンスと初挑戦です。
たくましい苗になるようにと願いを込めて。。



南瓜
b0169869_00290235.jpg


南瓜も種からは初挑戦…
あっ、ほとんどが種から初挑戦でした(笑)
同じ日に種蒔きしても、発芽するまでの期間はそれぞれ異なります。
南瓜は、随分と日にちがかかりました。
だからか、土が盛り上がってきたとき、ほんと嬉しかった。。
種蒔きした南瓜は、「えびす」と「伯爵」です。



レタス
b0169869_00290290.jpg


前回、レタスと一緒に育てたキャベツが、甘くて美味しいと好評でしたので、今回もレタスのチカラをお借りします。



発芽した苗は、春の陽気にグングン勢いよく育っています。
私の畑は、草ボウボウ…肥やし少なく…薬使わず…水ほとんどやらず…こんな感じなので、苗たち今のうちに逞しく育ってね、そしてよろしく。。








Top▲ # by veronica-t | 2016-04-08 15:26 | 野菜について | Comments(0)
ニュージーランド箱ひとまわり
去年、知人に教わって作ったニュージーランド箱。
自分なりの草集めのサイクルが、春夏秋になり、草の移動も一周しました。

去年の春、写真の左側の広いところに草を集め始める。
夏、その草は、右側上に上下をひっくり返しながら移動
秋、右側下に同じようにして移しました。


b0169869_16583771.jpg


それを、夏と秋に集めた草も、同じように順に移していきました。
下の写真は、今日移動したものです。


b0169869_16583789.jpg


写真左側の広いところには、新しく草を入れています。
右側下の場所には、去年の春の草と夏の草が、緑の棒で別けて一緒に入れています。
草のポロポロした感じが、春、夏、秋とそれぞれ違い、春の草は泥を入れすぎたのか、それともそんなものなのか、触っても泥です。砂ではありません。



私が実感したニュージーランド箱の利点
・畳一畳分ぐらいの広さで、これだけの堆肥が順に作れること。
・草を次に移すときに、自然と上下を切り替せること。
・大量の草を活用出来る。
・上手くいけば、肥料を買わずに作物を育てることが出来る。








Top▲ # by veronica-t | 2016-04-06 18:54 | 野菜について | Comments(0)
| ページトップ |