田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
<   2015年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧
Top▲
10/31「野菜の美しさを愉しむ」
今日は、10月のミントの集いの日です。
今回のテーマは「野菜の美しさを愉しむ」です。
大テーブルに並べた野菜たち。
畑に植わっているときの美しさとは、また異なる美しさがあります。

焚き火小屋の かまどと炉に薪を焼べ、野菜を調理しながら、その過程毎の美しさに愉しんでいただけたらと思います。
b0169869_18201187.jpg



旬の長葱。
b0169869_18201123.jpg

大テーブルに並んだ長葱の白と緑の色彩は、とても美しいです。
その姿形は、畑に植わっている様子からは想像出来ないほどです。


長葱の白さと甘みを引き出して…
b0169869_18201279.jpg

サラダ用に野菜をカットし水に入れたもので、コトコト弱火で煮込んだ長葱。
お塩と柚子でいただきます。



里芋と玉葱のポタージュ
b0169869_18201271.jpg

玉葱より里芋の食感を引き立たせようと、先に玉葱を煮込んで、後から里芋を加える。
里芋の食感を楽しんでいただきたいので、形を残して粗く潰して。。


野菜サラダ
b0169869_18201220.jpg

秋になり、夏のみずみずしい野菜から、カラダが温まる根野菜に。。


・・・・・・

野菜の美しさは、ただ綺麗というものだけでなく、畑に植わっているときの生命力と逞しさ。

食材として、まな板の上に置かれたときの美しさ。。

そして料理され、器に盛られたときの美しさと、食を促す香り。。

人の持つ五感を伝わって、それぞれの場面の野菜に触れていただけるように。。
皆さんと一緒に畑から野菜を収穫し、焚き火小屋の調理の焔で調理し、大テーブルを囲み食していただきながら、それぞれの美しさを愉しんでいただけるように、ひとつひとつの行程を丁寧に創り上げていこうと思います。

このミントの集いも、訪れてくださる方々のおかげで定着してきました。
今宵も、皆さんの笑顔と野菜の美味しさに、心もカラダもホッと温まりました。



Top▲ by veronica-t | 2015-10-31 23:16 | 時を紡ぐworkshop | Comments(0)
10/29「旬の野菜と野草のランチ」
「それでは、今から畑に行って、食べれそうな野草と旬の野菜を採りに出掛けましょう!」

その言葉とともに、皆さん元気良く、今日の「旬の野菜と野草のサラダ」の食材探しです。
これからの「ベロニカの会」のワークショップは、この収穫から全てが始まります。

b0169869_20125079.jpg


農薬や化学肥料を使わない畑では、野菜はもちろん野草だって食材になります。
先日、そんなヒントをいただいて、まずは皆さんと一緒に食材探しです。

畑の中の野菜の傍は、柔らかな野草がたくさん生えています。
その中から、食べれそうな野草の新芽を摘んでいきます。


b0169869_20125176.jpg


「これ、美味しそうだけど食べれるかなぁ?」

皆さんの手には食べれそうな、柔らかな野草がたくさん。。
そして、皆さん楽しそうです。
野草探しは宝探しのような、そんなワクワク感があります。

その中から食べれる野草を籠に入れて、籠はアッという間に山盛りになりました。
さて、次は旬の野菜の収穫です。


b0169869_20125258.jpg


焚き火小屋の畑には、南瓜、スナップエンドウ、プチトマトといった遅植えの野菜や、今が旬の長葱、間引きを迎えた人参など様々な野菜が育っています。
その野菜の育ちをお話ししながら、必要な量を採っていただきました。

b0169869_21011330.jpg


長葱は、美味しそうな太めのものを、皆さんで掘り起こして収穫していただきました。


b0169869_21152786.jpg


そして、収穫した野菜を地下水を汲み上げた水で洗っていただいて、まずはサラダ作りです。
旬の野菜と野草は、食べやすい大きさにカットしたり、ちぎったりして、水を溜めたボウルに次々に入れていきます。
ボウルの中の水は、沢山の野菜や野草から出たエキスでいっぱい。。
これが、今日のスープや煮込み料理の出汁になります。


b0169869_20125365.jpg


今日のメインディシュは、そんなスープを使って、コトコト煮込んだ長葱。。



食していただいている間、時折、焚き火小屋には秋風が通り抜け、優しい陽の光が差し込んできます。

また、次の季節にも、旬の野菜と野草の美味しさと、焚き火小屋の風と光の心地良さを探しにいらしてくださいね。。
そのときを心待ちにしています。






Top▲ by veronica-t | 2015-10-29 23:42 | 時を紡ぐworkshop | Comments(0)
秋を迎えた焚き火小屋の畑では
焚き火小屋の畑は、農薬を一切使わずに葉物を育てるために、ネットとパオパオが並んでいます。

薩摩芋の隣は、大根と春菊
b0169869_23554062.jpg

大根など間引き菜が食べたいけれど、固定種の種を買い求め、パオパオの長さにも限りがあるので、間隔を開けて一粒ずつ蒔いています。
大根は、ありがたいことに全て発芽。
ただ、今度はもう少し量を増やさなくては…。


キャベツとレタス、白菜とレタスの畝
b0169869_23554140.jpg

種蒔きをして庭で発芽したもの。


白菜
b0169869_23554217.jpg

農園から苗を分けてもらったもの。
農園と同じ作付け方。


ブロッコリー、スティックセニョール、ナバナ
b0169869_23554215.jpg

ブロッコリー類は苗を購入。
ナバナは、農園で間引いた苗を試しに植えてみたら根付いたもの。



b0169869_23554208.jpg

連作障害が出た茄子の間に植えたもの。
茄子が終わった後も、そのまま土を被せながら育てています。


あすっこ
b0169869_23554358.jpg

人参の畝の横に。。


葱類
b0169869_23554381.jpg

秋になり、草が紅葉し始めると、青々とした葱の方が勢いが増しています。


今、出来るのはこの育て方。
ネットなど経費はかかるけれど、肥料や薬などを買うこともなく、野菜も種から育てているので、今までより出来る数は多く、買うお金はわずかに抑えることが出来ています。




Top▲ by veronica-t | 2015-10-27 23:45 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
薩摩芋の収穫
b0169869_03161665.jpg

雨が降る前に薩摩芋の収穫をしました。

薩摩芋…
b0169869_03161619.jpg

掘っても掘っても、薩摩芋が出てこない…
今年の苗は、買う時期を過ぎていたのでネットの通販で購入。
届いた苗は良さそうだったけど、掘っても薩摩芋が出てこない。
途中から気持ちを切り替えて、芋づるの収穫と土を耕すことに…。

それでも、たまに大きな芋が出てくると、やはり嬉しい。
b0169869_03161753.jpg

薩摩芋の収穫をしているんだって思い出すほど…。


今年の薩摩芋は三種類。
b0169869_03161769.jpg

どの種類も、これと同じような量。

蔓が脇に伸び過ぎないように、手をかけ過ぎたのが悪かったのか、放ったらかしでも楽に育てれる薩摩芋の収穫数の少なさに、自分の未熟さを改めて痛感しました。

美味しい焼き芋、みんな待っててくれたのに…
期待はずれで ごめんね。






Top▲ by veronica-t | 2015-10-26 17:08 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
種採り用の大豆
b0169869_15430565.jpg


大豆の収穫の合図は、枝を揺さぶりカラカラと音がしたらと教えてもらったので、揺さぶってみると…

カラカラと軽やかな音。。

この大豆は、奥出雲の農家さんが三十年、そのあと農園でも三年間、種採りしながら育てられた苗を、この春に分けていただいたものです。

もうそろそろ種採りが出来そうなころに、カメムシが大量発生し、枝を揺さぶりながら虫を落とし手で処分して、何とか害虫の被害も収まり、今日やっと収穫です。
実った大豆を食べてみると、青臭いけど柔らかく、甘くて美味しい。。

長年受け継がれた種を、我が家の畑で受け継いでいく。。
秋晴れと心地良い風のせいでしょうか、種採りに浪漫を感じます。




Top▲ by veronica-t | 2015-10-26 14:40 | 野菜について | Comments(0)
南瓜の種採り
b0169869_00065169.jpg


焚き火小屋の畑で収穫した南瓜の種を、胡瓜のときのように種採りをしました。

大きな種は、形が良くても水に浮きやすい。
それでも、せっかく受け継いでいく種なので、水に沈んだ種だけをお天道様にあてて…

少しずつ野菜の種が増えていく。
何だか、そんな些細なことが幸せだと思う。。
そして、ありがたいと感じる。。





Top▲ by veronica-t | 2015-10-26 11:03 | 野菜について | Comments(0)
農園・農を営む豊かな暮しに
b0169869_15350451.jpg

農園の小松菜、順調に収穫し出荷できることに感謝しつつ、完熟堆肥に続いて普通堆肥で育てたものも収穫出来るほどになりました。


b0169869_15350447.jpg


隣のネットでは、青梗菜がすくすく育っています。


b0169869_15350410.jpg


秋の収穫を迎える畑には、あちこちで老夫婦の姿を見かけます。
お互いを労わりながら、ともに作業されている姿に、なんと幸せな人生を送られているのだろうと、ふと羨ましくもあり微笑ましく思います。

歳を重ねても自立した暮しが出来たり、豊かな食を楽しむことが出来る、田園の環境と農を営む環境を、これからも大切にしていきたい。。





Top▲ by veronica-t | 2015-10-22 08:32 | 農園 | Comments(0)
母の想いにそって…
b0169869_21041639.jpg

そろそろ、玉葱を植えるところを耕さんと…
几帳面な母は、玉葱苗を植える場所を、早く耕して欲しいという。

母の野菜作りと、私の野菜作り…
一番の違いは草の扱い。
とくに玉葱は、定植する苗の数が三千本をこえるため、母は植える畑の準備に慎重になる。

植えるところだけ草取りしたら良いがね…いつもなら そう言うけど。
私には、ひとりで玉葱を育てた経験がない。


b0169869_15191138.jpg

私の野菜作りを、気になりながらも好きにさせてくれる母。

そんな母の思いにそって、時間が空いたら草を取る。
たまには、母を安心させなきゃね。。





Top▲ by veronica-t | 2015-10-19 22:16 | 野良仕事 | Comments(2)
農園・南瓜の収穫
b0169869_22521203.jpg

農園の遅植え南瓜、今日収穫しました。

斐伊川側に植えた3本に、ひとつずつ。。
ちょうど良いサイズの南瓜です。





Top▲ by veronica-t | 2015-10-19 17:32 | 農園 | Comments(0)
秋晴れに唐辛子の天日干し
b0169869_12420243.jpg

秋晴れに、収穫した赤唐辛子を天日干し。。

あ〜ぁ、気持ち良い!(笑)








Top▲ by veronica-t | 2015-10-19 12:21 | 野菜について | Comments(0)
| ページトップ |