田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
<   2015年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Top▲
夕日に輝く玉葱
b0169869_21491337.jpg

今年の早生の玉葱は、小粒のものが多く、
葉が倒れてからも畑にそのままにして、
大きくなったものから収穫するようにしてみました。

すると、畑に植わっている間に例年の大きさになり、
葉の付け根はしっかり乾き、出荷しやすくなりました。
困ったのは、土の中で虫に食べられること。
これは自家消費分として食べています。

雨が降る前にと収穫した玉葱は、
夕日に照らされて綺麗に輝いています。
Top▲ by veronica-t | 2015-05-29 21:48 | Comments(0)
南瓜に一番花が咲いたら
b0169869_23443739.jpg

南瓜に一番花が咲いた。

風よけの袋を外して、根元近くに肥やしをやり、
蔓の伸びる方へと藁を敷く。

昔は飛び交っていた蜂がいなくなってからというもの
母は早朝の花粉付けの作業が増えたという。

雌花と雄花、なかなか良い具合に咲かないもの…
じっくりそのときが来るのを待ちましょう。。
Top▲ by veronica-t | 2015-05-27 23:36 | 野菜について | Comments(0)
早生の玉葱の収穫
b0169869_2291340.jpg

毎年、早生の玉葱の収穫は、葉が倒れると一度に全部収穫していた。
でも、今年は粒が小さいこともあり、大玉になったものから順に収穫していく。

b0169869_22114581.jpg

畑に着いて最初にするのは、大玉になったものを抜いて、根の方を陽に当てて乾燥させること。
今の気候だと、野良仕事をしている間にしっかり乾いている。

b0169869_22141519.jpg

根に付いた泥が乾いたら、葉と根を落として、今度は上を陽に当てる。
今の気候の陽と風は、玉葱を収穫するのにとても良い。
ジョウロでの水掛けは大変だけれど、もうしばらく天気が続きますように。。
Top▲ by veronica-t | 2015-05-25 23:34 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
心地良い朝の風を感じながら
b0169869_8372249.jpg

谷の朝は清々しく、遠くで鳥がさえずり、
この風に乗って心地良く響く。

この風を感じながら、手入れを始めた外流しの前で
パンを焼く。

b0169869_9325037.jpg

このロケストは二代目。。

今度のロケストには、ノブフェン窯との間に
ペール缶をカットしたものが入っている。
このお陰で風の強い日でも熱が逃げず、
パンは上まで綺麗な焼き色がつくようになった。


b0169869_11174262.jpg

パン2個を焼くのに使ったのは、
庭先の柿の木と裏山の木を手入れをして出た小枝。
それもわずかな量。

風の強い日には、庭の吹き溜まりに山の木々の
小枝や落葉が勝手に集まってくる。
腐葉土や燃料になるものが、谷の風に乗って集まるなんて、
こんな嬉しいことはない。
Top▲ by veronica-t | 2015-05-25 08:05 | パンを焼く焔を見つめながら | Comments(0)
草刈りの境界線
b0169869_0184516.jpg

今日初めて、畑と焚き火小屋まわりに続いて、
一人暮らしをされているお隣の畑の草を刈りました。

この場所は、しまね自然の学校の代表が、
ここまでなかなか手がまわらないだろうからと
いつも焚き火小屋まわりから続いて草刈りをされています。

子どものころから他所さんの畑に勝手に入るなと言われて
育ってきたので、最初に聞いたときはとても驚いたものでした。

それが、草を刈ってみて、代表の気持ちがよく伝わってきました。

ここら辺の畑は、高齢化と農業離れが進み作物が作れなくなり、
それでも荒地には出来ないからと、牧草地に変わり広がっています。
丁寧に耕された畑と牧草地との間のこの場所は、放っておくと、
しっかり根を張る草が、すぐに腰の高さまで伸びて、
いっぺんに手がつけれなくなっていきます。

刈れるものが刈る。
お隣との畑に草刈りの境界線は、いつしか私の中にも
なくなっていました。
Top▲ by veronica-t | 2015-05-24 23:56 | 畑に立ち思うこと | Comments(0)
草刈り機で草を刈る
b0169869_1343150.jpg

先月、草刈機を買った。

もともと機械音痴なのと、切れていくスピードについて行けず、
また母の手刈りの綺麗さに憧れを持っていたので、
草刈機は使うまいと思っていた。

でも、この時期の草の伸びの早いこと。。
そして今年は、木にも作物にも虫が大量発生している。

木々の間の風通しを良くして、虫から木や野菜を守るためにも
草刈りの回数を増やすため、草刈機で刈ることにした。

恐る恐る始めた草刈りは、小石が飛んできたり
石に跳ね返されたり、ドキッとすることはあるけれど、
思った以上に早く終わった。

今日は風が穏やかなので、水を入れたペットボトルと箸を持って
木々の間や野菜についた虫取りも出来た。
Top▲ by veronica-t | 2015-05-24 13:50 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
クレマチスの蕾
b0169869_2351136.jpg


5月4日
蔓が伸び始めてから一ヶ月、やっと蕾が膨らみ始めた。


b0169869_2352073.jpg



5月19日
蕾が膨らみ始めてから二週間。
とてもゆっくりとクレマチスの花が咲いた。
Top▲ by veronica-t | 2015-05-19 23:43 | 作る | Comments(0)
| ページトップ |