田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
<   2016年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧
Top▲
1/30「焔の温もりを感じながら」
1月の「ミントの集い」は、焚き火小屋の かまどと炉に薪を焚べて、その焔の温もりを感じながら共に過ごす時間を楽しむことにしました。

b0169869_07005299.jpg


かまどと炉に薪を焚べると、肌寒く感じた焚き火小屋は暖かく、お喋りも楽しく弾みます。

そして、かまどでは、二つの羽釜にたっぷりの湯を沸かして、色とりどりの冬野菜を蒸していきます。


b0169869_07005243.jpg


蒸された野菜は人肌に温かく、色も鮮やかに、このままでも十分美味しいのですが、今日は、もうひと手間かけて。。


炉では、色鮮やかな温野菜をチーズフォンデュに。。
b0169869_07005222.jpg

炉の焔でコンボが温まったら、ニンニクを擦りつけて香りづけします。
ニンニクの香りがしてきたら、チーズと小麦粉を混ぜ合わせて、溶けたところに白ワインを注いで、とろけるように馴染ませます。
たっぷり付けて熱々をいただきます。。



こちらは、温野菜のサラダ、アンチョビソース添え
b0169869_07005332.jpg

アンチョビと黒オリーブと酢の酸味が、野菜の旨味を引き立てて、チーズフォンデュとは違う あっさりとした後味で、同じ温野菜ですが、全く違う感覚で楽しめます。



そして、チーズフォンデュを作った後の熾火では、ぐるぐるパンを。。
b0169869_07005387.jpg

今回は、今までの ぐるぐるパンの材料を、国産や地物にかえてみました。
袋に入れた生地は、羽釜の蓋の上に置いて、発酵を促してみました。
羽釜の木の蓋は、湯気も加わり程良い温もりで、生地もふっくらと良い感じに発酵してくれました。

そして、もう一つの「ミントの集い」ならではの実験。。
上の写真の丁度真ん中の生地…、
それはパン生地ではなく、団子(米)を棒に巻き付けたものです。
メンバーの方で小麦アレルギーの方がいらして、その方のアイデアです。

今、食べもののアレルギーは多く、焚き火小屋でのワークショップでも、その対応をどうしたら良いか考えていました。
ぐるぐるパンを焼きたいけど…でもアレルギーがあるから、家族と一緒に楽しみたいけど出来ないという方の為にも、これは楽しみな実験です。。


b0169869_07005371.jpg

棒に巻き付けた生地は、ゆっくりと膨らんで、焼き色がついた頃には香ばしく美味しそうな香りがしてきます。

目で見て、香りを感じて、味を愉しむ。。

焚き火小屋の焔の温もりを感じながら、心もお腹も温かく、幸せな気持ちになれました。


こんなひと時を、皆さんも如何ですか。。?





Top▲ by veronica-t | 2016-01-30 20:36 | 時を紡ぐworkshop | Comments(2)
竹で作る・パンを焼く道具
山から切り出した竹は、切って削り出すことで、美しい道具へと生まれ変わります。

b0169869_21251320.jpg


先を丸く仕上げたものは、炉の焔でパンを焼く道具へ


b0169869_19552368.jpg


竹で作ったものは、手にすっと馴染み。

その色彩は、青竹のときは清々しく
古竹のときは しっくりと味わいのあるものになります。


b0169869_19585647.jpg


そして、削り出すときに出た竹の屑は、乾かす手間もなく、かまどの火の焚付けになります。


職人さんが作られた竹の道具は、それはとても美しいものです。
けれど、ただ割って削り出し、サンドペーパーで丁寧に仕上げた この棒も、また美しいと思います。

このパンを焼く道具を通して、たくさんの笑顔に出会えますように。。








Top▲ by veronica-t | 2016-01-30 07:48 | 作る | Comments(0)
子どもたちの記憶の中に(食)
娘が帰省すると、普段の野菜中心ボリュームメニューを、少しだけお洒落に。。
メニューも、畑で採れた野菜を中心に、家にあるものでシンプルに。。

b0169869_09024941.jpg

小麦粉も、いろいろ変身します。



ある日のお昼は、小麦粉はカプンティに
b0169869_09024904.jpg

たっぷりの玉葱と牛乳と卵とパルメザンチーズで作るカルボナーラ。



朝食には、一次発酵したシンプルパンの生地をピザに
b0169869_09025010.jpg

野菜を たっぷり乗せてボリュームを。。



焼いたシンプルパンでは
b0169869_12282233.jpg

いただきものの苺を乗せてスイーツ風に。。



そして、好評だったのは、焚き火小屋風お好み焼き。
b0169869_12282210.jpg


何を食べるって、ほとんどキャベツ。
キャベツや野菜を美味しく食べてるようなお好み焼き。
南部小麦を薄くひいた生地に、どっさり野菜を乗せて。。
野菜も、キャベツや人参、太葱など、畑で採れた旬のものをたっぷりと。。



子どもたちが幼い頃は、仕事をしながら育てていくのに精一杯で、食べることをかなり疎かにしていました。
今、子どもたちが親になったり、それぞれが離れていくと、この子たちに母の作るご飯の記憶を、ちゃんと残してやれなかったと、今更ながら反省したり後悔したり…。
せめて、まだ記憶の片隅に残せるときにと、子どもたちが帰ってくるたびに、畑から野菜を採り作っています。

いつか、そういえば、母さんも作ってたなと思い出してもらえるように。。









Top▲ by veronica-t | 2016-01-28 13:25 | 焔のある暮らし | Comments(0)
農園・1/27
b0169869_00542387.jpg

すっぽりと雪に覆われた農園。


b0169869_00542326.jpg

風の被害に遭ったナバナは、ますます葉が折れていましたが、収穫する芽の方は元気です。


b0169869_00542422.jpg

そら豆は、干し草がない方が傷つき難かったのかな…

寒さにあたると野菜は旨味を増すとか。。
もうしばらく観察します。





Top▲ by veronica-t | 2016-01-27 14:42 | 農園 | Comments(0)
竹で作る・電動工具を用いて
b0169869_00550926.jpg

鉈で、おおまかな形にしたものを、グラインダを使って角や食材を巻きつけるところ削り出していきます。


b0169869_00551084.jpg

これは、ぐるぐるパンを巻きつける部分。
角をとり丸みを出していきます。
竹の節も削り落とし、竹の持つ滑らかな風合いを出すように心がけています。


b0169869_00551097.jpg

たかが、竹を切って割って削っただけの棒…。
でも、焚き火小屋の炉で焔を見ながら食を作る大切な道具です。

前は削り出すのも、ナイフを使っていましたが、今はこのグラインダを借りて使うようになり、その作業はよりスピーディに、一度に作る本数も多くなりました。

でも…

仕事柄、鋏は、肘より高い位置で何時間でも使っていても平気ですが…
グラインダは、とにかく重い…
それに振動が伝わってくるので、何本か作ると手に感覚がなくなり、持っているのもやっと…
なんてことない、筋力が無いだけですが(笑)
そんな訳で、気持ちはみんな仕上げたいのですが、相手は電動工具、無茶することは出来ません。

今日のところは、14本。
あとは、また時間が出来たときに。。





Top▲ by veronica-t | 2016-01-26 23:51 | 作る | Comments(0)
焚き火小屋の畑、雪景色
b0169869_00513085.jpg

畑に雪が積もりだしたのは、風が止んで寒波が少し落ち着いてきたころ。
畑は、降り始めた雪で、あっという間に真っ白に。。


b0169869_00513011.jpg

野菜は、雪が被さり反対に少し元気になるものも。。
種から育てた玉葱は、すっぽり雪の中。
どのくらい残っているのかな…

畑のことは頭で考えていても、どうにもならないことばかりです。
沢山の失敗や偶然の発見をしたり。。

去年の春、この畑で野菜を作っていこうと決めたときに、土作りを教えてくれた友人が、一年間ひと通り野菜作りをしていったら、どんな野菜がこの土や暮らしに合っていて、どんな風に育てていったらいいか、そこから先が見えてきますよと教えてくれた言葉を、雪景色を眺めながら思い出していました。










Top▲ by veronica-t | 2016-01-25 18:47 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
台所の野菜も凍るほど…
b0169869_20122785.jpg

流しのボウルに、水を入れてつけたおいた野菜。
朝になると水は凍り、野菜は凍みていました。


b0169869_20122741.jpg

温度計をみると、−2度…
凍るわけだ。。


b0169869_21120320.jpg

夜なると冷え込みは一層厳しく、さっきまで使っていたのに…と、おばあさんは言うのに、家の水道は凍結してトイレ以外出なくなっていました。

長男と外回りの水道管を点検して、ここだと思うところをドライヤーで温めること半時間…
やっと水は出るようになりました。

温めながら菅を点検すると、凍結防止のカバーが古くなり剥がれ落ちていました。
とりあえず、カバーを絶縁テープで巻いて、その上から覆いをしておきました。

この寒波で、大きな被害が出ているようです。
我が家も、一日早く帰省になった娘が、今日の移動は無理と急遽博多泊まり…。
日々の暮らしを、もう一度改めた一日になりました。

さて、明日の天気はどうかな。。?







Top▲ by veronica-t | 2016-01-24 22:09 | 風の谷から | Comments(0)
竹で作る・ぐるぐるパンとシシカバブ用の棒
この天候で週末からの予定がなくなり、空いた時間を使って、山から切り出した竹でワークショップで使う道具を作ることにしました。

b0169869_20185268.jpg



b0169869_20185328.jpg
3m弱の竹を1mの長さに切る


b0169869_20185373.jpg
切った竹を、作る幅を考えながら、鉈と斧で半分に割る


b0169869_20185359.jpg
1本の竹から8本作るので、半分に割った竹を、さらに四当分に


b0169869_20185424.jpg
節と、裂けたところを落とす


b0169869_20185456.jpg
外が吹雪いてきたので、ここからは作業スペースで。
鉈を使い、握りやすい幅に合わせていく


b0169869_20185484.jpg
大まかに、ぐるぐるパン用とシシカバブ用に揃えたもの

右側、シシカバブ用
左側、ぐるぐるパン用

竹を切ってから、ここまで1時間半ぐらい。

3時ごろ、道路の温度計は−7度…
あれから外は吹雪いて、冷え込みは一層厳しいものに…

この後、家から凍結して水が出ないと電話があり、今日の作業はここまで。。









Top▲ by veronica-t | 2016-01-24 18:12 | 作る | Comments(0)
農園・人参が食べられていた!
種植えをした人参を収穫をしようとしたら…

b0169869_17200936.jpg


ん?!

人参が食べられている…
夜盗虫か?!


b0169869_17200970.jpg


穴のあたりを掘り返してみると…


b0169869_21245776.jpg


虫にしたら大きすぎる…

しかも深い…

それに…
人参がない!!


b0169869_21245754.jpg


あまりにも深すぎて、奥まで手を突っ込む勇気なく…。

土の上から穴のあたりを押していくと…


b0169869_21245887.jpg

なんと、50cmぐらい離れた反対側の人参の畝まで続いていました。

もちろん、こちらの人参も影も形もなし。
どちらも、すぐ隣の人参は被害にあってないのに…。

モグラ&ネズミの仕業なのか?!
それにしても、人参のサイズは分からないけれど、綺麗に2本食べるとは。。

食いかけが残っていると悔しいけど、こう綺麗サッパリ食べられていると、何だか怒る気持ちも吹っ飛んじゃった。

でも、食べるのもここまで!







Top▲ by veronica-t | 2016-01-23 17:13 | 農園 | Comments(0)
農園・寒波が来る前に
b0169869_21193641.jpg

今日は比較的に暖かな一日なのに、農園の畑の片隅の、雨水を溜めておく桶には氷が凍ったまま。。
やはり気温は、そうとう低くなっている。

日曜には、この冬一番の寒波が来るというので、今のうちに収穫と手入れをしてまわりました。


ナバナ
b0169869_21193731.jpg
度重なる強風と、先日の暴風雪で葉が折れたり、かなりの被害にあいました。
農園の野菜は実験を兼ねて、二箇所に分けて育てられていますが、風の当たり方なのか、道沿いの方が被害に遭いやすいようです。



青梗菜
b0169869_21193733.jpg

先日、支柱が足りず、風に押されてネットが下がってしまったので、支柱を増やしてネットもピンと張ってみました。
寒くなり、夜盗虫の被害も少なくなり、これからもう少し育ってくれると思います。



のらぼう菜
b0169869_21193863.jpg

幹のところに草が生えているからか、のらぼう菜も元気に育っています。



そら豆
b0169869_02482011.jpg

そら豆の畝には、なかなか草が生えらず、これからの寒さに向けて干し草を敷いてみました。

しかし、干し草が足りず…

我が家の野菜なら、これも実験と半分敷いて様子を見ますが…
b0169869_02482143.jpg

やはり干し草が足りず、比較的に草が生えかけている場所は、そのまま様子を見ることにしました。


落ち葉堆肥
b0169869_02482198.jpg

冬前に詰め込んだ落ち葉。
少しずつ水分を含みながら、良い感じに嵩が下がっています。

畑に立つと、四季のあるということは大変だけど、やはり良いなぁと思います。






Top▲ by veronica-t | 2016-01-22 16:10 | 農園 | Comments(0)
| ページトップ |