田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
*tomokeさん お..
by veronica-t at 09:24
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:54
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
<   2010年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧
Top▲
1月の玉葱
b0169869_23521535.jpg冬の畑は、草の伸びもゆっくり・・
でも、ふと足元を見れば、玉葱のまわりが緑色になっている。

小さな草が、ぎっしり・・。

これを、うちの師匠が見逃すはずもなく、ここ数日ひとりで、せっせと草取りをしていました。
昨日の午後からは仕事が空き、二人での作業となりました。

細くやわらかな苗を傷つけないように、草を残さないように丁寧に作業を進めます。

b0169869_073050.jpg

この時季の玉葱は、実に躍動感に満ちています。
草を取り、それがより一層伝わってきます。

b0169869_0145930.jpg

ずらっと並んだ3種類の玉葱の苗・・

左手の少し緑がこく見えるのが「早生の玉葱」
みずみずしく、甘味も強く、薄くスライスして生で食べると美味しい。

真ん中の少し小さめなのが、焚き火小屋に綺麗に並ぶ「保存のきく玉葱」。

そして、右端にサラダに適した「紫玉葱」。


今年の苗は2500本、どれも美味しく育ってほしいと願う。
Top▲ by veronica-t | 2010-01-31 00:45 | 野良仕事 | Comments(16)
身の丈で・・
b0169869_229599.jpg母の野良仕事の基本


無理せずに・・

身の丈で・・



母の野良仕事をする姿に安堵する

自分の身の丈でいいんだ・・


Top▲ by veronica-t | 2010-01-30 22:13 | 心象のスケッチ
たくあん
我が家の 「たくあん」


b0169869_1734441.jpg



おばあさんは、なぜか「たくあん」を作らない人でした。

それが、野菜作りを教えてもらっていた、親戚のおばあさんから、
その作り方を教えてもらうと、毎年作るようになりました。


その「たくあん」の味と食感は、今まで食べたことのないもの・・。


私の暮らす田舎では、どこの家でも自家製の「たくあん」を作ります。
その「たくあん」は、ひとつとして同じ味はなく、どれも美味しい我が家の味。



おばあさんの「たくあん」は・・

 その味を生かすような食感にするためか、皮を丁寧に取り
 樽に大根と塩を入れて、二夜漬け込む
 出た水気をきり、焼酎、砂糖、たくあんの素はほんの少し・・を入れて漬け込む



皮のついた、しょっからい「たくあん」も良い
でも、この「たくあん」が我が家の味、母の味、美味しい・・。


弟子としては、しっかり受け継いでいかねば・・。
Top▲ by veronica-t | 2010-01-29 21:11 | 野菜 -recipe- | Comments(10)
ご一緒させていただくことに・・感謝。
春のような穏やかな天気に、誰もが心弾む・・

そして今日、ここ『倶楽部はうすのカンファレンスルーム』に訪れた人たちは、
とても素敵な時間に心弾んだ。



b0169869_2212596.jpg
ブログを通してお知り合いになった方に着付けを頼まれてから、今日のこの日を心待ちにしていました。

とても個性的で素敵な緑色の着物、
そして可愛らしく品のある帯。

お嬢様の『凛』とした清楚な雰囲気と、
着物の表現してくれるものを大切に・・

飾り過ぎず、ここには流行りは似合わない。




b0169869_22264819.jpg


嬉しいことに、写場へと、
ご一緒させていただきました。


お嬢様の『凛』とした姿が、とても素敵でした。









b0169869_2235780.jpg



とても楽しく、素敵な一日でした。

ご一緒させていただいたことに・・感謝。
Top▲ by veronica-t | 2010-01-27 23:02 | 本業は訪問美容師 | Comments(6)
今だけ限定 - 春の訪れサラダ -
農家の特権!
それは、美味しい野菜の間引き菜を食べられること。

作っているから、そのやわらかな味と食感に出会えます。


蕪のジェノベーゼを、この時季限定のサラダに・・。

- 春の訪れサラダ - 「田園レストラン」
b0169869_2131277.jpg




間引き菜も、これじゃなきゃ・・ということはないです。



b0169869_21334374.jpgnatuさんの畑のハウスには、
美味しそうな春野菜が育ってます。

そこから間引いた、赤蕪と人参、法蓮草が、
今日の主役になりました。


酸味も、レモンじゃなく、ここにある柚子を使います。

蕪も間引き菜も、その葉もいただきます。







・・ここにあるものを、美味しくいただく・・



natuさんと、「これも入れてみるか!」から始まった、小さな冒険。
そして見つけた、大きな宝もの。

それが、今の時季にしか味わえない「春の訪れサラダ」です。
Top▲ by veronica-t | 2010-01-23 21:45 | 野菜 -recipe- | Comments(8)
冬野菜の配達
b0169869_311590.jpg
これは以前、お客様のところに配達した「冬野菜」です。

ワークショップに参加されたお客様から、「野菜をください!」と、ご注文をいただきました。
まとまった量のご注文だったので、お客様のお宅まで配達しました。

おばあさんの野菜のファンが、少しずつ増えるといいな・・。
Top▲ by veronica-t | 2010-01-22 01:15 | 野良仕事 | Comments(8)
引くことから見えてくる - 大切なもの -
b0169869_8594189.jpg嬉しいことに、最近、リピータのお客様が増えてきました。とても嬉しいです。

そして、その嬉しさと同じほど、私たちに出来ることは何だろう・・と考えるようになりました。


心地良さに触れていただけるように・・
大切なものに気づき、感じていただけるように・・


会のスーパーバイザーは、こう言いました。
「何もしなくていいんだ。邪魔なものを取り除いていけば、大切なものが見えてくるはず・・」



そう、私たちは今の暮らしを見つめて、ここにある野菜を収穫して『かまど』と『炉』で調理して、『大切なもの』に気づいてきました。



足すのではなく、引いてみること・・

訪れてくださるみなさまと共に、『大切なもの』を見つめていきたいと思います。
Top▲ by veronica-t | 2010-01-20 23:44 | 焚き火小屋から | Comments(2)
春の訪れ
今日、少し早い春の訪れに気づいた

b0169869_0194173.jpg



私の大好きな草花が咲いていた

その可憐な姿は、春の訪れを知らせてくれる



b0169869_0232327.jpg

春の訪れに気づくまで、自分の不器用さに少し落ち込んでいた


natuさんと電話で話しているとき、足元のそれに気づいた

「イヌフグリが咲いとるよ。」

そう喜ぶ私に、natuさんが言った

「一緒に練習するか。やってみぃか!」と・・



春は、もうそこまで来ている。




Top▲ by veronica-t | 2010-01-19 23:57 | 心象のスケッチ | Comments(4)
「干し大根」が美味しい訳・・
今日もとても良い天気だった。

野良仕事をしながら、おばあさんの干し大根を、お天道様の動きに合わせて移動する。
b0169869_2335434.jpg
b0169869_23351757.jpg
b0169869_23352822.jpg



タイヤがついた扉はお天道様に合わせて移動する。
Top▲ by veronica-t | 2010-01-18 23:54 | 野良仕事 | Comments(4)
母の想い・・
紐落としのブログを読んで・・」
去年の終わりに、七五三のブログを読んでくださった方から、「ぜひ、娘に着物を・・」と、振袖の着付けを頼まれました。

その着物も、あの七五三のときと同じで、お母様が着られた大切なお着物でした。
大切なお着物は、お嬢様に合わせて、知人の和裁師Kさんに仕立て直しをしていただき、祖母から母へ・・母から娘へと、その想いは受け継がれていきます。



そして今日、お家へ打ち合わせに伺いました。

b0169869_2263763.jpg「このこ、梅ちゃんと言います。」
そう言って、私に話しかけてくださったのは、お嬢様。

しばらく、その愛らしい様子を一緒に見ながら、お嬢様との時間を過ごさせていただきました。



着物の着付けとセット。
そのお客様を見て、一瞬にイメージする・・
お客様と、ゆっくりお話をしながら、じっくりイメージする・・

私には、このどちらも大切だと思います。


b0169869_0222642.jpg
お嬢様の優しい雰囲気の中に見える

・・「凛」としたイメージを大切に・・



「どうぞ、素敵にしてやってください。」
お母様の想いを大切に・・
Top▲ by veronica-t | 2010-01-17 23:55 | 本業は訪問美容師 | Comments(6)
| ページトップ |