田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
<   2010年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧
Top▲
これって、普通の竹?
昨日のワークショップで、シシカバブーを熾火で焼いていると・・
棒に先に巻いたお肉が、ポトンと燠の中に落っこちた。

「美味しくな〜れ!」って、ジッと熾火で焼いていたのですから・・
その子は、とても悔しがりました。

なぜ落ちたかというと、お肉が、ちゃんと巻きついていなかったから、
棒を回していると、お肉が、ほどけだして落ちたのでした。

竹串や爪楊枝で、お肉の巻き終わりをとめるといいのですが
どちらも準備していません・・


b0169869_11472679.jpg
そばを見渡すと、ちょうど焦げてしまって使えないシシカバブー用に作った竹の棒があったので、
急遽、肉をとめる小さな竹串作りを始めました。

竹を竹ノコで適当な長さに切り、ナタで割って、ナイフで削って・・
しばらくすると、まわりは子どもたちでいっぱいです。


b0169869_11474790.jpg
ジッと眺めている子どもたちを外に連れ出して、むくの葉を持っておいでと伝えました。

「これで、何をするの?」
子どもたちは、一枚の葉を見つめながら問いかけてきました。

「それで、この串を磨いてごらん」
「そうすると、どうなるの?」
「まあ、やってみぃだわね」


b0169869_11481158.jpg
削った串を手にした子どもたちは、
次から次へと外に飛び出して、むくの葉っぱで磨き始めました。

「なんか、つるつるになってくる」
「気持ちいい!」

即席の小さな串なのに、みんなとっても丁寧に磨き始めました。


b0169869_11482925.jpg
お肉にさしてごらん・・
そう教えると、みんな棒の先にお肉を巻いて、出来たばかりの串をさしてみました。

「あ、ちゃんと刺さった」
「すごい!」
「これで、お肉落ちないね。やった!」


b0169869_11485585.jpg
「これ、持って帰る!」
よほど感動したのか、使った串を持って帰るという子どもも・・。

それならと、少し長い竹串を作ってあげたら・・
ある男の子は、他のものには目もくれず、
熾火をおとした炉のまわりで、ずっと竹串を磨き始めました。


b0169869_11491888.jpg
「これ、学校に持っていきたいな・・」
「それなら、給食のとき用にお箸にしたら・・?」
「えっ、お箸もできちゃうの?これで?」

以前、スプーンは作ったことはあるんだけど・・
お箸は作ったことないなぁ。
それも、短時間でのお箸作り・・。

でも、子どもたちの真剣な眼差しに、またね・・なんていえませんよね。

お箸を削り出し始めたら、こどもたちに変化があらわれてきました。
串を持つ子は、落ちたむくの葉を集めて磨き
小さなこどもたちは、「この木屑、とっても燃えやすいんだよ。燃やしてごらん」というと
「これ、よく燃えるね」って、木屑を炉の熾火に入れ始めました。

そんな子どもの様子を見ておられた、お母さんがこうおっしゃいました。
「竹って、よく燃えるんですね」
「それって、竹ですよね。普通に生えてる?」
「竹から、お箸ができちゃうんですか〜?凄い!」

そして、山のこと、燃料のこと、竹のこと、ものつくりのこと、
なかなか話すきっかけがつかめなないような、お話もすることができました。


b0169869_11493636.jpg
お箸を持った男の子は
「僕の箸だもん、これ大切にする!」
「いつもこれでご飯食べるんだ。学校にも持っていくんだ」

そう言って、まずはサンドペーパーで箸を磨き、むくの葉で仕上げ磨きをしていました。



これも、あの子がお肉を燠の中に落としたから・・
こんな素敵な時間が持てました。

ありがとう。
Top▲ by veronica-t | 2010-11-29 11:55 | workshop | Comments(2)
私は・・ピザ。
b0169869_11361360.jpg


私は、ピザ・・

そんな言葉が似合いそう




b0169869_1136321.jpg

鉄のパン焼き窯で、たくさんのピザを焼いてきたけれど
こんなピザは初めて・・

これは、いろんな形のピザを作っては「焼いてください」という、小学生の女の子が
「今度は、これ・・」と、差し出したピザです。


子どもの発想って、凄いです。
Top▲ by veronica-t | 2010-11-29 11:31 | workshop | Comments(0)
たくさんの笑い声
b0169869_10594560.jpg

昨日の焚き火小屋は、とても賑やかでした。

あっちこちで楽しそうな笑い声が聞こえてきます。

この日のワークショップの参加者のみなさんは、
元気なちびっこたち13人(お兄さんお姉さんのいます)と、お母さん7人の合計20名様。

「あ、それやったみたい!」
そんな元気な声も飛び交ってます。

いつもなら、広いと感じる大テーブルも、この日ばかりは小さく見えます。


b0169869_110337.jpg
ピザ生地を捏ねる手と手・・いえ、たっくさんの手

このワークショップは、今の時季も畑にパプリカが育っている、今年ならではのもの。
「鉄のパン焼き窯」で美味しいピザを焼いて、「かまど」を囲んで、シシカバブーを焼いていただきます。

写真のような、ピザ生地を捏ねるシーンが他にもふたつ。
どこも、たっくさんの可愛らしい手がいっぱい。


b0169869_1102222.jpg
そして、もうひとつ・・
このワークショップが、何度も開けるのは、遠くからのお裾分けのチーズがたっぷりあるから。

子どもたちは、見たことのない大きなチーズをヒーラーでスライスしています。
大きなチーズはスライスしても、なかなか小さくなりません。

「ちょっと食べてみても良い?」


b0169869_1104878.jpg
子ども参加のワークショップで、いつも目にするのは・・

「かまど」の焔と、きちんと向き合う子。

初めて手にした「吹き竹」という道具で、これまた経験のない火熾しです。
何度か吹くうちに、「スースー」と吹く音が、
「ボーボー」という勢いのある焔の音にかわります。
すると、煙でいっぱいだった「かまど」の中が、
パッと明るくなり勢いのある焔が燃え始めます。


b0169869_1111180.jpg
たくさんの手があるから
美味しいものにたどり着くのも早いです。

「美味し〜い!」

あっちこちでたくさんの「美味しい!」という声と、
楽しそうな笑い声が、いつまでも続いています。




・・・・・・・・・・・・・・・・
数回にわたり、お世話をしてくださったお母さまへ・・

お陰さまで、とても楽しく心地良い時間を皆様とご一緒させていただくことができました。
本当にありがとうございました。

Top▲ by veronica-t | 2010-11-29 11:26 | workshop | Comments(0)
おめでとう
僕は、ここで農業をしたいんだ

そして目指した学校に今年の春の受験は、不合格・・

「お前が一年間、目標があってのプー太郎なら、母さんが頑張っから・・」
あのときは、こんな言葉しかかけてやれなかった。

あれから長男は、自分の将来をもう一度見つめなおしていた。


おばあさんの野良仕事の手伝いをしたい、
その野良仕事で、一番大切で一番必要なのは「牛糞」。

長男は、そこから将来の仕事にと牛飼いになりたいと言い出した。

その想いが本当かどうか、自分に問いかけながら、natsuさんちのおじいさんの牛飼いの手伝いを始めた。
肉のことを少しでも学べるかも・・そんな想いから、あるスーパーの精肉センターに早朝からバイトに通い始めた。

少しでも牛に近づきたい・・
そんな想いが、いたいほど伝わってくるんだけど・・
それに向き合うのは、長男なのだから。


今年の春から、今まで彼はいろいろな人と巡り会えた。
少しでも、自分にかかるお金を何とかしたいと、
早朝からの鶏の出荷のバイトをさせてもらった。
「田植えのテゴ(手伝い)してもらえんだぁか?」 
地域の営農の田植えを手伝わせてもらった。
「休みの人がおって手が足りんけん、バイトが終わってから来てもらえんだぁか?」
地元の危険物回収のバイトをさせてもらった。
「昼からでも、牧草の回収のバイトしてもらえませんか?」
大きな牧場の牧草集めのバイトをさせてもらった。

natsuさんちの息子さんと、おじいさん、そしていろいろな人にお世話になりながら、この時期を過ごした。
自分からも、積極的に人と会話するようにもなった。

「今の僕があるのは、たくさんの人のお陰だ」試験の当日、そう長男が言った。


長男の育てた牛糞を使えるのは、まだまだ先のこと・・
でも、いつか、その日が来て欲しいと願う。

取り合えず、合格おめでとう。
Top▲ by veronica-t | 2010-11-29 10:31 | | Comments(14)
母と子 - 焚き火小屋に降りそそぐ光とともに -
b0169869_8582596.jpg


穏やかなで風のない日に、調理のための薪を焼べると、
燃えはじめの煙が、あたり一面広がる。

その煙は、薪の合間から降りそそぐ日の光を
とても幻想的に映し出す。


b0169869_8584651.jpg


降りそそぐ日の光は、
焚き火小屋の中を、時とともに流れていく。

それは、まるで時間時計のように・・


b0169869_8592321.jpg


そして、焚き火小屋を訪れてくださるひとを、
その時間の主人公にしてくれる。


この日、ここを訪れてくださったのは、
親子で感じた心地良い焚き火小屋での想い出を
今、しっかりと感じて欲しいと願われた母と子・・。

焚き火小屋に降りそそぐ日の光は
その親子を、優しく、そして眩しく照らしてくれた。



・・・・・・・・・・・・・・

ベロニカの会を始めて、もうじき6年目。
これまで、いろいろな表情の焚き火小屋を見てきました。

そして、焚き火小屋に降りそそぐ日の光に
なんども心を動かされてきました。

この日のこの光は、今まで見たことのないものでした。

ここでの想い出を、今、しっかり親子で感じ取りたい・・
そう願って訪れてくださったお母さんとT君に
焚き火小屋と日の光が、答えてくれたように思います。


今まで、ここに訪れてくださったみなさんに感謝しながら
ベロニカの会らしく、そして私らしく暮らしていけたらと思います。





Top▲ by veronica-t | 2010-11-27 23:14 | workshop | Comments(2)
少年と「かまど」
b0169869_8321235.jpg


ある日、園の先生が皆に問いかけました。
「昔の人の暮らしってどんなかな〜?」

焚き火小屋を何度か訪れてくれたT君が答えました。
「かまどのある暮らし・・」

そして、T君は「かまど」について話ました。

話す相手が知らないことを、言葉だけで伝える・・
それは、大人でもとても難しいことです。


b0169869_8334957.jpg

でも、T君は一生懸命に話を続けたそうです。
半信半疑だった先生は、そんなT君に驚きながらも耳を傾けてくださったそうです。

それは、T君の言葉は、すべて本当のことだから・・
どれも、T君が体験して、感じ取ったことだから・・


b0169869_83499.jpg

久しぶりに焚き火小屋に訪れてくれたT君

「あっ、僕、かまどの(焔の)お世話をしなきゃっ!!」と、
ずっと、かまどの前に座り、その焔を眺めていました。

火が消えそうになったら、小割りの薪を焼べて、吹き竹で焔を熾し
火が大きくなって、もっと勢いのある焔にするときには、大きな薪をくべて



T君が大人になったとき、この焔のことをどんな風に覚えているのかな
そして彼の話を、どれだけの人が理解してくれるのでしょうか・・
Top▲ by veronica-t | 2010-11-27 21:40 | workshop | Comments(2)
焚き火小屋に舞い降りた-天使- 「僕のピザ」
僕は、焚き火小屋に遊びに行きたいと、ずっと思ってた。
そしたら、母ちゃんが「ピザ焼きに行こう」と言ってくれた。
僕は、とても嬉しかった。
だって僕は、あの焚き火小屋が気に入っているんだもん。

焚き火小屋に着いて車から降りたら、あの懐かしい焚き火の香りがしてきた。
やっと着たよ・・焚き火小屋に・・。


b0169869_7151584.jpg
僕は、母ちゃんと一緒にピザの生地をこねたよ。



b0169869_7153736.jpg
母ちゃんが野菜を切っている間に、
僕は畑に野菜を採りに行ったよ。



b0169869_7155994.jpg
しばらくしたら、母ちゃんが「生地が膨らんだよ」って教えてくれたから、
僕は棒でのばしてみた。



b0169869_7165537.jpg
のばした生地に、トマトソースを塗って



b0169869_7171589.jpg
いつも、母ちゃんが「野菜、美味しいよ」って教えてくれるから、野菜をたくさん乗せてみた。
人参の葉っぱも乗せてみた。
僕のピザは、「野菜たっぷりピザ」だよ。



b0169869_717514.jpg
いつもなら遠くからみているだけの「鉄のパン焼き窯」
でも今日だけは「ここに居ても良いよ」って言ってもらえた。



b0169869_7181368.jpg
焚き火小屋に美味しい香りがしてきたら、
鉄のパン焼き窯から、「僕のピザ」があらわれた。



b0169869_7184062.jpg
野菜たっぷりの「僕のピザ」
とっても、とっても美味しいよ。


母ちゃん、僕のピザは美味しい?


焔の向こうで、母ちゃんが微笑んでくれた。







Top▲ by veronica-t | 2010-11-27 21:19 | workshop | Comments(2)
お風呂を焚きながら焼くチーズケーキに・・
b0169869_23434686.jpg
今夜は、お風呂を焚く隣で、チーズケーキを焼きました。



b0169869_2335596.jpg先日、kotoriさんからお裾分け便で届いたすだちの中にレモンが1個。
そのレモンが黄色くなったら、まこりんさんからいただいたクリームチーズと一緒にチーズケーキを焼こうと思っていました。
レモンが美味しそうに黄色く色づいてくれるのが、とても待ち遠しかったです。




b0169869_23344466.jpg
お風呂の焚口の隣に焚き火台をおいて、
ダッチオーブンに火を焼べて、natsuさんに教わったチーズケーキを焼くことにしました。




b0169869_0432823.jpg
二つの焔・・

ダッチオーブンの焔は、時々吹く風に
その身を任せて、あっちこっちに揺らぐ。



お風呂の焔は、
煙突のほうへと
ゴウゴウ音をたてて勢いよく流れていく。

それぞれの薪を動かしながら、
違う焔を使いわけるのは
とてもおもしろいです。




b0169869_23353256.jpg

しばらくして、ダッチオーブンの中から美味しいケーキが焼ける香りがしてきたら、
ケーキのケースにかぶせておいたアルミをとって、余熱でこんがり焼き色をつけていきます。

そして、燃えている薪はお風呂の焚口の中へ、燠は火消壷の中にいれてます。
この火消壷にいれた消し炭は、翌朝にはまた火を熾し、掘り炬燵の燠として使います。
掘り炬燵に入れた燠は灰になり、今度はそれを野良仕事などで使います。
こうして薪は、いろいろと形をかえて、我が家の燃料として役立ちます。



b0169869_2336155.jpg

同じ材料なのに、オーブンで焼くnatuさんのチーズケーキは、しっとりなめらかで美味しい・・
焚き火で焼いたチーズケーキは、ふんわりまろやかです。
優しい食感のチーズケーキは、本当に美味しかったです。


まこりんさんのクリームチーズを贅沢にたっぷりと、
kotoriさんのレモンは無農薬だから、皮ごとギュッと絞って使いました。
まこりんさん、kotoriさん、美味しいお裾分け便、ありがとうございました。

natsuさん、簡単で美味しいチーズケーキのレシピを教えてくれてありがとう。


美味しさのつながりに感謝です。

- natsuさんのチーズケーキ レシピ -
Top▲ by veronica-t | 2010-11-24 23:36 | 焔のある暮らし | Comments(7)
大丈夫。
だいじょうぶ

大丈夫だから。。

これしか言ってやれないことって、あるよね

大丈夫だけん




Top▲ by veronica-t | 2010-11-22 12:50 | | Comments(4)
母の着物姿
数年前から、夏の終わりから今ごろまで、
紐落としの着付けの仕事をいただくようになりました。
今年の携わらせていただいた方は60人とちょっと・・

このお仕事が終わるころ、
いつも身近な方の着付けをさせていただく機会が巡ってきます。

去年は、知人親子の七五三と・・
お母様の仕立て直されたお着物に袖を通されたお嬢さまの着付け・・
まるで、その年の着付けの仕事の総仕上げのように巡ってきます。


そして今年・・
親戚の婚礼に呼ばれた母の身支度をさせていただきました。

いつもは我が身を振り返ることなく、野良仕事をしている母・・
化粧をすることもなく、着る機会などないからと服を買うこともしない。
母の楽しみは、野菜がちゃんと育ってくれることと、
その野菜を美味しいと言ってもらえること。

そんな母の身支度は、
伸びきった髪をカットして
顔を剃り、化粧をして
還暦のときに思い切って買ったという、うぐいす色の着物を着付ける。

鏡に映る姿に照れながらも喜ぶ母に
なんだか私も照れくさいけれど嬉しい・・


b0169869_10311317.jpg
喜ぶ母を親戚まで送り部屋に戻ると、
部屋の真ん中にさっき使った襟留めがふたつ・・

それを眺めて思う・・この仕事について良かった。。
Top▲ by veronica-t | 2010-11-21 09:53 | 本業は訪問美容師 | Comments(5)
| ページトップ |