田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Top▲
心のシャンプー
あと五つ 歳をもらったら、九十歳になるというおばあちゃん。

長くなった髪は、毛先に半年前にかけたパーマの名残りがあって
それはそれでお洒落そうに見える。

もう 歳だから・・と、遠慮がちなおばあちゃんに
髪をカットしながら、どこが気になるかを聞くと、

「襟足は、スッキリと短かく」
「上の方(トップ)は、もっと高く」
「前(髪)は、昔みたいに分け目をつけたい」
と、ちゃんと自分の好みを伝えてくださった。

そして、カットの間も、何度も確かめるように鏡を覗かれる。

ブローが終わり、合わせ鏡で髪の様子を見ていただくと、
「せっかく綺麗にしてもらったから、
今日は、髪を洗ってもらうのやめるわっ!」と、
久しぶりの変身を、家族に見てもらうのだとか。

本当は、デイサービスなどを利用される場合、
入浴時のシャンプーはして欲しいけど

たまには良いよね

お洒落を楽しむ『心のシャンプー』も。。
Top▲ by veronica-t | 2011-09-19 23:44 | 本業は訪問美容師 | Comments(9)
『畑のまんなか』で、野菜を売ります。
ベロニカの会のワークショップに
何度も参加してくださったブログ友達のpokopinさん
先日「taeさんちの野菜が買いたい!」と、嬉しいメールをくださいました。

いつもは、ご自宅のそばまで野菜を配達していましたが、
久しぶりにドライブがてら、畑まで収穫に来てもらうことになりました。

そこで、おひとりさま限定!野菜の直売『畑のまんなか』のオープンです!

b0169869_0334820.jpg

『畑のまんなか』の良さは、
何といっても、お客さんが食べたいと思う野菜を、自分で収穫できること。
さっそくpokopinさんにも、好きな野菜を収穫してもらいました。

「どれを採ったら良い?」
「どうやったら良い?」
と、いうpokopinさんの質問に

「美味しそうと思う野菜を どうぞ!」
「そこらへんでハサミを入れてください」
と、曖昧な答えの店番(私)・・。

でも、それは、ここは畑だから
手にした野菜だけを見て品定めするのではなく、

パプリカの色が変わっていく様子や、
じっくり時間をかけて育つから、野菜の大きさがそれぞれ違うこと、
土の様子や、茎の太さやかたさ、根の張り方やつるの巻き方など

口にする野菜が、どんなところで、どんな風に育つのか
野菜のいろんなことを、ほんの少しだけでも気付いてもらえら良いなぁ〜と思います。


b0169869_032667.jpg

そして、別の畑で育った長茄子や、保存野菜の玉葱やジャガイモ、カボチャは、
笊に入れて車の荷台に並べて、
好きなものを好きなだけ選んでもらいました。



好きな野菜を選んでもらった後は、
畑のまんなかで、おばあさんお手製の紫蘇ジュースでお茶タイム。。

b0169869_0324569.jpg

そして、今朝焼いたシンプルパンに、
クリームチーズと、自家製の葡萄ジャムも添えて
久しぶりのおしゃべりは楽しかった〜〜。



二人で、楽しくおしゃべりしている横では、
ご近所さんが、カボチャが植わっていたところを機械で耕してくださっていました。
ご近所さん・・いつもありがとうございます!!


b0169869_9481060.jpg


ここには、もうじき玉葱の苗を植えます。



『畑のまんなか』では、こんな畑の季節にも触れていただけます。
こんな店、いかがですか〜?



・・宅配の場合、予算に合わせてこちらで荷造りさせていただく方法と
・・車の荷台に野菜を積んでお邪魔して、好きなものを好きなだけ買っていただく方法があります。
・・また、『くるみ市』に野菜をおかせてもらっています。。ぜひ、そちらにも出掛けてみてくださいね。。

Top▲ by veronica-t | 2011-09-11 23:29 | ベロニカの会 | Comments(12)
やっとの「シンプルパン」
b0169869_11224919.jpg

やっと・・

やっと、これっていうパンが焼けた


焚き火小屋から「鉄のパン焼き窯」を持ち帰って
何度も何度もパンを焼いた

でも、焚き火小屋で焼いたようなパンが
どうしても焼けない

b0169869_121370.jpg
何度も何度も焼いて
やっと、これっていうパンが焼けた

味も香りも
サイズもデザインも
これでいい

うん、美味しい!



焚き火小屋で焼いていたときと違うのは
誰かに伝え知ってもらうための、「見せる」ということをしなくていいこと。

毎日でも何度でも焼けるように
材料は、私のパンに本当に必要なものだけ
ほ〜んと、こんなんで良いのっていうくらい必要なものだけ入れる。

そしてパンを焼く時間が、暮らしのリズムにス〜ッと馴染めればいい。
家事をしながら、いつでもどこからでもパンを焼く焔を見えればいい。

酵母と材料と、発酵の時間と焼くタイミング
あとは、「鉄のパン焼き窯」の良いところを最大限に引き出して
そのまま、焔に任せてじっくりパンを焼くだけ

な〜んだ、ご飯作るのと同じじゃないって思うほど
パンを焼くのは難しくなかった。


でも、この美味しいパンは、たくさんの人との関わりで
やっとできたパン。

ありがとう。。
Top▲ by veronica-t | 2011-09-10 09:02 | 焔のある暮らし | Comments(8)
夏の終わり
b0169869_959716.jpg
夏の終わり

畑は夏から秋へと、少しずつ・・
そして、駆け足で変わろうとしている。

夕暮れ時、
母は、カボチャの蔓の「くよし」をしていた。
くよしの煙を浴びながら、夏と違う秋の気配を感じる。




何とか季節に間に合いそうな・・私の畑

カリフラワーの苗を植えた。
b0169869_9525696.jpg
これは買った苗。
種から育てた苗を植える前に、少しだけ苗を買って育てることにした。



さやえんどうの苗を植えた。
b0169869_9523072.jpg
豆を育てるのは、これが初めて。。

明日、山から笹の古い枝を持ち帰り、苗のそばに立てる予定。
その枝に、しっかり蔓をはわせてくれると良いなぁ。



ハウスに移動した白菜の苗たち
b0169869_9531312.jpg
種から発芽した苗は、何だか愛着がわく・・
ガンバレ!苗たち!



そして、青々と艶やかな葉を茂らせるバジル。
b0169869_953273.jpg
夏野菜を片付けると、このバジルの青々とした葉が、とても目立つらしい。
「こぉは、何んかねぇ!?」と、今日は、ご近所さんによく聞かれた。


タイム、これも元気が良い。
b0169869_9534429.jpg



夏から秋

畑の秋は、少しずつ、そして駆け足でやってきた。
Top▲ by veronica-t | 2011-09-06 23:53 | 野良仕事 | Comments(10)
今朝の畑
b0169869_8494725.jpg
畑一面に広がっていたカボチャの場所は、
もうじき耕されて次の作物が育つ。

このペースに、新米百姓はなかなかついていけない。
母の野良仕事を見て、「早くしなくっちゃっ!」と、
気持ちは焦るが、いつも出遅れている。



そんな新米百姓を応援してくれるのは、
もうダメかなと思っていた夏野菜たちの復活!
b0169869_850287.jpg
しばらく収穫がなかったローザビアンカが
残暑の強く熱い日差しを浴びて、元気に育ち始めた。



b0169869_8501696.jpg
ほとんど葉を落としたパプリカとピーマンも
また葉を茂らせて、次々に小さな実をつけていた。



夏、そして秋から冬・・
畑に立つと、季節の移り変わりを
光や風、香り、そして野菜たちから教えてもらっているようだ。


さ〜て、新米百姓。。
頑張るぞーーっ!!
Top▲ by veronica-t | 2011-09-01 07:20 | 野良仕事 | Comments(4)
| ページトップ |