田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
<   2012年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Top▲
瓦のロケストで、ピザが焼けるまで。。(時間と薪)
瓦のロケストで焼いたピザ・・
いったい、どのくらいの時間と燃料で焼けたのでしょう?

あつあつ焼きたてのピザを食べたい気持ちをグッとこらえて、
メモ書きしてたのを、ちょっとまとめてみました。


まずは、ピザが焼けるまで時間。。

b0169869_1148233.jpg
(1枚目) 13分 (うち3分・・薪を焼べている時間)
 1)窯の中に敷く瓦は濡らさず、乾いたままで使う。
 2)予熱なし、窯の中の瓦は温まっていない。
 3)野菜からたくさんの水分が出る。
 4)蓋を開けて中を確認。(3’5’8’)

(2枚目) 8分
 1)瓦はそのままにして、次の生地を置く。
 2)窯の中の瓦は熱くなっている。
 3)野菜の水分が、1枚目より早く蒸発していく。
 4)音と香りに頼りに、それでも確認。(3’5’)

瓦のロケストの熱が安定してくる。
(3枚目) 5分
 1)瓦はそのままにして、次の生地を置く。
 2)窯の中の瓦、高温。
 3)瓦の上に置くとすぐ、水分が蒸発していく。
 4)同じように確認。(3’)

(4枚目) 3分
 1)瓦はそのままにして、次の生地を置く。
 2)窯の中の瓦は、かなり熱い。
 3)瓦の上に置くとすぐ、水分が蒸発していく。
 4)焼けるまで開けていない。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


次は、このピザを焼いたときに使った薪の量です。
火を使って調理した経験のある方、きっと驚きです。

b0169869_11465957.jpg
(準備した薪)
廃材を小割りにしたもの(2cm×2cm)。
そばに置いたペットボトルは500ml。



(1枚目のピザが焼けるまで)
最初に火をつけてから、10本ちかく薪を焼べる。
このとき、薪を揃えて入れず、
薪と薪の間を空気が通るようにすると、よく燃える。
その後、3本薪を焼べて強火にする。


(2枚目から)
薪を奥に押し込みながら、新たに薪を2本ずつくらい
焚口に焼べていく。
その他はすることはない。



(ピザ4枚が焼きあがったとき)
最初準備した薪の1/3ぐらいを消費する。






薪を焼べてから予熱なしで焼き始めて
最初の一枚目は13分くらいで焼けました。
瓦のロケストは、その後どんどん蓄熱をしてきて
3枚目からは、生野菜たっぷりのピザでも3分で焼けます。

瓦のロケストの良いところは、きっとこの蓄熱なのかなと思います。
わずかな燃料で蓄熱する瓦のロケストは、大勢が食事をとるときや
ずっと火を焚くときなど、とても役立つと思います。

私の知っている「かまど」、これは一度にたくさんの料理を作れ
「かまど」内の蓄熱で、いつまでも料理が冷めることもなく食べられます。
しかし、災害時など急なときに、この「かまど」を作っている時間も
材料もありません。
そんなとき、瓦を集めて積み重ねたロケストは、どこでも場所を選ばず
短時間で作れます。
そして、少ない燃料で調理できるので、そのぶん長時間使うことができます。

わずかな燃料」で「お湯を沸かす」、そしてしばらく「保温」する。
それが出きるのも、この瓦のロケストの凄いところだと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

・日時・・2012・9・20 pm16:39〜
・天候・・曇り
・ピザ(クリスピー)
・野菜(玉葱、茄子、パプリカ、ウインナー、チーズ)厚み2cm


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このメモ書きを「山の子」で、コナラとクヌギが分かりやすく教えてくれています。
ぜひ、ご覧ください。。

- 山の子 -
  特別編<使ってみようよ 瓦のロケットストーブ : その2>


コナラちゃん、クヌギちゃん。。後はよろしく。。
Top▲ by veronica-t | 2012-09-30 21:01 | 焔のある暮らし | Comments(4)
ハーブの香りとともに。。ワークショップ
爽やかな秋晴れの日、ハーブを使ったワークショップを開きました。
このチキン&サラダ、色も鮮やかでとっても美味しかった。。
b0169869_852854.jpg



この日も、調理はすべて焚き火。
参加者のみなさんにも、調理だけではなく
実際に火をつけたり、薪を焼べてもらいます。

- ペール缶ロケスト -
b0169869_17431097.jpg

このペール缶のロケストでは、ハーブで下味したチキンを茹でたり
その出汁を使った玉葱のスープ作りやシンプルパンを焼きました。

調理の最初から終わりまで2時間も活躍したロケスト。
でも、使った薪は、ほんとわずかな量でした。



- かまど -
b0169869_1748968.jpg

一度にたくさんの量の料理が出来る「かまど」。
「かまど」が温まれば、はがまの中はしばらく温かく、
炊きたてご飯もスープも保温され、温かい料理を食べれます

この日は、たくさんのお湯を沸かして
手作りパスタを茹でたり、ハーブティのお湯を沸かして食事の後まで保温。
慌てて沸かさなくても温かなお茶を楽しめました。



- 瓦のロケスト -
b0169869_17483029.jpg

瓦のロケストは、「かまど」とペール缶のロケストの
良いところを持ち合わせています。

一度温まれば、瓦内は(焔が通ったところ)しばらく温かく、少しの保温がききます。
また、瓦内が温まるので、ロケストが温まれば、ペール缶のロケストより
もっと燃料は少なく長時間調理ができます。
それに移動ができ、安定感も良い。

この日は、気持ち良いほどの秋晴れだったので、瓦のロケストでも
シンプルパンを焼きました。



ふと気がつけば・・
「かまど」「炉」「瓦のロケスト」「ペール缶のロケスト」
ここ焚き火小屋には、焔を扱ういろいろな道具が揃っていました。
Top▲ by veronica-t | 2012-09-27 22:55 | workshop | Comments(9)
枝豆
「テレビの撮影のとき、畑に緑があったほうが良いだろうから」と、
おばあさんが、いつもの年より多く種を蒔いてくれた大豆。
b0169869_11575036.jpg


ワッサワッサと葉が茂り、たくさんの実をつけた。

いつも畑で育った大豆は、味噌に加工してもらうけど、
ちょっと多すぎるから、食べるぶんだけ収穫する。

b0169869_11573232.jpg


それをロケストで塩茹でする。

貴重な味噌になるはずの大豆。。
枝豆なんて、なんと贅沢なことだろう。。

b0169869_1158399.jpg


さやから飛び出す豆は、
どんな宝石よりも眩しく輝いて見える。
b0169869_11581594.jpg

Top▲ by veronica-t | 2012-09-25 16:41 | 野良仕事 | Comments(6)
フォカッチャ
b0169869_8281917.jpg
育てている小麦の酵母は100gちょっと。。
使うのは、毎日25g。。

それを三日に一度50gずつ小麦を足して育てているけれど、
パンを焼かない日は、次の日もうひとつパンを作って、
酵母の量を維持している。

今日は、こちらのブログから「フォカッチャ」を、
久しぶりに焼いてみた。

いつものシンプルパンは、オイルなし・・。
たまには、こんなパンも良いかな〜。。

あとで、ハムと生野菜をサンドしていただきました!!




・・・・・・・・・・・・・
このロケスト&ノブフェン窯には、
よく電化製品を買うと、ついてくるような
説明書や使用方法、料理の参考レシピ本はありません。

だから使う人それぞれ、自分の思うまま使えます。。

ブログのお仲間で、いろいろな 実験・・
いえ、美味しいものを作っている人がいます。

そんなみなさんのブログです。。
mihoさんのブログ・・「自給自足を夢見ながらの英国音楽生活
enasanrokuさんのブログ・・「おとうさん! ごはんなに?

レシピだけでなく、使い方など いろいろなことを気付かせてもらっています。
Top▲ by veronica-t | 2012-09-23 06:17 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(10)
野菜たっぷりピザ - 瓦のキッチンストーブ -
今日は「瓦のキッチンストーブ」で、野菜たっぷりのピザ焼き。
いつものペール缶のロケストと違って、瓦のロケストは迫力があり、
どっしりと構えた姿は美しい。。
b0169869_2194543.jpg


こうして積み重ねてあると、迫力満点なんだけれど、
もともと、災害後そこにあるもので・・と、被災地支援にと考えられたロケストだから、
一枚にすると、子どもでも持てる手軽さで、しかもこの瓦の構造から重なると
ビクともせず安定感にも優れている。

そんなロケストの今日の燃料は、建築廃材の杉を小割にしたもの。
薪に火がついたかと思うと、パーっと勢いよく焔が上にあがっていく。


b0169869_2201313.jpg



瓦なので、一度温まると煉瓦のように熱が蓄熱されて、安定した調理ができる。
今日は、野菜たっぷりピザを焼いてみる。

ちょうど居合わせたお仲間に「ピザを一緒に。。」と、お誘いしてトッピングしてもらうと、
なんと!玉葱・茄子・パプリカ・ウインナー・チーズと、厚み2cm近い・・。

しかし・・いくら野菜たっぷりといっても・・・・・
さすが、野菜好きのピザ。。


b0169869_2235059.jpg


そんなジューシーな野菜たっぷりピザでも、この瓦のロケストなら
こんがり美味しく、しかもジューシーさはそのままに焼いてくれる。


b0169869_223214.jpg


あまりの美味しさに。。
そして少ない燃料で、次から次へと焼けるもんだから、
ウォーキング中のご近所さんも誘う。。


b0169869_13514893.jpg


使った薪は、わずか最初の量の1/3ほど。

キッチンストーブに火を入れ始めて、焼き終わるまで1時間もかからず、
野菜たっぷりピザ4枚焼けた。


b0169869_14132216.jpg

Top▲ by veronica-t | 2012-09-20 23:54 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(6)
また、好きになってもらえて。。
施設での仕事が終わり片付けをしていると、
「急なんですけど・・もうひとり良いですか〜?」と、
もう何年も髪を切ったことのないという おばあちゃんのカットを頼まれた。

長くなった髪の毛は、丸くなった背中の中程まで伸び、細くてコシもない。
でも、ところどころが「すき毛」のようにクシャクシャッと縮れてボリュームがすごい。

数年前にカットをされたそうだけど、収拾がつかないほど大爆発したそうで、
それからというもの、髪を切るのを諦め伸ばしたままにされていた。


そんな おばあちゃんのカットは、不安に思われないように、
クセの出具合や、似合う長さを見つけながら、
手際良く、思い切ってバッサバサッと切っていく。

そして、カットしたときのクセの出具合と、全体のバランスを見ながら、
縮れたクセを生かすスタイルに、パッパッと仕上げていく。


しばらくして、バランスを見ようと顔を覗き込むと、
少し恥ずかしそうに、でもとても嬉しそうに、こうおっしゃった。

「本当は、髪を切ってもらうのが好きだったんだよ」と。。

良かった。。
また好きになってもらえて。。
Top▲ by veronica-t | 2012-09-20 01:15 | 本業は訪問美容師 | Comments(2)
今日もまた、シンプルパン。
ご飯のような「シンプルパン」の材料は、キタノカオリ、小麦の酵母、塩、水。
つまり、小麦と塩だけ。。

あとはロケストに火を焚いて、ノブフェン窯に入れて焼くだけ。。
ロケストで焚くのは、廃材を小割りにしたものや、山から持って帰った小枝、
そして抜いた雑草に、秋になれば落ち葉だって燃料になります。
b0169869_83032.jpg


ときどき焼べる薪をたして、パンの様子をみたら、
あとはそのまま。。焔まかせ。。
20分もしないうちに、熱々の「シンプルパン」が焼けました。


b0169869_1024716.jpg


で・・・

気になりません。。?
焚き火で焼いた「シンプルパン」の 横や底の焼き具合。

ちょっと気になる焼き色を、
「シンプルパン」をグルッとまわしてお見せします。。




まず、横。。
b0169869_103943.jpg




そして、底。。
b0169869_1032793.jpg



今日も、こんな具合に美味しく焼けました。。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おしらせ。。

ちいさな大自然の再放送が、13日の木曜19時から、BSフジで放映されます。
お時間の都合があいましたら、ぜひ、この田舎の美しさと美味しさに触れてください。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山の子」さんのブログ更新。。

震災後、ロケストとノブフェン窯のことを漫画にして、私たち女性や子どもにも
分かりやすいように伝えてくださっている「山の子」さんのブログ。。

特別編<使ってみようよ 瓦のロケットストーブ : その1>

b0169869_910586.jpg
今回も、コナラとクヌギが分かりやすく
「瓦のロケットストーブ」のことを教えてくれます。


とても あたたかな漫画です。
どうぞ、ご家族でご覧になってください。。




漫画をクリックされますと、画像が大きくなります。
また、色が変えてあるところをクリックされますと、
そのサイトに繋がります。。






Top▲ by veronica-t | 2012-09-11 09:19 | 焔のある暮らし | Comments(14)
たくさんのご感想をありがとうございました。
昨夜は、「ちいさな大自然」をご覧になった皆さんから
たくさんのメールやお電話、そしてコメントをいただきました。
そして、私にいただいた感想の多くは、子育て中のお母さんたちから、
本当にありがとうございました。

それにしても綺麗でしたね〜、あの映像。。
普段見慣れた風景が、カメラ越しに映し出されると
また一段と美しく、心に響きました。

途中、焚き火小屋の映像と合わせて流れてきた
ここを訪れてくれた子どもたちの あの何ともいいようのない笑顔。
私の言葉よりもっと、観る人の心を動かし伝わったのではないでしょうか。
テレビの向こう側のお母さんたちに、いろいろな気づきをくれたようです。

ありがとう。。
焚き火小屋に舞い降りた天使たち。


b0169869_1364234.jpg


b0169869_13332465.jpg


b0169869_13363136.jpg


b0169869_137923.jpg


b0169869_1373597.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年は残暑がきびしく、いつもの年なら盆を過ぎると急に暇になる本業が、
お陰様でいつまでも忙しく、毎日あちこちと車で飛び回っております。

みなさまからの たくさんのコメントや丁寧なメール、また記事を
リンクしてくださったり、本当に嬉しくありがたく感謝しています。
ありがとうございます。
そして、なかなかお返事を書けないことが本当に申し訳なく、
少しずつ時間をつくりPCに向かなければと思っております。
メール、コメントをいただいた皆様しみません、もうしばらくお待ちくださいませ。。





Top▲ by veronica-t | 2012-09-07 13:39 | 焚き火小屋から | Comments(10)
焚き火小屋での様子がテレビで放映されます。。
おしらせです。。


ここ焚き火小屋での様子が、テレビで放映されることになりました。
ブログでは伝えることができなかった、焚き火小屋の良さを、
知っていただけると思います。。



放送は、  9月6日(木) 19:00〜


        BSフジ 「ちいさな大自然」 
 
              ユタカな田舎 です。



                 詳しくは、ちいさな大自然」のHPをご覧ください。。


撮影のあい間に、カメラ越しに見せていただいた光景は、
思わず息をのんだほど、とても素敵なものでした。

とにかく、デレクターさんをはじめ、カメラマンさんやスタッフのみなさん、
益田さんの心遣いとプロ意識は凄かった。。
参考になるところもたくさんありました。

私も、どんな風に収録されているか・・、今からドキドキしています。
でも、あのカメラ越しに見せていただいた、あの光景を
ぜひ、観てみたいと思っています。   ・・私の姿や声はサラッと見てください・・


ぜひ、ご覧ください。。
Top▲ by veronica-t | 2012-09-04 21:42 | 焚き火小屋から | Comments(16)
「シフォンケーキ」
子どもらの誕生日のお祝いにと、薪を焼べてケーキを焼き始めてから
ずっと作れないかな〜と思っていたのは・・
身近な材料で簡単で誰にでも出来る、しかもカロリー控えめな
ふわふわのケーキ。

先日、教えていただいた「フロマージュブランもどき」に、
シフォンケーキのレシピが載っていた。

材料は身近にあるし、簡単そうだし・・しかもカロリー控えめだし・・
さっそく、ノブフェン窯に入るシフォンケーキの型を探して作ってみた。


b0169869_4295540.jpg


ふんわり やわらかな生地にしたいので、ノブフェン窯の中の瓦はしっかり水分を含ませる。

ロケストの焔は、常に弱火に。。
最初のころは じっくりと。。
そして、しばらく焔まかせ、中を覗かない。。



b0169869_4301455.jpg


少し時間をおいて、型の上にかぶせたアルミを外す。
あとで気がついたが、このアルミ箔、ノブフェン窯の場合は必要がないみたい。
反対にかぶせていると、上に熱がまわらない。

そして今回使った型は、市販の紙素材。
ノブフェン窯だと、紙素材の型でも十分使える。
めったに焼けないけれど、ちょっとケーキでも。。と、思ったとき
紙素材の型が使えるのは、とても便利。

すぐに食べたい気持ちを抑えて、焼きあがったら、
半日ぐらいワインなどの瓶に逆さまにして引っ掛けておく。
これがシフォンケーキの ふんわりさの秘訣らしい・・。


b0169869_4332758.jpg


じゅうぶんに冷ましたシフォンケーキ。
ふんわりと、口当たりも優しい。

フロマージュブランもどきを使ったシフォンケーキは甘すぎず
いくらでも食べられる。



ロケスト&ノブフェン窯・・
いろいろな料理も出来て、そしてパンも焼けて
しかも、今まで作れなかった ふんわりケーキも焼けた!
これは優れものだと実感。。

まだまだ先だけど・・
するかどうかも分からないけど・・
やっぱり、娘の嫁入り道具に、これ持たせようっ。。
Top▲ by veronica-t | 2012-09-02 23:34 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(9)
| ページトップ |