田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
*tomokeさん お..
by veronica-t at 09:24
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:54
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
<   2010年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧
Top▲
2月の玉葱
いつもなら、2月といえばまだ肌寒いのに、今年はあたたかい日が続く。
ゆっくり育っていた玉葱は、先日の陽気に慌てたように、
一気に背を伸ばし勢いをつけてきた。



早生の玉葱は・・
b0169869_17532212.jpg
勢いのある葉を、まるで両手を広げるように伸びをする。



実になるところも、
b0169869_1756220.jpg
少しずつ膨らみ始めた。



甘く美味しい早生の玉葱になあ〜れ!






保存する玉葱は・・
b0169869_1759857.jpg
勢い始めた葉を、天まで届くかのように大きく背伸びする。



実になるところは、
b0169869_181685.jpg
か細かったのに太くしっかりとしてきた。



一年間の保存に耐えれるよう、しっかりと根を張り大きくなあ〜れ!

b0169869_645437.jpg


それぞれの玉葱も大きくなれば、
先日、おばあさんと抜いた草もこの陽気で大きくなっている。



玉葱よ、焦らずゆっくり美味しく育っておくれ。
Top▲ by veronica-t | 2010-02-28 18:10 | 野良仕事 | Comments(14)
久しぶりに
久しぶりに、シンプルパンを焼いた。
b0169869_22483942.jpg


来月する「出雲市アグリビジネススクール加工食品講座」受講生対象のワークショップでの料理の試作。

当日作る料理、デザイン、時間配分など、考えることは山積みだ・・。
ひとつひとつ確認しながらやっていく。


以前だったら、こんなときのパンに納得しなかったなあ。


「この感触〜、久しぶりだわ」と、みんなが言う。
「お母さんのパン、久しぶりだね」 家に持ち帰ったパンを美味しそうに食べながら、子どもらが言う。


シンプルパンは、やっぱり美味しい!




 
Top▲ by veronica-t | 2010-02-26 23:33 | 焚き火小屋から | Comments(16)
何月・・?
今日、本業で領収証を書くとき
あまりの暖かさに、思わず携帯の日付を見た。

2月だよね・・

この陽気につられて、いろいろ花が咲き始めた。



八重椿
b0169869_1361022.jpg


b0169869_1364631.jpg


あすっこ
b0169869_137272.jpg


雪柳
b0169869_1375588.jpg





雪柳の後ろには・・
柚子が、まだ実っている。
b0169869_1383189.jpg




今、何月だっけ・・?
Top▲ by veronica-t | 2010-02-25 23:56 | 焚き火小屋から | Comments(8)
マイペース
b0169869_802175.jpg

自分のペースって何だろう


歩いているつもりなのに

いつしか走ってる


たまには止まってもいいのにね

Top▲ by veronica-t | 2010-02-25 08:04 | 心象のスケッチ | Comments(4)
思う
大きな壁に、ぶちあったったとき


それを試練と思うか

それともチャンスと思うか



私は、それをチャンスにしたい・・。

Top▲ by veronica-t | 2010-02-24 14:50 | 心象のスケッチ | Comments(8)
それぞれの「うちのキャベツ」
この時期、天気が良い日には、いろいろな野菜が干してある。
その中で、最近気になっているのがキャベツ・・。

さすがに驚いて師匠に聞いてみた。
答えは単純・・「昔、こうして干してあったな〜と思ったから・・」

昔、先代がキャベツの保存にと、こうして干していたのを思い出したらしい。
そして、どんなものか、ちょっと干しているそうな・・。

ちょっと、不思議な風景・・
b0169869_22421621.jpg
そういえば、このキャベツ、なんていう名前(品種)だったっけ・・?
うちの師匠は、種や苗を植えるとき、取り合えずその野菜の名前を分かるようにしている。
でも収穫時には、うちの畑で育ったものは、ややっこしい品種なんてどっかにいって、みんな「うちの野菜」と、師匠はいう。


そんなことを考えながら、ある人のキャベツを目にして驚いた・・。
そのキャベツは、雪の下からやっと掘り出された、草子さんのキャベツ。

草子さんの暮らす地域は、今年たくさんの雪が降ったそうです。
野菜の収穫も、その雪が邪魔で畑にも行けなかったと書いてありました。
そして、雪を掘って掘ってやっと出てきたキャベツは、とても輝いてました。
まぶしいほどに・・



草子さんのキャベツと、うちのキャベツ・・
もし同じ品種だとしても、育った畑でこうも違う

やはり品種なんて気にしない、師匠のいう「うちの野菜」でいいのかな・・

どちらも美味しい「うちのキャベツ」なのだから。


草子さんの畑に、穏やかな春が来ますように・・
Top▲ by veronica-t | 2010-02-23 23:57 | 野良仕事 | Comments(8)
かくれんぼ、しようよ!
「ねえ、かくれんぼ、一緒にしようよ!」

「いやだよ・・。」

「なんで? 一緒にしようよ! 僕、鬼するからさ! 隠れてよ!」
「い〜ち、に〜い・・」

「おばちゃん、みっけ! 隠れるの下手だな〜」

子どもらの楽しげな姿をカメラに納めようと、その様子を見ていたはずが・・、かくれんぼを一緒にすることになった。



焚き火小屋で過ごす子供らは、遊び道具なんてなくても楽しそう。
なんでもかんでも自分で遊びを見つけ、作って、楽しそうに遊んでる。
その才能は、素晴らしい。

大人は、この子供らの才能を壊していないか・・楽しそうな子供らの姿を見ているとそう感じてしまう。


薪を細かく割ったものを ばちにして、大きな臼を太鼓にして、なにやら楽しげにしていると・・
b0169869_8411262.jpg


中から同じように細い薪を持った子供らが、そのお囃子に加わった
b0169869_8413381.jpg


「これも音が出るんじゃない?」 いろいろなものが太鼓に見えてきた
b0169869_8414757.jpg



そして、ひとりの女の子が差し出した、束になったブロッコリー
b0169869_842344.jpg

「ねえ見て! なんか紫陽花みたいでしょ」


子供らの感性って凄いな・・
Top▲ by veronica-t | 2010-02-22 08:51 | workshop | Comments(10)
私スタイル - たかっちセット改造(足)
訪問美容師に決まったスタイルはなく、道具ひとつにしても自分で手探りで探してきました。
シャンプーセットは、そのなかでも本当に時間をかけてきた大切な道具です。
広島のたかっちさんから譲っていただいた「たかっちセット」を、私スタイルに改造して、今年で3年目になります。
その安定感、機能性は、本当に優れています。

今回、ご紹介するのは「シャンプーセットの足」の改造です。


- シャンプーセットの足の補強 -

〈なぜ補強をするのか〉
・shampoo bowlの足とのジョイント部分への負担を減らす。
・トリートメント時にshampoo bowl内にお湯をためたいと、当初考えていた。
・とにかく、大切に使いたいと思った。


〈補強の仕方〉    
・shampoo bowlを下から支えるように、足を改造した。
・足の土台部分を、しっかり溶接した。


〈改造した様子〉

- 1. 足にshampoo bowlを乗せた状態 -
b0169869_225089.jpg
たかっちさんのHPより、もとの形と比べてください。
shampoo bowlを支える、三角の土台をつけました。
足下のH型の部分の溶接を、さらに強化しています。



- 2. 足の全景 -
b0169869_232486.jpg
これが、shampoo bowlを外した状態です。
三角の土台をつけた部分は、ネジで上下に位置を変えられるようになっていました。
収納時には、下までさげて横にすると邪魔になりません。



- 3. 補強部分(横) -
b0169869_2252828.jpg
◆が上で、shampoo bowlがのります。◇が、それを支えています。
シンプルな緩やかなラインで強度を出しています。



- 4. 補強部分(上) -
b0169869_2253938.jpg
上から見たら、こんな感じです。
薄いスポンジを貼って、shampoo bowlを置くときの衝撃を和らげています。



- 5. 補強部分(下) -
b0169869_2255346.jpg
下から見たら、こんな感じです。
◇で、下からしっかり支えています。



- 6. 幅 -
b0169869_226921.jpg
幅は、◆が3cm、◇が2.5cm。 厚みは両方とも3mm程度です。
強度+持ち運びの負担を考えて、この幅と厚みが、一番ベストだということになりました。





- 関わってくださった人 -
   アドバイス・デザイン 〜 しまね自然の学校 代表
   溶接・加工 〜 勝部溶接所
    




- 追記 -
「私スタイル」になるまで、いろいろなかたの知恵と協力をいただきました。
これを「感謝」という言葉で、簡単に表現できるものではありません。

関わってくださった皆様への感謝の気持ちを込めて、私が皆さんにしていただいたように、これから訪問美容を始めようとされる方に、自分の知り得たことを伝え役立てていただければと思います。

また、「たかっちセット」の改造を書くことに、快く了解をしてくださった たかっちさんに感謝いたします。
Top▲ by veronica-t | 2010-02-21 02:21 | 本業は訪問美容師 | Comments(6)
これだけに・・
いつの頃からか、しぜんと目が見えなくなったとおっしゃるお客様・・。
利用者さんの中でも若く、なかなか雰囲気に馴染めないの・・と、いつもとかわらぬハキハキとした口調で話された。


そのお客様が、私を呼んでくださるのは
時間をかけて、きちんとお客様のお話を聞いたから・・
納得いただけるまで、髪型を話し合ったから・・
手で触れて、今の髪の状態を知っていただいたから・・

きっと髪をカットする時間より長く手を止めて、椅子に座られるお客様の目線に自分の目線を合わし、とことん話し合ったからなのだろう。

ときには攻撃的な、その口調に戸惑うこともあった。
でも、解らないから聞く・・そのお客様の姿勢に、きちんと向き合うべきだと思った。



ある日、こうおっしゃった。

「私は、あなたにカットしてもらうために、今日ここに来ているのよ」
「カットしてもらいたいから来たの。だからカットしてもらう日以外は、ここに来ていないのよ」

嬉しい気持ちを通り越して、驚いた。


そばで、微笑む職員さん。
素直に嬉しい・・
でも複雑・・


お客様と私が接する時間・・せいぜい20〜30分。(これには決まりがある)
お客様が、ここで過ごされる時間・・朝9時過ぎ〜夕方4時頃。


「あ〜、スッキリしたわ!」
「またよろしくね」

嬉しい・・ でも複雑・・



Top▲ by veronica-t | 2010-02-19 21:49 | 本業は訪問美容師 | Comments(7)
今日の畑
昨日のあの天気は何だったんだろう・・
朝起きたら、辺りは真っ白雪景色・・。

b0169869_23303780.jpg
畑の野菜も、すっぽり雪をかぶっていた。



玉葱に肥やしをやっとけば良かったな・・
これじゃあ、肥やしが蒔けないな。
b0169869_23305663.jpg




元気になったレタスや葉もの、収穫しとけば良かったな。
b0169869_23301854.jpg

レタスの上の雪をはらいながら・・
やっと元気になったのにね。
b0169869_23311521.jpg




師匠が言った。
昔は雪も多くて、畑は年の暮れから3月頃まで、ずっと雪に覆われていた。
雪がなくても、土は凍みていた。

だから、冬の間は野菜作りはお休みで、
山仕事や家のことをしていたと・・。


それが今ではどうだろう・・
この時期に野菜があるのは嬉しい。
でも・・
寒くないから、土の中の虫や卵は育つ。

昔のように雪に覆われ凍みていると、春からゼロでスタートできるのに・・。
Top▲ by veronica-t | 2010-02-18 23:31 | 野良仕事 | Comments(10)
| ページトップ |