田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
<   2015年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧
Top▲
ねじ花
b0169869_23072628.jpg

昔は畦のあちこちに咲いていたという「ねじ花」。

ここ近年、焚き火小屋の向かいにある水源地のフェンス沿いは、市の委託業者が草を刈り、この用水路沿いは営農さんが刈り取ってくれている。

今日、久しぶりに自分で草を刈ってみると、見かけなくなったと思っていた「ねじ花」が、てんてんと咲いていることに気付いた。

ここに咲いていることに気付いてあげれて、良かった。。
Top▲ by veronica-t | 2015-06-28 19:20 | 足元を見れば…草花の記録 | Comments(0)
草マルチ
ニュージーランド箱を作ったことで、雑草が肥やしになると知った母が、山手の畑で草刈りをしたものを押し車に乗せて持って来てくれた。
しかし、母が雨が降って濡れてはいけないと思い納屋にしまっていたので、草が乾ききっていたため、箱の中に入れずに草マルチにすることにした。

まずは、トマトのところ。
b0169869_12291707.jpg


ここは先日、藁でマルチをしたが、間に草が生え始めたので、全体に草を敷いてみた。
b0169869_12291806.jpg



あとは、なかなか手が行き届かないネギのところ。
b0169869_12291821.jpg

ここは、もともとイチジクなど木が植わっていたため、無放置の区間。
耕しても、スギナなどのしつこい草が茂ってくる。

雑草が、肥料とマルチに、このまましばらく様子をみることにした。
これで、くよし(草焼き)をせずに済んだ。
Top▲ by veronica-t | 2015-06-28 07:22 | 野菜について | Comments(2)
かき氷。。
b0169869_13373759.jpg


雨が降る前なのか、今日は朝から気温が高い。
こんなときは、かき氷。

少し粗いかき氷に、シロップの代わりにハチミツをかけ、庭のミントを添えて。。
Top▲ by veronica-t | 2015-06-25 13:20 | 風の谷から | Comments(0)
涼しいうちに
b0169869_09291039.jpg

早朝のバイトの帰り道、涼しいときに草を集める。

朝露に濡れた野菜は生き生きとして、
雑草も良い肥やしになるだろう。

時間が経つごとに、土手を行き交う車の音が賑やかになってきた。
もうしばらく、涼しいうちに頑張ろう。。
Top▲ by veronica-t | 2015-06-25 07:16 | 野良仕事 | Comments(0)
いんげんを出荷しました。
くるみ市さんに、2種類の「いんげん」を出荷しました。

いんげん
b0169869_22183766.jpg




平さやいんげん
b0169869_22183814.jpg


Top▲ by veronica-t | 2015-06-23 18:15 | 野菜の出荷 | Comments(2)
草を生やして…
b0169869_21571656.jpg


ここには、先日まで玉葱が植わっていた。
収穫後、それまで生えていた雑草を、そのままにしている。

空梅雨とはいえ、この時期は野菜も育つが雑草も更に勢いを増す。
例年なら、玉葱の収穫後は、母が忙しなく雑草を取り除く。
この雑草をだらけの畑を、母はどんな思いで見ているのだろう。
あの世代にとっては、きっと雑草が生い茂っていくことは恥ずかしいことなのかもしれない。

草を生やして肥やしにかえる。
身体にも安全な肥やしを作る。
あるもので作る。

ニュージーランド箱が畑の中に出来たことで、母世代にも理解してもらえる。
長男は、米を精米するとき、必ず糠を持って帰ってくれる。

少しずつだけれど、暮らしの中に溶け込んでいく。
Top▲ by veronica-t | 2015-06-22 18:03 | 野菜について | Comments(0)
畑の中のアート
b0169869_20550967.jpg


梅雨の雨に、南瓜の蔓も草も勢い良く伸び始めた。


b0169869_20550905.jpg


草を取りニュージーランド箱に入れては、余分な蔓を摘み取って、その行く先に藁を敷く。

藁を敷きながら、南瓜の蔓をこの先どこにするかを決める。

畑の中のアート。。
上から見たら、どんな風に見えるのだろう。




Top▲ by veronica-t | 2015-06-20 20:51 | 野良仕事 | Comments(0)
種を育てる
有機栽培講座の農園に、収穫されずに残っていた牛蒡。
牛蒡の花をみるのは初めてです。
b0169869_03221053.jpg


すくすくと育ち、たくさんの蕾がついていました。
せっかくなので、このまま種を採ってみようということになりました。

この農園の野菜は、何年も種にしながら受け継がれてきたものばかり。
たくましい野菜たちです。

そして、今日植えたのは、何年も大切に受け継がれた大豆。
ポットに入った苗は、たっぷりと栄養を蓄えた腐葉土の土に植わっていました。

土を耕し、種を蒔く。
苗になり、花がきて実がなる。
そして、また種を落とす。

当たり前のサイクルだけど、今、それがとても新鮮に思えます。

b0169869_20502406.jpg



大豆の苗が残ったので、種を育てようと分けていただきました。

ふかふかの腐葉土で育った大豆の苗。
さらさらの砂地の畑で、たくましく育っています。
Top▲ by veronica-t | 2015-06-19 20:08 | 野菜について | Comments(0)
草が足りない
b0169869_03153431.jpg


畑の真ん中にニュージーランド箱を置いてから、暇さえあれば草刈りをして箱に入れている。


b0169869_03183445.jpg


焚き火小屋まわりに、お隣の畑の草も集めて箱の中に…

でも、全然足りない。
あんなにうちの畑は草だらけと言っていたのは、いったい何だったのかと思うほど。

b0169869_03153554.jpg


梅雨だというのに雨が少なく、箱に入れる草は乾いている。
箱に草を入れては水をかけて、たまに土と米ぬかを加える。

かなりたまったと思ったら、箱の中に入ってフォークで全体をかき混ぜる。
それを繰り返しながら、馴染むように踏む。
すると、随分たまったと思っていた草の量が半分近く減る。
ああ、草が足りない…、草が欲しい。





Top▲ by veronica-t | 2015-06-18 21:18 | 野菜について | Comments(2)
桔梗
b0169869_03215994.jpg


焚き火小屋の庭に、今年も桔梗が咲いた。
この桔梗は、ここが畑になった頃から、毎年咲いている。


b0169869_03220068.jpg


決して華やかではない、この桔梗の花が私は好き。。

花咲く前の蕾は、ぷっくらと膨らみ可愛く、
咲いた花は清楚で、心地良い初夏を思わせる風に身を任せる。

今年も、ここに桔梗が咲いたこと…
そして、今日もここに立ち、心地良い時間を過ごせたことに感謝。。
Top▲ by veronica-t | 2015-06-18 19:20 | 焚き火小屋から | Comments(0)
| ページトップ |