田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
カテゴリ:パンを焼く焔を見つめながら( 25 )
Top▲
「鉄のパン焼き窯」で焼く  - 幻の赤ワインパン -
b0169869_23464148.jpg
久しぶりに、ゆっくりとした時間ができた

今日は、何もしない日・・

この日を、自分のために使おう

自分を見失わないように・・




b0169869_23515746.jpg
こんな日は、「鉄のパン焼き窯」に火を焚いて

美味しいパンを焼こう

自分のために・・

まだ見ぬ友のために・・




今日、焼くパンは、「鉄のパン焼き窯」ができたとき、しまね自然の学校の代表が好んで作られた幻のパン。
それを、私流にデザインしてみた。
b0169869_014239.jpg


- 赤ワインパン -

いつもならぬるま湯で捏ねるのを、贅沢に赤ワインで捏ねる。
赤ワインの風味と、独特の赤い色が、生地と調和する。
ちょっと贅沢な大人のパン・・それが「赤ワインパン」
b0169869_0151825.jpg


赤ワインは、あらかじめ人肌ぐらいに温めて、アルコールを飛ばす。
北海道産の強力粉とライ麦を、2対1の割合で合わせる。
イーストは、パネトーネマザー粉末を使い、砂糖は、さとうきび糖(喜美良)を使う。
それらを、赤ワインで捏ねる。

ある程度混ぜ合わせたら、塩を加え、オリーブオイルを加えてよく捏ねる。
やはり赤ワインにひたしておいたカレンズと、軽くトーストしたクルミを混ぜて捏ねる。

いつものパンより、1次発酵にも時間をかける。
ゆっくり美味しくなるように・・

b0169869_0204530.jpg

代表の作られたパンとは少し違うけれど、とても美味しく優しいパンが焼きあがった。

そして、今日は他にも「シンプルパン」と「ライ麦パン」も焼いた。
生地を捏ね始めてから6時間、まだ見ぬ友へ贈るパンが焼けた。
b0169869_024395.jpg


「鉄のパン焼き窯」でパンを焼く時間

とても心豊かな心地良い時間です。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

   ブログに、長旅をしたパンの写真と素敵なメッセージを書いてくださいました。
           「pain de tae」・・草子さんのブログより
Top▲ by veronica-t | 2010-04-01 23:49 | パンを焼く焔を見つめながら | Comments(14)
パネットーネを知る
自分の誕生日の日に、一番やりたかったことをしよう・・
それは、鉄のパン焼き窯で「パネットーネ」を焼くという、ある人との約束を守りたいから・・。


その人は、私に「パネットーネ」という、パンがあることを教えてくれた。
そして、そのとき探し求めた「パネットーネ」を焼く酵母が、今も使っている「パネットーネマザー粉末」。
彼女が「鉄のパン焼き窯でパネットーネを焼いて」と、頼んでくれなかったら、きっと私はパンを焼くことを諦めていたかもしれない。

そして手渡された本のレシピは、なかなか材料が揃わず、似たもので生地を作り焼いた。
でも、生地自体も甘い「パネットーネ」は、当時の未熟な火の扱いでは焦げて失敗ばかり・・
そしていつしか「鉄のパン焼き窯で焼くパネットーネ」の話に、お互いふれなくなってしまった。

去年やっと「鉄のパン焼き窯」でケーキを焼くことができた。
そのことを伝えると・・
「じゃあ、パネットーネも焼けるね」
そう・・彼女は、長いこと私の焼くパネットーネを待っていてくれた。
「生地はシンプルパンと同じで、あなたの思うように焼いてくれていいから・・」

パネットーネのレシピは、今さまざまなものがネット上でも載っている。
でも、本物の材料を揃えることは日本では難しい。

私のシンプルパンの生地で私のオリジナルを・・と言ってくれた、ケーキ職人の彼女の言葉で、また「パネットーネを焼こう」という気持ちになれた。

b0169869_135539.jpg

生地はシンプルパンより、少しオリーブオイルを増やし・・
中に入れるものは、記憶の中にあるもので、いたってシンプルなものに・・
いつものシンプルパンより、高さを高く成形する

窯の温度を一気にあげ、しばらくその余熱で焼く
パン生地が膨らんできたら、火をおこし、上は強火、下は弱火で左右におく
シンプルパンより、少しこんがり焼く


そして熱々ものもを届けた


帰り道、彼女からのメールが届いた・・
・・美味しいと・・これなら販売もできると・・

でも、このパンはこれでおしまい
彼女のために焼いたパンだから・・
Top▲ by veronica-t | 2010-03-15 22:51 | パンを焼く焔を見つめながら | Comments(10)
まかないパン
b0169869_1545741.jpg「鉄のパン焼き窯」で焼く「シンプルパン」の小麦粉は、キタノカオリを使用しています。

そのキタノカオリも製粉会社によって、微妙に扱いが異なります。
いつもの相性が良い粉が品切れだったので、同じキタノカオリでも違う製粉会社のを購入しました。

そこで、やはり試作&試食。

なぜかこれが楽しみだったりします。
この試食を心待ちにしている人もいます。




そんなときは、ちょっと違うパンも焼いてみたくなります・・とっても・・。
b0169869_245363.jpg
そして焼いたのが「シンプルレーズンパン」

シンプルパンにレーズン(コーティング無)を加えただけのパンだから「シンプルレーズンパン」、そのまんまの名前です。
いつもライ麦パンにレーズンを入れるときは、レーズンを湯通してラム酒につけて使用しています。
でも、今回のレーズンはそのまま何もしないで、いつもより多めに入れています。

これがまた美味しいと好評でした。


そこで、このパンを大きなプログラムのときは、「みんな頑張ろう!」という気持ちを込めて焼くことにしました。
b0169869_2135035.jpg
その名も「まかないパン」。


さ〜て少し休んで、4時ごろから本番のパンとパスタの生地の仕込みです。
「みんな頑張ろっ!!」
Top▲ by veronica-t | 2010-03-08 02:25 | パンを焼く焔を見つめながら | Comments(0)
『鉄のパン焼き窯』で焼くシンプルパン
『鉄のパン焼き窯』で焼くパン作りは、すべて独学。「丁寧に・・」、ひとつひとつの作業を大切に丁寧に積み重ねていく。
パンを焼くうちに、飽きのこない噛めば噛むほど美味しい、まるで「かまどご飯」のような『シンプルパン』を作るという思いが強くなった。


〜シンプルパン〜
b0169869_22491939.jpg
国産の小麦粉をいくつも試し、水分と火の調整と焼き加減を何度も変えた。「美味しい!」と言われても納得できず、シンプルパン作りから遠のく日々が続いた・・。
でも、新たな視点からここにあるものを大切にした活動には、『鉄のパン焼き窯』の扉から焼きたてのシンプルパンが出てくるシーンと、ひとくち食べたときの美味しさと味のもつ優しさが必要だった。

作り始めて3年目、相性の良い小麦粉と焼き方をみつけて、ようやく思っていたシンプルパンができた。そして『鉄のパン焼き窯』は、ただの鉄から、いつしか使い込んだダッチオーブンのように黒光りする道具になっていた。


材料
・強力粉
 キタノカオリ (木田製粉)・・富澤商店の木田製粉が一番相性が良い。
・イースト
 パネトーネマザー粉末・・このイーストで小麦粉の香りを大切にできた。
・砂糖
 喜美良(国産さとうきび糖)
・塩
 ドイツ産 岩塩(細目)
・オリーブオイル
・ぬるま湯


レシピ
 クックパッド『田園レストラン』


生地を16〜20等分して丸め、クープは入れない。
余熱した窯に生地を入れて、しばらく薪を焼べる量を調整しながら熱を一定保ち、蒸すように焼く。パンの表面に張りが出てきたら、薪の量を増やし少し窯の温度を上げて焼き色をつける。

焼きたてのシンプルパンを、ぜひ手に持ち香りをかいでください。小麦の素朴な香りと、パンのぬくもりに、なぜか心が落ち着きます。
カットせず、手でわってお食べください。その弾力に国産小麦の力強さを感じます。
トーストせず、お早めにお召し上がりください・・『鉄のパン焼き窯』に薪を焼べて焼くパンの風味に気づきます。

野菜の美味しさが伝わるパンを・・かまどで炊くご飯のようなパンを・・


Top▲ by veronica-t | 2009-09-16 08:55 | パンを焼く焔を見つめながら | Comments(6)
『鉄のパン焼き窯』で焼くライ麦パン
ここにあるものを大切にしたワークショップを始めたら、『かまど』と『炉』を使って作る料理と一緒に食べるパンにも、こだわりが出てきた。
燃料を薪にして、『かまど』で炊くご飯と同じような噛めば噛むほど旨味のわかるパンを・・、それでいて野菜の美味しさが伝わるパンを・・、主張し過ぎず、でも存在感のあるパンを作りたい。
そんなパンへの思いは、『鉄のパン焼き窯』を使いこなせるようになったころ、やっと形になった。

〜ライ麦パン〜
b0169869_1042928.jpg

まず作り始めたのが、このパン。
材料の小麦粉は島根県産を探したが、この環境では強力粉が育たないため断念。それならと国産で合うものを探した。小麦粉をはじめ、ほとんどの材料は、個人でも小売りをしてくれる『富澤商店』の通販のカタログから、記載されている国産強力粉の特徴で扱いやすい小麦粉から試してみた。

材料
・ライ麦粉
 北海道産の全粒粉石臼挽き
・強力粉
 岩手県産強力粉(ゆきちから)か北海道産ハードブレッド専用粉
・イースト
 パネトーネマザー粉末・・このイーストで小麦粉の香りを大切にできた。
・砂糖
 喜美良(国産さとうきび糖)
・塩
 ドイツ産 岩塩(細目)
・レーズン
 オイルコート無・・湯でさっと洗い、ラム酒をふっている。
・くるみ
 ローストして使用
・オリーブオイル
・ぬるま湯

レシピ
 クックパッド『田園レストラン』

成形
 生地を4等分にし丸く成形していたが、カットして食べることが多くなり、今は棒状にしている。
b0169869_1001821.jpg

7、8mmにカット、トーストして、好みでブルーチーズなどチーズと合わせて食べると美味しい。また、メークインのパスタ風サラダをのせると美味しかった。

このライ麦パンのファンは、男性が多い。ワインと合うそうだ(お酒が飲めないので試したことはない・・)。
灯りを少しおとした焚き火小屋で、音楽を聞きながらいただく・・そんな心地良い時間もいいかもしれない。
Top▲ by veronica-t | 2009-09-14 08:04 | パンを焼く焔を見つめながら | Comments(15)
| ページトップ |