田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
>5月6日の鍵コメさん ..
by veronica-t at 22:58
> nageire-fu..
by veronica-t at 22:50
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Top▲
今年の南瓜は、綺麗。。
朝夕と少しずつ秋の気配を感じるようになると、
夏の間、畑の1/3を占めていた南瓜の収穫が終わりを迎えた。

母の南瓜の育て方は、雑草防御になるからと、
つるを、大地に思いっきりはらせてのびのびと育てる。
だから、色々な方向に育ち、育った南瓜のサイズも異なる。

母は、来なくなった蜂に代わって、毎朝丁寧に花粉付けをしていた。
だから、今年の南瓜の収穫数は200個近く。

そして、今年の南瓜は綺麗。

いつもの年なら、大地と引っ付いているところは陽が当たらず白っぽく、
ポコポコッとした茶色いところもあるのに、
今年は、とにかく綺麗。


今年は、藁や小さくカットされた発泡スチロールの座布団を
母に敷いていた。
b0169869_744576.jpg


しっかりと蔓を伸ばし立派に育ってくれた南瓜への、母の想いなんだろうか・・
母の野良仕事をする姿を見ていると、丁寧な人だなと関心する。


そんな母へ、そして美味しく育ってくれた南瓜に感謝して
今夜の晩御飯のメインは、南瓜。
b0169869_7484290.jpg


とっても美味しい
甘く優しい。
Top▲ by veronica-t | 2011-08-30 23:57 | 野良仕事 | Comments(8)
冬が来るまえに
b0169869_11313889.jpg

昨日仕込んだパン生地を
早朝のバイトに行く前に成形して、二次発酵。

今日は本業の仕事が入っていないから
野良仕事する前にパンを焼く。

鉄のパン焼き窯に火を焼べて
大小さまざまな大きさのシンプルパンを焼く。



そして、冬が来るまえに・・
b0169869_11315293.jpg

今年の冬に備えて、
パン焼きしながら、掘り炬燵に入れる消し炭作り

鉄のパン焼き窯が、ここにあるから
冬を迎えるその前に・・
これがうちの新たな焔のある暮らし。
Top▲ by veronica-t | 2011-08-22 07:30 | 焔のある暮らし | Comments(10)
バジルの出荷・・その後
ひと雨ごとに涼しく、夜明けがゆっくりと
そして夜更けが早々とやってきて、日いちにちと秋の気配を感じます。
みなさん、お元気ですか?

コメントをくださったみなさん・・
いただいたコメントにお返事もできなくて、本当にすみません・・。

この夏、本業とバイトの掛け持ち、野菜作りに出荷と
慌しい日々をおくっていました。
そして今年の夏ほど、こうして変わらぬ日々を過ごせることを
ありがたいな〜と感じたことはなかったです。

前回のブログの初出荷したバジルですが、
出荷先の「くるみ市」さんが毎日たっぷりの水を霧吹きしたり
手入れをしてくださったお陰で、8月11日に購入していただくまで
イキイキと育ち、根もはってきたそうです。

出荷する側と、それを預かってくれる人・・
生涯の仕事として、ちっぽけな規模の野菜作りを目指す百姓(まだまだ弟子!)と
その気持ちをわかってくれて、しかも買い手の気持ちもわかってくれる
丁寧な小規模の直売所だからできること。。

これからも、いろんなことに挑戦してみよっと。。
Top▲ by veronica-t | 2011-08-22 06:03 | 野良仕事 | Comments(0)
| ページトップ |