田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
<   2009年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
Top▲
久しぶりに・・
「やっと時間ができたから・・」と、久しぶりにイタリア料理のシェフの友人から連絡がありました。
b0169869_132635.jpg

彼女の作る綺麗な緑色した『セロリのパスタ』は、色、香り、味といい、とてもバランスのとれた美味しいパスタです。そんな彼女と、焚き火小屋で一緒に料理を楽しめるのは、本当に嬉しいですし、とても良い勉強になります。

b0169869_1405144.jpg

そして今回も、ここに訪れてから、ここにある野菜を見てメニューを素早く決めてくれます。私はいつも、ここから感激してしまいます。この日ある野菜は、早生玉葱、紫玉葱、じゃがいも、レタス、そして伯母の作った野菜の酢漬け・・これで、4品ができるそうです。
楽しみです。

b0169869_2135162.jpg

彼女は、前回一緒に焚き火で料理しただけで、もう調理に使う火の様子を解っていました。さすが、シェフ!私も、彼女の手さばき、動作、バランスを、ちゃんと体で覚えよう・・。
・・・しかし・・なかなか簡単にはいきません・・。

b0169869_229142.jpg

この日も、目で見る美味しさと、香りと、そして食べて美味しい料理でした。
ごちそうさまでした!
Top▲ by veronica-t | 2009-05-30 02:48 | 焚き火小屋から | Comments(0)
ベロニカの会の一歩 『田園での昼食会』
昨日は、月に一度の『ベロニカの会』の仲間とする『田園での昼食会』の日でした。
この『田園での昼食会』が、皆さんとしているワークショップの原点です。
b0169869_10462596.jpg
最初は2006年の1月、とても寒く強風が吹く日でした。

「せっかく、こんな素敵な場所が出来たから、何かする?」b0169869_1048235.jpg
「いずれ畑をするんだから、野菜を使ってしてみよう。」
「今日はオーブンレンジを使ったけど、ずいぶんここの電気を使った気がする。」
「『かまど』と『炉』を使ったらって言われたけど、焚き火でしてみる?」
「電気代かからないもんね。」
「新しいこと発見出来るかも・・。」
「楽しんで老後につなげるか。」

まだ『焚き火小屋』を含めた『倶楽部はうす』全体が新しく姿を変えていく頃で、建物の中でもあちこち北風が吹いていました。そしてこんな会話をしながら、畑で採れた春菊を使ったお菓子作りからスタートしました。


b0169869_1055527.jpg
あれから3年たち、いろいろな人と関わりを大切にしながら、ここでの自分たちの暮らしを考えています。そのためにも、この『田園での昼食会』は、私にとっても、会の皆にとっても大切な時間です。
Top▲ by veronica-t | 2009-05-29 21:09 | workshop | Comments(0)
子供たちへ・・ケーキを焼く時間
b0169869_8251395.jpg母から我が子への誕生日の贈り物・・
それは、焚き火で焼くケーキ。

いつもケーキを焼く火を眺めながら、その子との今までを・・そして、これからの関わりを・・ただ、ぼ〜っと考えてしまいます。

親子・・親と子・・そしてひとりとひとり・・いつまでも親子には変わりはないですが、子の育ちとともに少しずつ関わりはかわっているようです。

私は、なかなか子供らに話して聞かせることは苦手です。

ただ、子供らの少し前を歩き、後ろ姿をみせることしかできません。

ちょっと、男らしい後ろ姿を・・・・・



      子供たちへ・・ひとつだけのケーキ 08・5
      子供たちへ・・ひとつだけのケーキ 08・12
      子供たちへ・・ひとつだけのケーキ 09・5
      子供たちへ・・ひとつだけのケーキ 09・5
Top▲ by veronica-t | 2009-05-28 09:24 | | Comments(0)
親子で『ぐるぐるパン』を・・・
b0169869_8124772.jpg
23日土曜日は、私たちも、とても心待ちにしていたワークショップの日でした。

それは、今回の『親子でぐるぐるパンを・・』は、私たちと同じ地元のお母さんが、「幼稚園でした『ぐるぐるパン』を、ぜひ町内の子供会でもしたい・・。」と、いう思いから始まったワークショップだからです。

b0169869_8344891.jpg今年度の親子会の世話役になられたお母さんは、幼稚園の親子活動『たき火でパンを焼こう!』に、子供さんと一緒に二度参加された方でした。「あのときの子供の嬉しそうな顔が良くて・・」「今年度の親子会の活動で、ぜひ・・。」と、この企画を他に親さんに了解していただいたのでと尋ねてこられました。・・とても嬉しかった・・

私たちの暮らす田舎は、これといって地元に暮らす私たち世代が中心となって、この土地で、この環境を生かした継続した業がある訳でもありません・・とても良いところなのに・・・。
子供の数も年々減少しています。兄弟が2、3人は当たり前で、子供のいる家庭なんて、本当にわずかです・・。
今までの流れにのって今を過ごしていても、何も変わりません・・。ここで自分たちにできることをと考えて、ベロニカの会を始めました。
そして動き始めたら、たくさんのこの環境の良さも、この環境の可能性に気付くことができました。

こんな私たちの気づきを、地元の同じお母さんにも気付いてもらえたら・・今までずっと、そう思っていました。
だから・・このお母さんのように、大切だと感じて動いて下さったことが、とても嬉しいです。
b0169869_923867.jpg
この日、たくさんの驚いた顔と笑顔と、満足した顔に会いました。
そして、幼稚園の頃よりずっと成長した子供たちの姿を、たくさん見つけました。
        
            
Top▲ by veronica-t | 2009-05-26 09:21 | workshop | Comments(0)
5・20 パンを焼く時間
b0169869_850328.jpg
『パンを焼く時間』に参加していただいて、今回で3回目になるお二人です。

参加者のみなさんに焚き火小屋にある大テーブルで食事をしていただくとき、いつもだとサーブにまわる私ですが、この日だけは特別に仲間に入れていただきました。皆さんと食事をしている間、天井から降り注ぐ日の光が、まるでスポットライトのように、時間とともに大テーブルの料理を次から次へと照らしてくれます。

この光のせいなのでしょうか・・いえ、こうして『鉄のパン焼き窯でパンを焼く時間』を、毎月一度いっしょに過ごしているからでしょう・・なんだか、お二人とは以前からお付き合いがあったような、そんな錯覚までしてしまう楽しい和やかな時間でした。

ワークショップ・・・私は、この本当の意味を知らずに使っているかもしれません。
『パンを焼く時間』に、こうして参加者のみなさんと同じ時間を過ごしていると、私にとっても得るものが沢山あります。そして、ここ上津の『倶楽部はうすの焚き火小屋』に訪れてくださる方と、形にしたものだけではでなくて、目には見えない時間も作っています。それぞれの心地良い時間を共に・・・
b0169869_10351993.jpg

Top▲ by veronica-t | 2009-05-20 22:01 | workshop | Comments(2)
火のぬくもり 家族のぬくもり
先日、炉の熾火(おきび)で焼く『ぐるぐるパン』を、親子で楽しんでいただくワークショップを開きました。
b0169869_1049483.jpg
当日は雨降りのちょっと肌寒く、焚き火にあたると気持ちいい日になりました。そしてこの日、県内、市内から、4家族12人の親子に参加していただきました。一番ちいさなお子さんは3歳、大きなお子さんで小学校3年生です。初めて焚き火を体験する子、普段から火との関わりを持たれている子・・どんなワークショップになるのか、私たちも楽しみにしていました。




そして当日の子供さんは・・



今日の料理に使う火を、マッチでつける・・。

b0169869_1705112.jpg



『炉』の火を、『かまど』に移す・・。

b0169869_17325559.jpg



パン生地を、こねこね・・こねこね・・・。

b0169869_11161095.jpg



玉葱の収穫・・。

b0169869_1782541.jpg



包丁で野菜を切る・・。

b0169869_17144541.jpg



自分の『ぐるぐるパン』を、ゆっくり、じっくり自分で焼く・・
ふっくらきつね色になって美味しそうな匂いがしてきたら、ぐるぐるパンの焼き上がったしるし。

b0169869_17365677.jpg




この日、料理の火をつけるところから、その火に灰をかぶせて消すまでを、子供たちがしました。

子供ひとりではできないこともあります・・・でも、そっと大人が、それも少しだけ手を添えてあげるだけで、子供だけではできなかったことができます。そのそっと、少しだけ、これがなかなか親になると、いえ大人になると「子供のために・・」としてしまいます。・・そう言う私もです・・。でも、ちょっと見守ってみることが大切なんだと思います。

そして、今回のワークショップで再確認・・子供は雨が降っても、外遊びが大好き!
雨の中、さくらんぼを採ったり、虫探しをしたり、水遊びをしたり、かけっこをしたり・・とにかく外で遊ぶのが大好き!ほんと元気。
b0169869_1220453.jpg

「もう帰るの〜まだ遊びたい」・・うれしい一言です。
また、来てね。
Top▲ by veronica-t | 2009-05-19 12:38 | workshop | Comments(0)
山守(やまもり)ワークショップ
先日16日に、しまね自然の学校主催の『山守(やまもり)ワークショップ』がありました。
b0169869_9573486.jpg
ここ植木谷の山は、民家のあるところから、わずか数百メートル入ると滝があり、豊かな自然が広がっています。そして自然の学校の代表と山の手入を始めると、昔の人の知恵がたくさん残っていることに気づきます。
次世代に伝えたいもの・・大切にしていきたいもの・・それが、この植木谷の山にはあります。

でも、私たちの生活が変わった頃から、山は急速に荒れ始めています。
そこで今回、自然の学校のスタッフが中心となり、野外体験産業研究会、しんじ湖自然派倶楽部の皆さんとで、山の手入れをしようということになりました。『山守ワークショップ』は、単に山の手入れをすることだけでなく、ワークショップを通して山を守ることの大切さに気付いて欲しいということも含まれています。


山での彼らは、誰かが指示をするでもなく、自分のできることを丁寧にこなしていました。実は、このワークショップに「何をどうしたらいいのか解らないけれど参加してみる」と、我が家の高校生になる長男も参加しました。

ワークショップが終わり、家に帰った長男は、家族にこう言ったそうです。
「とても気持ちよかった。」と・・・。
彼が言う「気持ちよかった。」は、山が手入れされ綺麗になっていくこともですが、どうもそれだけではないようです。山に入り皆さんと作業して、言葉では表現できない心地良さを感じ取ってくれたようです。

私たちベロニカの会もこの事業に共催しました。それは、親として子供らに伝えたいこと・・それがこの『山守ワークショップ』にはあるからです。
実は、このワークショップの参加者は大人だけでなく、子供の参加も呼びかけています。
市に後援依頼に行ったとき、「子供もなんですね?」と尋ねられました。このワークショップの主催は、しまね自然の学校です。島根の自然が子供の育ちに必要なことを誰よりも知っています。親が山の手入れをしているとき、子供はスタッフが山遊びをしながらサポートしてくれます。そして山に入って感じる心地良さ・・・これが山を守ることの大切さにもつながると思います。

荒れ果てた山は、わずか一日で見違えるように綺麗になりました。
心なしか肌にあたる風が、山が手入れされていた子供のころと同じように感じます。
b0169869_10235198.jpg

Top▲ by veronica-t | 2009-05-18 12:05 | workshop | Comments(0)
羊毛が奏でる世界(仮)
ベロニカの会のメンバーでする『田園での食事会』を、今までと違うスタイルにしてみました。今までは、私が主に企画し準備して、そして当日も進行などを担当していました。
でも、みんなもいろいろ考え集まってきた人たちです。それは、まだ形にはなっていないでしょう・・。でも、最初は誰もそうです。新しいことを始めるとき、自分が何度かやってみて解ることがたくさんあります。失敗してもそこから見つけたことは、とても大きな自分の財産になります。お金では買えないものです。誰のために何のために、大切にしたいもにはなにか・・これを忘れず・・・。
b0169869_9272928.jpg
今回は手芸が上手なメンバーの『羊毛が奏でる世界(仮)』という、今までにないワークショップです。来月から始める彼女の『手仕事ワークショップ』にあわせてしました。

なぜ羊毛・・?、フェルト・・?と思われるかもしれませんね。実は今、この羊毛・・羊は田舎の農業におおいに関係あるそうです。今、私たちの住む田舎の近くでは、田畑の草を食べてくれるから・・と、羊を飼うところがあるそうです。そして、その羊の毛を刈り、フェルトして物を作り売っておられる産直市もあります。

まだ、羊を飼って・・というところまでいきませんが、こうした動きの中で、彼女は専門の手芸を重ねあわせているようです。

焚き火小屋に降り注ぐ太陽の光が、フェルト作りをしている手元を照らし、とても心地良く、穏やかな気持ちになれた時間でした。
Top▲ by veronica-t | 2009-05-15 09:19 | workshop | Comments(0)
男らしい・・・?
昨日は、いつも呼んでいただいている施設に、4名様のカットにお伺いしました。最初の方をカットしている間、次にされる方が、その様子を部屋の外から見ながら待っていてくださいました。
最初の方のカットが終わり、次の方の準備をしていると、突然「男の方かと思った」と声をかけられました。95歳になられる、おじいちゃんには、私の後ろ姿は男に見えていたらしい・・・。

そういえば・・と、施設からの帰り道、ふと最近の自分の行動を思い返してみました。

b0169869_2356284.jpgベロニカの会のワークショップでは、白いコックコートに、青いコックタイ、青いエプロンを着て、皆さんをお迎えしています。
訪問美容師のときは、車から美容道具を持ってお伺いするので、美容室のときより力仕事になります。ですから動きやすいジーパンが多いです。
そして、焚き火小屋や山での作業、畑仕事では、ほとんど機能性や動きやすさ重視です。
土のう袋を何十袋も運んだり、コンクリを練ったり、薪割り、山から木や竹を担いで運び出したりしています。

男らしい姿かもしれません・・・・・。でも日々のこうした作業は、訪問美容で役立っています。

訪問美容でお会いする方の、ほとんどが農業経験者です。
畑や山の作業で気付いたことをお話をすると、お客様の緊張もほぐれて安心してもらえます。そして楽しそうに昔話をしてくださいます。私にとっても皆さんの経験談は勉強にもなります。
短い時間ですが、お客様との楽しい時間です。
Top▲ by veronica-t | 2009-05-14 00:00 | 本業は訪問美容師 | Comments(0)
さくらんぼの収穫
おとといの夜、雨が降りそうだったので、慌てて屋根の部分の網にシートをかけました。古いシートで、ところどころ薄くなっていましたが、それでも雨はしのげるだろうと思っていました。

昨日の午前中、なんとか天気はもちましたが、訪問美容の仕事から帰る昼頃には、風がで始めて、雨も降り始めました。畑に行ってみると、古いシートは風で破れて、真ん中にポッカリ穴が空いています。雨が強くなる前にと、昼食を食べずに収穫を始めました。作業を始めてから、次第に雨は強くなっていき、さくらんぼがどんどん雨に濡れていきます。
屋根にかけたシートの補修か、収穫か、作業をしながら考えていると、『自然の学校』の代表が屋根の補修をして下さいました。助かりました・・。

わずか2本の木の収穫でしたが、昼から始めた収穫の作業は夕方になっても終わりません。やっと終えた頃には、もうヘトヘトです・・・。さくらんぼ農家の方は、毎日こうした作業を一日中されているんだと、感心してしまいました。もちろんどの作物を作るのも、そうですが・・。

収穫したさくらんぼは、かごに3杯にもなりました。
b0169869_032085.jpg

Top▲ by veronica-t | 2009-05-13 01:27 | 野良仕事 | Comments(0)
| ページトップ |