田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん お..
by veronica-t at 09:24
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:54
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲
春の日差しに
b0169869_1011112.jpg


冬の間の畑は、時が止まったように動かない。

春のあたたかな日差しを浴びて、畑の野菜たちが一斉に目覚める。


あすっこと人参、やっと収穫することができた。
Top▲ by veronica-t | 2012-02-29 02:06 | 野良仕事 | Comments(2)
シンプルパン ひとつ
長女の両手に ちょこんと乗っかった「シンプルパン」 ひとつ。

b0169869_754834.jpg


この春、長女は自分の夢に向かって
親元を離れて高校生活を送ることに決めた。

「この田舎が好きだから、ずっと母さんの傍にいる。」
そう言っていた長女。

そんな彼女が、高校のことを聞かれたとき
「今までも、これからも、自分の夢に向かっていけることに感謝して、
技術の面でも、心の面でも、自分を鍛えたいと思います。」と、
親の私でも驚くほど、しっかりとしたことを答えた。


・・この子が行く前に、あと何回パンを焼いてやれるんだろう・・?

そう思っていたときに、
谷風の強い日でもパンが焼ける道具と、小麦の酵母を手にすることができて
思う存分、好きなほど食べさせてやることができそうだ。



b0169869_7545735.jpg

今朝のパン

長女が好きなのは、
キャベツを食べやすい大きさに、手でちぎって
カリカリのベーコンと、
大好きな人参を、薄くスライスしたものをたくさん乗せて
パンごと温めて食べること。

実は、長女が大の人参好きということを
家族は、最近になって知った。

うちの畑は、人参がどうしても上手く出来ない土地で、
おばあさんは、諦めて作らなくなっていた。

でも長女にうちの人参を食べさせてやりたいと、
失敗しながら、何とか美味しいものが作れるようになった。


パンも、キャベツも、人参も
どれも長女を思い作ったもの。

これからも、応援するからさっ、
娘よ、頑張れ!!


長女の手のひらに、シンプルパン ひとつ。
Top▲ by veronica-t | 2012-02-17 22:55 | 焔のある暮らし | Comments(18)
強風の中でのパン焼き
b0169869_019984.jpg


この寒さで、小麦粉の酵母で仕込んだシンプルパンは、
なかなか発酵してくれません。

やっと発酵してパン焼きをするころには
谷には風が吹き、それは次第に強くなり
そして、谷じゅうをグルグルと舞い始めます。

そうなると、もう鉄のパン窯でのパン焼きはできません。
今まで、この風で何度仕込んだパン生地をダメにしたことか・・。


それがこの道具だと、どんな天候にも左右されることなく、
パン焼きができます。

この日も、パン生地が発酵したころ
谷には強風が吹いてきました。

パン焼きをしている向こうには
切り干し大根のかごが、風に押されて動いています。

煙もほとんど出ないし、何より安全だし
そして、いざというときの移動も楽にできます。


鉄のパン焼き窯、そしてこの道具、
どちらも、これからの焔のある暮らしに重宝な調理道具です。

お陰さまで今日もパンが焼けました。



    
Top▲ by veronica-t | 2012-02-17 21:20 | 焔のある暮らし | Comments(2)
時を過ごす
b0169869_1583044.jpg


初めての、娘と二人の電車の旅。
電車の窓から見える景色やものに、同じように驚き笑う。

今まで こうして同じものを見て、同じようなことを感じてきたけれど
子が育つにつれ、お互い見るもの感じることが違っていく。

いつもなら、乗り物に乗るとパタンッと寝ちゃう親子なのに
このときは、二人で電車が行く先を見つめていた。
Top▲ by veronica-t | 2012-02-01 23:05 | | Comments(8)
| ページトップ |