田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん お..
by veronica-t at 09:24
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:54
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
<   2009年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Top▲
木の実を求めて・・
今日は、ベロニカの会のnatuさんと、山に木の実を拾いに出かけました。

実は、ここのところ、と〜っても山に入りたかった。でも手入れをされていない里山に、ひとりで入るのは勇気がいります。誰かいっしょに・・と、ずっと呟いていたのです。


natuさんは、来月の焚き火小屋での手仕事に、里山の木の実とツルを使ったリース作りを企画しています。
b0169869_22244566.jpg
当初、参加者の方と一緒に里山に入り、リースの材料を見つけようと考えていましたが・・
地元の人もあまり入らなくなった里山に、自分の不慣れな案内で、参加者を導くことに不安を感じて、今回は材料を先に見つけてくることにしました。




b0169869_223564.jpg・・やった!!・・
里山に入りたかった私としては、万々歳!!久しぶりに山に入る喜びで、飛び跳ねたい気持ちを抑えて出かけました。

懐かしい風景に、思わず「やっと来たよ。」と、心の中で里山に呼びかけていました。

やはり思ったとおり山道のあちこちに、大きな猪の足跡をたくさん見かけました。それも民家のすぐ脇の道にも、何頭もの新しい足跡が残っています。
natuさんと、大きな声で話をしながら、木の実を求めて奥へと入って行きました。


b0169869_221733.jpg
途中、野苺やアジサイが、ひっそりと咲いていました。
しかし、肝心の木の実が落ちていない・・
やっと小さな木の実を見つけて、
b0169869_22314878.jpg
今日の収穫はこれだけ・・ちょっと残念。


山を降り家に帰り、今日の収穫を母に見せて「木の実がないわ。」というと、
「当たり前だがね。うちの山には、探しとるような実のなる木なんて無いわね。」と、あっさりと言われてしまいました。
「どおりで・・。」natuさんは、木々を見ながら・・無いなあ・・と気づいていたらしい。

子供のころ、小猿のように里山を走り回っていた私は、その道と遊ぶ場所しか見ていなかった。親猿のように木の実も見てれば良かった・・。



b0169869_2243853.jpg
「これから木の実を探して、もっと山に入るか・・」
そうnatuさんが言った。

小枝など焚き付けになるものも・・
畑の肥やしになるものも・・

お互いのワークショップに向けて、
お互いの暮らしに向かって・・

これから、どんどん里山に入り、
どこに何があるのか、
ここら辺には何の木が育っているのか
気づいていこうと思います。
Top▲ by veronica-t | 2009-11-30 22:56 | 里山 | Comments(6)
かまどご飯を食べてみよう!
今日は、来春この上津を巣立っていく、小学6年生を対象にした『かまどご飯を食べてみよう!』の日でした。

参加してくれた子供らは女の子6人・・
そして子供らは・・


家から持って来てくれた焚きつけの小枝に、今日の調理の火をつける
b0169869_2156247.jpg



畑の野菜や、焚き火小屋で保存している玉葱から、今日使うものを選ぶ
b0169869_2284379.jpg



大テーブルを囲み、みんなの笑顔を見ながら料理の下拵えをする
b0169869_22122931.jpg
今日作るのは、かまどご飯に野菜たっぷりスープと豚肉を棒に巻いて焼くシシカバブー、そしてぐるぐるパン。それぞれの料理の下拵えです。
子供らは、とても上手に包丁を使います。にんじんの皮むきも、包丁で薄くむいていました。



湯気やけむりの向こうに見える、楽しそうな友の姿を、写真の代わりに覚えていて欲しい・・
b0169869_2234855.jpg



そして・・
共に同じ火を見て過ごした時間を、記憶の片隅にでも、そっと覚えていてほしい・・
b0169869_2239012.jpg



上津は田舎です。
美味し美麗し田舎です。

みんなの暮らすこの田舎は、世界中どこを探しても他にはない、たったひとつの故郷です。
みんなの暮らすこの豊かな環境には、たくさんの素敵な可能性があります。

そしてここには、大切な家族と過ごす時間があることを・・
覚えていてほしいと思います。




今日は、写真を撮るのを忘れるほど、楽しい一日でした。

b0169869_2129828.jpg数少ない写真データーの中で、一番心に残ったのが、この一枚・・

このおにぎりは、最後まで残っていた子供らが、

「おばちゃん、お昼ご飯食べてないでしょ!はい、おにぎり!」と、
釜に残ったご飯で、塩おにぎりを作ってくれたものです。


綺麗に握られた『かまどご飯』のおにぎりは、
今日参加してくれた子供らの笑顔のように、とても輝いていました。



・・とっても美味しかった・・すごく嬉しかった・・ありがとう!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
子供らに聞いてみました・・

「みんなの中で、焚き火をしたことがある人?」
そう問うと・・

「焚き火・・?」

あ〜、やっぱり無いんだ・・と思っていると、
「くよし・・なら」と、小さな声で答えた子がいました。

「では、くよし をしたことのある人?」と、問うと
みんなが手をあげた。



くよしとは・・
草焼きのことで、ここではこう言っています。
畑や畦道の草を刈ったり抜いたものを広げて乾かし、雨の降る前になると、
あちこちの畑に、この「くよし」の煙がのぼっています。
子供らの記憶に、この「くよし」の風景があることに、なんだかホッとしました。








『月刊クーヨン』2月号に載せていただきました!
Top▲ by veronica-t | 2009-11-29 23:11 | workshop | Comments(2)
竹の棒の手入れ
b0169869_2227927.jpgこの竹の棒は、先が丸いのが『ぐるぐるパン』に使う道具で、先のとがったのが『シシカバブー』に使う道具。

この竹の道具は、2年前の今頃、大きな竹を切って作ったものです。
何度も火にあぶられて、そのたびにナイフで削り、また使えるように手入れをしてきました。


元は、なんの変哲もない竹ですが・・
これが、なんだか捨てれない道具になっているんです。

でも・・もうそろそろ新しいのを作ろうかな。山には竹がたくさんあるし・・
でも・・なんだか捨てれない道具・・なんです。


明日も、大切なお客様の可愛い笑顔が見れますように・・
使い込んだ道具の手入れをする
とても贅沢な時間です。
Top▲ by veronica-t | 2009-11-28 22:27 | 焚き火小屋から | Comments(2)
安心とは・・
安心・・

子供らに、火のある暮らしの素晴らしさを伝えるとき、
もしも・・のときのために、あなたは何を準備しますか・・?

もしものときに、準備するもの

それは保険 ?
それとも・・
クーラーボックスいっぱいの、氷水 ?



b0169869_620946.jpg「子供らに火を使ったワークショップをするなら・・」、しまね自然の学校から必ず準備するものと言われたのは、氷水をたくさん入れたクーラーボックスだった。
「これを、火のある場所に必ず置くこと!そうでないと、貸すことはできない。」と、代表に言われた。

当初、子供対象のワークショップには、いつもの保険とは別に、当日だけの保険にも加入を考え準備していた。
「それは誰のための安心なんだ? 主催者側の安心にしか過ぎない。」
この言葉を、よくよく考えた。

もし、子供が火傷でもしたら、誰が一番辛いのか・・
火傷を負った子供は辛い。
しかし、そばにいて・・また、「行っておいでよ」とすすめた親、とくに母親は、子供が火傷を負ったならどんなに辛いだろう・・どんなに自分を責めるだろう・・
この言葉は、同じ子を持つ親として、心に響いた。


ケガや火傷をさせないように、細心の注意をすることはもちろんだが、それでも「もしも・・」を考えるなら、保険も必要だが、何より最初の処置が大切。

安心・・

クーラーボックスにいっぱいの氷水、今までその出番がきたことは無い。
でも、もしものときに、素早く処置をするために、
子供対象のワークショップには、火のそばに欠かさずクーラーボックスが置いてある。
Top▲ by veronica-t | 2009-11-27 06:21 | 焚き火小屋から | Comments(0)
親子で過ごす『出雲の時間』
今日は久しぶりにとても暖かく穏やかな一日で、まるで今日のお客様を迎えているようでした。そのお客様とは・・、
出雲科学アカデミー子育て講座『親子で過ごす出雲の時間〜おいしいパンをいっしょに食べよう〜」(出雲市市民活動支援課)を受講されている、就学前(小学校低学年の兄、姉も一緒に参加)のちびっこたちと親御さんです。 


ちびっこたちは、少し離れた駐車場から、お父さんお母さんと、ゆっくり上津の田園風景の中を散歩しながらの到着です。どのちびっこの目も、とても輝いています。

今日の参加者の親御さんに、・・準備できる環境にお住まいの方は『ぐるぐるパン』を焼く棒と、焚きつけの小枝を用意してきてくださいと、事前にお伝えしました。すると、たくさんの小枝と、世界中探しても他には無い「僕のパンを焼く道具(棒)」を準備された親子がありました。
さっそく、焚きつけの小枝を使って、今日の食事の火を熾し、大テーブルを囲んで親子でパンの生地を捏ねていただきました。

おいしくな〜れっ!
大きな手で支えられたボールの中で、小さな手が休むことなくパン生地を捏ねています。


小さな手が捏ねた生地は、ちびっこたちがこの環境に慣れたころ一次醗酵して、ふただび小さな手に・・。自分の棒に自分で巻き、親子で熾火で焼いていきます・・
b0169869_18224714.jpg

自分のパンを焼く、ちびっこの目は真剣です。
b0169869_20101712.jpg

b0169869_20251314.jpg
生地が、ぷ〜っと膨らんで、こんがりきつね色になって、美味しそうな香りがしてきたら、食べごろ・・

美味しそうなパンは、小さなお口に入っていきます。

「美味しい〜!」

・・とても微笑ましい親子の姿です・・






b0169869_20335430.jpg

そして、『かまど』では・・
美味しい里芋のポタージュが出来ています。


竹のベンチで、仲良く食べる兄妹の姿が、なんだか微笑ましくて・・、
しばらく見てしまいました。








親子で過ごす時間に、あらかじめ決めた日程などいらない。始まりと終わりの時間さえ決まっていれば、あとは必要ありません。

ひとりひとりに合わせて、その親子の時間に合わせてあげれば良い。
b0169869_2042436.jpg

そして、こうした親子事業に名札もいらない。

名札が無くたって、
帰るころのちびっこたちは、朝歩いた道の途中にあった公園で、みんなで遊ぶ約束をしているのですから・・・

公園に向かって走っていく、ちびっこたちの後ろ姿を見送りながら、子供らが持つ力を信じたいと思う。


可愛い笑顔をありがとう・・ また来てね。

Top▲ by veronica-t | 2009-11-23 21:41 | workshop | Comments(10)
冬の畑
b0169869_17183123.jpg前にも声をかけてくれた友達から、今回も「野菜を一緒にどうぞ」と誘っていただきました。
お言葉に甘えて、冬野菜を出荷しました。



大根の葉も食べていただきたくて、クルリっと大根にマフラーを巻いてやり、いつもと違う「よそ行きの大根」です。

こうすれば、少しでも葉の痛みが防げるかな〜。






我が家の冬野菜の、畑での様子は・・


大根・・苗を植える時期を少しずらして、大きくなった大根と、今からが食べ頃の大根、そして丸い形の聖護院大根、ずらっと何列にも並んでいます。
b0169869_324381.jpg


キャベツ・・こうして見るとお花のように可愛らしいです。でもこのキャベツ、とても大きく育ってます。重いです・・食べごたえがあります。美味しいです。
b0169869_3242642.jpg


白菜・・この位置から見ると、頭にねじりハチマキを巻いているみたい。威勢が良い感じで笑っちゃいました。これからの寒さに負けず頑張って美味しくするんだって、意気込みを感じます。
b0169869_3244726.jpg


赤蕪と、蕪。どちらも優雅に踊っているみたい。なんだか可愛らしいです。
b0169869_325989.jpg

このあと、おばあさんが草取りをすると、もっと喜んで踊っているように見えました。
b0169869_3254033.jpg


玉葱・・今の時期の玉葱です。同じように見える苗ですが、3種類植えています。
早生(早採れ)玉葱、とてもみずみずしく、サラダに入れたり、煮るととろけるよう・・とても甘く美味しい玉葱です。紫玉葱、名前の通り紫色した玉葱でサラダに入れると綺麗です。保存のきく玉葱、今、焚き火小屋でお客様がいらっしゃるのを待っています。
b0169869_326118.jpg



この他にも、ブロッコリー、ニンニク、らっきょ、葱など、今の時期の畑は、夏のころの華やかさは無いものの、とても賑やかです。
Top▲ by veronica-t | 2009-11-22 22:28 | 野良仕事 | Comments(2)
ああ、あの顔、あの顔・・
いつも呼んでくださる施設へと、カットの仕事に行ってきました。
今日のお客様は、いつもカットさせていただいている、おじいちゃん・・
横になって休んでいらっしゃいました。

いつもの場所にシートを敷き、座り慣れていらっしゃる椅子をお借りして、お客様のいらっしゃるのを待っていました。

「美容師さんが来られましたよ〜。」と職員さんに声をかけられると、
「ほんにね?」と、起き上がられて、こちらを見られてひとこと・・

「ああ、あの顔、あの顔・・」

なんとも嬉しい言葉です。


職員さんに誘導していただきながら、椅子にかけていただくと、
「いつものよ〜に、短んしていいけん。」
「上んほも、短んしていいけん。みんな短ていいけん。」
そうおっしゃると、ほとんどこちらを見られないまま目を閉じられました。


短な刈り上げには、いつも使っている鋏をおいて、バリカンの出番です。

美容師とバリカン・・
美容室に勤めていたころは、どんなに短な刈り上げでも、コームと鋏でカットしていました。でも、訪問美容師になってからは、やはり時間との勝負・・そして男性の方は特に、理容師さんがされるバリカンでの刈り上げを希望されます。長男の頭、知り合いの子供さんの頭を借りながら、バリカンの練習をして、鋏と同じような納得いくカットができるようになりました。


刈り上げの仕上げのころ、喉が乾いたと水を飲ませてもらいたいと、おっしゃいました。そして、カットを中断してお茶を飲んでいただくことにしました。
お茶を飲み込むたびに咽せられる姿に、とても心配になりまわりを見渡すと、職員さんたちが、そっと遠くからその様子を見守っておられます。なんだかそれだけ少し安心・・。
そして、ゆっくり、何度も休憩しながら飲み干されました。

「ああ、美味しかった、ご馳走さん。すまんかったね。」と、ホッとされた様子・・、私もホッとした・・。

見慣れた場所で・・慣れた椅子で・・近くに家族やお世話をされる職員さんがいてくれる・・
やはり、このことが訪問美容には大切です。ちょっとしたお客様の体調の変化も、こちらがヒヤッとする場面でも、家族や職員さんがそばに居てくださるだけで、お客様も私も安心です。



カットが終わり、クロスを外し、洋服についた細かな髪を取っていると・・
「あんたのバリカンは、痛くなくて良い。」と、ぽつりとおっしゃった。

痛くない・・

痛くないのが、当たり前なのに・・・ 
このお客様が、たまにしか見ない私の顔を、覚えてくださったことがわかったような気がした。
 
Top▲ by veronica-t | 2009-11-21 14:50 | 本業は訪問美容師 | Comments(6)
薪割り
今日は、natuさんと調理用の薪割りをしました。
b0169869_2242915.jpg

私たちが使う焔(ほのお)は、料理によって違います。
そして、その焔によって、薪の種類や大きさも異なります。

今日の薪は、火を熾すときや微妙な火の調整のときに使うものです。薪の直径は1〜2cm程度、とても細かく割っていきます。


b0169869_2261543.jpg

細かく割った薪は、焚き火小屋の玉葱の下にあります。
左が3年前の薪の様子。この薪も、焚き火小屋のアートになっています。しかし今では、ずいぶん量が減ってしまいました。いえ、使えば減ってきます。こうして、補充をすればいいのですから・・。

薪を割り始めて2時間、あれだけ寒かったのが嘘のように、身体がポカポカしてきました。
これからしばらく、薪割りの日々が続きます。
Top▲ by veronica-t | 2009-11-20 21:13 | 焚き火小屋から | Comments(8)
11月の「田園での昼食会」
b0169869_822290.jpg今月の担当は、Mさん。
この食事会と、地元の子供対象の事業のとき参加しています。
花好きの彼女がいると、綺麗に花を活けてくれて、焚き火小屋はとても華やかになります。

natuさんと私にとって、Mさんとの昼食会は、とても楽しみ。いろいろなことに気づきます。
ときには、自分たちの思い込みを含めて反省することもあります。そして、その気付くタイミングと、気付いたことが、なぜかいつも二人一緒なのです。そのときのMさんの反応は「??私、何かした?!」と、不思議そうにしています。
そうなると、みんな手をとめてしばらく話に夢中になります・・そして、このときいろいろなアイデアが生まれるのです。貴重な井戸端会議です!


ベロニカの会は、子育て世代。メンバーによって、暮らす環境も違います。
私とnatuさんは、子供らに手がかからなくなり、どちらかというと自分の思うように動けます。でも、Mさんのように子供が小さかったり、思うように動けないメンバーもいます。

今の自分を大切に・・無理をしない。
出れるときに参加して、したいこと出来ることを精一杯してみる。
家族との関わりを大切に・・。
こんな想いを持ちつつ、会と関わっています。


今回、Mさんは、とっておきのメニューを考えていました。

それは・・
b0169869_8355271.jpg
天日干したお米の、かまどご飯。
彼女の嫁いだ先は、今でも米を「はで」に干しています。そのお米を『かまど』で炊いていただきました。

とっても甘く、美味しい・・
なんとも贅沢な食事会です。


美味しいご飯に合わせた料理は
b0169869_8475323.jpg
・豚しゃぶ肉とレタスの味噌マヨサラダ(味噌マヨは、みりん(沸騰させる)・味噌・マヨネーズ・砂糖を合わせる)
・キャベツとあさりのスープ(ダシは、あさりから出るものだけ。唐辛子を丸ごと入れる。)
・デザート餃子


Mさんの料理のおもしろさは、デザートのアイデア。とてもユニークで美味しいです。
b0169869_991153.jpg
*柚子ぎょうざ
 (材料)  餃子の皮(大)・バナナ・柚子のジャム(今回のはMさん自作)
柚子がたくさん出来て、甘く煮詰めたものを作られるかた・・お試しください。子供さんのおやつにもなります!




そして、この美味しいご飯の最高のおかずは・・
b0169869_915119.jpg
Mさんのご主人お手製の「唐辛子醤油につけた水菜の漬物」でした。
Top▲ by veronica-t | 2009-11-20 09:22 | workshop | Comments(2)
大根ステーキ
b0169869_15292033.jpg
畑では、美味しく育った大根が、収穫されるのを今か今かと待っています。

そこで、とっておきの大根レシピ・・。
みずみずしい大根を、メインのおかずにしましょう!



・・大根ステーキ・・

(材 料)
・大   根 (1cmの厚みにカットしたもの) ・・ 食べたいだけ
・大根の葉 (斜めに切っておく)        ・・ 大根4スライスで1枝
・大根おろし(軽く水分をきっておく)      ・・ 1枚の大根ステーキに小1
・葱                          ・・ あれば

・ごま油
・かつおぶし
・粗挽きコショウ
・ポン酢or醤油


(作り方)
・大根を1cmの厚みにカットし、両面に十字の切り込みを入れて、レンジでやわらかくしておく。
・大根の茎を斜めに薄くスライスしておく。葉は、ザックザクと大きめに切る。
・残りの大根で、大根おろしを作る。少し水分をきっておく。

・フライパンにごま油を入れて、やわらかくなった大根を両面こんがりと焼く。
・大根の葉と茎も軽く炒める。

・皿に、大根・粗挽きコショウ(気持ち多め)・大根の葉と茎・大根おろし・かつおぶし・葱の順におく。
・好みで、ポン酢か醤油をかけていただく。

*使うオイルと、かけるものをドレッシングに変えるだけで、和・洋・中と、いろいろな料理にあいます。
  好きな合わせ方で、お試しください。



とってもシンプルですが、美味しいです!!

大きめのプレートにのせると、立派な1品になります。
毎日の食事のおかずに・・おもてなしに・・お酒のおともに・・どうぞ!



*今までのレシピは、『田園レストラン』にのせています。良かったら作ってみてください。

 
Top▲ by veronica-t | 2009-11-18 15:53 | 野菜 -recipe- | Comments(10)
| ページトップ |