田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Top▲
「かまど」の前にて
b0169869_1545625.jpg

ここが出雲の原点と、そう話してくださったのは、
転勤族でお二人の子を持つお母さん。

数年前に出雲にいらして、ベロニカの会のワークショップにも
何度か参加してくださいました。

お子さんも それぞれ自分の道を歩まれて
来春、出雲を離れられるとか・・・

二人で、かまどの焔を眺める時間は、
穏やかで、とても心地良い

このひとときを ありがとう。。
そして、また、いつか。
Top▲ by veronica-t | 2013-12-07 23:43 | ベロニカの会 | Comments(6)
愛おしきもの
b0169869_15112316.jpg
12月、久々にワークショップを開くことになり、
訪れてくださる人を思いながら、焚き火小屋を掃除する


b0169869_1511851.jpg
ホコリや泥、灰で薄汚れた床の瓦


b0169869_15115783.jpg
一枚一枚、丁寧にブラシでこすり、
汚れを取り、綺麗に水拭きする


b0169869_15123971.jpg
雨風に打たれていたんだ竹のデッキは
山で竹を切り、綺麗に並べる


b0169869_1512598.jpg
竹のデッキまわりの木々は
風が通るように剪定


b0169869_15131273.jpg
焚き火小屋までの小路
木々の剪定と草を刈り取る


b0169869_15132340.jpg
焚き火小屋への小路は
ここは訪れる人のドキドキワクワクの小路。。
そして、焚き火小屋での思い出を そっと胸に秘める小路。



b0169869_15114688.jpg
焚き火小屋。。

ここは、自分探しを始めたころに
大勢の人たちと、その想いを共有しながら
ひとつひとつ自分たちの手で造りあげていったところ

それだからか、愛しい。。

愛おしきものを無心で手入れする
心穏やかなひとときを ありがとう
Top▲ by veronica-t | 2013-12-05 23:58 | 焚き火小屋から | Comments(4)
| ページトップ |